一瞬で瓦解したスーパーリーグ構想、ロナウド氏は理解を示す「マドリーvsインテルは誰もが見たい」

2021.09.24 16:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元ブラジル代表のロナウド氏が、ヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)構想に一定の理解を示した。『フットメルカート』がコメントを伝えている。

今年4月、世界中のフットボール界を騒がせたESL構想。レアル・マドリーやユベントスの会長らが主導となり、プレミアリーグの“ビッグ6”やセリエAのインテルやミラン、ラ・リーガからはバルセロナやアトレティコ・マドリーといった、ビッグクラブのみを集めた新たなリーグの設立を目論んでいた。

ところが、選手を含む関係各所、ファンによる大反発を受け、構想発表からわずか2日後にプレミアリーグのクラブが次々と不参加を表明すると、ミラノ勢やアトレティコもそれに続いて辞退を決定。

そして、程なくしてESL構想は立ち消えとなり、実現に至ることはなかった。だが、ロナウド氏は全面的に反対意見というわけではないようだ。選手時代の古巣マドリーの会長で友人でもあるフロレンティーノ・ペレスとの関係性も考慮しての発言かもしれないが、魅力は確かにあったと語った。

「ファンは最高の試合を見たいと思うものだ。私のようなサッカーフリークは、レアル・マドリーがミランやインテル、マンチェスター・シティやパリ・サンジェルマンと対戦するところを見てみたいのだ。準々決勝や準決勝を待つことなくね」

「イギリスではスーパーリーグに対して抗議行動が行われたことがあったが、これはきちんとした説明がなされていなかったり、適切に設定されていなかったりしたためだ。このプロジェクトには可能性があると思うし、近い将来にクラブやファンのためにイノベーションが起こるだろう」

そしてサッカー界のレジェンドは「計画を改善し、より良い条件と最高の試合を提供するために、ヨーロッパのチームと責任ある機関との間で、オープンな対話が必要不可欠だ」と呼びかけている。



関連ニュース
thumb

“セックステープ”によるヴァルブエナ恐喝事件の裁判がスタートもベンゼマは出廷せず

レアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマは、自身も関与した事件に関する裁判に出廷しなかったようだ。スペイン『アス』が報じた。 ベンゼマは、2015年にフランス代表の同僚であったMFマテュー・ヴァルブエナが映っている“セックステープ”を利用して、ヴァルブエナ本人を恐喝していた事件に関わっている容疑をかけられていた。 この件に関して、ベンゼマは仲介役を務めたことについては認めていたものの、事件そのものへの関与を否定。しかし、この事件によりベンゼマはフランス代表を追放され、今年に入り電撃復帰。ユーロ2020にも出場していた。 この恐喝事件にする裁判が20日からスタート。共犯の罪に問われているベンゼマだが、19日にウクライナでチャンピオンズリーグ(CL)のシャフタール・ドネツク戦を戦っていたため、ベルサイユでの裁判には出廷しなかった。 22日(金)まで裁判は続く予定であり、ベンゼマを含む脅迫した5名の容疑者が裁判にかけられている。なお、有罪判決が下された場合、ベンゼマは最高で5年の懲役と7万5000ユーロ(約998万円)の罰金が宣告される可能性があるとのことだ。 事件の全容は、2014年にヴァルブエナが破損した携帯電話からデータを復旧させるために、技術屋のアクセル・アンゴット氏に修理を依頼した。 その際、アンゴット氏はヴァルブエナの携帯電話の中に、問題となっている映像を発見。ムスタファ・ゾアウィとともに、脅迫する計画を立てたという。 そんな中、ベンゼマの幼馴染であるカリム・ゼナティを含む数人がこの計画に参加。そして、そこからベンゼマへと話が下りてきて、ヴァルブエナと話をしたが、その脅迫に応じなかったとのことだ。 ヴァルブエナは今回の事件について改めてコメント。ベンゼマが裁判にこなかったことを残念だとした。 「最初はこの話が信じられず、ハッタリだと思っていた。身の危険を感じたため、苦情を申し立て用と思った」 「この事件が始まり6年が経つ。誰もがここにいることには分かっています。ベンゼマ以外のほとんど全員が」 「徹底的にやりたいと思う。この瞬間を6年間待っていた。僕たちは、この状況を打破するために必要な期間、ここにいることになる」 また、ヴァルブエナの弁護士は「ベンゼマがここに来なかったことをとても残念に思う」とコメント。誠意を見せない態度を残念がった。 なお、電話の修理を頼まれたアンゴット氏は自身の罪を認めて、当時のことを告白した。 「ヴァルブエナが来たら、お金を支払ってくれるかもしれないと話していた。ゾアウィの狙いは、彼に来てもらって、ビデオを取り返してもらうことだった」 「ビデオを見て笑ってしまった。ベンゼマだけでなく、みんなに配った」 「その中にはジブリル・シセもいた。フランス代表の多くの選手が、このビデオを見ているはずだ。脅迫もなければ、お金を要求することもしていない」 金銭の要求こそしていないものの、脅迫未遂をしたことを認めたアンゴット氏。ベンゼマは出廷するつもりはないようだが、どのようにこの顛末を見ているのだろうか。 2021.10.20 22:40 Wed
twitterfacebook
thumb

驚異の3人抜き含む2ゴール! 覚醒のヴィニシウスが「失敗することは過程の一部」

レアル・マドリーに所属するブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールが、チャンピオンズリーグ(CL)でのシャフタール・ドネツク戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 公式戦3試合未勝利と不調に陥っていたマドリーは、19日に行われたCLグループD第3節でシャフタールと対戦。後半に攻撃陣が爆発し、5-0の大勝を収めた。 左サイドで先発したヴィニシウスは51分と56分に立て続けに2ゴール。特に2点目は、ボックス手前左でパスを受けると、細かいボールタッチでDF3枚を手玉に取ってゴール左へ持ち込み、最後はニア上へ強烈なシュートを突き刺す個人技でのゴールだった。 ここまで公式戦11試合7ゴール5アシストと好調を維持しているヴィニシウスは、さらなるゴール量産を誓った。 「シーズンを順調に始められたことを嬉しく思っているよ。今の調子を維持して、チームのために多くのゴールを決めたい。練習でトライしているけど、いつも外してしまう。今夜は上手くいって、ゴールできたことを嬉しく思っている」 「僕は21歳だけど、一生懸命に努力している。素晴らしい選手に成長するために十分な時間がある。失敗することは過程の一部であって、挑戦し続ける」 「僕はいつもプレッシャーのある中で上手くやっている。この状況で世界最高のチームのために、ファンと一緒にプレーする。コーチングスタッフと選手たちは僕に自信を与えてくれる」 また、24日に迎えるバルセロナとのクラシコに向けても意気込みを語っている。 「このような試合は、僕たちが好む試合だ。僕たちは集中している。大きなパフォーマンスを見せるために集中するけど、その前に休んでこの勝利を楽しみたいね」 <span class="paragraph-title">【動画】覚醒したヴィニシウスの3人抜きゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Vinicius Jr’s goal but with Ricky Villa’s commentary <a href="https://t.co/VhnevGH66H">pic.twitter.com/VhnevGH66H</a></p>&mdash; Richie McCormack (@RichieMcCormack) <a href="https://twitter.com/RichieMcCormack/status/1450584035823169536?ref_src=twsrc%5Etfw">October 19, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.20 19:20 Wed
twitterfacebook
thumb

4試合ぶり白星のマドリー、アンチェロッティ監督は守備の安定に喜び「全員が非常に良いパフォーマンスをした」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)での大勝を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 公式戦3試合未勝利と不調に陥っていたマドリーは、19日に行われたCLグループD第3節でシャフタール・ドネツクと対戦。昨季CLグループステージで敗れた相手との再戦になったが、この日は前半こそオウンゴールによる1点のみにとどまったものの、後半攻撃陣が爆発。FWヴィニシウス・ジュニオールの2ゴールもあり後半だけで4点を奪ったチームは、守備でも相手の攻撃をシャットアウトして5-0で勝利した。 公式戦4試合ぶりの勝利を収めたマドリーは、首位シェリフと勝ち点で並ぶ2位となっている。 試合後のインタビューに応じたアンチェロッティ監督は、チームが卓越したパフォーマンスを発揮したことに喜びを露わに。大量得点だけでなく、クリーンシート達成にも手応えをつかんでいる。 「全員が非常に良いパフォーマンスをしてくれたから、誰か1人の選手を挙げるのは難しいね。皆がしっかりと守ってくれたと思う。我々は最初から非常に集中しており、高い位置からプレッシャーをかけるという戦略をうまく実行できた。特に前半は、相手のカウンターが危険だから少し我慢が必要だったね。この勝利は自信になるが、バルセロナとの試合は別の試合となるから、また違った展開になるだろう」 「クリーンシートはとても重要だ。我々は本当によく守った。クリーンシートを達成することで、試合に勝つチャンスも増えていく。ゴールを決められても、問題はしっかりとしたディフェンスがあるかだ。今日は守備陣だけではなく、中盤もウイングもよく働いてくれたね。全員が後ろで頑張っていたからこそ、個々の力も発揮できた」 また、アンチェロッティ監督は今週末に行われるエル・クラシコにも言及。スタメンについてもこれから決めていきたいと語っている。 「誰がバルセロナ戦に出場するか、私が各選手を評価したうえで決定する必要がある。今日のチームのパフォーマンスは、非常に満足のいくものだった。土曜日に復帰した(フェデリコ・)バルベルデを休ませることができたし、他の選手もよく練習している。これから数日間、こうしたポイントを評価していかなければならないね」 2021.10.20 13:03 Wed
twitterfacebook
thumb

「ヴィニシウスはバルサ加入寸前だった」、ピケが過去のやり取り明かす

バルセロナの元スペイン代表DFジェラール・ピケが今週末のエル・クラシコで対戦するレアル・マドリーのブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールに関する逸話を明かした。スペイン『ESPN』が伝えている。 バルセロナは24日、カンプ・ノウで行われるラ・リーガ第10節で宿敵マドリーとの今季最初の伝統の一戦に臨む。このビッグマッチを前に、バルセロナのディフェンスリーダーは、ピッチ上で自らの脅威となり得る相手の主力アタッカーに関する逸話を明かした。 フラメンゴ時代に新たなネイマールとして10代初期からヨーロッパのビッグクラブの関心を集めたヴィニシウスは、2017年5月にマドリー行きが内定。その後、2018年7月に正式加入すると、昨シーズンに入ってチャンスメーカーとして台頭。さらに、今季は課題の決定力に磨きをかけ、ここまでのラ・リーガ8試合で5ゴールを挙げる活躍を見せている。 ピケは、スペインの著名なストリーマー、イバイ・ラノス氏との対談の場でそのヴィニシウスが過去にバルセロナ移籍に迫っていたことを明かした。 「ヴィニシウスがもう少しでバルサに入るところだったことを知っているかい?」 「レアル・マドリーは彼に2倍のオファーを出した。彼がマドリードに行く前に僕は個人的に彼と話をしたけど、そのとき彼はバルサとの交渉が完了していることを認めていたんだ」 「なぜ話したのかは覚えていないけど、彼をロッカールームに迎え入れるためのものだったと記憶している」 「確かに交渉は完了していたんだ。だけど、マドリーは最後の瞬間にやってきて、彼にすべてを提供したんだ」 なお、ピケの今回のコメントを裏付ける話として、当時バルセロナで南米のスカウトを担当していたアンドレ・クリ氏が今年初めにヴィニシウスとの契約が完了していたことを明かしていた。その際、「我々は後ろから刺された」と、同選手の翻意を促した代理人を非難していた。 2021.10.20 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリーが昨季苦杯舐めたシャフタールにマニータの大勝! 4戦ぶり白星でクラシコに弾み《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)のグループD第3節、シャフタール・ドネツクvsレアル・マドリーが19日にオリンピスキ・スタジアムで行われ、アウェイのマドリーが0-5で圧勝した。 インテルとの本命対決を制して白星スタートを飾ったマドリーだが、前節ではサンティアゴ・ベルナベウでシェリフに敗れる大失態を演じた。さらに、直近のリーグ戦では昇格組エスパニョール相手にリーグ初黒星を喫し、連敗を含む公式戦3試合未勝利と、アンチェロッティ新体制で最初の試練を迎えている。 今週末にバルセロナとのエル・クラシコを控える中、今節では昨季グループステージで屈辱のダブルを喫したシャフタール相手に4戦ぶりの白星奪還を目指した。なお、W杯南米予選の過密日程の影響を考慮され、週末のリーグ戦が延期となった中、エスパニョール戦から先発3人を変更。ナチョとカマヴィンガ、バルベルデに代えて今季初出場のメンディ、カゼミロ、ロドリゴを起用した。 キックオフ直後からエンジン全開のマドリーがシャフタールのゴールに襲い掛かっていく。開始直後にクロース、ヴィニシウスがGKトルビンを脅かすと、以降も相手陣内でハーフコートゲームを展開し、多彩な攻めでフィニッシュのシーンを作り出していく。 だが、シェリフ戦を彷彿とさせるように最後の場面で相手の好守や決定力不足が目立つマドリーは、守り慣れてきたシャフタールの応戦もあり、徐々に嫌な流れが漂い始める。 それでも、前半終盤に差し掛かった37分には意外な形からゴールが生まれる。右サイドでボールを持ったルーカス・バスケスが背後を狙うベンゼマへアーリークロスを入れると、ベンゼマが気になったかやや無理な体勢でクリアを試みたDFクリフツォフのクリアミスが見事な自軍ゴールへのボレーシュートとなり、ゴールネットを揺らした。 相手のオウンゴールによって1点リードで試合を折り返したマドリーは、後半に入ってようやく決定力を発揮。ここから見事なゴールショーが開演する。 その口火を切ったのは好調のヴィニシウス。51分、相手の不用意な自陣でのスローインを奪ったベンゼマがボックス付近に持ち込むと、マイナスのパスを受けたモドリッチが3人目の動き出しでゴール前に抜け出したヴィニシウスへ絶妙なダイレクトスルーパス。これをヴィニシウスが冷静に流し込んだ。 さらに、直後の56分にはボックス手前左でベンゼマからパスを受けたヴィニシウスが細かいボールタッチでDF3枚を手玉に取ってゴール左へ持ち込むと、最後はニア上へ強烈なシュートを突き刺してドブレーテを達成した。 この連続ゴールで完全に乗ったマドリーは65分にもベンゼマとヴィニシウスで左サイドを攻略し、最後はヴィニシウスから丁寧なグラウンダーの折り返しを受けたロドリゴがボックス中央からダイレクトシュートを叩き込み、試合を決定づける4点目とした。 その後、メンディやクロース、モドリッチを下げてマルセロ、バルベルデ、カマヴィンガらをピッチへ送り込み、クラシコを睨んだ戦い方にシフトしたマドリーは、相手の攻撃を冷静に撥ね返しながら危なげなく時計を進めていく。 そして、試合終了間際の91分にはここまでチャンスメークで存在感を放っていたベンゼマにご褒美となるゴールも生まれ、敵地でマニータの大勝。シャフタールに昨季の痛快リベンジを果たしたマドリーが週末のクラシコに大きな弾みを付ける4戦ぶりの白星を手にした。 2021.10.20 06:43 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly