2ゴールの南野拓実をクロップ監督が称賛「頭の良い選手」、「今夜の試合を楽しんでいた」

2021.09.22 07:18 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールのユルゲン・クロップ監督が、2ゴールの活躍を見せた日本代表MF南野拓実について語った。クラブ公式サイトが伝えた。21日、リバプールはEFLカップ(カラバオカップ)3回戦でノリッジと対戦。南野は今季初出場を果たした。

その南野は4分、左CKからディヴォク・オリジがヘディングで落としたボールを素早く反転シュート。見事に抑えたボールが狭いコースを抜けて決まり、リバプールが幸先良く先制する。

50分にはそのオリジがヘディングで追加点を奪うと、80分には南野が追加点。ボックス内右でパスを受けると、そのまま縦にドリブルを仕掛け、相手DFの対応をかわしてシュートを流し込んだ。

先発起用に応え、2ゴールと結果を残した南野に対してクロップ監督が試合後にコメント。2つのゴールを決めたパフォーマンスを評価した。

「彼は今とても良い状態にある。あまりプレーしていなかったことは知っているが、悪い時にはケガをし、復帰して来てこうなった」

「時々、簡単なことではないが、彼はトップクラスの特徴を見せ、今夜の試合を楽しんでいた」

「それは彼にとっても我々にとっても重要なことだ。これが彼の助けにもなり、我々の助けにもなる」

また、ここまで起用できなかった理由はケガやコンディションだったとし、2つのゴールを称賛した。

「彼にフラストレーションが溜まっていたかどうかは分からない。選手はプレーしたいと思っているのは当然で、それがあまり起きなかったことをも事実だ」

「彼は代表チームで活動し、そこでケガをし、戻って来てすぐに体調を崩し、復帰のためにコンディションを整えた。今では、16週間プレーしなかったということではなく、ケガをしてからの時間が問題だ」

「他の選手もケガをして、復帰するには時間が必要だが、タキ(南野の愛称)は良い状態にあり、とてもよくトレーニングしており、2つのゴールに値する」

「最初のゴールは本当に意識が高く、頭の回転も早く、良いフィニッシュだった。2つ目は、実際には100%見えていたわけではないが、短く小さなスペースでのボックス内での加速は本当に良かった」

「彼はプレシーズンで本当に良い状態だった。そしてスタートしたが、ケガをした。今シーズンの残りがこれから始まる。誰も心配はいらない。タキは大丈夫だ」

その南野は、前半は3トップの一角でプレーしたものの、後半には中盤のインサイドで起用した点についても説明した。

「今日はタキがとてもタフに見えたので、中盤の選手としてプレーする彼を望んだ。ハーフスペースを十分に使えていなかったので、彼をそこに置いた」

「左ウイングにもう少し自由なオックスレイドを置きたかった。それが理由で、彼をゲームに繋いでおくためだった」

「タキは頭の良い選手で、色々なポジションでプレーできるのが理由だ」

1 2

関連ニュース
thumb

WBA、レディング退団の元イングランド代表FWキャロルと今季終了までの短期契約

チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するWBAは28日、元イングランド代表FWアンディ・キャロル(33)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は今季終了までとなる。 かつてはリバプールにも在籍したキャロルは、2012年夏に加入したウェストハムで公式戦134試合34ゴール26アシストと活躍したのち、2019年夏に古巣ニューカッスルに移籍。だが、昨季はプレミアリーグ18試合1ゴールと結果を残せず、昨夏に契約解除に至っていた。 その後はしばらくフリーの状態が続いたが、昨年11月半ばにチャンピオンシップのレディングに今年1月までの短期契約で加入。リーグ戦7試合に出場し1ゴール1アシストの記録していた。 WBAを率いるヴァレリアン・イスマエル監督はキャロルの加入について、「アンディは、すぐにでも私たちを助けてくれる選手だ。彼は近レディングでたくさんの試合に出場しているし、短期契約の間にゴールも決めている。彼が我々のためにゴールを決めてくれることを願っている」とコメントしている。 2022.01.29 01:15 Sat
twitterfacebook
thumb

マドリー戦で愚行のバレッラ、決勝トーナメント1回戦の2試合を欠場か…

インテルのイタリア代表MFニコロ・バレッラが、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦のリバプール戦を欠場するようだ。イタリア『Calciomercato.com』が伝えている。 グループDを2位で通過したインテルは、決勝トーナメント1回戦でグループBを全勝で通過したリバプールと対戦が決定したが、同試合に向けてバレッラを欠くことになった。 バレッラは、12月7日に行われたグループステージ最終節ノレアル・マドリー戦に出場した際、64分にタッチライン際の競り合いでミリトンからハードなチャージを受けてピッチ横の看板に激突したバレッラが激高し、ミリトンの足にパンチを見舞う愚行を犯し一発退場となっていた。 いまだに正式な処分は発表されていないが、『Calciomercato.com』によると、欧州サッカー連盟(UEFA)は倫理・規律委員会を25日に開催し、バレッラに対し2試合の出場停止処分を決定したとのこと。 なお、インテルはすでにその知らせを受けており、この決定について控訴はしないことをUEFAに伝えているという。 インテルとリバプールの決勝トーナメント1回戦1stレグは、2月16日にサン・シーロで行われる。 2022.01.29 00:01 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプール、今季ゴール量産中のポルトFWルイス・ディアス獲得に接近か

リバプールがポルトのコロンビア代表FWルイス・ディアス(25)獲得に近づいているようだ。イギリス『The Athletic』ら複数メディアが伝えている。 ルイス・ディアスは、2019年夏にコロンビアのフニオールFCからポルトへ移籍。加入初年度から出場機会を得ると、ここまで公式戦通算125試合で41ゴールの成績を残している。今季はプリメイラ・リーガ18試合で14得点5アシストと絶好調。リーグで現在首位をキープするチームの原動力となっている。 そんなルイス・ディアスに対してはアントニオ・コンテ監督の下で戦力刷新を図っていたトッテナムが獲得に動いていたが、元々夏の獲得を予定していたリバプールが急遽冬の獲得に踏み切る形となったようだ。 『The Athletic』によると移籍金はボーナス含め6000万ユーロ(約77億2000万円)になるとされており、これは契約解除金として設定されている8000万ユーロ(約102億9000万円)を下回る金額となっている。 選手本人はアンフィールドでのプレーを望んでいるとされており、合意が近づいているようだ。 2022.01.28 16:51 Fri
twitterfacebook
thumb

シメオネ批判のクロップ監督に、元アトレティコのトリッピアーが苦言 「少しアンフェアだった」

ニューカッスルのイングランド代表DFキーラン・トリッピアーが以前にアトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督を批判したリバプールのユルゲン・クロップ監督に対して苦言を呈した。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 マンチェスター・シティの下部組織出身であるトリッピアーは、バーンリー、トッテナムなどを経て2019年7月にアトレティコ・マドリーへ完全移籍。シメオネ監督からの信頼を獲得すると、公式戦86試合出場11アシストの成績を残すなど主軸として定着し、昨シーズンのラ・リーガ制覇にも大きく貢献した。 7日にニューカッスルへ加入したトリッピアーは、イギリス『The Athletic』のインタビューに応じると、今季のチャンピオンズリーグ(CL)でアトレティコがリバプールと対戦した際、クロップ監督がシメオネ監督の戦術に対して「ジョレンテ、コケ、サウルのような選手がいながら、自陣深く守りカウンターに徹している。私は別のサッカーを好むよ」とコメントした件に言及。クロップ監督の批判はフェアではないと苦言を呈した。 「少しアンフェアだったと思うね。シメオネはこの11年間、非常に大きな成功を収めてきた。彼は8つのトロフィーを獲得してきたのだからね。だからといって、アンフィールドでプレーする際に、リバプールと互角に渡り合うことはできない」 「誰もがクロップや(ジョゼップ・)グアルディオラのようなサッカーができるわけではないんだ。それは現実的ではない。監督は誰もが、自分のシステムやスタイルを持っているものであり、シメオネは彼らとは違う。そして、シメオネはそれで成功してきたのだからね」 2022.01.28 12:29 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプール、南野拓実の売却意思なしか…2クラブからのアプローチを拒否

リバプールは今冬に日本代表FW南野拓実(27)を売却するつもりがないようだ。 2020年冬にレッドブル・ザルツブルクから加入した南野。サウサンプトンでの半年レンタルを経て、今季からリバプールに復帰したが、引き続きFWモハメド・サラー、FWサディオ・マネ、FWロベルト・フィルミノ、FWジオゴ・ジョタの牙城を崩せずにいる。 その今季もEFLカップ5試合で4ゴール1アシストの好成績を残す一方、2ゴールを記録するプレミアリーグでいまだ先発機会なし。MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンが調子を上げ、MFハーヴェイ・エリオットも負傷からの復帰が近づき、今後も厳しい争いが予想される。 こうした状況のなか、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、リーズ・ユナイテッドとリーグ・アンのモナコが獲得に名乗り。両クラブから1stアプローチもあったようだが、リバプールは断りを入れたという。 『スカイ・スポーツ』の記者を務めるケイヴ・ソルヘコル氏によると、クラブは現戦力を維持を保ちたいという考えがあり、よほど条件の良いオファーでなければ、今冬の放出を考えていないようだ。 「南野はレギュラーとしてプレーしておらず、今シーズンは(公式戦で)6試合しか先発していない。そして、そのうちの4試合はEFLカップでのものだ。しかし、リバプールはまだ4つの大会があり、真剣なオファーがなければ彼を手放したくはないと考えている」 「彼らは移籍市場において常に非常に堅実なクラブであり、売却する選手には常に良い価格をつけている。そして、南野に対してもその評価を貫いているのだ」 2022.01.28 11:01 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly