愛媛DF前野貴徳が右ヒザ手術、全治4週間

2021.09.22 15:12 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
愛媛FCは22日、DF前野貴徳の負傷を発表した。

クラブの発表によると、前野は検査の結果右ヒザ骨軟骨損傷、外側半月板損傷と診断されたとのこと。18日に手術を受けていた。

なお、全治は手術後4週間の見込みとのことだ。
前野は今シーズンの明治安田生命J2リーグで18試合に出場していた。

関連ニュース
thumb

愛媛、群馬からFW深堀隼平が期限付き移籍で加入!「裏抜けが得意です」

愛媛FCは8日、ザスパクサツ群馬からFW深堀隼平(24)が期限付き移籍で加入すると発表。契約期間は2023年2月1日から2024年1月31日までで、群馬との公式戦には出場できない。 深堀は名古屋グランパスの下部組織出身で、2017シーズンに昇格し、同年7月にプロデビュー。2019年1月にはプリメイラ・リーガ(ポルトガル1部)のヴィトーリアに期限付き移籍も、契約期間満了に伴い8月に名古屋へ復帰した。 2020年からは水戸ホーリーホックに期限付き移籍し、さらにその翌年には完全移籍へ移行。同年7月にFC岐阜へ育成型期限付き移籍すると、今季からは群馬へ完全移籍していた。 今季は群馬でJ2リーグ29試合2得点。深堀は新天地となる愛媛の公式サイトを通じてコメントを発表し、自身の持ち味をアピールした。 「愛媛FCを愛する全ての皆様へ 初めまして。ザスパクサツ群馬から来ました深堀隼平です。特徴はスピードです。裏抜けが得意です。ワイドに張ってドリブルを仕掛けるのも得意です。足元に降りて狭いスペースで受けたりするのは好きではないですが、苦手でもないです」 「この自分の特徴を最大限発揮して、ゴールやアシストといった形でチームの勝利、そしてJ2昇格に貢献したいと思います。オレンジ色に染まったスタジアムでプレーすることを楽しみにしています!必ずJ2昇格しましょう。よろしくお願いします」 2022.12.08 19:19 Thu
twitterfacebook
thumb

J3昇格の奈良クラブが地元出身のDF鈴木大誠を獲得「平松遼太郎選手とは小中の同級生です」

奈良クラブは8日、DF鈴木大誠(26)が徳島ヴォルティスから完全移籍加入することを発表した。 星稜高校や筑波大学といったサッカーの名門校出身の鈴木は、2018年に特別指定選手として徳島に加入。同年は出場機会は訪れなかったものの、翌年に正式に徳島でプロ入りを果たし、J2で2試合に出場した。 その後は期限付き移籍でFC琉球や愛媛FCでプレー。今季は愛媛でJ3リーグ27試合に出場しプロ初ゴールを決めた。 そして、来季からは地元である奈良県初のプロクラブとなる奈良クラブでプレーすることに。同クラブに所属する平松遼太郎選手とは幼馴染のようだ。 「2023シーズンから奈良クラブの一員となります、奈良県生駒市出身の鈴木大誠です」 「平松遼太郎選手とは、生駒台小学校・光明中学校の同級生で、幼少期からのライバルです」 「私が奈良で過ごした学生時代、奈良県でJリーグを観ることができるなんて想像もつきませんでした」 「だからこそ、奈良県にJリーグクラブが誕生したことがどれだけ素晴らしいことかがわかりますし、奈良クラブをJリーグまで導いた方々への大きなリスペクトがあります」 「2022シーズンは愛媛で『J2に昇格するために』、そして妻の地元でもあったことから『県民やサポーターに愛されるために』どうすればいいかを常日頃考えて過ごすことのできる環境にありました。その経験をもとに、『チームメイトと連携し勝利への強い意欲を持ってプレーすること』、『自らすすんで県民やサポーターとかかわりを持ち奈良クラブの素晴らしさを多くの人に伝えること』を実践して、奈良クラブの勝利や発展に貢献していきます」 「そして何より、味方を鼓舞する姿、体を張ってゴールを守る姿を必ず試合でみなさまにお見せします」 「ぜひスタジアムに足を運んでください! 熱い声援をよろしくお願いします!」 2022.12.08 14:25 Thu
twitterfacebook
thumb

愛媛が岡山MF疋田優人を期限付き移籍で獲得「子どもたちに夢を与えられる選手に」

愛媛FCは7日、ファジアーノ岡山のMF疋田優人(24)が期限付き移籍で加入することを発表した。 なお移籍期間は2024年1月31日まで。岡山との公式戦には出場できない。 疋田は広島皆実高校から大阪体育大学へと進学し、2021年に岡山に加入した。 1年目はJ2で12試合に出場し2得点、今シーズンは3試合に出場していた。 疋田は両クラブを通じてコメントしている。 ◆愛媛FC 「愛媛FCに関わる皆さん、初めまして疋田優人です。愛媛FCの勝利、J2昇格のために全力を尽くし、子どもたちに夢を与えられる選手になるため覚悟を持って戦います。よろしくお願いします」 ◆ファジアーノ岡山 「このたび、愛媛FCに期限付き移籍することを決断しました。どんなときも熱い応援をしてくださったファン・サポーターの皆さんに、活躍する姿を見せられず岡山の地を離れるのは悔しいですが、必ず成長して戻ってきます。愛媛FCでの活躍が岡山の地まで届くよう日々精進してまいります」 2022.12.07 14:35 Wed
twitterfacebook
thumb

愛媛DF西岡大志が地元クラブの宮崎に完全移籍 「新たな歴史を創っていきましょう!」

テゲバジャーロ宮崎は6日、愛媛FCからDF西岡大志(28)の完全移籍加入を発表した。 福岡大学卒の西岡はFC琉球でのプロ入りを挟み、2020年から愛媛に移籍。初年度から主力を張ったが、今季はシーズン開幕前に右ヒザ半月板損傷で手術も受け、明治安田生命J3リーグで5試合の出場にとどまった。 来季から地元クラブの宮崎でプレーする西岡は宮崎を通じて「地元宮崎の地でプレーできることに、感謝しています」と喜び、意気込みを語った。 「J2に昇格させる為に強い覚悟を持って来ました。ファン、サポーターの皆さん! 共にテゲバジャーロ宮崎の新たな歴史を創っていきましょう! 皆さんの前でプレーできることを、てげ楽しみにしています」 一方、愛媛の公式サイトを通じては「この度、テゲバジャーロ宮崎に完全移籍することになりました」と別れの挨拶をしている。 「3年間、兄も含めると9年間、西岡兄弟を応援して下さりありがとうございました。愛媛FCでプレーし、皆さんと共に戦えたこと誇りに思います。強い思い、覚悟をもって愛媛FCに来ましたがこの3年間苦しいことの方が多くJ3に降格という経験をさせてしまったこと、ものすごく責任を感じています」 「それでも、背番号3番のユニフォームを着てスタジアムに足を運んでくれた方や、SNSを通してたくさん声をかけてくれた方のお陰で何度も自分自身を奮い立たせ、頑張ることができました。ありがとうございました」 「愛媛FCで培ったものを更に伸ばし、成長した姿をニンスタで見せられるように僕自身精進していきたいと思います。最後にファン、サポーター、ボランティアスタッフの皆様、スポンサー企業の皆様、愛媛FCに関わってくださった皆様、3年間という短い間でしたが本当にありがとうございました」 2022.12.06 12:45 Tue
twitterfacebook
thumb

愛媛がアカデミー育ちの水戸MF曽根田穣を獲得 「今からとてもワクワク」

愛媛FCは2日、水戸ホーリーホックからMF曽根田穣(28)の完全移籍加入を発表した。 曽根田は愛媛のアカデミー育ちだが、びわこ成蹊スポーツ大学に進学して、2017年にヴァンフォーレ甲府でプロに。その後、京都サンガF.C.から水戸に今季入団し、明治安田生命J2リーグ27試合出場で5ゴールを記録した。 そんな曽根田だが、水戸に1年で別れを告げ、地元で古巣の愛媛に移籍する運びに。愛媛の公式サイトを通じて喜びを語った。 「初めまして、水戸ホーリーホックから来季より加入することになりました。曽根田です。愛媛FCのアカデミーで育ち、当時から目標だった愛媛FCのトップチームでプレーできることに、今からとてもワクワクしています。愛媛FCがJ2に復帰すること、そのために力になれるように、精一杯頑張ります」 「そしてもっとたくさんの愛媛の子ども達が、将来愛媛FCでプレーしたいと言ってくれるように、僕の力は微力かもしれませんが、愛媛のために精進していきたいと思います。愛媛FCに関わる全ての皆様、来シーズンからよろしくお願いします」 一方、水戸の公式ウェブサイトでは「「1シーズンでしたが、水戸でプレーすることができて本当に幸せでした」と別れの挨拶をした。 「いい時も悪い時も、ファン・サポーターの方々の声援や、拍手が僕の力になりました。満足のいく結果を残すことができず、申し訳ないです」 「僕は、水戸ホーリーホックで出会えたすべての人に感謝しかありません。そして水戸ホーリーホックでプレーできたことは僕の人生の大きな財産になりました」 「来シーズン、水戸ホーリーホックがJ1に昇格する姿を見られることを祈っています。短い間でしたが、本当にありがとうございました」 2022.12.02 11:15 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly