カッサーノ氏が今季のユベントスを酷評「混乱している」「アイデアもない」

2021.09.25 19:25 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元イタリア代表のアントニオ・カッサーノ氏が、大不振に喘ぐユベントスを酷評した。

2020-21シーズンはアンドレア・ピルロ監督がシーズン前に突如指揮官に就任。初の監督キャリアでの大役となったが、チームななかなか思うように機能せず。10連覇を目指したセリエAでもインテルにスクデットを譲るなど4位に終わり、近年で最悪のシーズンとなった。

そのユベントスはマッシミリアーノ・アッレグリ監督を復帰させた中、エースであったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが開幕後にマンチェスター・ユナイテッドへと復帰。ケガ人などの影響で戦力が整わないと、今シーズンのセリエAでは開幕から勝利なし。22日に行われた第5節のスペツィア戦で初勝利を収め、12位に位置している。

そのスペツィア戦でも、先制しながら一時は逆転されるというお粗末な試合展開に。カッサーノ氏は、元イタリア代表のクリスティアン・ヴィエリ氏が配信しているTwitchの『ボボTV』に出演し、ユベントスを酷評した。

「ユベントスは腹立たしい試合をした。スペツィアはユベントスにプレッシャーをかけた。もし彼らが3-1にしていたら、それはゲームを終わらせていただろう」

「彼らはアッレグリのチームと比較して、50分の1の価値のチームだ」

「彼らがゴールを決めたのは、アッレグリが見ていないのに苦労し続けている2、3人の選手のおかげであり、混乱しているという印象を私に与えている」

「ユベントスのプレーの仕方がわからない。とても心配だ。彼らは彼らは勝ったが、このまま続けていてはトップ4に入るのは苦労するだろう」

「最も整ったチームであるが、今は10ポイント遅れている。プレーが悪く、受け身であり、常にボールの後ろにいるにも関わらず、多くの苦しみを味わっている」

「アイデアもない。個性が欠けている。以前は、ワンプレーで勝負を決められる王者がいた。(クリスティアーノ・)ロナウドは3年間で100ゴールを記録し、(ゴンサロ・)イグアインは多くのゴールを決めた。(パウロ・)ディバらは素晴らしいことをしている」

「今、彼らは混乱したチームであり、ごちゃごちゃしている。幸運にもスペツィアに勝っただけだ」

関連ニュース
thumb

土壇場失点で敗戦のユベントス、アッレグリ監督は攻撃陣に不満「1ゴールを決めるだけは不十分」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、サッスオーロ戦の敗戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 ユベントスは、28日にセリエA第10節でサッスオーロをホームに迎えた。 24日に行われたインテル戦で終盤に追いついて引き分けに終わっていたユベントス。サッスオーロ戦でもなかなか攻撃面では良いところが見せられないと、44分に失点。しかし、76分にウェストン・マッケニーがゴールを決めて1-1に追いつく。 その後もなかなか攻撃のエンジンがかからないユベントス。2戦連続でドローに終わるかと思われたが、95分にマキシム・ロペスにゴールを奪われ、1-2で敗戦を喫した。 試合の終わらせ方に失敗したユベントス。アッレグリ監督は、同点に追いついた後の戦い方に問題があったと分析。また、ゴールが少ない点も課題に挙げた。 「前半でチームがリードできたかもしれないが、残り2分でサッスオーロがゴールを決めた。守備が軽くもあった」 「同点に追いついた後、我々は秩序を失い、いくつかのシチュエーションを作ってしまった。そのうちのひとつが最後の数秒で相手に生かされてしまった」 「試合ごとに1ゴールを決めるだけは不十分。得点を決める部分では改善が必要だ。常に、守備と攻撃の間でバランスを取る必要がある」 「この敗戦で、我々が反省しなければならないのは、決して意識を下げてはいけないということ。今以上のことを絶対にしなければならないということだ」 「土曜日の午後には、別のとても難しい試合が待っているため、チーム全体がメンタル面で向上しなければいけなく、この結果をすぐに忘れなければならない」 2021.10.28 11:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ラストプレー被弾のユベントス、7試合ぶり敗戦《セリエA》

ユベントスは27日、セリエA第10節でサッスオーロをホームに迎え、1-2で敗れた。 3日前に行われた前節インテルとのイタリア・ダービーを引き分けに持ち込んだ6位ユベントス(勝ち点15)は、インテル戦のスタメンから6選手を変更。PKで同点弾を決めたディバラが先発となり、モラタと2トップを形成した。 12位サッスオーロ(勝ち点11)に対し、ユベントスは開始2分、FKからボヌッチがボレーシュートでゴールに迫る。 しかし13分、相手選手との接触で足を痛めたデ・シリオがプレー続行不可能となり、アレックス・サンドロが投入された。 18分、ベラルディのカットインシュートでゴールに迫られると、その後は膠着状態が続く。そんな中37分、ボックス手前からディバラのミドルシュートが右ポストに直撃した。 すると44分、デフレルのスルーパスでボックス右のスペースを突いたフラッテージにシュートを決められ、先制されてしまう。 後半からラビオに代えてクアドラードを投入したユベントスだったが、57分にピンチ。ラスパドーリに決定的なシュートを打たれたが、わずかに枠を外れて助かった。 直後、ユベントスもクアドラードが決定的なシュートを放つも、ゴールライン前に戻ったアイハンにカットされる。攻勢を強めるユベントスはディバラ、キエーザが立て続けにゴールに迫ったが、GKコンシーリの好守もあって同点とはならない。 それでも76分、ディバラのFKからマッケニーがヘディングシュートを決めてユベントスが試合を振り出しに戻した。 このまま逆転といきたかったユベントスだったが、終盤にかけては攻めあぐねるとラストプレーに被弾する。カウンターを受けた流れからベラルディの好フィードを受けたマキシム・ロペスにボックス左へ侵入され、GKシュチェスニーとの一対一を制された。 敗れたユベントスはリーグ戦7試合ぶりの黒星となった。 2021.10.28 03:36 Thu
twitterfacebook
thumb

セリエAで移籍巡る新たなスキャンダルか? 不透明な62件の移籍を調査へ

セリエAで不当な選手評価額によるトレード移籍などに関する不透明な62件の移籍に関して、イタリアサッカー連盟(FIGC)のジュゼッペ・チネ検察官を中心に大規模な調査が行われるようだ。イタリア『La Repubblica』、『Il Tempo』が報じている。 両メディアによると、FIGC内のプロサッカークラブ監査委員会(COVISOC)は、チネ検察官とFIGCのガブリエレ・グラヴィナ会長に対して詳細な報告書を送り、今回の問題を調査するように要請したという。 今回問題視されているのは、近年議論されている選手トレードによるキャピタルゲイン。不当な評価額によって都合の良い帳簿上の操作が可能で、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)などの処分回避の手段として横行している。 複数の選手が絡むトレードなどでは、各選手の正確な市場価値を把握することが困難な上、クラブ間で合意に至った場合、外部からの介入が困難という事情もあり、一般的に過大評価と言わざるを得ない金額でトレードが行われる事例が頻発している。 そして、COVISOCは今回の報告書で、62件の不透明な移籍を指摘している。 その中で断トツの数字を叩き出しているのが、ユベントスだ。 今回の報告書ではマンチェスター・シティとの間で行ったDFダニーロとDFジョアン・カンセロのトレード、バルセロナと行ったMFアルトゥール・メロとMFミラレム・ピャニッチのトレードを中心に、ユベントスは合計42件の移籍で、総額9000万ユーロを帳簿上では動かしている。だが、実質的に動いた金額は300万ユーロとなっている。 前述の2つの大型トレードでは、ダニーロの評価額が3700万ユーロ、カンセロの評価額が6500万ユーロとされ、ピャニッチの評価額は6080万ユーロ、アルトゥールの評価額が7200万ユーロとされていた。 また、ユベントス同様にやり玉に上がっているのが、ナポリがリールからFWビクター・オシムヘンを獲得した際のオペレーションだ。 ナポリはオシムヘン獲得に総額7125万ユーロを費やしたが、その移籍金の一部としてGKオレスティス・カルネジス、DFクラウディオ・マンツィ、FWチーロ・パルミエリ、FWルイジ・リグオリを譲渡。そして、カルネジスを除きほぼ無名の3選手を含めた、移籍金の総額を2013万ユーロという法外とも言える評価額として設定していた。 ユベントスとナポリ以外ではパルマ、ペスカーラ、サンプドリア、キエーボ・ヴェローナといったクラブの名前が挙がっている。 今回の一件は現在、FIGCの検察庁にあり、まだ正式な手続きを開始していない。だが、将来的に訴訟に発展する可能性は十分にあるようだ。 なお、昨年に確認された同様のスキャンダルでは当時セリエBのチェゼーナとキエーボに勝ち点はく奪処分が科されている。 2021.10.27 23:48 Wed
twitterfacebook
thumb

スタートダッシュ失敗のユベントス、アッレグリは危機感「もう後がない」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督は、セリエA制覇に早くも危機感を感じているようだ。 27日にセリエA第10節でサッスオーロと対戦するユベントス。直近の5試合は4勝1分けと絶好調だが、開幕4試合で2分け2敗と思わしくないスタートを切ったことが尾を引き、現在は6位につけている。 現在13位のサッスオーロ戦に際し、昨季のセリエBでエンポリを優勝に導き、今季がセリエA初挑戦となるアレッシオ・ディオニージ監督をアッレグリ監督は称賛。また、スタートダッシュの失敗で早くも後がないことを確認しつつ、重要な試合であることを強調した。クラブ公式サイトが伝えている。 「サッスオーロは非常に上手くプレーするチームで、テクニックのある良い選手が揃っている。(アレッシオ・)ディオニージは初めてのセリエAの舞台で優秀な監督であることを証明しているよ。彼はエンポリでよくやっていたし、勝つのは簡単ではない」 「明日は我々にとって重要な試合だ。選手はそれをわかっており、勝利が求められる。開幕時にいくつかポイントを失ったために、もう失敗の余地はないのだ。明日は技術的にも体力的にも、しっかりと試合に臨まなければならない」 アッレグリ監督はまた、起用選手についてもコメント。24日の第9節インテル戦で5試合ぶりに公式戦に復帰したFWパウロ・ディバラらの出場を示唆した。 「(マッティア・)ペリン、(マタイス・)デ・リフト、(パウロ・)ディバラ、(フェデリコ・)キエーザが出場するだろう。(アドリアン・)ラビオが戻ってきたが、(フェデリコ・)ベルナルデスキと(モイゼ・)ケアンは出られない」 「(マヌエル・)ロカテッリとアルトゥールがペアを組み、一緒にプレーすることも考えられる。もしかしたらアルトゥールはセントラルハーフに近いポジションで起用するかもしれない。そして、キエーザはワールドクラスの選手で、このチームの主軸だ」 2021.10.27 15:53 Wed
twitterfacebook
thumb

アッレグリ「この結果は大きい」 “イタリア・ダービー”ドローも満足感示す

ユベントスのマッシミリア―ノ・アッレグリ監督がインテル戦をポジティブに振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 24日に行われたセリエA第9節でインテルと対戦したユベントス。公式戦6連勝と絶好調のままイタリア・ダービーに臨んだ。 試合は15分、相手FWエディン・ジェコに先制点を許し、1点のビハインドを負うと、試合終盤まで好機を生み出せず。このまま終了かと思われたが、85分にDFアレックス・サンドロがボックス内で相手DFデンゼル・ダンフリースに蹴られたとして、VAR判定の末にPKを獲得した。これをFWパウロ・ディバラがしっかりと決めると、試合は1-1のまま終了。連勝こそストップしたものの、アウェイの地で勝ち点1を手にした。 試合後、アッレグリ監督はダービーでのドロー決着に満足感を示した。 「フィジカルとテクニックを兼ね備えたチームであるインテルを相手に、ドローに持ち込めた。この結果は大きい。特に後半は良いパフォーマンスを見せた」 「彼らとの勝ち点差は『3』のままだ。我々はポジティブな流れを続けており、インターナショナルブレイク前に、さらにいくつかのポイントを獲得したいと思っている」 また、レギュラーであるFWフェデリコ・キエーザに代わって、MFデヤン・クルゼフスキを先発起用した意図を説明。相手のクロアチア代表MFにプレッシャーをかける必要があったと明かした。 「先発からキエーザを外した理由? (マルセル・)ブロゾビッチにプレッシャーを与えるためにクルセフスキが必要だった」 「そして時間が経ち、彼や、ディバラ、カイオ・ジョルジの出番がやってきた。彼はとてもうまく仕事をこなしたと思う」 2021.10.25 14:48 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly