不調ビジャレアルを警戒するアンチェロッティ監督「クオリティが高く経験豊富」

2021.09.25 20:14 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が、ビジャレアル戦への意気込みを語った。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。

今夏、6年ぶりのマドリー復帰となったアンチェロッティ監督。ここまでリーグ戦6試合を戦って5勝1分けを記録し、2シーズンぶりの優勝に向けてチームを首位に立たせている。

そんな好調のマドリーは、25日に行われるラ・リーガ第7節でビジャレアルと対戦。ビジャレアルは1勝4分けと本調子ではないものの、アンチェロッティ監督はクオリティが高く、経験豊富なチームであると警戒。同時に、自分たちの課題である守備面を改善したいと語った。

「今回の相手はクオリティが高く、経験豊富で、高いレベルでの試合に慣れているチームだ。彼らはハイレベルなので、この重要な試合にはベストを尽くさなければ勝てないだろう」

「我々としては守備面を改善しなければならない。シーズンのこの段階では、常に何かを向上させる必要があるのだ。前線の質が高いために、私たちは守備面に焦点を当ててきた。守るときは全員が協力し合わなければならない」

「マジョルカ戦ではより積極的なディフェンスを実行したが、残りの試合でもそうしたい。ボールを持っていない局面でも、もっとアグレッシブになる必要がある」

関連ニュース
thumb

ヘイニエルが今冬にベンフィカ移籍? 出場機会求めかつての恩師の下へ渡るか…

レアル・マドリーからドルトムントにレンタル中のブラジル代表MFヘイニエル(19)が今冬のベンフィカ移籍を検討しているようだ。スペイン『アス』が報じている。 2020年1月にマドリーへ移籍金3000万ユーロ(約40億円)で完全移籍を果たしたヘイニエル。“カカ2世”としてセレソン、マドリーで将来を嘱望される逸材は、昨夏に2年間のレンタル移籍で育成の名門ドルトムントへ武者修行に出た。 加入1年目は公式戦19試合に出場し、1ゴール1アシストの数字を残したものの、先発出場はわずかに1試合。さらに、マルコ・ローゼ新監督を迎えた今季は公式戦5試合に出場しているが、いずれも試合終盤の投入と思うようにプレータイムを得られていない。 この苦境を受け、ヘイニエルは今冬のタイミングでドルトムントとのレンタル契約を打ち切り、新たなレンタル先としてベンフィカ行きを検討しているようだ。 現在、ベンフィカを率いるのはヘイニエルがフラメンゴ時代に指導を受けた恩師のジョルジェ・ジェズス監督。また、チームはリーグ戦で首位、チャンピオンズリーグ(CL)でグループ2位と好調を維持しており、同選手にとって理想的な環境と言える。 2021.10.20 00:02 Wed
twitterfacebook
thumb

シャフタール戦で公式戦4試合ぶり勝利を目指すアンチェロッティ監督「これまでの試合で犯したミスを修正する」

レアル・マドリーを率いるカルロ・アンチェロッティ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)のシャフタール・ドネツク戦に向けて意気込みを語った。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。 開幕節ではインテルに勝利したものの、第2節で大会初出場のシェリフにまさかの敗北を喫したマドリー。リーグ戦でも直近2試合は1分け1敗で、公式戦ここ3試合は未勝利となっている。 先週末のリーグ戦は、ワールドカップの南米予選との兼ね合いで17日に予定されていたアスレティック・ビルバオ戦が延期となったマドリーにとって、シャフタール戦は16日ぶりの公式戦。浮上のきっかけとしたいアンチェロッティ監督は、相手のロベルト・デ・ゼルビ監督を称賛するとともに、この試合に懸ける思いを語った。 「デ・ゼルビのことはよく知っているし、良い友人だ。サッスオーロでもとてもうまくやっていた。彼のチームは強いアイデンティティを持っていて、素晴らしいサッカーをするのだ」 「我々はこれまでの試合で犯したミスを修正するためにトレーニングし、良いサッカーをする相手に対して万全の準備をしている。難しい試合になると思うが、勝利のために全力を尽くすよ」 「代表ウィーク直前の試合では良いパフォーマンスができなかったが、シャフタール戦の次はバルセロナとの試合も控えている。休み明けのこの時期に良いプレーをしなければならないが、チームは準備万端でモチベーションも高い」 また、アンチェロッティ監督はチーム状態について報告。離脱していた選手も徐々に戻ってきており、何よりもこの一戦に向けた士気が高まっていると、満足感を示している。 「(エデン・)アザールを除いて、国際試合に出ていた選手たちが良い状態で戻ってきたので、試合のない日々は我々にとって良い期間だったと思う。(フェルラン・)メンディやマルセロなど重要な選手が戻ってきており、(トニ・)クロースの状態も良くなっている」 「ここ数回のトレーニングでは良いものを見ることができ、高レベルのパフォーマンスを発揮するための士気も高まっている。選手たちはこの試合がいかに重要であるかを認識しているよ」 2021.10.19 17:23 Tue
twitterfacebook
thumb

ジダン、教え子ベンゼマをバロンドールに推す「雲の上の存在だ」

元レアル・マドリーの監督であるジネディーヌ・ジダン氏が、教え子のフランス代表FWカリム・ベンゼマをバロンドールに推した。スペイン『マルカ』が伝えている。 今季ここまで公式戦10試合出場で、10得点7アシストと驚愕のスタッツを残しているベンゼマ。今年6月に約6年ぶりに復帰したフランス代表でも、10日に行われたUEFAネーションズリーグ・ファイナルズ決勝のスペイン代表戦で同点ゴールを決め、同大会優勝に大きく貢献した。 キャリアハイともいえる凄まじい活躍を見せているベンゼマは、2021年度のバロンドール候補者30名にもノミネート。今夏開催のコパ・アメリカで念願の代表初タイトルを獲得したパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシや、昨季のブンデスリーガで1シーズン最多得点記録を塗り替えたポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキなどと、世界最高の選手の座を争うこととなる。 そんな中、マドリー時代に長年に渡ってベンゼマを指導し、多くのトロフィーを共に獲得してきたジダン監督が、フランス『テレフット』のインタビューに応対。同選手がバロンドールにふさわしいと語った。 「カリムは雲の上の存在だ。私は彼にバロンドールを与えたい。彼はそれにふさわしい」 「ベンゼマはバロンドールに値する。彼は素晴らしい選手で、私は彼を指導できたことを大変光栄に思っている。彼はピッチ上ですべてのことを行う方法を知っている。彼はワンランク上の存在であり、このバロンドールで報われることを願っている」 2021.10.18 17:11 Mon
twitterfacebook
thumb

アンタルヤスポルの新監督に就任したヌリ・シャヒン、33歳で選手生活に終止符

アンタルヤスポルに所属する元トルコ代表MFヌリ・シャヒン(33)が、現役引退を発表した。スペイン『アス』が報じている。 2005年にドルトムントでプロデビューし、2010-11シーズンには元日本代表MF香川真司と共闘し、ブンデスリーガ制覇に貢献したヌリ・シャヒン。そのマイスターシャーレを置き土産にレアル・マドリーへステップアップしたものの、公式戦10試合しか出場できず、12-13シーズンにはリバプール、13-14シーズンはドルトムントへレンタルし、2014年夏に完全移籍で復帰した。 だが、2度目のドルトムントでは度重なるケガに見舞われチームに貢献できず。2018年夏にはブレーメンに移籍し、昨夏にアンタルヤスポルに移籍した。 キャリアで初めて母国でのプレーとなったアンタルヤスポルでは、ケガに見舞われることなく公式戦50試合に出場。今季からはキャプテンを務めていた中、今月初旬に成績不振で解任となったエルスン・ヤナル監督の後任として2026年までの5年契約を結び、監督業をスタートさせていた。 その時、アンタルヤスポルのアジス・セティン会長はヌリ・シャヒンの選手としての進退について「彼が自分で決めるだろう」とコメントしていたが、この度同選手は現役引退を発表。「サッカー選手に戻るつもりはない」と、監督業一本に絞ることを宣言した。 現在、スュペル・リグで2勝2分け4敗の15位に位置するアンタルヤスポル。元トルコ代表MFの監督としての初陣は16日に行われる第9節のシバス戦となる。 2021.10.16 18:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ゴールデンボーイ賞最終候補20名が発表! ガビ、ロドリゴ、ダニエル・マルディーニが新たにノミネート

2021年ゴールデンボーイ賞の候補者が20名に絞られた。 イタリア『トゥットスポルト』が主催するゴールデンボーイ賞は2003年から始まり、今回で19回目。2001年1月1日以降生まれの欧州でプレーする21歳以下の選手を対象とし、6月に発表された候補者100名から毎月の投票で20名ずつ落とされていく。 そして15日、最終候補者となる20名が発表された。バルセロナのスペイン代表MFペドリやドルトムントのイングランド代表MFジュード・ベリンガム、バイエルンのドイツ代表MFジャマル・ミュージアラ、レアル・マドリーのフランス代表MFエドゥアルド・カマヴィンガら、若くして第一線で活躍する選手たちが勝ち残っている。 また、前回の40名には選ばれなかったものの、今回新たにバルセロナのスペイン代表MFガビ、レアル・マドリーのブラジル代表FWロドリゴ、ミランのイタリア人FWダニエル・マルディーニの3選手がノミネートされている。 なお、ニュースターは12月13日にトリノで発表予定だ。 ◆最終候補者一覧 DFウィリアム・サリバ(マルセイユ) DFユリエン・ティンバー(アヤックス) DFヌーノ・メンデス(パリ・サンジェルマン) MFジュード・ベリンガム(ドルトムント) MFエドゥアルド・カマヴィンガ(レアル・マドリー) MFチャールズ・デ・ケテラエル(クラブ・ブルージュ) MFガビ(バルセロナ) MFブライアン・ヒル(トッテナム) MFライアン・グラフェンベルフ(アヤックス) MFジャマル・ミュージアラ(バイエルン) MFフロリアン・ヴィルツ(レバークーゼン) MFペドリ(バルセロナ) FWカリム・アデイェミ(ザルツブルク) FWロベルト・ピッコリ(アタランタ) FWジェレミ・ピノ(ビジャレアル) FWジョバンニ・レイナ(ドルトムント) FWロドリゴ(レアル・マドリー) FWブカヨ・サカ(アーセナル) FWメイソン・グリーンウッド(マンチェスター・ユナイテッド) FWダニエル・マルディーニ(ミラン) 2021.10.15 22:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly