劇的勝利で単独首位のレアル、1G1Aのヴィニシウスは謙虚な姿勢 「チームの勝利が重要だ」

2021.09.20 12:58 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールがチームの劇的な勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。

ヴィニシウスは19日に行われたラ・リーガ第5節のバレンシア戦に先発。勝ち点「10」で並ぶチーム同士の首位攻防戦となった試合は66分に先制点を許すも、86分にヴィニシウスが同点ゴールを決め、振り出しに戻す。

土壇場で追いついて勢いづくマドリーはさらに88分、ボックス手前左から上がったヴィニシウスのクロスに中央のフランス代表FWカリム・ベンゼマが合わせ、逆転ゴール。試合は2-1のまま終了し、勝利を収めたマドリーが単独首位となった。

試合後、ヴィニシウスは敵地メスタージャでの劇的な逆転勝利を喜んだ。

「ここでプレーするのはいつも難しい。失点した後はさらに厳しくなったけど、チャレンジを続けたよ。レアル・マドリーは決してあきらめない。序盤はうまくいかなかったけど、最後には逆転して勝利を収めることができた。全力で取り組んだ結果、良い結果を得ることができたんだ」

「この勝利は監督とチーム全体が成し遂げたことであり、僕らは一生懸命ハードワークした。僕らは今までにないことをやっているんだ」

「失点した後のプレーはとても良かった。逆転できると確信していたし、だからこそ、あっという間に試合をひっくり返すことができたのだと思うよ。鍵となったのは、全員の集中力と個性、そして全員が逆転すると信じていたことだ」

「リーガで優勝するためにはこのような試合に勝たなければならないんだ。僕らはレアル・マドリーであり、常に最後まで挑戦する」

また、今季のここまで好調を維持するなかで、この試合でも1ゴール1アシストの大きな活躍を見せたが、あくまで重要なのはチームの勝利だと謙虚な姿勢を示した。

「何よりも嬉しいのはレアル・マドリーの勝利だよ。また、僕に自信を与えてくれ、頑張れる気持ちにしてくれたチーム全体にも満足している」

「たくさんボールを与えてくれるから、チームのために多くのチャンスを作ることができるんだ。今日はいいプレーができたと思うし、勝てたことが一番重要だ」

関連ニュース
thumb

イスコの新天地がセビージャに決定! 2年契約で合意

セビージャは7日、レアル・マドリーを退団した元スペイン代表MFイスコ(30)のフリートランスファーに関して基本合意に至ったことを発表した。 イスコは8日にメディカルチェックを受診した後、セビージャと2024年6月30日までの2年契約にサインする予定だ。 2013年にマラガからマドリーに加入したイスコは、在籍9年で公式戦353試合に出場し、3度のラ・リーガ制覇や5度のチャンピオンズリーグ優勝などを経験。しかし、ここ数年は序列低下によって出場機会を失い、カルロ・アンチェロッティ監督が復任した昨シーズンも公式戦17試合の出場に留まっていた。 そういった中、イスコは昨シーズン限りとなっていた現行契約満了に伴い、エルブランコを退団。新天地に関しては恩師マヌエル・ペジェグリーニ監督が率いるベティスや、セリエAのミランやローマ、ナポリといったクラブへの移籍も取り沙汰されていた。 しかし、スペイン代表とマドリーで指導を受けていたフレン・ロペテギ監督が率いるセビージャ行きを決断した。 2022.08.07 21:43 Sun
twitterfacebook
thumb

レアルのU-21スペイン代表DFグティエレスがジローナに完全移籍…5年契約

ジローナは5日、レアル・マドリーのU-21スペイン代表DFミゲル・グティエレス(21)を完全移籍で獲得することを発表した。 契約期間は2027年夏までの5年間となる。 ヘタフェのユースからマドリーのカンテラに加入したグティエレス。順調に昇格を重ね、2020年7月からはカスティージャに所属していた。 カスティージャに所属しながら、2020-21シーズンはファーストチームデビュー。ラ・リーガで6試合に出場し1アシストを記録していた。 2021-22シーズンもラ・リーガで3試合1アシスト、チャンピオンズリーグでも1試合プレーしていた。 左サイドバックでプレーするグティエレスは、世代別のスペイン代表も経験。U-21スペイン代表でも1試合プレーしていた。 2022.08.06 07:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ダンフリース売却噂のインテル、後釜はオドリオソラなど2選手か

インテルは、売却が噂されるオランダ代表DFデンゼル・ダンフリース(26)の後釜として2選手をリストアップしているようだ。 ダンフリースは昨夏にPSVから加入し、右ウイングバックを主戦場にチームの主軸として活躍。公式戦45試合5得点7アシストを記録した。しかし、クラブが財政難という状況もあり、今夏流出の可能性は決して低くない。ここ数日はチェルシーとの交渉中であることが報じられている。 そんな中、イタリア『スポーツ・メディアセット』によると、インテルはダンフリースを売却した場合の後釜として、レアル・マドリーの元スペイン代表DFアルバロ・オドリオソラ(26)と、レスター・シティのベルギー代表DFティモシー・カスターニュ(26)を選択肢に載せたとのことだ。 オドリオソラは2018年夏から在籍するマドリーで出場機会に恵まれず。バイエルンへの半年レンタルを経験し、昨季はフィオレンティーナで1年間プレー。セリエA25試合に出場し、イタリアサッカーを体感したことで、インテルの獲得リストに浮上したと考えられる。 一方のカスターニュはかつてアタランタに在籍。絶対的な主力ではなかったものの、両サイドをこなせる利便性が魅力で、ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督からも重宝されていた。現所属のレスターでは、2年間でプレミアリーグ54試合3得点3アシストを記録している。 2022.08.04 20:35 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリー指揮官が2年目のカマヴィンガに期待、同僚からの学びを促す

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督は、フランス代表MFエドゥアルド・カマヴィンガ(19)に大きな期待を寄せているようだ。 カマヴィンガは昨夏にスタッド・レンヌから加入。3100万ユーロ(約42億円)とも目される高額な移籍金だったことから即戦力との期待も大きかったが、1年目は主力選手たちの牙城を崩すことはできなかった。 それでもポジティブな1年だったと評価されており、スタメン出場こそ少なかったものの、ラ・リーガで26試合、チャンピオンズリーグ(CL)でも10試合のピッチに立ったことで、一定のプレータイムは確保できたとみなされている。 スペイン『マルカ』によると、アンチェロッティ監督はカマヴィンガと緊密にコミュニケーションをとっており、新シーズンは選手にとって重要な1年になると考えているようだ。 同監督はカマヴィンガの成長を急いでおらず、安定した出場機会を与えることが最も重要との考え。カマヴィンガがカタール・ワールドカップ(W杯)を見据え、フランス代表への返り咲きを目指していることもあり、昨季同様に一定のプレータイムを設け、日々の取り組み次第ではスタメン出場も増やす方針を示したとのことだ。 もっとも、カマヴィンガ本人の成長や改善は必須と捉えており、カゼミロやルカ・モドリッチ、トニ・クロースといった百戦錬磨のベテランたちから学ばなければいけないとも伝えているようだ。 また、フェデリコ・バルベルデの存在も、カマヴィンガがきっかけを掴む大きなヒントになるのではとの考え。24歳のバルベルデはモドリッチやクロースなどのポジションを取って代わる存在になっており、今夏もキャプテンマークをつけてプレシーズンマッチに出場するなど、日に日に存在感を増している。 2022.08.04 17:51 Thu
twitterfacebook
thumb

フランクフルトFWボレ、スーパー杯マドリー戦に向けて意気込み「子供の頃から夢見た対戦」

フランクフルトのコロンビア代表FWラファエル・サントス・ボレ(26)が、UEFAスーパーカップのレアル・マドリー戦に向けて意気込みを語った。 昨シーズン、クラブ史上初のヨーロッパリーグ(EL)制覇を成し遂げたフランクフルト。ボレは準々決勝のバルセロナ戦や準決勝のウェストハム戦、ひいては決勝のレンジャーズ戦でゴールを決め、優勝に大きく貢献した。 10日にチャンピオンズリーグ(CL)王者のマドリーと対戦するUEFAスーパーカップが控える中、スペイン『アス』のインタビューに応じたボレは対戦相手を高くリスペクト。また、この5日前に予定されているブンデスリーガ開幕節のバイエルン戦を含めて、ビッグマッチに向けて良い準備ができていると意気込みを語った。 「マドリーとの対戦は子どもの頃から夢見てきた。彼らは長い歴史のなかで特別な存在であることを示してきた偉大なクラブだ。そんな彼らに僕たちの力を示したい」 「カリム・ベンゼマはパーフェクトなFWだよ。彼のプレーが大好きだ。チームが困難な時に現れ、チャンスを作り、空気を変える。バロンドール? 確かに僕なら彼に与えるね」 「僕たちのシーズンの始まりはとても忙しい。スタートから重要なゲームが続く。バイエルンの次はマドリー、どちらの試合も多くの意味をもつ一戦になるだろうね」 「チームはとてもいい感じだよ。多くの新たな選手が到着して、僕たちの取り組みに参加した。戦術の課題にフォーカスしたプレシーズンといった感じかな。フィジカル面はみんなフィットしているよ」 また、そんなマドリーの宿敵であるバルセロナとの一戦について問われると、フランクフルトとマドリーの共通点を持ち出し、冗談まじりに回想。加えて当時のカンプ・ノウで声援を送ってくれたサポーターへの思いも語った。 「あの日のカンプ・ノウはマドリーと同じ白いシャツでいっぱいだったね。振り返れば奇妙なことだった。バルサとマドリーのライバル関係はよく知っているし、マドリーファンの喜びは容易に想像できたよ」 「僕とフランクフルトの旅はまだ1年しか経っていないけど、どこへ行っても僕たちをサポートしてくれることに驚いたよ。いつでも一緒にいられる。マドリー戦の雰囲気もどうなるか楽しみだね。彼らが僕たちを助けてくれることを願っている」 2022.08.03 18:07 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly