アルゼンチン代表を称える巨大な壁画が完成!メッシやディ・マリアらがサインを書き込む

2021.10.14 20:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
FWリオネル・メッシをはじめとするアルゼンチン代表の面々が、新壁画公開のテープカットに参加した。

アルゼンチンサッカー協会(AFA)の敷地内にある衣料品倉庫に描かれた幅17メートル、高さ11メートルの巨大な壁画。7月にアルゼンチン代表がコパ・アメリカ2021を制したことを称えて描かれ、今月13日に公開された。

コパ・アメリカのトロフィーにキスをするメッシや肩を組んで喜びを分かち合うアルビセレステの面々、準決勝でPK戦勝利の立役者となったGKエミリアーノ・マルティネスなどが描かれている。

メッシらは協会の会長であるクラウディオ・タピアとともに除幕式に参加した。

その後、設けられた専用スペースに各々の選手がサインを入れることで正式に壁画は完成。FWアンヘル・ディ・マリアやマルティネスなどは自身の壁画の前で記念撮影を行った。

アルゼンチン代表は現在、カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選の真っただ中だ。10月シリーズではパラグアイ代表とゴールレスドロー、ウルグアイ代表には3-0で勝利を収め、2位に付けている。現地時間14日にはペルー代表戦を控えるが、壁画のパワーも借りてホームでの連勝はなるだろうか。



1 2

関連ニュース
thumb

ダフト・パンク再結成? バロンドールのトロフィーを届けた黒いヘルメット2人組の正体は…

バロンドールの授賞式はサプライズで盛り上がったようだ。 エレクトロニカの急先鋒として90年代から音楽シーンを牽引してきたフランスの人気テクノユニット、ダフト・パンク。ヘルメットと手袋を着用し、ロボットのような出で立ちでシンセサイザーなどの電子機器を操り、パフォーマンスでも絶大なインパクトを与えたダンス・ミュージック界のレジェンドだ。 今年2月に解散を発表していたが、11月29日のバロンドール授賞式に黒いヘルメットを身に着けた2人組がトロフィーを持って登場。復活かと会場をざわつかせた。 実はこの2人組の正体、かつてF1世界チャンピオンにも輝いたフェルナンド・アロンソとエステバン・オコンだった。 フランスの自動車ブランド名を冠したF1チーム、アルピーヌ(前:ルノー)のドライバーを務める2人。どうやらフランスにゆかりのあるアーティストをイメージしての演出だったようだ。司会者のディディエ・ドログバとサンディー・ヘリベルトに促されて正体を明かすと、会場からは大きな拍手が上がった。 この演出には閲覧者も驚いた様子だ。「ダフト・パンク再結成かと思ったわ」、「ダフト・パンクのコスプレ」、「アロンソとオコンがダフト・パンクだったってことですね」など、衝撃を物語る声が多く寄せられている。 ダフト・パンクの再結成ではなかったが、F1王者の参戦というサプライズに沸いた授賞式。なお、男子はパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表リオネル・メッシ(34)が7度目の、女子はバルセロナのスペイン代表MFアレクシア・プテジャス(27)が初めてのバロンドールを受賞している。 <span class="paragraph-title">【動画】バロンドールを届ける黒ヘルメット2人組</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Félicitations à l&#39;ensemble des lauréats de la cérémonie du <a href="https://twitter.com/hashtag/BallonDor?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BallonDor</a> ​<br>Revivez l’arrivée des trophées avec <a href="https://twitter.com/alo_oficial?ref_src=twsrc%5Etfw">@alo_oficial</a> et <a href="https://twitter.com/OconEsteban?ref_src=twsrc%5Etfw">@OconEsteban</a> à bord de la nouvelle <a href="https://twitter.com/hashtag/AlpineA110?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AlpineA110</a> S !​<a href="https://twitter.com/lachainelequipe?ref_src=twsrc%5Etfw">@lachainelequipe</a> <a href="https://twitter.com/lequipe?ref_src=twsrc%5Etfw">@lequipe</a> <a href="https://twitter.com/francefootball?ref_src=twsrc%5Etfw">@francefootball</a> <a href="https://t.co/IafntvNzk6">pic.twitter.com/IafntvNzk6</a></p>&mdash; Alpine Cars FR (@alpinecarsFR) <a href="https://twitter.com/alpinecarsFR/status/1465462946784587785?ref_src=twsrc%5Etfw">November 29, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">The Ballon d’Or trophees are brought by Fernando Alonso and Esteban Ocon from <a href="https://twitter.com/AlpineF1Team?ref_src=twsrc%5Etfw">@AlpineF1Team</a>! <br><br> 48°51&#39;27.3&quot;N 2°20&#39;49.4&quot;E<br>Theatre du Châtelet<br><a href="https://twitter.com/alpinecarsFR?ref_src=twsrc%5Etfw">@alpinecarsFR</a> <a href="https://t.co/u7IPR0koi5">pic.twitter.com/u7IPR0koi5</a></p>&mdash; Ballon d&#39;Or #ballondor (@francefootball) <a href="https://twitter.com/francefootball/status/1465406733153714179?ref_src=twsrc%5Etfw">November 29, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">And yes, our <a href="https://twitter.com/AlpineF1Team?ref_src=twsrc%5Etfw">@AlpineF1Team</a> drivers were the mystery guests who brought the <a href="https://twitter.com/hashtag/BallondOr?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BallondOr</a> onto the stage! <a href="https://twitter.com/lequipe?ref_src=twsrc%5Etfw">@lequipe</a> <a href="https://twitter.com/lachainelequipe?ref_src=twsrc%5Etfw">@lachainelequipe</a> <a href="https://t.co/26233PqEoN">pic.twitter.com/26233PqEoN</a></p>&mdash; Alpine Cars (@alpinecars) <a href="https://twitter.com/alpinecars/status/1465444400423747585?ref_src=twsrc%5Etfw">November 29, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.01 22:15 Wed
twitterfacebook
thumb

メッシが最多7度目のバロンドール受賞!

フランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』は29日、パリ・サンジェルマン所属のアルゼンチン代表リオネル・メッシ(34)が2021年の“バロンドール”を受賞したことを発表した。また、バロンドール2021の最終順位を併せて発表している。 今夏のコパ・アメリカ2021で母国に28年ぶりとなるメジャータイトルをもたらしたメッシが、中止となった昨年を除けば2年連続最多7度目のバロンドールを受賞した。2位に続いたバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキと、3位となったチェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョを抑えての受賞となった。 また、21歳以下の最優秀選手に贈られるコパ・トロフィーは、バルセロナのスペイン代表MFペドリが、最優秀GKに贈られるヤシン・トロフィーにはパリ・サンジェルマンのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマが受賞した。 なお、今年度から新設された、最優秀クラブに贈られるクラブ・トロフィー賞にはチェルシーが、最優秀ストライカーに贈られるトップスコアラー賞にはバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが選ばれている。 ◆バロンドール2021順位 1位 リオネル・メッシ(アルゼンチン/パリ・サンジェルマン) 2位 ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン) 3位 ジョルジーニョ(イタリア/チェルシー) 4位 カリム・ベンゼマ(フランス/レアル・マドリー) 5位 エンゴロ・カンテ(フランス/チェルシー) 6位 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/マンチェスター・ユナイテッド) 7位 モハメド・サラー(エジプト/リバプール) 8位 ケビン・デ・ブライネ(ベルギー/マンチェスター・シティ) 9位 キリアン・ムバッペ(フランス/パリ・サンジェルマン) 10位 ジャンルイジ・ドンナルンマ(イタリア/パリ・サンジェルマン) 11位 アーリング・ハーランド(ノルウェー/ドルトムント) 12位 ロメル・ルカク(ベルギー/チェルシー) 13位 ジョルジョ・キエッリーニ(イタリア/ユベントス) 14位 レオナルド・ボヌッチ(イタリア/ユベントス) 15位 ラヒーム・スターリング(イングランド/マンチェスター・シティ) 16位 ネイマール(ブラジル/パリ・サンジェルマン) 17位 ルイス・スアレス(ウルグアイ/アトレティコ・マドリー) 18位 シモン・ケアー(デンマーク/ミラン) 19位 メイソン・マウント(イングランド/チェルシー) 20位 リヤド・マフレズ(アルジェリア/マンチェスター・シティ) 21位 ブルーノ・フェルナンデス(ポルトガル/マンチェスター・ユナイテッド) ラウタロ・マルティネス(アルゼンチン/インテル) 23位 ハリー・ケイン(イングランド/トッテナム) 24位 ペドリ(スペイン/バルセロナ) 25位 フィル・フォーデン(イングランド/マンチェスター・シティ) 26位 ニコロ・バレッラ(イタリア/インテル) ルベン・ディアス(ポルトガル/マンチェスター・シティ) ジェラール・モレノ(スペイン/ビジャレアル) 29位 ルカ・モドリッチ(クロアチア/レアル・マドリー) セサール・アスピリクエタ(スペイン/チェルシー) <span class="paragraph-title">【動画】メッシが通算7度目のバロンドール受賞決定!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJlemdoTmNBVSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.11.30 06:40 Tue
twitterfacebook
thumb

心臓の問題で引退説浮上のアグエロが元気な姿、ゴルフを楽しむ

バルセロナのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(33)が元気な姿を見せている。 今夏マンチェスター・シティからバルセロナへとフリートランスファーで加入した。 しかし、加入後にケガをして離脱。なかなか復帰できない期間が続き、10月中旬にやっとデビューを果たした。 レアル・マドリーとの“エル・クラシコ”では、試合こそ負けたもののバルセロナでの初ゴールを記録したアグエロ。しかし、10月30日に行われた第12節のアラベス戦前半に胸部の不快感に苛まれ、交代。その後の検査で不整脈がわかると、1日にクラブから最低3カ月の離脱が明らかにされていた。 一部では、現役引退という話もあがる中で、公式には何も発表されていない状況。そんなアグエロは、自身のインスタグラムを更新。元気な姿を見せた。 アグエロは、ゴルフを楽しむ写真を掲載。パッティングの写真を投稿した。 この投稿には、アルゼンチン代表の同僚であるMFアンヘル・ディ・マリアが絵文字で反応。また、レアンドロ・パレデスらも反応し、元気な姿を喜んだ。 <span class="paragraph-title">【写真】引退説も浮上したアグエロ、ゴルフを楽しむ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CWv9hqEsE03/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CWv9hqEsE03/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CWv9hqEsE03/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Sergio Leonel Agüero(@kunaguero)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.11.27 22:25 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコやリバプールでプレーしたマキシ・ロドリゲスが現役引退…「みんなに大きなハグを」

ニューウェルズ・オールドボーイズに所属する元アルゼンチン代表MFマキシ・ロドリゲス(40)が引退を発表した。 同クラブの下部組織出身のマキシ・ロドリゲスは、2000年から3シーズン過ごした後、2002年夏のエスパニョール移籍で渡欧。その3年後にアトレティコ・マドリーへステップアップし、4年半で公式戦156試合に出場した。 2010年1月にはリバプールへフリー移籍。同シーズンに優勝したリークカップがヨーロッパでの唯一のタイトルとなった。 2012年夏にニューウェルズ復帰を果たすと、リーグ戦27試合に出場し優勝に貢献。しかし、熱狂的なサポーターとの関係悪化もあり退団を余儀なくされ、アルゼンチン国内ではニューウェルズ以外でプレーしないという信念のもと、ウルグアイの名門ペニャロールに活躍の場を移した。 それでも最愛のクラブで引退したいという強い想いから、2019年1月にニューウェルズへ再度復帰を果たし、在籍通算13シーズンで公式戦221試合71ゴール20アシストを記録した。 また、アルゼンチン代表としてのデビューは2003年6月の日本戦。途中出場から初ゴールも決めた。以降、2006年から3大会連続でワールドカップに出場するなど、通算57試合に出場し16ゴールをマーク。なお、2006年大会のラウンド16のメキシコ戦では、延長戦に決勝ゴールとなるスーパーボレーシュートを沈めており、同大会のベストゴールにも選ばれている。 そして、現地時間26日に自身のインスタグラムを更新し引退を発表。ビデオを通じて別れのメッセージを残した。 「考えもしなかった時がついにやってきてしまった。フットボーラーとしてこれ以上期待に応えることができなくなってしまったんだ。プロとしてのキャリアを終える時だ」 「なかなか難しい決断だったよ。でも同時に冷静に考えることもできた。何年ものキャリアを通じて、精一杯の自分を出してきたと思う。もう完全に空っぽだ。これ以上何かを与えることができなくなったんだ」 「色んなことを思い出したよ。特にまだ赤ん坊だった時の頃とかね。祖父がよく僕にボールを蹴らせていたんだ。母は仕事が休みの時は僕をよく外に連れ出してくれた。祖母は家で僕の帰りを待って夕食を用意してくれていた」 「僕にとってみんな本当に大きな心の支えだったんだ」 「あなたがゴールを決めた時、一番最初に思い浮かべるのは誰だい? 僕にとってそれは家族だ。良い時も悪い時も常にサポートしてくれた」 「ファーストリーグでプレーすることは僕の夢だった。ニューウェルズのファーストチームでね」 「でも、いざキャリアをスタートさせると困難の連続だった。妻とともに新たな冒険が始まったんだ。彼女はヨーロッパに挑戦する僕に付いてきてくれた一人だった。落ち込んだ時は常に寄り添ってくれて、僕が挫けないよう、ずっと応援してくれたんだ」 「それから、僕がプレーした全てのクラブに感謝を伝えたい。エスパニョール、アトレティコ、リバプール、ペニャロール…そしてアルゼンチン代表とニューウェルズは、僕が溺愛するチームなんだ。長い間そのユニフォームを着て心の底から楽しむことができた」 「また、僕が会った全ての指導者たちにも感謝しているよ。全てのチームメイトたちにも。すごく多いけどね」 「そして、フットボールに携わる全ての人に感謝を。素晴らしい情熱を僕に捧げてくれた。みんなに大きなハグを! マキシ・ロドリゲスでした」 2021.11.27 15:35 Sat
twitterfacebook
thumb

“魔法使い”も家で杖を置く? メッシがごろ寝で子供と『ハリー・ポッター』を鑑賞

魔法使いと称されるパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表リオネル・メッシも、自宅ではかなりくつろいだ姿を見せるようだ。 卓越したテクニックを有するメッシは、数々のプレーで見るものを魅了してきた。しばしば"ファンタジスタ"や"Goat"(Greatest of All Time=史上最高)と称されるが、時には"魔法使い"と形容されることもある。 そのメッシは魔法使いのビデオを鑑賞していたようだ。 子供たちとリビングで見ているのは映画『ハリー・ポッター』のようだ。暖炉の前に寝そべり、クッションを枕代わりにして映画を鑑賞するメッシの姿は、魔法使いというよりも普通のおじさんだ。 カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選ではアルゼンチン代表として本大会出場権獲得に貢献したメッシ。PSGは20日にリーグ・アン第14節でホームにナントを迎えるが、家族とのひと時で英気を養ったメッシはパリでも魔法をかけられるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】ごろ寝で子供と映画鑑賞をするメッシ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CWeFXUlLvZ0/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CWeFXUlLvZ0/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CWeFXUlLvZ0/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.11.20 16:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly