「頭いい」ピックフォードがドリンクボトルに相手PKのデータを貼付「カンニングしている…」

2021.10.18 20:35 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エバートンのイングランド代表GKジョーダン・ピックフォードのドリンクボトルが画期的だと話題になっている。

17日に行われたプレミアリーグ第8節、エバートンはホームでウェストハムと激突。ピックフォードはこの日も先発に名を連ねた。

74分にセットプレーから失点を喫すると、これが決勝点となり惜敗したホームチーム。だが、この試合では意外なポイントにフォーカスが当たったようだ。

『ESPN』がピックアップしたのは守護神のドリンクボトル。そこにはなんと対戦相手のPKの傾向が貼られていた。各選手が過去に蹴った位置、成否などの詳細が、ラベルのようにボトルに貼り付けられている。

7月のユーロ2020決勝ではPK戦の末に敗れたイングランドの守護神を務めていたピックフォード。それもあってか、ファンからは「頭いい」、「クレイジー笑」、「カンニングしている…」、「ユーロ決勝のフラッシュバック」などのコメントがSNSに寄せられた。

仮にデータを覚えていたとしても、緊迫した状況では思い出すことが困難なこともあるだろう。実際、日本代表GK谷晃生などは、東京オリンピック準々決勝ニュージーランド戦のPK戦勝利後に「相手キッカーの特徴を見せてもらったけれど、覚えきれなかった」と話している。

この試合では幸か不幸か、PKの機会はなかった。だが、ピックフォードの工夫はいつか実を結ぶ日がくるかもしれない。



1 2

関連ニュース
thumb

アレクサンダー=アーノルドが刺殺された12歳の少女へ哀悼の意「RIP AVA WHITE」

リバプールのイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドが亡くなった少女に追悼を捧げた。イギリス『サン』が伝えている。 リバプール市内では先週の11月25日、友人とともに出かけていた12歳の少女アヴァ・ホワイトさんが10代の少年グループに刃物で刺されるという痛ましい事件が発生。救急隊が駆けつけ病院に運ばれたものの、残念ながら死亡が確認されたという。 12月1日に行われたプレミアリーグ第14節、エバートンvsリバプールの“マージーサイド・ダービー”でも両チームがアヴァさんをしのび、大型ビジョンでも哀悼の意を示した。 リバプール市内で生まれ育ったアレクサンダー=アーノルドは試合後、改めてメッセージを表明。「RIP AVA WHITE」と書かれた自身のインナーシャツを披露した。 ※R.I.P.:ラテン語のRequiescat in paceまたは英語のRest in peaceの頭文字、安らかに眠れの意 試合中もホワイトさんの年齢と同じキックオフから12分後に中断し、1分間にわたる拍手で追悼が捧げられた。このような痛ましい事件がなくなることを祈るばかりだ。 <span class="paragraph-title">【写真】亡くなったアヴァさんに哀悼のメッセージを送るアレクサンダー=アーノルド</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CW9S8gBqm56/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CW9S8gBqm56/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CW9S8gBqm56/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Trent Alexander-Arnold(@trentarnold66)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.12.02 19:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ダービー完敗で8試合未勝利のエバートン…ベニテス監督はミスに失望「正しいことができなかった」

エバートンのラファエル・ベニテス監督が、ダービーでの完敗を嘆いた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 エバートンは1日に行われたプレミアリーグ第14節でリバプールと対戦した。リーグ戦ここ7試合未勝利で14位に落ち込むチームにとって、マージーサイド・ダービーでの勝利を復調のきっかけとしたいところだったが、立ち上がりから相手に試合を支配されると2点を奪われる苦しい展開に。前半終了間際にFWデマライ・グレイのゴールで1点を返したものの、後半はミスもありさらに2失点。その後は反撃もままならず、1-4で敗れた。 リーグ戦8試合未勝利となり明るい兆しの見えない状況が続くが、試合後のインタビューに応じたベニテス監督は試合でのミスを嘆きつつもここからの改善は可能だと強調。好調だった開幕直後の状態に戻ることが目標だと語った。 「ダービーに負けたのだから、皆がっかりするのは当然のことだ。敗因については、トップチームを相手にミスを犯したからだろう」 「我々はリバプールがどれほどの資金を費やし、近年どれほど成功しているかを見てきた。だから、正しいことをしなければこうした敗北は起こりうる状況だったが、我々は正しいことができなかった」 「これが他チームとの対戦であれば、それほど悪くはなかったかもしれない。しかし、トップクラスの選手を擁するトップチーム相手にそれをやれば、その代償を支払うことになる」 「私はポジティブに考えなければならない。このチームのポジティブな点は、シーズンの初めには誰もがとても喜ぶ試合ができていたことだ。我々は、その段階に戻る必要がある」 「我々はケガで選手を失っていた。今はこの選手たちを取り戻し、チーム内の競争力を高め、以前のレベルでプレーできるようにしたい」 また、ここまでの低迷やダービーでの完敗を受け解任の可能性も囁かれるベニテス監督だが、本人は心配していないと強調。選手からの支持はまだ失われていないと語っている。 「(自身の立場に影響があるかという質問に対して)思わないね。私はプロであり、十分な経験を持っている。チームが全力を尽くしているときは、それがわかるものだ。そして、選手たちのコミットメントはまだここにある」 「我々は分析して、コミットメント、欲求、インテンシティを見なければならない。今日はミスをしてしまったが、監督としては選手がピッチ上ですべてを捧げることを期待している」 2021.12.02 15:55 Thu
twitterfacebook
thumb

勢い止まらぬサラー、ダービーで2ゴールも満足せず「もっとたくさんのゴールを決めたい!」

リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが、ビッグマッチでの活躍を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 サラーは1日に敵地で行われたプレミアリーグ第14節のエバートン戦でスタメン出場した。 ここまで11ゴールを決め得点ランキングトップに立つエースは、この日も19分にゴールを記録しチームにとって2点目を記録。さらに64分には、相手DFのミスを見逃さずボールを奪うと2得点目を決め、勝利を決定づけた。チームはその後さらに追加点を記録し、4-1のスコアで勝利している。 この結果、リバプールはプレミアリーグ3連勝を達成。サラーはこれでリーグ戦14試合13ゴールを記録しており、エースの役割を果たしている。 試合後のインタビューに応じたサラーは、より多くのゴールを決めていきたいとコメント。そのうえで、できるだけ多くのトロフィーを獲得したいと意気込みを示した。 「もっとたくさんのゴールを決めたいね! そして僕にとって第一の目標は、このクラブで何かを勝ち取ることなんだ。チャンピオンズリーグ(CL)かプレミアリーグ、できればその両方が欲しい。皆がその目標を目指しているよ」 「今日は素晴らしい結果になった。ここに来て試合に勝ち、良いサッカーをして4つのゴールを決められたのは信じられないことさ。この試合からは、ポジティブなものを得られたと思う」 「監督からの試合前の言葉は、彼らはフィジカル面で強く、すべてのボールに対して100%のチャレンジをしてくるだろうということだった。でも僕たちは自分たちのゲームをして、ボールをキープして、チャンスを作ろうとするだけで良かったよ」 また、サラーはリバプールが今季プレミアリーグでトップとなる43ゴールを挙げているほか、現在公式戦3試合連続で4ゴールを決めるなど、攻撃陣が絶好調な点に言及。チームのスカッドがほとんど変わらず、お互いをしっかり理解していることが大きいと語った。 「今はチームがお互いのことをよく知っている。5、6年一緒にいるからね。昨シーズンはケガが多かったけど、その前のシーズンはとても良いプレーができていた。僕たちは一緒にいくつかのタイトルを獲得したんだ」 「今言えるのは、僕らはお互いのことをよく知っており、より多くのゴールを決めて試合に勝つため、試合中は助け合おうとしているってことだよ」 2021.12.02 11:07 Thu
twitterfacebook
thumb

「グディソンで見せた最高のパフォーマンスだ」ダービー完勝のチームをクロップ監督が絶賛

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、チームの完勝を喜んだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 リバプールは1日に敵地で行われたプレミアリーグ第14節において、エバートンと対戦した。 239回目のマージーサイド・ダービーに臨んだチームは、立ち上がりから試合を支配するとMFジョーダン・ヘンダーソンとFWモハメド・サラーのゴールで2点を先取。その後1点を返されたものの、後半には再びサラーが圧巻のスピードで追加点を決めたほか、FWジオゴ・ジョタにもゴールが生まれ、4-1でライバルチームを圧倒した。 この結果、リバプールはプレミアリーグ3連勝。さらに公式戦3試合連続の4ゴールを記録するなど、絶好調を維持している。 試合後のインタビューに応じたクロップ監督も、際立ったパフォーマンスを示したチームを称賛。自身にとってグディソン・パークでの最高の試合になったと喜んでいる。 「私がリバプールに就任して以来、グディソンで見せた最高のパフォーマンスであったことは間違いない。今夜のように落ち着いていたことはなく、今夜のように説得力があったこともなかった。だからこそ、今日この試合に勝てたのだろうね」 「我々はこうした試合のやり方を学ぶ必要があった。オールド・トラフォードでの戦い方や、グディソンでの戦い方をね。そして今夜は、自分たちの成長のため大きな一歩を踏み出したことを示せたと思う。これはとても良いことだ」 「これが我々の基準であり、これらのチームに打ち勝つため到達しなければならないレベルとなるだろう」 また、昨シーズンの同カードでは相手選手のタックルにより、DFヴィルヒル・ファン・ダイクとMFチアゴ・アルカンタラが重傷を負う事態となったが、クロップ監督は今日の試合でその影響はなかったと強調。選手は感情的になり過ぎず、しっかりと試合に対処してくれたと称えている。 「我々は非常にエモーショナルなチームではあるが、何よりもまず正しいムードと考え方を持つ必要がある。エモーションは良いものだが、最も重要なものではない」 「我々にとって、エバートン、マンチェスター・ユナイテッドとの2つのダービーは、ビッグゲームだ。そこで最高の試合をするためには自分たちの心を落ち着かせ、団結する方法を学ばなければならない」 「選手たちには、過去にどんなことがあっても100%誠実でなければならないと話した。そして振り返ってみると、ここでのダービーで『すごい、完璧に近い素晴らしい試合だ』と思ったことは一度もなかったと思う。つまり、改善の余地がたくさんあったのだ」 「怒りや欲がなければ、ボールを奪い返したり、カウンターを仕掛けたりすることはできないかもしれない。しかし、相手の陣形に合わせてパスを出すべき場面もある。それをするためには今までとは違う考え方が必要であり、それを今夜の我々は持っていた」 2021.12.02 10:29 Thu
twitterfacebook
thumb

サラー圧巻2発などファインゴール4発のリバプールがエバートンを敵地で粉砕!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第14節、エバートンとリバプールによるマージーサイド・ダービーが1日にグディソン・パークで行われ、アウェイのリバプールが1-4で快勝した。なお、リバプールのFW南野拓実は88分から途中出場した。 アーセナル、ポルト、サウサンプトンと直近の3試合では複数得点、クリーンシートと安定した戦いぶりが光る3位のリバプール(勝ち点28)。4連勝を目指した今節は元指揮官が率いるローカルライバルとの今季初のダービーに臨んだ。サウサンプトン戦からはコナテに代えてマティプを復帰させた以外、同じメンバーを採用した。 一方、ベニテス新監督の下、シーズン最序盤は好スタートを切ったエバートン(勝ち点15)だが、以降は多くの離脱者の影響もあり、直近5敗2分けの7戦未勝利で14位に低迷。宿敵相手に浮上のキッカケを目指した今回のホームゲームでは、主砲キャルバート=ルーウィンやアンドレ・ゴメスらを欠いたものの、ディーニュやリシャルリソン、アラン、ドゥクレらがスタメンを飾った。 試合は立ち上がりからダービーらしいハイインテンシティの攻防が繰り広げられる。だが、地力で勝るリバプールがエバートンを押し込んで立て続けにフィニッシュまで持ち込んでいく。8分にはボックス左でキープしたマネから折り返しを受けたサラーが左足のシュートを枠の左隅へ飛ばすが、これはGKピックフォードの好守に遭う。 しかし、勢いづいて攻め立てるアウェイチームは直後の9分、ハーフウェイライン付近でのボール奪取からカウンターを発動。中央でのパス交換から左サイドへボールを展開し、マネを外側から追い越したロバートソンがボックス左から丁寧にマイナスの折り返しを入れると、ペナルティアーク付近に走り込んできたヘンダーソンが利き足とは逆の左足で見事なダイレクトシュートをゴール左下隅の完璧なコースへ突き刺した。 頼れるスキッパーの鮮烈な一撃で先制に成功したリバプールは、早い時間帯の同点を目指してリスクを冒して前に出るエバートンの攻撃を冷静に受け止めていく。そこから幾度か鋭いカウンターを繰り出すと、今度はエースが魅せる。 19分、中盤でジョタが競ったルーズボールを回収したチアゴから前向きな状態でパスを受けたヘンダーソンが右サイドで背後を狙うサラーへ絶妙なミドルスルーパスを通す。そのままスムーズに加速してボックス右に持ち込んだサラーは飛び出したGKのポジションを冷静に見極め、左足の柔らかなシュートをゴール左上隅へ決めた。 この2ゴールで早くも一部ホームサポーターがスタンドを後にし始めると、試合の流れは完全にアウェイチームへと傾く。 ボックス付近までボールを運ぶものの、攻め切れないエバートンに対して、リバプールは効果的な攻めで3点目に迫る。26分にはマネが鋭いミドルシュートでGKピックフォードを脅かす。 前半の内に1点を返したいエバートンはファウルを辞さないハードなプレーで徐々に球際の勝負で盛り返し始めると、一瞬の隙を突いてゴールをこじ開ける。38分、ハーフウェイライン付近でのセカンドボールの競り合いから右サイドのコールマンからの縦パスをハーフスペースで受けたリシャルリソンがフリーでボックス付近に走り込むグレイへ斜めのパスを通す。そして、グレイは果敢な飛び出しでシュートコースを消しに来たGKアリソンの股間を抜くシュートを流し込み、チームとしてリーグ4戦ぶりとなるゴールを挙げた。 すると、このゴールでグディソン・パークの雰囲気が変わり始めると、前半終盤にかけてはホームチームの時間帯が続く。前半アディショナルタイムには左サイドで背後を取ったディーニュのクロスからファーでフリーのドゥクレにシュートチャンスが訪れるが、ここは相手のシュートブロックに阻まれた。 前半序盤のリバプールのワンサイドゲームから一転、徐々にダービーらしい拮抗した展開となった一戦はアウェイチームの1点リードで後半に突入。立ち上がりは前半同様にアウェイチームが優勢に試合を運んでいく。一方、エバートンはロンドンが筋肉系のトラブルでプレー続行不可能となり、ゴードンをスクランブル投入することになった。 後半は決定機まであと一歩という状況が続いたリバプールだったが、再びエースが圧巻のプレーで試合を動かした。64分、エバートンの右CKをボックス内で撥ね返した流れからグレイが最後尾のコールマンに出した厳しいバックパスに対してサラーが猛スプリントで詰める。すると、コールマンがクリアし損なったボールを回収したサラーがそのまま相手陣内を独走。最後はボックス内でGKとの一対一を冷静に制した。 この3点目で勝利を大きく手繰り寄せたリバプールは、気落ちしたエバートンを相手にここからきっちりゲームをコントロール。そして、79分には右サイドから左サイドへのスムーズな展開からロバートソンが斜めのグラウンダーパスをボックス内のジョタの足元に差し込む。このパスはややマイナスに入り過ぎたものの、左足の足裏をうまく使って強引に反転したジョタがニア上へ強烈な左足のシュートを叩き込んだ。 これで勝利を決定づけたアウェイチームはミルナーに続き、オックスレイド=チェンバレン、南野をピッチに送り込んでこのまま試合をクローズ。リーグ戦3試合連続の4ゴールでグディソン・パークを攻略したリバプールが4-1の圧勝で今季最初のマージーサイド・ダービーを制した。 一方、4戦ぶりのゴールこそ奪ったものの、ホームで屈辱の大敗を喫したエバートンは、これで8戦未勝利となりベニテス監督の去就問題がいよいよ騒がしくなってきている。 2021.12.02 07:38 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly