今夏トルコ移籍のピャニッチ、またもクーマンに恨み節「何も説明がなかった」

2021.10.06 13:20 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナからベシクタシュへとレンタル移籍したボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが、ロナルド・クーマン監督への不満を再び語った。スペイン『マルカ』が伝えた。

2020年夏にブラジル代表MFアルトゥールとのトレードでユベントスからバルセロナへと加入したピャニッチ。昨シーズンの前半戦は起用されていたが、2月から5月まではベンチ入りするも出場機会はなくなるなど、クーマン監督の構想外となった。加えて、今シーズンは状況がさらに悪化。1度も試合に出場することなく、9月4日にベシクタシュへのレンタル移籍が発表されていた。

移籍が決まったタイミングでも『マルカ』に対しクーマン監督への不満をぶちまけていたピャニッチ。トルコ『beIN Sports』のインタビューでも再び批判した。
「クーマンが何を求めていたのか、いまだによくわからないよ。彼は僕に何も説明しようともせず、解決策を見つけようともしなかった」

「このポジションで、僕に何を求めているのか、僕のやっていることは間違っているのか、チームに早く適応するためにはどうしたらいいのか、役に立つためにはどうしたらいいのか。それを僕は聞きたかったんだ」

また、チャンピオンズリーグ(CL)では開幕から連敗を喫し、ラ・リーガでも7試合を終え、9位と低迷を続けるバルセロナの現状についても言及。クラブが強さを取り戻すには優れたリーダーが必要だろうと話した。

「バルセロナは難しい状況にある。結果は、ファンの思い通りにならない。選手たちはプレッシャーを感じていると思うよ」

「チームが改善するには、優れたリーダーが必要なのかもしれないね。バルセロナは世界でも5本の指に入る名門だ。いつかは昔のように戻るだろうけど、それには時間がかかると思う」

関連ニュース
thumb

クリロナの“犠牲”になったカメルーン代表FWアブバカル、古巣のベシクタシュに加入

クリスティアーノ・ロナウドの加入によってアル・ナスルを退団することになったカメルーン代表FWヴァンサン・アブバカル(30)が古巣のベシクタシュに加入した。 アブバカルは2021年夏にアル・ナスルに加入し、昨季はリーグ戦23試合で8ゴール3アシストを記録した。今季は11試合で4ゴールを挙げながら、カタール・ワールドカップではキャプテンとして2ゴールの活躍を披露した。 中東で順調なキャリアを歩んでいたが、C・ロナウドの加入で暗転。サウジ・プロフェッショナルリーグでは外国人枠が8つに制限されており、当初はポルトガル代表FWをチームに登録することはできなかった。 そこで“犠牲”となったのがアブバカルだった。21日にクラブから契約解消が伝えられ、間髪入れず、古巣のベシクタシュへの復帰が決まった。同クラブには2016年夏から2021年夏まで在籍しており、ポルトにレンタル移籍した1シーズンを除けば4年間プレー。通算成績は67試合35ゴール9アシストとなっている。 2023.01.21 21:55 Sat
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド加入のアル・ナスル、アブバカル退団を発表…噂のベシクタシュ復帰に現実味

サウジアラビアのアル・ナスルは21日、カメルーン代表FWヴァンサン・アブバカル(30)の退団をクラブ公式ツイッターで発表した。 先のカタール・ワールドカップ(W杯)にも出場したアブバカル。かつてポルトでもプレーしたストライカーは2021年夏からアル・ナスルに所属し、今季も公式戦12試合で4得点2アシストを記録している。 だが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの今冬加入で暗雲。アル・ナスルは8選手が上限の外国人枠を空ける必要があり、アブバカルがそこから漏れ、プレー場を失う見通しとされていた。 そこでアル・ナスルとの契約解消が取り沙汰されるなか、ついに退団が決まった格好に。なお、事前の報道によれば、新天地として古巣のベシクタシュが濃厚視されている。 2023.01.21 13:05 Sat
twitterfacebook
thumb

なぜこんなモノが… トルコのカップ戦、選手がピッチ上で凶器を発見 「野蛮…」

トルコで行われたカップ戦の試合中、とんでもないものがピッチ上で発見された。 18日に行われたアンカラギュジュとベシクタシュによるカップ戦のラウンド16。試合は延長120分間含めて1-1と決着がつかず、PK戦の末に勝利したアンカラギュジュが準々決勝進出を決めている。 この一戦ではある一幕が話題に。61分、ベシクタシュのMFゲドソン・フェルナンデスが右手に何かを持ち、自軍ベンチに向かって歩いていく。よく見ると、持っているのはなんとメリケンサックだ。 観客席から投げ込まれたのか、元々ピッチ周辺にあったのか、釈然としない部分が大きいが、いずれにしても凶器として扱われる危険なモノ。SNS上に寄せられた「野蛮だな…」というコメントが全てを物語っている。 <span class="paragraph-title">【動画】ベシクタシュ選手がピッチ上で発見したのは...</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tr" dir="ltr"> 61&#39; | Ankaragücü Beşiktaş <a href="https://twitter.com/hashtag/ZTK?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ZTK</a><br><br> Gedson Fernandes, sahaya atılan muştayı kenara götürdü. <a href="https://t.co/rqTfZ7m1ce">pic.twitter.com/rqTfZ7m1ce</a></p>&mdash; A Spor (@aspor) <a href="https://twitter.com/aspor/status/1615744763390558209?ref_src=twsrc%5Etfw">January 18, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.20 18:24 Fri
twitterfacebook
thumb

キャリア下降のデレ・アリ、指揮官から厳しい指摘... 「プレーするに値しない」

ベシクタシュの元イングランド代表MFデレ・アリが指揮官から厳しい言葉を投げかけられた。イギリス『ミラー』が伝える。 エバートンからトルコのベシクタシュにレンタル移籍中のデレ・アリ。トッテナム時代に脚光を浴び、イングランド代表では37キャップを誇るが、26歳にして近年はキャリアが下降の一途を辿る。 ベシクタシュでは当初こそ主力としてプレーしていたが、昨年10月に就任したシェノル・ギュネシュ監督からの評価は低く、リーグ戦では中断前の11月から4試合続けてベンチ外に。今月14日に久々の出場を果たすもわずか1分間のプレーだった。 続く18日のカップ戦では再びベンチ外に。チームはPK戦の末に敗れて敗退となったが、ギュネシュ監督が試合後のインタビューでデレ・アリについて、期待に応えられていないと切り捨てた。 「デレ・アリはこれまで良いキャリアを歩んできたのだろう。しかし、現時点ではプレーするのに値しない。チームの期待に応えられていない」 「もちろんチームに貢献してくれることを願っているが、今はそれができないと考えている。今日で言えば、ここに来た選手たちだけでこの試合に向けた準備をしてきた」 「次の日曜日の試合で選手たちの評価を行う。移籍市場で動くかどうかは、我々も他のクラブと同じように議論している。何も話せないがね」 イギリス『BBC』によると、ベシクタシュはデレ・アリに対して114万ポンド(約1億8000万円)の給与支払いが残る上、エバートンとの契約に解除条項がないため、構想外になりつつあるものの、レンタル打ち切りも難しい状況だという。 2023.01.20 13:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ベシクタシュ、アブバカル再獲得濃厚に! ヴェグホルストの後釜探し決着

ベシクタシュがカメルーン代表FWヴァンサン・アブバカル(30)の獲得を決めたようだ。 先のカタール・ワールドカップにも出場したアブバカル。2021年夏からサウジアラビアのアル・ナスルに所属中だが、この冬に加入したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに外国人枠を奪われ、プレー場を失う見通しとなっている。 そんなカメルーン産のストライカーに手を差し伸べるのが古巣のベシクタシュ。この1月にバーンリーからマンチェスター・ユナイテッドにレンタル先を変更したオランダ代表FWワウト・ヴェグホルストの後釜として獲得を目指しているとされる。 移籍市場に精通するイタリア人記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ベシクタシュはアル・ナスルと契約解除の方向といわれるアブバカルを獲得する見通しに。契約も2週間前に合意済みで、2025年6月までの加入となる模様だ。 2023.01.20 11:20 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly