残留争い中のJ2山口で監督交代、渡邉晋監督が退任…後任にHCの名塚善寛氏が就任

2021.09.29 10:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
レノファ山口FCは29日、渡邉晋監督(47)の退任を発表した。なお、後任は名塚善寛ヘッドコーチ(51)が就任する。

渡邉監督は、2004年にベガルタ仙台で現役を引退。2005年に仙台で巡回コーチに就任すると、アカデミーコーチ、トップチームコーチを経て、2014年4月に監督に就任。2019年まで6シーズン務めた。

山口の監督には今シーズンから就任。ここまで明治安田生命J2リーグで31試合を戦い、8勝8分け15敗の勝ち点32で15位に位置。残留争いを繰り広げている。

河村孝社長によると、25日に行われた明治安田J2第31節のV・ファーレン長崎戦(1-3●)後に、本人から申し出があり、話し合いを重ねた結果、双方合意の上での退任となったとのことだ。

渡邉監督はクラブを通じてコメントしている。

「レノファ山口FCに関わる全ての皆様へ。日頃より多大なるご支援ご声援を頂き誠にありがとうございます。このたび、私渡邉晋はレノファ山口FCの監督を退任することになりました」

「「J1で戦い続ける事ができるチームを作る」というレノファが掲げる明確なビジョンに惹かれ、この仕事を引き受けさせて頂きました。9ヶ月チャレンジをし続け、その先にある「2年でJ1昇格」を目指しここまで進んできましたが、その大きな目標から逆算した時、今の状況は到底満足できるものではありません」

「選手、チームを高みに導く事ができなかった責任を強く感じています。シーズン途中でこのような形になり大変申し訳ありません。残り11試合、レノファの選手たちが躍動する事を心から願っております」

後任の名塚新監督は、日本代表も経験しており、引退後はコンサドーレ札幌(現北海道コンサドーレ札幌)のU-12コーチやU-15監督、トップチームのコーチを務め、2018年から山口でコーチを務めていた。

名塚新監督はクラブを通じてコメントしている。

「このたび、レノファ山口FCの監督に就任することとなりました。2018年からレノファにお世話になり、成長させてもらい、今自分に何ができるのかを考えた時に、監督のオファーを受けるという選択肢以外にはありませんでした」

「攻守において前向きで躍動感のあるプレーで、目の前の一試合に、選手、スタッフ一丸となり、熱く激しく戦っていきます」

「またサポーターのみなさんがスタジアムに足を運びたいと思ってもらえるような試合をお見せできるように全力を尽くします」


関連ニュース
thumb

山口が田中陸とヘニキの今季退団を発表

レノファ山口FCは3日、MF田中陸(22)とMFヘニキ(32)の契約満了による今季の退団を発表した。 柏レイソルの下部組織出身の田中は、2018年にトップチームに昇格するも、出場機会を求めて2020シーズンに期限付き移籍で山口に加入。明治安田J2リーグで31試合に出場する活躍を披露し、今季から完全移籍に切り替わった。チームが苦しむなか、今季もリーグ戦31試合に出場し、残留に貢献した。 ヘニキは2014年1月に、ブラジルのクリシューマからFC岐阜に加入して初来日。その後、2016年にボタフォゴへ移籍し母国へ戻ったが、翌年に岐阜に再加入し、栃木SCを経て2020年に山口に移籍した。加入初年度はリーグ戦30試合で2得点を記録したが、今季はここまで8試合の出場に留まっている。 両選手はクラブを通じて別れの言葉を残している。 ◆MF田中陸 「レノファ山口の皆さん、2年間お世話になりました。この2年間、悔しいこともありましたがそれも含めて自分にとって貴重な経験だったと思っています」 「良いスタッフ、チームメイトに出会い共にシーズンを戦い自分は成長させてもらいました。また、どんな時でも前を向き戦い続けてこれたのはレノファサポーターの皆さんが温かく支えてくれたからです」 「このチームを離れることはすごく寂しいですが、より成長し、皆さんにいい報告ができるよう精進し続けます。2年間本当にありがとうございました」 「ラスト1試合勝って終われるよう最後の最後までレノファの選手として戦います!」 ◆MFヘニキ 「私にレノファ山口でプレーする機会を与え、私のサッカーを信じてくださりありがとうございます。チームを離れますがレノファ山口のJ2残留に少しでも役に立てて、達成できたことを嬉しく思っています」 「ファン、サポーターの方達は私にだけではなく、私の家族にも愛情を与えてくれて、感謝の気持ちでいっぱいです。私のレノファ山口でのストーリーはここで終わりますが、違うところで新たに始まります」 「なぜなら、私は日本でプレーし続けたいからです。2年間本当にありがとうございました」 「Um grande abraço a todos e que Deus abençoe! (みんなにハグを。そして神のご加護があらんことを!)」 2021.12.03 17:21 Fri
twitterfacebook
thumb

J2残留を決めた山口が名塚善寛監督の来季続投を発表「応援したいと思っていだけるようなチームを」

レノファ山口FCは1日、名塚善寛監督(52)の契約更新を発表した。 名塚監督は、9月29日に辞任した渡邉晋監督(47)の後任としてヘッドコーチから昇格。残留争い中のチームを引き受けることとなった。 就任から2連敗、5試合未勝利となっていたが、その後に連勝を記録するなどし、10試合で2勝4分け4敗の成績。チームも残留を決めていた。 来シーズンも指揮を執る名塚監督は、クラブを通じてコメントしている。 「レノファ山口を支えてくれる、パートナー、そして、ファン、サポーターの皆様、いつもありがとうございます。今シーズンもコロナ禍の中、共に戦っていただきありがとうございました」 「このたび、2022シーズンの指揮を執らせていただくこととなりました。シーズン途中から指揮を執らせてもらい、来シーズンも続けて指揮をとるチャンスを与えて頂いたクラブに感謝しています」 「攻守にアグレッシブなサッカーで、みなさまに応援したいと思っていだけるようなチームを、選手、コーチングスタッフ、チームスタッフ、チームを支えてくださるみなさまとともに作っていきたいと思います」 「今シーズンも残り1試合あります。これまでと変わらずに、目の前の試合の勝利のために全力で戦いますので、最後まで共に戦ってください。よろしくお願いします」 2021.12.01 10:15 Wed
twitterfacebook
thumb

京都が12年ぶりのJ1昇格決定! 一方、松本&愛媛はJ3降格確定【明治安田J2第41節】

明治安田生命J2リーグ第41節の全11試合が28日に各地で行われた。 引き分け以上でJ1自動昇格圏内の2位以内が決まる京都サンガF.C.は8位のジェフユナイテッド千葉とアウェイで対戦。16分に京都がヨルディ・バイスの負傷というアクシデントに見舞われたものの、攻めの主導権を握る。ゴールレスで迎えた後半は千葉も反撃に転じたが、結局、0-0で終了。勝ち点を「83」に伸ばした京都は最終節を残した3位のヴァンフォーレ甲府と4ポイント差となり、2位を確定させ、2010年以来12年ぶりとなるJ1昇格を決めた。 一方、9ポイント差に9クラブがひしめく熾烈な残留争いもいよいよクライマックス。残り2節の段階でいまだ降格チームが1つも決まっていない状況だったが、18位のSC相模原と引き分けた最下位の松本山雅FC(勝ち点33)、11位の水戸ホーリーホックに1-2で敗れた21位の愛媛FC(同34)は20位以下が決まり、最終節を前にJ3降格が決定した。 20位のギラヴァンツ北九州(勝ち点35)は15位の栃木SC(同42)に1-2で敗れ、19位以下が確定。一方の栃木は残留が決定した。14位のレノファ山口FC(同42)は3位のヴァンフォーレ甲府に0-1で敗れたが、他会場の結果を受けて、栃木とともに残留争いから生還している。 そのほか、17位の大宮アルディージャ(勝ち点38)は5位のFC町田ゼルビアと引き分け、19位のツエーゲン金沢(同37)は7位のモンテディオ山形に2-1で勝利。16位のザスパクサツ群馬(勝ち点40)は首位のジュビロ磐田と0-0で引き分けた。この結果、北九州、相模原、大宮、金沢、群馬の5チームは残留を目指して、最終節に臨むこととなった。 なお、J3リーグの第29節を消化した時点で首位に立つテゲバジャーロ宮崎はJ2ライセンス不所持のため、このまま2位以内に終われば、J2リーグの降格圏は1枠減ることに。そのため、J2リーグで19位に終わってもJ3リーグの最終結果次第で降格を免れる可能性がある。 ◆第41節 ▽11/28(日) ブラウブリッツ秋田 1-<span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>4 東京ヴェルディ</span> SC相模原 1-1 松本山雅FC FC琉球 1-1 アルビレックス新潟 <span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>水戸ホーリーホック 2</span>-1 愛媛FC ザスパクサツ群馬 0-0 ジュビロ磐田 ジェフユナイテッド千葉 0-0 京都サンガF.C. FC町田ゼルビア 0-0 大宮アルディージャ <span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>ツエーゲン金沢 2</span>-1 モンテディオ山形 レノファ山口 0-<span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>1 ヴァンフォーレ甲府</span> ギラヴァンツ北九州 1-<span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>2 栃木SC</span> V・ファーレン長崎 0-<span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>1 ファジアーノ岡山</span> 2021.11.28 17:00 Sun
twitterfacebook
thumb

史上稀に見る大混戦のJ2残留争い…残り2節で8チームに降格の可能性、今節で3チーム降格確定の結末も

28日、明治安田生命J2リーグ第41節の11試合が行われる。 リーグ戦も残り2試合。J1への昇格はジュビロ磐田が決め、今節にもJ2優勝が決定する可能性がある。また、2位の京都サンガF.C.も引き分け以上で昇格が決定する状況だ。 一方で、残留争いは熾烈。残り2節の段階で1チームも確定しておらず、9チームに可能性があるという異例の事態。4枠という降格枠がどのように決まるかに注目が集まる。 ◆明治安田生命J2リーグ順位表(第40節終了時点) 14位:勝ち点42 レノファ山口FC(得失点:-13) 15位:勝ち点42 栃木SC(得失点:-14) 16位:勝ち点40 ザスパクサツ群馬(得失点:-19) 17位:勝ち点38 大宮アルディージャ(得失点:-8) 18位:勝ち点37 SC相模原(得失点:-18) ーーーーー残留ライン 19位:勝ち点37 ツエーゲン金沢(得失点:-22) 20位:勝ち点35 ギラヴァンツ北九州(得失点:-26) 21位:勝ち点34 愛媛FC(得失点:-28) 22位:勝ち点33 松本山雅FC(得失点:-36) 見ての通り、残留ラインを跨いで勝ち点37で3チームが並ぶ状況。1つ上の17位大宮までは勝ち点差「1」という混戦状況だ。 結果次第では今節で3チームの降格が確定する可能性がある一方で、結果次第では最終節に4チームが決定する可能性もあるという例年にない混戦状況だ。 ◆明治安田J2第41節カード SC相模原(18位) vs 松本山雅FC(22位) 水戸ホーリーホック(11位) vs 愛媛FC(21位) ザスパクサツ群馬(16位) vs ジュビロ磐田(1位) FC町田ゼルビア(5位) vs 大宮アルディージャ(17位) ツエーゲン金沢(19位) vs モンテディオ山形(7位) レノファ山口FC(14位) vs ヴァンフォーレ甲府(3位) ギラヴァンツ北九州(20位) vs 栃木SC(15位) 今節は残留争い中のライバル対決も準備されており、つくづく日程くんの仕事ぶりには驚かされる。 【降格決定条件:松本】 ◯:大宮、金沢が共に勝利で降格 △、×:降格 まず最下位の松本はギリギリ残留ラインにいる相模原との一戦だ。 松本は今節勝利しなければ降格が決定。勝利しても金沢と北九州が共に勝利した場合は降格決定となる。 最後に勝利したのは9月26日の北九州戦。9試合勝利がない中で意地を見せることができるのか。最終節まで望みを繋ぎたいところだ。 【降格決定条件:愛媛】 ◯:今節の降格はなし △:相模原、金沢いずれかが勝利で降格 ×:相模原、金沢いずれかが引き分け以上で降格 21位の愛媛も今節で降格の可能性がある。6戦未勝利の状況だが、今節水戸に勝利すれば、最終節まで残留争いを繰り広げられることとなる。 しかし、引き分け、負けの場合は他会場の結果次第で降格が決定。生き延びるためには勝ち点3が必要だ。ホームでは水戸に0-5と惨敗を喫しており、ここ5試合で2得点と攻撃陣が寂しい状況だけに苦戦が予想される。 【降格決定条件:北九州】 ◯:今節の降格はなし △:大宮、相模原、金沢のうち2チームが勝利で降格 ×:大宮が引き分け、相模原、金沢が勝利のうち2つ揃うと降格 20位の北九州も降格の可能性がある。非常に複雑な条件とはなるが、まず勝った場合は最終節まで持ち越すことが可能だ。 2節前には勝利を収めている北九州だが、直近4試合で得点は「1」。勝利に結びつけるのはなかなか難しい。相手も多少は余裕はあるものの、まだ残留が確定していない栃木だ。相手も必死に戦ってくるはずだ。 そして引き分け、負けの場合でも2つの条件が満たされなければ今節の降格は免れる。上に位置する、大宮、相模原、金沢の結果だ。この3チームの結果で2つ揃えば降格が決定。とにかく勝利して、最終節に望みをつなげたい。 なお、大宮、相模原は残留ラインに位置しているが、今節の結果で降格権転落の可能性がある。群馬も降格圏行きはないものの、最終節でのシビアな戦いを強いられる可能性は残っているだけに、首位相手の難しい試合で勝ち点を稼げるかは重要だ。 また、明治安田J3のテゲバジャーロ宮崎が2位以内を確定させれば、降格チームは3枠に減少。その辺りも関わるシビアな残留争いだが、とにかくどのチームも勝ち点3を獲得して優位に立っておきたいところだ。 2021.11.28 13:01 Sun
twitterfacebook
thumb

山口が東海大学付属福岡高校DF上本銀太の加入内定を発表 「一日一日を大切に全身全霊で」

レノファ山口FCは23日、東海大学付属福岡高校からDF上本銀太(18)の2022シーズン加入内定を発表した。 上本は岡山県出身のセンターバック。東海大学付属福岡高校の主将も務める。山口でのプロ入りを受け、クラブを通じて喜びの思いとともに、決意を語っている。 「この度、来シーズンからレノファ山口に加入することになりました。東海大学付属福岡高校の上本銀太です。レノファ山口という素晴らしいチームでプレーできることを誇りに思い常に自分を高め、支えてくれる人への感謝の気持ちを忘れずに、よりはやくチームの勝利に貢献できるように全力で取り組んで行きます。一日一日を大切に全身全霊で頑張ります。応援よろしくお願いします」 2021.11.23 11:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly