ドルトムント、今夏シティの逸材FWデラップ獲得に失敗…

2021.09.23 07:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントがマンチェスター・シティのU-18イングランド代表FWリアム・デラップ(18)の獲得に失敗していたようだ。イギリス『Football Insider』が報じている。

ドルトムントは過去にイングランド代表FWジェイドン・サンチョ、同MFジュード・ベリンガムと、イングランドの若き才能を獲得し、チームの重要な戦力に組み込んできた。

そして、今夏の移籍市場においては、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの後釜候補の一人として、シティの逸材ストライカーの獲得に動いていたようだ。

その異次元のロングスローから“人間発射台”の愛称で知られた元アイルランド代表MFのロリー・デラップ氏(45)を父親に持つデラップは、2019年にダービー・カウンティのアカデミーからシティのユースチームに加入。

翌年のEFLカップのボーンマス戦でトップチームデビューと初ゴールを記録した186cmのストライカーは、昨シーズンは度々トップチームのトレーニングに参加し、最終的に公式戦3試合に出場した。

爆発的なスピードは持ち合わせていないものの、フィジカル能力の高さに加え、足元の技術、戦術理解度、多彩なフィニッシュを併せ持つ万能型だ。

そのデラップの将来性を高く評価するドルトムントは、今夏の移籍市場で1500万ポンド(約22億4000万円)のオファーを掲示したという。

しかし、トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインの獲得に失敗した中、デラップをトップチームの戦力として考えるシティは、多くのクラブからのレンタル移籍のオファーを固辞すると共に、ドルトムントからの好条件のオファーも断固たる姿勢で拒絶したようだ。

なお、シティは先月にデラップとの契約を2026年6月まで延長している。


関連ニュース
thumb

復帰即ゴールのハーランドがブンデス記録! 最年少&最速50ゴール

ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドがブンデスリーガ記録を樹立した。 ドルトムントは27日に行われた第13節でヴォルフスブルクと対戦。ハーランドは2-1の73分から出場すると、80分にバイタルエリア左からMFユリアン・ブラントが上げた右足クロスを伸ばした左足で押し込み、今季リーグ10得点目をマークした。 このゴールは2019-20シーズンの冬にザルツブルクから加入したハーランドにとって、ブンデスリーガ通算50得点目に。データ集計会社『Opta』によれば、21歳4カ月6日での到達はリーグ史上最年少であり、50試合での達成も最速だという。 先月19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループC第3節のアヤックス戦を最後に股関節屈筋を痛め、再び離脱を強いられ、ヴォルフスブルク戦が復帰戦だったハーランド。移籍の噂も絶えないなかで、ブンデスリーガ史に名を刻んだ。 <span class="paragraph-title">【動画】復帰のハーランドがクロスに見事に合わせる!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="JFeRL6HfoX8";var video_start = 51;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.11.28 13:15 Sun
twitterfacebook
thumb

CL敗退ドルトムント、ハーランド復帰弾でヴォルフスブルクに勝利《ブンデスリーガ》

ドルトムントは27日、ブンデスリーガ第13節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利した。 前節シュツットガルトに競り勝ち、バイエルンに1ポイント差とした2位ドルトムント(勝ち点27)は、3日前に行われたチャンピオンズリーグのスポルティング・リスボン戦では1-3で敗れ、最終節を前に敗退が決定。そのドルトムントは10月中旬以降戦列を離れていたハーランドがベンチ入りした。 6位ヴォルフスブルク(勝ち点20)に対し、[4-2-3-1]で臨んだドルトムントは最前線にマレン、2列目に右からヴォルフ、ロイス、ブラントと並べた。 開始2分、ヴェグホルストのゴールで先制されたドルトムントは、徐々に押し込む展開を増やしていくと16分、マレンがミドルシュートでGKを強襲。 1分後にヴェグホルストに際どいループシュートを打たれたドルトムントだったが、32分にPKを獲得する。ドリブルでボックス左に進入したロイスがラウロワに倒されてPKを獲得。このPKをジャンが決めて同点した。 1-1で迎えた後半開始2分、シュルツの強烈なボレーシュートでゴールに迫ったドルトムントは55分に逆転する。マレンがボックス手前からミドルシュートを叩き込んだ。 その後、ヴォルフスブルクの反撃を受けたドルトムントだったが、何とか凌いだ中、72分にハーランドを投入。 79分にはルケバキオに際どいカットインシュートを許すもGKコベルがセーブすると、80分にハーランドが決める。ブラントのクロスをジャンピングボレーで押し込んだ。 CL敗退となったドルトムントがハーランド復帰弾などで勝利している。 2021.11.28 01:48 Sun
twitterfacebook
thumb

ハーランドが予定よりも早い復帰へ、ヴォルフスブルク戦帯同

ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが27日に行われるブンデスリーガ第13節ヴォルフスブルク戦で復帰するようだ。ドルトムントを率いるマルコ・ローゼ監督が明かしている。 ハーランドは股関節屈筋を痛め、10月19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループC第3節のアヤックス戦を最後に戦列を離れていた。 復帰は年明けかと見られていたが、1カ月以上早い復帰となる見込みだ。 CL敗退に終わったドルトムントはヴォルフスブルク戦の後、12月4日にバイエルンとのデア・クラシカーを控えるが、頼れる主砲が戻ってきた形だ。 2021.11.26 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド母がCLでタオマフぶん回し熱すぎる応援! ただ、そのチームはユナイテッドにあらず

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの母親がパワフルな応援でチームを鼓舞した。 今年の9月に「私が死ぬ前に、スポルティングに戻ってくるのが見たい」と口にしていたC・ロナウドの母、マリオ・ドロレス・アベイロさん。息子がプロキャリアをスタートさせたクラブには、思い入れも強いようだ。 24日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループCの第5節、スポルティング・リスボンvsドルトムントの一戦も、スタジアムへと観戦に訪れた。 タオルマフラーを振りかざし、大声で叫ぶアベイロさん。応援にはかなり熱が入っており、チームへの強い愛情が見て取れる。 昨年3月には脳卒中で倒れ、緊急入院していたアベイロさんだが、現在は元気な姿を見せている。 息子の復帰に関わらず、C・ロナウド母のスポルティングへの愛情はどうやら本物の様子。その声援の甲斐もあってか、スポルティングはホームでドルトムントを3-1で下し、グループステージ2位通過を決めている。 <span class="paragraph-title">【動画】タオマフを振り回し声援を送るC・ロナウドの母親</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CWrVM6Hr8kJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CWrVM6Hr8kJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CWrVM6Hr8kJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">beIN SPORTS(@beinsports)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.11.26 22:15 Fri
twitterfacebook
thumb

「CLは終わった」よもやの敗退…ドルトムント指揮官が苦言「我々相手にゴールを決めるのはあまりにも簡単」

ドルトムントのマルコ・ローゼ監督が、スポルティング・リスボン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 ドルトムントは24日、チャンピオンズリーグ(CL)グループC第5節でスポルティングと対戦した。 両者の勝ち点は並んでいるもの、ドルトムントのホームゲームではドルトムントが1-0で勝利しているため、スポルティングは勝利が必須となっていた。 そんな中試合は30分にペドロ・ゴンサウヴェスが先制すると、39分にもゴンサウヴェスが追加点を奪う。 反撃したいドルトムントだったが、75分にエムレ・ジャンが一発退場。81分にペドロ・ポロにゴールを許してしまうと、後半アディショナルタイムにドニエル・マレンが1点を返すも時すでに遅し。3-1で敗れた。 この結果、スポルティングが勝ち点9とし、ドルトムントは3ポイント差となったが、当該対戦での総得点で下回るために勝ち点で並んでも敗退が決定。ヨーロッパリーグへ回ることとなった。 ローゼ監督はまさかの敗退にコメント。簡単に失点しすぎることを嘆き、一貫性が必要だとした。 「ほとんど失点することなく、しっかりとゲームに参加していたが、自分たちが極端に危険のある行動をとることもなかった」 「スポルティングが1-0としたのは簡単すぎた。我々に対してゴールを決めるのはあまりにも簡単だ。相手が妥協せず、あるシーンではより一貫性を見せていた」 「我々は勝利し、チャンピオンズリーグで次のラウンドに進むという野心を持っていた。これからの数週間は、より妥協せず、一貫性のある仕事をしなければいけない」 「数的同数の時よりも、劣勢の時の方が相手にプレッシャーをかけられていた」 「後半は試合の活性化という点で、前半よりも鋭くなっていた。このような試合では、最初からそういったことが期待される」 「来年、すべての大会に参加することは、我々の明確な目標だった。チャンピオンズリーグは終わった。ここがターニングポイントだ」 2021.11.25 12:58 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly