【ラ・リーガ第6節プレビュー】久保建英が首位レアル・マドリーに挑む! 今季初のミッドウィーク開催

2021.09.21 19:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
先週末に行われた第5節ではレアル・マドリーがバレンシアとの首位攻防戦を制し、首位をキープ。一方、アトレティコ・マドリーとセビージャはバスク勢との上位対決をいずれもドローで終え、バルセロナは格下グラナダ相手にホームで痛恨のドローを喫した。今季初のミッドウィーク開催となる今節は、マジョルカのMF久保建英が自身初のサンティアゴ・ベルナベウで、保有元のレアル・マドリーと激突する一戦が、最大の注目カードだ。

久保は前節、昨季前半戦を過ごした古巣のビジャレアルと対戦。自身を評価しなかった敵将エメリの前で決定的な仕事を見せたが、チームは相手の堅守をこじ開けられず、ゴールレスドローに終わった。それでも、久保自身は右サイドから積極的な仕掛けや正確なパスで攻撃の起点となり、古巣相手にきっちり存在感を示した。ただ、本人としてはそろそろ目に見える結果を残したいところだ。

これまで保有元のレアル・マドリーとは通算4度対戦しているが、コロナ禍と改修工事の影響によって2度のアウェイゲームは、いずれもサブグラウンドのアルフレド・ディ・ステファノでのプレーとなった。したがって、久保にとって今回の一戦は自身初のサンティアゴ・ベルナベウでのプレーとなる。その夢の舞台に来シーズン戻ってくるため、決定的な仕事を期待したい。

対するレアル・マドリーは前節のバレンシア戦で今季初黒星の危機を迎えていたが、試合終盤にエースFWベンゼマと覚醒中のFWヴィニシウスのコンビが決めた2ゴールによって、勝ち点0を勝ち点3に変える会心の勝利を収めた。昇格組をホームで迎え撃つこの一戦では絶好調の2人の躍動が期待されるところだ。

その首位チームを勝ち点2差で追うアトレティコは、開幕5戦全敗のヘタフェとのマドリード自治州ダービーに臨む。チャンピオンズリーグ(CL)のポルト戦、前節のアスレティック・ビルバオ戦を2試合連続ゴールレスドローで終えたチームは、攻撃面が完全に停滞。多士済々の攻撃陣の組み合わせに関して最適解を見いだせておらず、FWルイス・スアレスとFWグリーズマンのコンディション不良も懸念材料だ。

ここ数試合ではシメオネ監督の攻撃的な選手交代によって、ようやく攻撃のギアが上がるという展開が続いており、開幕全敗と苦境の格下相手には前半からよりアグレッシブに戦い、早い時間帯の先制点を狙いたい。

1試合未消化ながら首位と5ポイント差のバルセロナは、カディスとのアウェイゲームで公式戦3試合ぶりの勝利を目指す。マンデーナイトでの開催となったグラナダ戦では試合開始直後にセットプレーの流れから先制を許すと、以降のほぼ90分は相手陣内でハーフコートゲームを展開。しかし、完全に専守防衛の構えを見せる相手に対して崩しの精度、アイデアを欠いた。

その後、途中出場のDFピケをFWルーク・デ・ヨングと共にパワープレー要員として投入し、カンプ・ノウにクロスの雨を降らせると、90分には同じく前線に上げたDFアラウホが何とかゴールをこじ開けて公式戦連敗こそ回避したものの、クラブの攻撃哲学を捨ててまで勝ちに行った試合をモノにできず、クーマン監督に対する風当たりはさらに強くなっている。同じく堅守速攻を得意とする今回のカディス戦で同じ轍を踏むようなことがあれば、指揮官更迭も現実味を帯びてくる。

また、直近の公式戦3試合連続ドローと足踏み状態が続くセビージャは、前節レアル・マドリーと激闘を演じたバレンシアとの上位対決で4試合ぶりの勝利を目指す。今シーズンも昨季同様の堅守は健在も、10人のラージョ相手に3点を奪った開幕戦を除き公式戦4試合では一度も複数得点を奪えておらず、前節のレアル・ソシエダ戦では今季初の無得点に終わった。今夏の補強によって使える前線の駒は確実に増えているだけに、湿りがちな主砲エン=ネシリを中心に攻撃陣の奮起が求められるところだ。
その他では開幕4戦連続ドローのビジャレアルや4戦全敗のアラベスを含め、今季初白星が遠いセルタやグラナダ、レバンテ、エスパニョールの戦いにも注目したい。

《ラ・リーガ第6節》
▽9/21(火)
《26:30》
ヘタフェ vs アトレティコ・マドリー
《29:00》
アスレティック・ビルバオ vs ラージョ
レバンテ vs セルタ

▽9/22(水)
《26:30》
エスパニョール vs アラベス
セビージャ vs バレンシア
《29:00》
ビジャレアル vs エルチェ
レアル・マドリー vs マジョルカ

▽9/23(木)
《26:30》
オサスナ vs ベティス
グラナダ vs レアル・ソシエダ
《29:00》
カディス vs バルセロナ

関連ニュース
thumb

「襷をベースに」C大阪の新ユニフォームが発表! 斜めのストライプで表現

セレッソ大阪は8日、新シーズンのユニフォームデザインを発表した。 2022シーズンもプーマのユニフォームを着用するC大阪。2021シーズンは攻撃的なサッカーの復活を目指すも12位と中位に甘んじ、YBCルヴァンカップでは決勝で敗れ、新シーズンの巻き返しに意気込むこととなる。 新ユニフォームは、PUMAのグローバルユニフォームデザインコンセプト「FORWARD TOGETHER」に基づき、チーム・サポーター・パートナーの思いを、襷をベースにしたダイアゴナルのストライプで表現している。 また、チームのコンセプトであるスピード感もグラフィックに落とし込み、セレッソピンクをベースに、ピンクのトーナルカラーで仕上げ、コントラストカラーとしてネイビーを使用している。 アウェイは白をベースに、GKの1stユニフォームは区ロボベースに、FPの1stユニフォームと同じデザインとなっている。 <span class="paragraph-title">【写真】C大阪の新ユニは襷をイメージした斜めのストライプ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">2022シーズン新ユニフォームデザイン決定のお知らせ<br><br>2022シーズンのユニフォームはセレッソファミリーの思いを、襷をベースにしたダイアゴナルのストライプで表現しています<br>さらにSAKURA SOCIO会員限定特典も<br><br>先行販売期間<br>1/14(金)18:00~1/16(日)21:59<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%BB%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BD%E5%A4%A7%E9%98%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#セレッソ大阪</a></p>&mdash; セレッソ大阪オフィシャル (@crz_official) <a href="https://twitter.com/crz_official/status/1479649059681886209?ref_src=twsrc%5Etfw">January 8, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.08 13:01 Sat
twitterfacebook
thumb

沼津、2013年から続いたプーマとのサプライヤー契約が終了

アスルクラロ沼津は3日、プーマとのユニフォームサプライヤー契約が終了することを発表した。 沼津は、東海サッカーリーグ1部時代の2013年からプーマがユニフォームサプライヤーとなっており、9シーズンにわたりチームを支えてきた。 その間、チームはJFL昇格、J3昇格を経験していたが、その関係も終了することとなった。 プーマは、ジュビロ磐田とも今シーズン限りでサプライヤー契約を終了することとなり、沼津が2クラブ目となる。 <span class="paragraph-title">【写真】歴代のアスルクラロ沼津ユニフォーム</span> <span data-other-div="photo"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/numazu20211203_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/numazu20211203_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/numazu20211203_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/numazu20211203_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/numazu20211203_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/numazu20211203_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2021.12.03 17:33 Fri
twitterfacebook
thumb

王者・川崎Fの新ユニフォームは26周年を記念して「風呂」からデザイン! 風呂をモチーフに特別ロゴも制作

川崎フロンターレは27日、2022シーズンのユニフォームデザインを発表した。 2022年のユニフォームは、PUMAのグローバルユニフォームデザインコンセプト 「FORWARD TOGETHER」に基き、クラブ設立26(フロ)周年のアニバーサリーイヤーにふさわしいユニフォームとして、フロンターレと深い繋がりのある風呂(フロ)のタイルからインスピレーションを受けたデザインとなっている。 袖には2022シーズン限定の26周年特別仕様のロゴを配置し、首元はレイヤード仕様の襟を独自採用。また、サイドには差し色としてブラックとホワイトを配色することで、アニバーサリーイヤーの祝福とピッチ上での新たな選手の見え方を両立したデザインに仕上げられている。 今回ユニフォームの袖に入っている26周年ロゴは「クラブにとって大切な年「2(ふ)6(ろ)」、フロンターレの応援スタイルに欠かせない「タオル」、そして、念願の初タイトルを獲得してから欠かせないのが「桶」、これまでも、そしてこれからのフロンターレを象徴する記念ロゴを製作しました」とコンセプトを説明。「3本の湯気は、クラブ、パートナー、サポーターを表現しこれからも共に歩んでいく想いを込めています」としている。 FPの1stユニフォームは、風呂の壁のタイルそのものに見えるデザインに。水色をベースにスポンサーなどは白で彩られている。 また2ndユニフォームは白をベースにこちらもタイル模様。GK1stユニフォームは緑、2ndは赤がそれぞれベースとなり、同じタイル模様がデザインされている。 <span class="paragraph-title">【写真】フロンターレの新ユニフォームはまさかの「風呂」</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>発表!!!!!!<br>\<br>来年&quot;26(フロ)周年&quot;を迎える2022シーズンのユニフォームはお風呂にあるタイルからインスピレーションを受けたデザインとなります26周年ロゴも合わせて製作し、ユニフォームへ反映しました選手やサポーターの皆様が早く袖を通すのが楽しみです【アズーロ・ネロ】<a href="https://twitter.com/hashtag/frontale?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#frontale</a> <a href="https://t.co/6hH8jzN9HP">pic.twitter.com/6hH8jzN9HP</a></p>&mdash; 川崎フロンターレ (@frontale_staff) <a href="https://twitter.com/frontale_staff/status/1464447742319550470?ref_src=twsrc%5Etfw">November 27, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.27 19:10 Sat
twitterfacebook
thumb

J1昇格の磐田、ヤマハ時代から48年間続いたプーマとの契約が今季で終了…感謝の特別ムービーも公開

ジュビロ磐田は26日、プーマとのユニフォームサプライヤー契約が満了を迎えることを発表した。 プーマは、磐田の前身であるヤマハ発動機サッカー部時代の1974年からサポート。48年間もの間、関係があった。 Jリーグが始まる以前からの関係性であり、3度のJ1優勝や、2度のリーグカップ優勝、1度の天皇杯優勝の他、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の前身であるアジアクラブ選手権でも優勝を果たすなど、数々の歴史をともにしてきた。 約半世紀にわたるサプライヤー契約だったが、今シーズンをもって終了。来シーズンからはプーマではないユニフォームを身に纏うこととなる。 磐田は長年支えてくれたプーマへの感謝の特別ムービーを公開。クラブOBであり、現在は磐田で指導者となっている服部年宏氏や中山雅史氏、またOBの福西崇史氏やジェラルド・ファネンブルク氏、FC今治のDF駒野友一やDF大井健太郎、MF山田大記らがメッセージを送った。 なお、来季のサプライヤーについては現時点で発表されていない。 <span class="paragraph-title">【動画】ジュビロ磐田からプーマへ感謝の特別ムービー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="5UlF9J-4Llo";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.11.26 18:20 Fri
twitterfacebook
thumb

「パジャマみたい」初お目見えとなったシティの3rdキット、多分に漏れず否定的な声が多数

プーマの3rdユニフォームにはやはり否定的な声が多いようだ。イギリス『スポーツバイブル』が伝えた。 発表当時から否定的な声の多かったプーマの共通サードキット。ドルトムントなどはファンの猛批判を受けてデザインをマイナー・チェンジするなど、様々な物議を醸していた。 同じくプーマをサプライヤーとするマンチェスター・シティのサードユニフォームも例に漏れない。紺を基調に、プーマのロゴ、『MAN CITY』の文字、メインスポンサーのエティハド航空のロゴが、全て中央寄せで配置されたユニフォーム。素地にもうっすらとエンブレムが施されているが、デザインには燦々たる声が上がっている。 シティは23日のプレミアリーグ第9節、アウェイでのブライトン&ホーヴ・アルビオン戦で初めてこのサードユニフォームを着用して臨んだ。デザインに関する是非はともかく、この試合では4-1の快勝を手にすることができた。 現在は「ハイストリートの屋台にある安いレプリカのよう」、「パジャマみたい」などのネガティブな声の多いデザイン。だが、このまま結果を残し続けていけば、肯定的な声が増加する可能性もあるかもしれない。 <span class="paragraph-title">【写真】初お目見えとなったシティの3rdユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Honest opinion about our 3rd kit? <a href="https://t.co/E1roSvr85p">pic.twitter.com/E1roSvr85p</a></p>&mdash; City Chief (@City_Chief) <a href="https://twitter.com/City_Chief/status/1451611421746286594?ref_src=twsrc%5Etfw">October 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.25 07:35 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly