今夏トルコ移籍のピャニッチ、またもクーマンに恨み節「何も説明がなかった」

2021.10.06 13:20 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナからベシクタシュへとレンタル移籍したボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが、ロナルド・クーマン監督への不満を再び語った。スペイン『マルカ』が伝えた。2020年夏にブラジル代表MFアルトゥールとのトレードでユベントスからバルセロナへと加入したピャニッチ。昨シーズンの前半戦は起用されていたが、2月から5月まではベンチ入りするも出場機会はなくなるなど、クーマン監督の構想外となった。加えて、今シーズンは状況がさらに悪化。1度も試合に出場することなく、9月4日にベシクタシュへのレンタル移籍が発表されていた。

移籍が決まったタイミングでも『マルカ』に対しクーマン監督への不満をぶちまけていたピャニッチ。トルコ『beIN Sports』のインタビューでも再び批判した。

「クーマンが何を求めていたのか、いまだによくわからないよ。彼は僕に何も説明しようともせず、解決策を見つけようともしなかった」

「このポジションで、僕に何を求めているのか、僕のやっていることは間違っているのか、チームに早く適応するためにはどうしたらいいのか、役に立つためにはどうしたらいいのか。それを僕は聞きたかったんだ」

また、チャンピオンズリーグ(CL)では開幕から連敗を喫し、ラ・リーガでも7試合を終え、9位と低迷を続けるバルセロナの現状についても言及。クラブが強さを取り戻すには優れたリーダーが必要だろうと話した。

「バルセロナは難しい状況にある。結果は、ファンの思い通りにならない。選手たちはプレッシャーを感じていると思うよ」

「チームが改善するには、優れたリーダーが必要なのかもしれないね。バルセロナは世界でも5本の指に入る名門だ。いつかは昔のように戻るだろうけど、それには時間がかかると思う」

関連ニュース
thumb

【CLグループC総括】アヤックス圧巻全勝突破、本命ドルトムント敗退

ドルトムントが本命と見られたグループCだったが、アヤックスの強さが際立つ結果となった。ベスト16常連のドルトムントがまさかのグループステージ敗退となった中、アヤックスに続いたのはポルトガル王者スポルティング・リスボンとなった。 ■グループC順位表■  [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.アヤックス[18/6/0/0/15] 2.スポルティング・リスボン[9/3/0/3/2] 3.ドルトムント[9/3/0/3/-1] 4.ベシクタシュ[0/0/0/6/-16] ◆アラー爆発で圧巻の全勝突破~アヤックス~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211208_19_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ウェストハムで泣かず飛ばずだったFWアラーがアヤックスを牽引した。フランクフルト時代の輝きを取り戻したストライカーは、ゴールランキングトップの10ゴールを記録。オランダ王者を首位通過に導いた。そのアラーを軸に、5シーズン目を迎えたテン・ハグ監督の下、3シーズン前のCLベスト4メンバーも健在で、MFタディッチやDFブリント、DFマズラウィらがチームを牽引。完成度の高いサッカーを披露した。 ◆ポルトガル王者がGS突破~スポルティング・リスボン~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211208_19_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 5季ぶりCL出場のポルトガル王者スポルティングがドルトムントを上回って2位通過を果たした。36歳の青年指揮官アモリム監督に率いられたチームは、2連敗スタートと躓いたが、その後のベシクタシュとの連戦、ドルトムント戦を制して最終節を前に決勝トーナメント進出を決めた。[3-4-3]の攻撃的なシステムを駆使し、ベシクタシュ相手にはいずれも4ゴール、ドルトムントとのホーム戦では3ゴールを叩き込んでの快勝劇を収めた。攻撃サッカーでポルトガルのみならず欧州の舞台でも旋風を巻き起こして見せた。 ◆GS突破常連が躓き~ドルトムント~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211208_19_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ローゼ新監督を迎え、期待の高かったドルトムントだったが、2連勝スタートからの3連敗で5シーズンぶりとなるグループステージ敗退に終わった。とりわけ痛かったのが主砲FWハーランドの負傷離脱。彼を欠いた中で戦ったアヤックスとの連戦で連敗し、一気に戦局が悪化した。そして第5節スポルティング戦では力負けし、最終節を前に敗退が決まってしまった。 ◆実力及ばず全敗のトルコ王者~ベシクタシュ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211208_19_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 2位争いをする実力があるかと思われたトルコ王者だったが、全敗での敗退となった。4季ぶりのCL出場となったベシクタシュは、MFピャニッチやFWバチュアイをレンタルで獲得。初戦のドルトムント戦、アヤックス戦こそ接戦を落とした格好だったが、スポルティングとの連戦でいずれも4失点と守備が崩壊。勝負弱さも露呈し、勝負にならなかった。 2021.12.11 14:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ベシクタシュのヤルチン監督が辞任…昨季クラブ史上初の選手&指揮官としてリーグ制覇も今季低迷…

ベシクタシュは9日、セルゲン・ヤルチン監督(49)の辞任を発表した。 ベシクタシュは、今シーズンのスュペル・リグで首位のトラブゾンスポルと18ポイント差の9位に低迷しており、直近は5連敗と絶不調の状況だった。さらに、チャンピオンズリーグ(CL)では7日に行われたドルトムント戦に敗れ、屈辱的な6戦全敗での敗退となっていた。 これを受け、クラブはヤルチン監督の辞任の申し出を受け入れる形となった。 なお、現時点で後任人事は未定となっているが、先日にプレミアリーグのノリッジ・シティを解任されたドイツ人指揮官のダニエル・ファルケ氏らが候補として名前が挙がっているようだ。 現役時代にトルコ代表MFとして活躍したヤルチン監督は、ベシクタシュの3度のリーグ制覇など、通算10個のタイトル獲得に貢献したレジェンド。現役引退後はベシクタシュの下部組織で指導者キャリアをスタートし、ガジアンテスポルやシヴァスポルといった国内の複数クラブの指揮官を歴任した後、2020年に古巣のトップチームの指揮官に就任した。 昨シーズンはスュペル・リグとテュルキエ・クパスの国内2冠を達成し、クラブ史上初となる選手と指揮官としてスュペル・リグを制する偉業を成し遂げていた。 2021.12.09 23:37 Thu
twitterfacebook
thumb

W杯予選前夜の喫煙&飲酒で代表追放と報じられたピャニッチが真っ向否定「フェイクニュース」

ベシクタシュのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが、代表チームからの追放の噂を否定した。 今夏バルセロナからベシクタシュへとレンタル移籍したピャニッチ。カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のフィンランド代表戦に出場していたものの、その後にボスニア・ヘルツェゴビナサッカー連盟(NSBiH)がピャニッチの代表追放に関する声明を発表していた。 しかし、この声明は数分で削除。ピャニッチはウクライナ代表との最終戦に出場していなかった。 問題とされたのは、フィンランド代表戦の前夜に、喫煙と飲酒をしているという写真が出回ったことに始まる。 その写真には水タバコを吸い、飲酒しているピャニッチの姿が、ボスニア・ヘルツェゴビナメディアは、このことを大きく報じ、代表を追放されたと報道。国全体を失望させたとしていた。 ピャニッチはフィンランド戦に出場も、パフォーマンスが悪く66分に交代。そのことも相まって、かなりの批判が寄せられていた。 報道では、イバイロ・ペテフ監督がこの行為に激怒し、ピャニッチを代表チームから追放させたとしていたが、実はこれはフェイクニュース。そのため、代表追放は勘違いによるものだったが、結果としてウクライナ戦はプレーしなかった。 ピャニッチは自身のインスタグラムのストーリーズで「フェイクニュース」としてこの件に言及。「このニュースを公式に否定する。プレーしないということは、監督と話し合った上での決断だった」と、W杯出場の可能性がフィンランド戦で潰えたことでプレーしなかったと説明した。 また、事の発端となった写真についても言及し「ところで、この写真は古いものだよ」と綴り、自身の写真であるものの、フィンランド戦の前夜という話はウソだと主張した。 <span class="paragraph-title">【写真】ピャニッチ追放の理由とされた喫煙&飲酒の場面</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">OFFICIAL: Miralem Pjanić has been dropped from the Bosnian national team. He played 66 minutes vs Finland and was booed off for his poor display. <a href="https://twitter.com/hashtag/BIH?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BIH</a> <br><br>Multiple news outlets reporting Pjanić was smoking hookah and drinking the night before the match.. Let a whole country down. <a href="https://t.co/BbCeoa3ohz">pic.twitter.com/BbCeoa3ohz</a></p>&mdash; BH live (@BHlive_official) <a href="https://twitter.com/BHlive_official/status/1460669093326069765?ref_src=twsrc%5Etfw">November 16, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.18 13:18 Thu
twitterfacebook
thumb

ベシクタシュ、ピャニッチの買い取りを希望か

バルセロナからレンタルで加入しているボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(31)に関して、ベシクタシュは完全移籍を希望しているようだ。スペイン『アス』が伝えた。 2020年夏に加入したバルセロナでは、ロナルド・クーマン監督の構想外となり、公式戦30試合でノーゴールノーアシストと輝けなかったピャニッチだが、今シーズンからレンタル移籍でベシクタシュに加入。ケガに悩まされながらも公式戦8試合で4アシストと一定の結果を残している。 ピャニッチのレンタル期間は2022年6月30日までとなっており、予定ではバルセロナへ復帰が既定路線となっているが、ベシクタシュは完全移籍での買い取りを希望しているようだ。 加入からわずか2カ月でチームの重要な選手の一人となったピャニッチについて、ベシクタシュのアーメット・ヌール・セビ会長は次のようにコメントしたという。 「ピャニッチは世界的に有名な選手だ。我々は彼を買い取りたいと思っているが、それは条件次第だ。身の丈以上の大きなことには絶対に挑戦しない。我々の予算内で取引ができることを願っているよ」 なお、ピャニッチとバルセロナの契約は2024年までで、市場価格は1500万ユーロ(約20億円)程度とみられているが、バルセロナ側に売却の意思があるため、900万ユーロ(約12億円)程度で合意する可能性があるとのことだ。 2021.11.15 08:01 Mon
twitterfacebook
thumb

“司令塔”グティが将来を語る 「夢はレアル・マドリーの監督をすること」

かつてレアル・マドリーで長年に渡ってプレーした元スペイン代表MFのグティ氏が自身の将来について語った。 ルックスでも人気を博した司令塔はマドリーの生え抜きとしてプレー。ファーストチームでは1995年のデビューから14シーズンを過ごすと、2010年夏にベシクタシュへと移籍し、2011年11月に現役を引退していた。 引退後は指導者としてのキャリアを歩み、古巣のマドリーのU-19にあたるフベニールAで監督を務めていたグティ氏。その後はベシクタシュのアシスタントコーチに就任すると、2019-20シーズンはアルメリアを指揮した。 そんなグティ氏がスペイン『アス』のインタビューに応対。古巣マドリーの指揮官に就任することが夢だと語ったうえで、現役ラストシーズンを過ごしたベシクタシュへの愛着も示した。 「私の夢はレアル・マドリーの監督をすることだが、もしトルコからオファーがあったり、チャンスがあれば、それもいいだろう」 「私はチームの監督をしたい。でも、ベシクタシュのライバルであるフェネルバフチェやガラタサライの指揮官には就任できない。もし、彼らからのオファーがあっても断るつもりだ。受け入れられない」 「ベシクタシュのチャンピオンズリーグの試合はライブで見ているし、トルコリーグの試合も追っている。もちろん、スタジアムを見れば戻ってきたいと思うが、今のところそのような機会はない」 2021.11.01 17:06 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly