ECLで初黒星も…トッテナム指揮官は収穫強調 「出場時間を得た選手が成長する良いチャンスに」

2021.10.22 10:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムのヌーノ・エスピリト・サント監督がヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)での敗北を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。トッテナムは21日に行われたECLグループG第3節でフィテッセとアウェイで対戦した。先週末のプレミアリーグからスタメン全員を変更したチームは敵地でチャンスを作りだすことに苦戦すると、78分に失点。反撃に転じたいところだったが、攻撃のエンジンは最後までかからず、0-1で敗れた。

この結果、トッテナムはグループ首位から3位に転落し、突破が危ぶまれる状況となっている。試合後のインタビューに応じたヌーノ監督は結果を嘆きつつも、パフォーマンスは悪くなかったと強調。そのうえで、ECLは選手が成長する良い機会になっていると語った。

「良いチームとのタフな試合だった。今日、出場した選手たちにとっては良い機会になったと思う。攻撃の終わらせ方についてはもう少しできることがあると思ったが、我々は献身的な姿勢を示していた」

「選手が出場時間を得て、成長するための良いチャンスになっただろう。我々はそうした機会を必要としている。そして、このECLはその一員として相応しい選手が向上し続けるための良い機会になっているね」

「これはグループステージであり、我々はこれからホームでフィテッセやレンヌと対戦し、アウェイでムラとも対戦する。状況を整理するには良いチャンスとなるはずだ」

関連ニュース
thumb

ハリソンのハットトリックでウェストハムとの打ち合いを制したリーズがFAカップのリベンジ達成!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第22節、ウェストハムvsリーズ・ユナイテッドが16日にロンドン・スタジアムで行われ、2-3でリーズが勝利した。 ミッドウィークに行われた第18節延期分のノリッジ戦に2-0の勝利を収め、リーグ3連勝で暫定4位に浮上したウェストハム。4連勝を目指した今節は、1週間前に行われたFAカップで勝利した16位のリーズと対戦した。 試合が動いたのは10分、ロングフィードをボックス右深くで収めたハフィーニャがマイナスがマイナスに折り返すと走りこんだクリヒがダイレクトシュート。これは相手GKに弾かれたが、こぼれ球を拾ったフォーショーの落としから最後はハリソンがシュートを流し込んだ。 先制したリーズだったが、前半半ばに負傷者が続出する。22分、左モモ裏を痛めたフォーショーがプレー続行不可能となりベイトを緊急投入。さらに23分には、左足に違和感を訴えたフィルポがイェルデと交代した。 先手を取られたウェストハムは、何度もアタッキングサードまでボールを運ぶものの、集中した守備陣を崩すことができずに時間が経過。29分には、クレスウェルの左CKからドーソンがヘディングシュートを叩きつけたが、これは枠の左に外れた。 同点のチャンスを逃したウェストハムだったが、再びセットプレーからゴールに迫る。34分、クレスウェルの左CKをゴール前に走りこんだボーエンがヘディングシュートを突き刺した。 追いつかれたリーズはすぐに反撃に出る。すると37分、ハフィーニャの左CKをエイリングが頭で合わせると、右に逸れたボールを走りこんだハリソンが体ごとゴールに押し込んだ。 再び追う展開となったウェストハム40分、フォルナルスのスルーパスでボックス左に抜け出したライスが決定機を迎えたが、飛び出したGKにシュートコースを消され、シュートは左サイドネットに外れた。 迎えた後半は早い時間にスコアが動く。52分、ライスのパスをボックス左手前で受けたアントニオが落とすとボックス左から侵入したフォルナルスが中に切り込みゴール左隅にシュートを流し込んだ。 試合を振り出しに戻されたアウェイチームだったが、60分に三度勝ち越す。中盤で15がパスカットに成功すると、ルーズボールを拾ったハフィーニャのスルーパスからボックス内に侵入したハリソンがGKとの一対一を制し、ハットトリックを達成。 勝ち越し弾で勢いづくリーズは、62分にバイタルエリア中央で獲得するとハフィーニャの直接FKが左ポストを直撃。さらに73分には、ボックス右深くまで切り込んだハフィーニャの折り返しからクリヒがゴールネットを揺らしたが、オフサイドポジションのロドリゴに当たっており、VARの末にゴールは取り消された。 追いかけるウェストハムは82分、アントニオのロングスローの流れからボックス中央のツォウファルがボレーシュートを放つと、相手GKの弾いたボールをボーエンが詰める。さらにGKがブロックしたルーズボールをヤルモレンコが頭で押し込んだが、ボーエンが詰めた時点でオフサイドがあり、ゴールは認められない。 ウェストハムは試合終了間際の94分にもアントニオの左クロスからボーエンが決定機を迎えたが、胸で押し込んだシュートは枠に上に外れて万事休す。 結局、試合はそのまま2-3でタイムアップ。リーズがFAカップのリベンジに成功した。 2022.01.17 01:35 Mon
twitterfacebook
thumb

「100%ペナルティ」ノリッジGKクルル、ゴール前でヘッドロックした相手選手とそのままゴールイン「VAR?ぼくは警察を呼ぶよ」

ゴール前での激しい攻防は、議論の的になりやすいものだ。 12日に行われたプレミアリーグ第18節、ウェストハムvsノリッジの一戦は、ジャロッド・ボーエンの2ゴールでウェストハムが2-0と快勝。新型コロナウイルスの影響で試合延期が相次いでいるため暫定順位ではあるが、5位まで浮上した。 注目を集めることとなったのは、ノリッジのGKティム・クルルとウェストハムのMFニコラ・ヴラシッチのポジション取りから生まれたシーンだ。 飛び出しを阻害するため前に立ったヴラシッチを、クルルもどうにかしようと試みる。すると、牽制のし合いからクルルがヴラシッチにヘッドロックを決めるような格好に。最後は2人もつれ合いながらゴールへと倒れていった。 この場面で主審はファウルを取らず、VARの介入もなし。当然ファンの多くは黙っていられず「100%ペナルティ」、「首を折にいった」、「暴行だな」、「VAR?ぼくは警察を呼ぶよ」、「勝ったけど、死んだ」などのコメントがあふれることとなった。 最終的には3ポイントを手にすることができたウェストハム。もしも結果が異なっていれば、外野の声はさらに大きくなっていただろう。 <span class="paragraph-title">【動画】ゴール前の攻防でGKが相手選手にヘッドロック…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Yes, that should have been a penalty for West Ham <a href="https://t.co/HBd8S9kAwB">pic.twitter.com/HBd8S9kAwB</a></p>&mdash; Has the Referee or VAR made a poor decision? (@PoorEPLreferees) <a href="https://twitter.com/PoorEPLreferees/status/1481363277716369417?ref_src=twsrc%5Etfw">January 12, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.13 20:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ウェストハム、主砲アントニオと2024年まで契約延長!

ウェストハムは7日、ジャマイカ代表FWマイケル・アントニオ(31)との契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。なお、今回の契約には更なる延長オプションが付随している。 これまでイングランドの下部カテゴリーを渡り歩いてきたアントニオは、2015年9月にノッティンガム・フォレストからウェストヘムへ完全移籍で加入。ここまで公式戦203試合に出場し、57ゴール33アシストを記録している。 当初は右サイドハーフを主戦場に、時にはサイドバックでプレーすることもあったが、ここ数シーズンはチーム事情でセンターフォワードにコンバート。強靭なフィジカルを生かした馬力のある仕掛けに加え、ポストワークやフィニッシュの局面での精度を大きく向上させ、直近2シーズンでは2年連続リーグ戦2桁ゴールを達成。今シーズンここまではリーグ戦19試合で8ゴールとキャリアハイ更新が確実視される。 また、先日にプレミアリーグにおけるクラブ歴代最多得点者(現在54ゴール)となった31歳は昨年9月にジャマイカ代表へ国籍変更しており、カタール・ワールドカップ出場を目指している。 2022.01.07 23:42 Fri
twitterfacebook
thumb

モイーズ「勝ち点3を掴めて良かった」 2連勝でアーセナルに1pt差

ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督が2022年初戦での勝利に安堵した。 ウェストハムは1日に行われたプレミアリーグ第21節でクリスタル・パレスのホームに乗り込み、3-2で勝利。3-0で折り返してから1点差にまで詰め寄られたが、逃げ切った。 4位のアーセナルに1ポイント差のところまで詰め寄ったモイーズ監督だが、イギリス『BBC』の『Match of the Day』でどちらが勝ってもおかしくない試合だったと振り返った。 「あまり良いプレーができなかったし、不思議な勝利だった。この時期のこういう試合では全員が常にうまくプレーできるとは思わないがね。90分間にわたり、試合をコントロールするのは難しい。前半にゴールを決めてからもチャンスがあったが、C・パレスは本当に良いプレーぶりで、彼らにもチャンスがあった」 やや調子を落とした時期もあったウェストハムだが、これでリーグ2連勝。モイーズ監督は「プレミアリーグではちょっとした停滞期があるもの。それはどんなチームでもある。それを乗り越えて、今日の試合で勝ち点3を掴めて良かった」と勝利という結果を何よりも重要視した。 2022.01.02 11:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ランシーニ2発などでパレスに打ち勝ったハマーズが4位アーセナルと1pt差に迫る《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第21節、クリスタル・パレスvsウェストハムが1日にセルハースト・パークで行われ、アウェイのウェストハムが2-3で勝利した。   前節、ワトフォードに4-1の逆転勝利を飾り、4戦ぶりの白星を取り戻して2021年を暫定5位でフィニッシュしたウェストハム。新年白星スタートと共に久々の連勝を目指した今節は敵地で11位のパレスとのダービーに臨んだ。   バックラインを除きベストメンバーを揃えたウェストハムだったが、開始直後にシュラップに左ポスト直撃のシュートを浴びるなど、押し込まれる立ち上がりとなる。それでも、時間の経過と共に相手を押し返すと、14分にはツォウファルの右クロスに反応したアントニオのボレー、そのこぼれに反応したベンラーマと続けて枠内にシュートを飛ばすが、GKグアイタに見事な連続セーブで防がれる。   早い時間帯の先制点を逃したものの、以降は主導権を握ることに成功したアウェイチームは、自慢の攻撃陣が圧倒的な個の力を発揮する。まずは22分、左サイドから内にボールを持ち出したベンラーマが右足インスウィングでゴール前のスペースへ柔らかなクロスを入れると、これに反応したアントニオがGKの手前でスライディングシュートを押し込む。   さらに、直後の25分にはカウンターから左のハーフスペースを持ち上がったライスがペナルティアークへ走り込んだランシーニに丁寧に繋ぐと、アルゼンチン人MFは細かなボールタッチでDFアンデルセンを左にかわして窮屈な体勢から左足のボレーシュートを叩き込み、瞬く間にリードを2点に広げた。   その後は前半の内に1点は返したいホームチームの反撃遭い、エドゥアールやベンテケに決定機を与えるが、再びクロスバーやGKファビアンスキのファインセーブで凌ぐ。すると、前半終了間際には相手のハンドで得たPKをキッカーのランシーニが冷静に決め、3点差を付けて試合を折り返すことに成功した。   余裕を持って後半を迎えたウェストハムは、1枚カードをもらっていたベン・ジョンソンを下げてマズアクをハーフタイム明けに投入。前半同様に立ち上がりは受け身の形となった中、幾度かパレスにゴールを脅かされるが、エドゥアールらの決定機逸に救われる。   後半はなかなか決定機まで持ち込めないものの、危なげなく時計を進めていくウェストハムは、この試合後にアルジェリア代表に合流するベンラーマを下げて代役を担うヴラシッチをピッチへ送り出すなど、今後の戦いを睨んだ采配も見せ始める。   その後、83分には途中出場オリーズの正確なクロスからエドゥアールに一矢報いるゴールを決められてクリーンシートを逃したウェストハム。さらに、試合終了間際の90分にはオリーズに直接FKを決められると、スタジアムの空気が一変。後半アディショナルタイムにはホームチームの猛攻に晒され、マテタにアクロバティックなシュートでゴールを脅かされるが、これは枠の左に外れて事なきを得た。   試合の終わらせ方に課題を残したものの、ダービー連勝のウェストハムは、今節敗れた4位アーセナルとの勝ち点差を1ポイントに縮めた。 2022.01.02 04:31 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly