「ファーストタッチ上手すぎる」古橋亨梧のEL初ゴールにファンや大統領まで興奮「ジョタのパスもすごい」

2021.10.20 18:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セルティックに所属する日本代表FW古橋亨梧のヨーロッパリーグ(EL)初ゴールは鮮やかだった。

19日、セルティックはヨーロッパリーグ(EL)のグループG第3節でフェレンツヴァーロシュとホームで対戦。古橋は最前線で先発した.

セルティックは前半こそゴールがなかったものの、57分、自陣深くでボールを奪うと、そこから細かくボールを繋ぎ、持ち上がったFWジョタが古橋へ一気にロングパス。足元に収まるピンポイントのパスに対し、古橋もスピードを殺さない完璧なトラップで応える。そのままドリブルで持ち込むと、GKのニアサイドを撃ち抜いた。

ジョタと古橋の連携で先制点を奪ったセルティックは試合終盤にも追加点を奪い、2-0で勝利。EL初勝利を挙げた。

アンジェ・ポステコグルー監督も「見ていて気持ちが良かった。ボールを持ったジョタの輝き、そして亨梧のタッチとフィニッシュも素晴らしいものだった」と絶賛した先制点だったが、ファンからも「ファーストタッチ上手すぎる」「決定力半端ない」「ジョタのパスもすごい」「無駄がない」と称賛の声が集まった。

さらに、この試合はセルティックファンであるアルバニアのイリル・メタ大統領も観戦に訪れていたようで、自身のツイッターにゴールシーンとともに「GOOOOOOOAL! 古橋亨梧」と興奮した様子をアップしており、古橋のゴールは多くの人を魅了していたようだ。



1 2

関連ニュース
thumb

古橋は決定機決められず…セルティックはキャプテンのラッキーゴールで引き分け挟んで7連勝《スコティッシュ・プレミアシップ》

セルティックは28日、スコティッシュ・プレミアシップ第15節でアバディーンと対戦し、2-1で勝利を収めた。 これで引き分けを挟んでリーグ戦6連勝。古橋亨梧は3トップの中央でこの試合でも先発出場を果たし、後半アディショナルタイムに交代している。 10月3日にもリーグ戦で対戦している両者。前回対戦も2-1でセルティックが勝利していた。 試合はセルティックペースで進むと20分、ボックス内左で浮き球のパスを受けたカラム・マクレガーがマイナスのパス。これを受けたジョタが冷静に蹴り込み、セルティックが先制に成功する。 勢いに乗りたいセルティックだったが、33分にCKの流れから与えたPKを、ルイス・ファーガソンに決められてしまい、同点に追いつかれる。 1-1で迎えた後半もセルティックが押し込む展開に。マクレガーの強烈なハーフボレーが相手DFにブロックされるなど、得点を奪えない。 古橋も良いポジションを取り、何度も動き出しを繰り返すが決定機は訪れず。停滞した時間が続く。 それでも60分、意外なプレーが追加点を生み出す。左CKからショートコーナーで繋ぐと、スルーパスに抜け出たリエル・アバダがボックス内からシュート。GKと一対一だったが防がれてしまう。そのこぼれ球を相手がクリアしたが、マクレガーがジャンプ。ボールが体に当たり、無人のゴールへ。セルティックがラッキーな形で勝ち越しに成功する。 その後もセルティックが責め立てるが、ジョタのシュートは右ポストに嫌われることに。古橋もカウンターからクロスに合わせるが、GKのセーブに遭いゴールならず。 それでも、キャプテンの2ゴールに絡む活躍で2-1と勝利を収めた。 セルティック 2-1 アバディーン 【セルティック】 ジョタ(前20) カラム・マクレガー(後15) 【アバディーン】 ルイス・ファーガソン(前33) <span class="paragraph-title">【動画】あまりお目に掛かれない珍ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="pXvJJvSZmWE";var video_start = 182;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.11.29 10:15 Mon
twitterfacebook
thumb

セルティック、1月の優先ターゲットは川崎Fの旗手怜央か

アンジェ・ポステコグルー監督が率い、日本代表FW古橋亨梧が活躍を見せているセルティック。冬の補強ではやはり日本人選手がターゲットになっているようだ。イギリス『スコッツマン』が報じた。 今夏アンジェ・ポステコグルー監督が就任したセルティック。Jリーグ時代からよく知る古橋を補強していた。 無名の選手ということもあり当初は懐疑的な目が向けられたが、古橋はデビュー戦でもいきなり回答。その後もコンスタントに得点を重ね、今ではファンから最も愛される選手の1人になっている。 そのセルティックは、ポステコグルー監督の就任からシーズン開幕までの時間がなかったこともあり、満足いく補強はできていない状況。1月の移籍市場では更なる戦力補強が噂され、日本人選手の名前もあがっていた。 ポステコグルー監督は補強についての質問をはぐらかし続けてきたが、どうやらターゲットが定まっているとのこと。それは川崎フロンターレの日本代表DF旗手怜央(24)のようだ。 11月に念願の日本代表に招集された旗手。川崎Fでは、左サイドバックを中心に、最近ではインサイドハーフを務めるなど、様々なポジションでプレーが可能なユーティリティ選手として重宝されている。 セルティックでは、左サイドバックはヨシプ・ユラノビッチが勤めており、グレッグ・テイラーは負傷中。バックアップにはアダム・モンゴメリーしかいない状況となっている。 豊富な運動量に加え、攻撃力を備えた旗手は、ポステコグルー監督のサッカーにフィットする可能性が高く、冬に優先して獲得したい選手として報じられている。また、代理人との話し合いも“かなり進んでいる”とのことだ。 旗手は1月で川崎Fとの契約が満了を迎えるためにフリーでの獲得になるようだ。 また、こちらも予てから噂にあがっている横浜F・マリノスの日本代表FW前田大然(24)もやはり獲得に動いているという。こちらは横浜FM時代に指導しており、その能力は誰よりも知っている。ただ、前田は移籍金がかかるとされ、まずは旗手の確保に動きたいようだ。 2021.11.27 21:40 Sat
twitterfacebook
thumb

倒れながらのノールックアシスト!古橋亨梧とジョタの連携ゴールに驚きの声「何年もやってるかのよう」

セルティックの日本代表FW古橋亨梧がチームメイトのFWジョタと見事な連携を見せた。 セルティックは25日、ヨーロッパリーグ(EL)グループG第5節でレバークーゼンとアウェイで対戦。古橋は3トップの中央、ジョタは左サイドで先発した。 試合はレバークーゼンに先制を許すも、39分に古橋が相手GKルーカス・フラデツキーと接触し、PKを獲得。これをDFヨシプ・ユラノビッチが沈め、同点で前半を折り返した。 そして迎えた56分、セルティックがGKジョー・ハートのパントキックからロングカウンターを開始。中央を上がってきたMFニール・ビトンにパスが通る。 数的有利の状況で古橋はボックス内に走り込むと、後ろのジョタへパスするように指示。しかし、ビトンのパスは相手にカットされてしまう。それでも、相手DFが滑ったこともあり、ボールを拾った古橋はノールックでラストパス。これをボックス左で受けたジョタがゴール右隅にシュートを突き刺した。 セルティックは逆転後、古橋とジョタを含む3トップを全交代。しかし、その後逆転を許し、3-2で敗れ3位が確定しヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)に回ることが決定した。 それでも、2人の活躍には「もう何年もやってるかのよう」「この2人をトーナメントで見たかった」「古橋がセルティックの誰よりも必要不可欠だと感じた」といった言葉がファンから贈られている。 セルティックは28日にスコティッシュ・プレミアシップでアバディーンと対戦。EL敗退の鬱憤を晴らしたいところだ。 <span class="paragraph-title">【動画】古橋亨梧が倒れながらもノールックアシストでジョタのゴールを演出</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="udIkxHky3yM";var video_start = 27;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.11.26 20:35 Fri
twitterfacebook
thumb

決勝T進出のレバークーゼン指揮官「1試合残しての突破は当たり前じゃない」 チームを労う

レバークーゼンのジェラルド・セオアネ監督がヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント進出に満足感を示した。『UEFA.com』が報じている。 グループGの4試合を消化して3勝1分け無敗で首位を走るレバークーゼン。25日の第5節では3位のセルティックをホームに迎え撃った。 先制ゲームを一時逆転まで持っていかれたレバークーゼンだが、82分に追いつくと、87分に勝ち越し。そのまま3-2で競り勝った。 これで勝ち点を「13」に。勝ち点10で2位につけるレアル・ベティスを抑え込み、1試合を残して決勝トーナメント進出を決めている。 セオアネ監督は試合後、チーム全体に労いの言葉を送った。 「グループ全体に大きな賛辞を送る。1試合を残して決勝トーナメント行きを決めるのは当たり前のことじゃないからだ」 また、攻守ともに手応えを感じながら、勝ち誇っている。 「今日は多くのことが改善された。守りも攻めもともにね。その結果、多くのチャンスをモノにすることができたのだ」 「途中出場の選手も注目に値する。妥当な勝利だと思う」 2021.11.26 12:55 Fri
twitterfacebook
thumb

一時逆転もEL敗退のポステコグルー監督は選手を称える「選手たちが全てを捧げたことは知ってほしい」

セルティックのアンジェ・ポステコグルー監督が、レバークーゼン戦を振り返った。 セルティックは25日、ヨーロッパリーグ(EL)グループG第5節でレバークーゼンとアウェイで対戦。勝利すれば決勝トーナメント進出の可能性もあったセルティック。古橋亨梧はこの試合もセンターフォワードとして先発出場を果たした。 試合は16分にレバークーゼンが先制するも、40分にヨシプ・ユラノビッチのゴールでセルティックが同点に追いつく。 さらに56分にはカウンター炸裂。GKジョー・ハートからのパントキックでカウンターを仕掛けると、ジェームズ・フォレストがダイレクトで落とし、デイビッド・ターンブルがリターン。フォレストが中央を上がってきたニール・ビトンにパスを出すと、ドリブルで運びながらパス。これをボックス内で相手が滑ったこともあり上手く受けた古橋が素早く左へ展開。後方から走り込んだジョタが蹴り込み、逆転に成功した。 鮮やかなカウンターを決めたセルティックだったが、終盤に2失点。逆転を許し、3-2で敗れ3位が確定しヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)に回ることが決定した。 ポステコグルー監督は試合後に逆転負けを悔しがりながらも、レバークーゼンが上だったとコメント。さらに選手たちのパフォーマンスには満足感を示した。 「我々は自分たちがやれる形で試合を終わらせなかっただけだ。ただ、レバークーゼンは素晴らしいチームであり、我々は彼らのホームに来て試合をしたのだから、選手たちを称えたい」 「彼らにはクオリティがあり、常にカウンターの脅威があった。我々が望むような試合をコントロールすることができなかった。そして、我々はもう少し警戒しなければいけなかった」 「ジョー(・ハート)が何度も素晴らしいセーブをしてくれたし、4バックが懸命に仕事をして試合を保ってくれた。そしてゴールを奪ったが、頑張りきれなかった」 「選手たちが多大な努力を見せただけに残念だったが、我々と彼らの間にはまだ差があり、それを埋めなければならない」 「全てのヨーロッパの試合で、我々は非常に優れた相手と戦ってきた」 「ホームでは4-0とノックアウトされたが、ここではちょっとした恐怖を相手に与えられた」 また、ドイツまで足を運んだファンにも言及。選手たちが戦ったことを忘れないでほしいと語った。 「信じられないことだが、今夜彼らが落胆している中。選手たちが全てを捧げたことは知ってほしいと思う。それを理解して帰ってほしい」 「そして今夜、彼らに何かを与えてくれることを願う。選手たちを責めることはできない。彼らは全てを捧げた」 <span class="paragraph-title">【動画】パーフェクトなカウンターから古橋亨梧がアシスト</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ht" dir="ltr">Angebòl baby, it’s just different <a href="https://t.co/r1WBBwB1Al">pic.twitter.com/r1WBBwB1Al</a></p>&mdash; B (@Bowley67_) <a href="https://twitter.com/Bowley67_/status/1463947646666743812?ref_src=twsrc%5Etfw">November 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.26 12:22 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly