三笘と三好の元川崎F対決は実現せず…すれ違いの出場、三笘は持ち前のドリブル突破もアントワープが逆転勝利《ジュピラー・プロ・リーグ》

2021.09.27 14:50 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
26日、ジュピラー・プロ・リーグ第9節のユニオン・サン=ジロワーズvsアントワープが行われ、1-2でアントワープが勝利した。

川崎フロンターレの下部組織で共に育ったMF三笘薫とMF三好康児の日本人対決が注目されたが、サン=ジロワーズの三笘はベンチスタート、アントワープの三好は先発出場となった。

試合は、42分にサン=ジロワーズが左サイドを攻略。MFテディ・テウマがゴールネットを揺らしたものの、これはオフサイドと判定される。

それでも直後の43分にアントワープのMFビルヘル・フェルストラーテのバックパスをFWデニス・ウンダブが奪い、冷静にゴールへと沈めて先制点を奪った。

サン=ジロワーズがリードして迎えた後半、アントワープは61分に三枚替えを敢行。三好はベンチに退く。すると、70分に左サイドからのクロスをFWミヒャエル・フライがヘディングで叩き込み、チームは同点に追いつく。

サン=ジロワーズは76分に三笘を投入。直後のプレーでボールを受けた三笘は持ち目のドリブルでボックス内に侵入し、相手DFを1人突破するも、カバーに来た別のDFにクリアされた。

試合は79分に、途中出場のアントワープFWマニュエル・ベンソンがカウンターから値千金の逆転ゴール。交代策がハマったアントワープがそのまま逆転勝利を収めた。

日本人対決は実現しなかったものの、三笘はこれでリーグ戦3試合連続で途中出場。一方の三好は5試合連続の先発出場となっている。

ユニオン・サン=ジロワーズ 1-2 アントワープ
【サン=ジロワーズ】
デニス・ウンダブ(前43)
【アントワープ】
ミヒャエル・フライ(後25)
マニュエル・ベンソン(後34)



1 2

関連ニュース
thumb

飛距離は60m超え! イラン代表“強肩”GKの超ロングスローがギネス世界記録に認定

イラン代表GKのロングスローがギネス世界記録に認定された。 ポルトガルのボアヴィスタは25日、所属するGKアリレザ・ベイランヴァンドのフィードが、サッカーの公式戦における最長のハンドスローとしてギネス世界記録に認定されたと発表した。 ベイランヴァンドは2016年10月11日にイランのテヘランで行われたロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第4節の韓国代表戦に、イラン代表GKとして出場した。この試合中におけるフィードスローが61m26mmを記録。ラストパスにもなった超ロングフィーが、手による世界最長のフィードとしてギネス記録に認定された。 ベイランヴァンドは今夏にベルギーのロイヤル・アントワープからボアヴィスタへと、買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で加入。 イラン代表としても49試合に出場し、今年9月2日に行われたカタールW杯アジア最終予選の初戦、シリア代表戦でも強肩ぶりを披露していた。 <span class="paragraph-title">【動画】世界記録に認定された60m超えのロングスロー</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/Cebk0MO1sCw" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2021.11.27 20:21 Sat
twitterfacebook
thumb

鎌田がEL3戦連続弾をマーク!土壇場弾で追いつくもフランクフルトの首位突破は決まらず《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)グループD第5節のフランクフルトvsアントワープが25日に行われ、2-2の引き分けに終わった。フランクフルトの長谷部誠はフル出場、鎌田大地は90分までプレー、アントワープの三好康児はベンチ外となっている。 EL3連勝で2位以内が確定している首位のフランクフルト(勝ち点10)が、ホームに最下位のアントワープ(勝ち点1)を迎えた一戦。今節の結果次第で決勝トーナメント進出の決まるフランクフルトは、完勝した直近のフライブルク戦のスタメンと同じメンバーで試合に臨んだ。 三好がベンチ外となったアントワープに対し、フランクフルトは13分にチャンドラーの右クロスからゴール前に抜け出した鎌田が右足で流し込み、幸先よく先制した。 フランクフルトは直後の16分、左CKの混戦からピンチを迎えたが、ミヒャエル・フライのシュートはGKトラップがキャッチし、難を逃れた。 その後は一進一退の展開が続いたが、アントワープはデザインプレーでフランクフルトの牙城を崩す。33分、フィッシャーが左CKをボックス手前に送るとナインゴランがボレーシュート。これがゴール前のエンディカにディフレクトし、そのままネットに突き刺さった。 追いつかれたフランクフルトは40分、左サイド高い位置でボールを受けた鎌田のクロスをボックス中央のリンドストロームがダイレクトで合わせたが、このシュートは枠の上に外れた。 迎えた後半、先にネットを揺らしたのはアントワープ。71分、バイタルエリア左で獲得したFKからフィッシャーがクロスを供給すると、ファーサイドに走り込んだデ・ラエトが押し込んだ。 このゴールでアントワープの勝ち越しかと思われたが、VARによる検証の結果、ファーサイドに抜け出したデ・ラエトがオフサイドと判定され、ゴールは取り消された。 その後も互いに選手交代を行っていく中で膠着した展開が続いたが、88分にアントワープがカウンターからチャンスを作る。ナインゴランの縦パスを中盤で受けたサマッタがワンタッチで右サイドのスペースへ展開。これを駆け上がったユスフがダイレクトで折り返すと、ボックス内に走り込んだサマッタが冷静にゴール右隅に流し込んだ。 勝ち越しを許したフランクフルトは、90分に鎌田を下げてパシエンシアを投入。すると94分、エンディカのパスを左サイドで受けたコスティッチがライン際まで切り込みクロスを上げるとパシエンシアがヘディングシュートをゴール右隅に叩き込んだ。 結局、試合はそのまま2-2でタイムアップ。土壇場で追いついたフランクフルトだが、ライバルのオリンピアコスが勝利したため、今節での首位突破は決まらなかった。 また、同時刻に行われたグループB第5節で堂安律の所属するPSVは、シュトゥルム・グラーツとホームで対戦し2-0で勝利。堂安は87分までプレーした。 2021.11.26 07:11 Fri
twitterfacebook
thumb

林大地が今季2点目! シント=トロイデンが三好康児メンバー外の上位アントワープに勝利《ジュピラー・プロ・リーグ》

21日、ペルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第15節のシント=トロイデンvsロイヤル・アントワープの一戦が行われ、2-1でシント=トロイデンが勝利した。 シント=トロイデンはGKシュミット・ダニエル、DF橋岡大樹、FW鈴木優磨、FW林大地が先発出場。FW原大智、MF伊藤達哉がベンチスタートとなった。なお、アントワープのMF三好康児は欠場となった。 2位につけるアントワープをホームに迎えたシント=トロイデン。6分、アントワープはボックス手前からラジャ・ナインゴランが強烈なミドルシュートを放つが、シュミット・ダニエルがセーブする。 すると8分、シュミット・ダニエルからのフィードを受けた鈴木がボールを運び、林とのワンツーで抜け出すとグラウンダーのクロス。これにクリスティアン・ブルースが飛び込むが、わずかに届かない。 19分にはピッチ内で一触即発。こぼれ球を奪いに行った林とナインゴランが競り合うと、林が足を踏みに来たとナインゴランが怒り。しかし、お咎めなしで終わった。 そんな中31分にスコアが動く。右サイドでボールを持ったスティーブ・デ・リッダーのグラウンダーのパスをボックス内で林がダイレクトシュート。これが左に決まり、シント=トロイデンが先制する。 上位相手に先制したシント=トロイデンは、37分にCKの流れからカウンター。鈴木がパスを奪うと、ドリブルで運んだコイタがスズキにパスを出さず、自らシュート。鈴木はパスが来ないことに激怒していたが、コイタのシュートは見事に決まり、シント=トロイデンの2点リードで試合を折り返す。 後半、上位のアントワープが反撃。シント=トロイデンは攻め込まれる時間が長くなるが、橋岡の体を張ったプレーなど粘り強く戦う。 58分にはボックス内でフリーでパスを受けたが鈴木がシュートもGK正面。追加点を奪えないと、82分には右CKからムブワナ・サマッタがヘディングで叩き込み、1点差とされる。 その後もアントワープが攻め込むが、シント=トロイデンはなんとか逃げ切り、2-1で上位相手に勝利し連勝を収めた。 シント=トロイデン 2-1 アントワープ 【シント=トロイデン】 林大地(前31) アブバカリ・コイタ(前37) 【アントワープ】 ムブワナ・サマッタ(後37) <span class="paragraph-title">【動画】林大地がシーズン2点目!貴重な先制ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br><a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9E%97%E5%A4%A7%E5%9C%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#林大地</a><br>待望の今季2ゴール目!!<br>\<br><br>デ・リダーからのグラウンダークロスを<br>右足で見事に流し込んだ<br><br>ベルギーリーグ第15節<br>シント=トロイデン×アントワープ<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ハイライト&見逃し配信中 <a href="https://t.co/y9i5ecN80c">pic.twitter.com/y9i5ecN80c</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1462605798513782786?ref_src=twsrc%5Etfw">November 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.22 12:48 Mon
twitterfacebook
thumb

古橋が2戦連発弾を含む1G1Aの活躍でセルティックの連勝に貢献!《EL》

古橋亨梧の所属するセルティックは4日、ヨーロッパリーグ(EL)グループG第4節でフェレンツヴァーロシュと対戦し3-2で勝利した。なお、FW古橋亨梧は70分までプレーし3分にゴールを記録した。 10月に行われた前回対戦でEL初勝利を飾ったセルティックが、ハンガリー王者のホームに乗り込んだ一戦。前節EL初ゴールを記録した古橋は、[4-3-3]の最前線で先発に名を連ねた。 試合は開始早々にスコアが動く。3分、中盤でボールをカットしたアバダがドリブルで持ち上がりラストパス。これをボックス中央で受けた古橋が冷静な切り返しで相手マークを外してシュートをゴール流し込んだ。 古橋の2戦連続弾で幸先良く先制したセルティックだったが、11分に失点する。ボックス右から縦に持ち上がったズブコフのクロスがユラノビッチにディフレクトすると、ふわりと浮いたボールがそのままゴールネットに吸い込まれた。 同点に追いつかれたセルティックは23分、左サイドからドリブル仕掛けたジョタがボックス左手前まで切り込み右足一閃。相手DFにディフレクトしたシュートは左ポスト内側に当たり、そのままネットを揺らした。 1点のリードで後半を迎えたセルテックは、開始早々の48分にピンチ。ボックス右手前でパスを受けたエングエンが鋭い振り足からミドルシュートを放つと、これがクロスバーを直撃。 ピンチを凌いだセルティックは51分、バイタルエリア中央右で獲得したFKからターンブルがゴール前に浮かせたパスを送ると、ゴール前のラルストンがヘディングシュートで合わせてが、こちらもクロスバーを直撃。 さらに58分には、ターンブルのパスで抜け出した古橋に決定機が訪れたが、シュートはゴールカバーに戻ったブラジッチのスライディングブロックに阻まれた。 立て続けのチャンスを生かせなかったセルティックだが、60分に古橋が決定機を演出する。C・マクレガーがロストしたボールをバイタルエリア中央で拾った古橋がスルーパスを供給すると、ボックス右深くに抜け出したアバダのダイレクトシュートがゴール左隅に突き刺さった。 その後、セルティックは86分にウズニのゴールで1点を返されたが、そのまま3-1でタイムアップ。古橋の2戦連続ゴールなどで逃げ切ったセルティックが連勝を飾った。一方、フェレンツヴァーロシュは4連敗でグループステージ敗退が決定した。 その他の日本人所属クラブでは、三好康児の所属するアントワープがホームでフェネルバフチェに0-3で敗戦。北川航也の所属するラピド・ウィーンはアウェイでディナモ・ザグレブと対戦し1-3で敗戦している。 2021.11.05 06:59 Fri
twitterfacebook
thumb

交代後に怒りを露わにしたエジル、ボトル蹴り上げシャツを投げ捨てる 後日SNSで謝罪文も

フェネルバフチェの元ドイツ代表MFメスト・エジルが荒れた。イギリス『サン』が伝えている。 21日にホームで行われたヨーロッパリーグ(EL)グループD第3節のアントワープ戦に先発出場したエジル。チームはエネル・バレンシアの2得点もあって2-1で試合を折り返したが、エジル自身は相手のマークに苦しめられた。 フェネルバフチェは62分に同点に追い付かれると、直後にエジルを下げてディミトリス・ペルカスを投入。交代を告げられてベンチに下がったエジルはフラストレーションが溜まっていたのだろうか。近くにあったドリンクボトルを蹴り飛ばし、着ていたユニフォームを投げ捨てた。 関係の悪化が囁かれているヴィトール・ペレイラ監督だが、エジルの怒りには一定の理解を示している様子だ。「我々はもっとインテンシティとフレッシュさが必要だった。メストはよくやってくれた。ボールを収めるのには苦労したけれども」とフォローを入れている。 この行為についてエジルは、後に自身のツイッターで弁明。負けられない一戦で気持ちの高ぶりから起こしてしまったのだと、次のように釈明した。 「親愛なるフェネルバフチェファンへ。昨夜僕がゲームから離れるときに行ったことは、試合の緊張感と勝利への重要性のためだったんだ。誰かを狙ったわけじゃ決してないけれど、あのようなことをすべきではなかった。フェネルバフチェのために戦い続けてくれ」 11月4日にはアウェイでアントワープと再戦するフェネルバフチェ。エジルは周囲の雑音をかき消すような結果を残すことができるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】ボトルを蹴り飛ばすエジル</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="in" dir="ltr">Jana Mchezaji wa klabu ya <a href="https://twitter.com/Fenerbahce?ref_src=twsrc%5Etfw">@fenerbahce</a> Mesut Ozil alikasirika baada ya kifanyiwa mabadiliko katika Mchezo wa EUROPE League dhidi ya Royal Antwerp dakika ya 66 ya Mchezo <br><br>Mchezo Huo ulimalizika kwa sare ya Magoli 2-2<a href="https://twitter.com/hashtag/sokaplaceupdates?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#sokaplaceupdates</a> <a href="https://t.co/PHIuWb0MUY">pic.twitter.com/PHIuWb0MUY</a></p>&mdash; SokaPlace (@SokaPlace) <a href="https://twitter.com/SokaPlace/status/1451439149681201153?ref_src=twsrc%5Etfw">October 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.23 20:01 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly