4年前に妻との接触禁止命令を破ったリュカ、CL前日に裁判所へ出廷命令

2021.10.14 10:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンのフランス代表DFリュカ・エルナンデスが、裁判所へと出頭しなければいけなくなった。スペイン『アス』が伝えた。

報道によると、リュカは19日に出頭するように召喚状が届いたとのことだ。

この召喚状は、マドリッドの刑事裁判所が発行したもの。リュカは2017年2月3日、アトレティコ・マドリーに在籍していた際、当時ガールフレンドであった妻のアメリアさんと通りの真ん中で取っ組み合いの騒動を起こしていた。

これにより、マドリッドの裁判所は31日間の社会奉仕活動を宣告。また、6カ月間にわたり、いかなる手段による接触禁止を命じていた。

しかし、交際を続けていたリュカとアメリアさんは、接触禁止期間中に新婚旅行に出かけており、マイアミから到着した6月13日に空港で捕まっていた。

裁判所は、「2021年10月19日午前11時に裁判所へ召喚され、10日以内に希望する刑務所へ自主的に出頭することを命じる」とされている。なお、19日に出頭しなかった場合は、逮捕状が発行されることとなる。

なお、リュカの弁護士は上訴を検討しているとのこと。しかし、リュカは19日にはマドリッドにいなければいけない状況となっている。

バイエルンは20日にチャンピオンズリーグ(CL)のベンフィカ戦をアウェイで控えており、リュカは出場できるだろうか。


関連ニュース
thumb

【ブンデス第14節プレビュー】1ポイント差の首位攻防デア・クラシカー開催

前節はビーレフェルトのMF奥川がバイエルン戦に先発し、幾つかゴールに迫る場面があったものの0-1で敗戦した。首位バイエルンが勝利した中、2位ドルトムントもヴォルフスブルクを退け、1ポイント差に変わりはなかった。そしてDF伊藤が嬉しいブンデス初ゴールを挙げている。迎える第14節、土曜に首位攻防のデア・クラシカーが行われる。 ドルトムント(勝ち点30)は前節、ヴォルフスブルク相手に復帰したFWハーランド弾などで勝利。チャンピオンズリーグ敗退の悔しさを幾分か払拭した。頼れるゴールハンターが復帰した中、バイエルンを下して首位浮上となるか。 一方、コロナ関連によりMFキミッヒやDFジューレを引き続き欠いた中、ビーレフェルトにFWサネ弾で勝ちきったバイエルン(勝ち点31)は、前節アウグスブルク戦の敗戦をこちらも払拭。引き続きコロナ陽性のキミッヒが欠場するのは痛いが、ドルトムントを下して首位キープとなるか。 バイエルン戦で3戦連発とはならなかったビーレフェルトのMF奥川。ただ、バイエルン相手に際どいシュートを数本放ち、脅威になっていたのは事実。成長著しい奥川は今節、10位ケルン(勝ち点18)とのホーム戦でもゴールに迫るプレーで存在感を示したい。 MF原口との日本人対決を制したMF鎌田、DF長谷部の12位フランクフルト(勝ち点18)は、5位ホッフェンハイム(勝ち点20)とのアウェイ戦に臨む。前節ウニオン・ベルリン戦では代名詞となりつつある追加タイムの劇的弾で勝利をもぎ取ったフランクフルト。ヨーロッパリーグのグループステージも突破して上昇気流に乗る中、5位と好位置につけるホッフェンハイムを下せるか。 フランクフルトに惜敗した6位ウニオン(勝ち点20)は、金曜に8位ライプツィヒ(勝ち点18)とのホーム戦に臨む。守勢の中でも足を止めない原口は、ハードワークが売りのライプツィヒ相手にも存在感を示せるかに注目だ。 5試合連続スタメンと先発に定着しつつあるFW浅野の13位ボーフム(勝ち点16)は、16位アウグスブルク(勝ち点13)とのアウェイ戦に臨む。前節フライブルク戦では守備に追われる状況が続いた中、チームは2-1で逆転勝利。ホーム戦4連勝としたが、今季1勝6敗と苦手のアウェイ戦を制すことはできるか。 最後に日曜登場の15位シュツットガルト(勝ち点13)。前節マインツ戦では伊藤のゴールもあり、6試合ぶりの勝利を飾った。今節は残留を争う可能性のある14位ヘルタ・ベルリン(勝ち点14)とのホーム戦となるが、MF遠藤は当然ながら、攻守に活躍が続く伊藤のパフォーマンスに注目だ。 ◆ブンデスリーガ第14節 ▽12/3(金) 《28:30》 ウニオン・ベルリンvsライプツィヒ ▽12/4(土) 《23:30》 アウグスブルクvsボーフム マインツvsヴォルフスブルク ホッフェンハイムvsフランクフルト ビーレフェルトvsケルン レバークーゼンvsグロイター・フュルト 《26:30》 ドルトムントvsバイエルン ▽12/5(日) 《23:30》 シュツットガルトvsヘルタ・ベルリン 《25:30》 ボルシアMGvsフライブルク 2021.12.03 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

バイエルン、スタニシッチが大腿部の筋断裂で負傷離脱…

バイエルンは2日、クロアチア代表DFヨシプ・スタニシッチの負傷を報告した。 クラブの発表によると、スタニシッチは今週のトレーニング中に左足を負傷。その後、メディカルスタッフによる精密検査の結果、大腿部の筋断裂が発覚した。 現時点で離脱期間に関する詳細は明かされていないが、少なくとも「当面の間」欠場を強いられるという。 昨年4月にトップチームデビューを飾ったスタニシッチは、今シーズンからチームを率いるユリアン・ナーゲルスマン監督の信頼を獲得し、ここまで右サイドバックを主戦場に公式戦12試合に出場。さらに、クラブでの活躍が評価され、クロアチア代表デビューも飾っている。 先月のインターナショナルマッチウィークから帰還後に、新型コロナウイルス陽性反応が出て公式戦2試合を欠場していた中、直近のビーレフェルト戦で復帰したばかりだったが、無念の再離脱となった。 2021.12.02 23:33 Thu
twitterfacebook
thumb

アディダスがドイツW杯公式球「チームガイスト」をリメイクし、レアルやユナイテッドなど9クラブのアパレルに展開!

アディダスは2日、2006年のドイツ・ワールドカップ(W杯)の公式試合球である「TEAMGEIST(チームガイスト)」を現代版にリメイクし、9クラブのアパレルとして展開することを発表した。 「TEAMGEIST」は、ボールのデザインとしても有名であり、当時もアパレルコレクションを展開。今回は9クラブで展開される。 その9クラブは、レアル・マドリー、ユベントス、マンチェスター・ユナイテッド、アヤックス、バイエルン、アーセナル、セルティック、フラメンゴ、ボカ・ジュニアーズ。特別コレクションとなっている。(セルティック、フラメンゴ、ボカは日本展開なし) 商品は、ジャージー、スウェットシャツ、Tシャツ、ウーブンジャケット、ウーブンパンツなどで展開されている。 ジャージーは8490円、スウェットシャツは7690円、Tシャツは6490円、ウーブンジャケットは1万1000円、ウーブンパンツ は8990円で販売される。なお、12月2日18時から順次発売開始となる。 <span class="paragraph-title">【写真】9クラブのアパレルデザインをチェック!</span> <span data-other-div="movie"></span> 【発売場所】 <a href="https://shop.adidas.jp/item/?collection=teamgeist" target="_blank">アディダス オンラインショップ</a> 【レアル・マドリー】 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 【ユベントス】 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 【マンチェスター・ユナイテッド】 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 【アーセナル】 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw11.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw12.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJmZjk2Zjc3UiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 【バイエルン】 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw13.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw14.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw15.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 【アヤックス】 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw16.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw17.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw18.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 【セルティック】※日本展開無し <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw19.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw20.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw21.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 【フラメンゴ】※日本展開無し <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw22.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw23.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw24.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 【ボカ・ジュニアーズ】※日本展開無し <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw25.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw26.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw27.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2021.12.02 22:01 Thu
twitterfacebook
thumb

デア・クラシカー控えるバイエルンに暗雲…ゴレツカが練習を欠席

今後ビッグマッチが続くバイエルンだが、主力の離脱が相次いでいるようだ。 4日にはブンデスリーガのドルトムントとの天王山、8日にはチャンピオンズリーグのバルセロナ戦が控えるバイエルン。ただ、先月末から新型コロナウイルス感染者が続出し、直近ではFWエリック・マキシム・チュポ=モティングとMFヨシュア・キミッヒの感染が伝えられた。 そんな中、ドイツ『スカイ』によると、1日に行われたトレーニングをMFレオン・ゴレツカが欠席。チームドクターを訪問したとのことで、場合によっては数試合の欠場も見込まれている。 また、先日にコロナ感染から回復したDFヨシプ・スタニシッチも、トレーニングを途中で切り上げ、その足で検査に向かったとのこと。 現時点では何も定かではないが、とりわけドルトムント戦に向けては、これ以上の離脱者を出したくないところだが…。 2021.12.02 15:35 Thu
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチ、元同僚メッシに敬意を表すも「レヴァンドフスキがバロンドールに相応しかった」

ミランに所属するスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは、多くの識者と同様に今シーズンのバロンドール受賞に最も相応しかったのは、バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキだと考えている。 パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの最多7度目の受賞となった今回のバロンドール。2位はブンデスリーガで歴代最多となるシーズン41ゴールを記録したレヴァンドフスキ、3位はチャンピオンズリーグとユーロを制したチェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョという結果となったが、異議を主張する有識者は少なくない。 そういった中、バルセロナ時代にメッシと共闘した経験を持つイブラヒモビッチは、元チームメイトへの敬意を表しつつも、今回のバロンドールに関してはレヴァンドフスキが受賞すべきだったとの見解を示した。 40歳のベテランストライカーは、イタリア『コリエレ・デッラ・セーラ』のインタビューの中で、メッシとの関係性、今回のバロンドールについて語った。 「(メッシかクリスティアーノ・ロナウドのどちらが気に入っているか?)どっちも非常に優れていると思う。ただ、一緒にプレーしたからメッシだな」 「メッシとはプロフェッショナルな関係だった。レオはフットボールのために生きている。だが、レヴァンドフスキこそ今年のバロンドールに相応しかった」 また、イブラヒモビッチはピッチ上で共演した経験はないものの、PSGの後輩にあたるフランス代表FWキリアン・ムバッペに対して、PSG退団をアドバイスしたことがあることも明かした。 「それは事実だ。ムバッペはレアル・マドリーのような、より構造的な環境を必要としている。だが、その後、オレはPSGの会長に彼を売らないように言った」 さらに、今回のインタビューでは現役引退後のプランに関しても言及。指導者転身の可能性に関しては慎重な構えを見せている。 「(監督業への関心は?)わからない。ストレスが大き過ぎるからな。個人的には、フットボール同様にアドレナリンが出るようなことをやりたいな。だが、自分の状態が良い限り、オレはストライカーであり続ける。最後の日までスクデットを争って、カタールのワールドカップに行きたい」 2021.12.01 23:41 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly