遠藤&伊藤が先発のシュツットガルト、10人のレバークーゼンに敗れ4試合勝利なし…《ブンデスリーガ》

2021.09.20 00:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第5節のシュツットガルトvsレバークーゼンが19日に行われ、1-3でレバークーゼンが勝利した。シュツットガルトの遠藤航はフル出場、伊藤洋輝は60分までプレーした。

リーグ戦3試合勝利の無い12位シュツットガルトが、前節初黒星を喫した7位レバークーゼンをホームに迎えた一戦。シュツットガルトの遠藤が[3-4-2-1]のボランチで5試合連続の先発出場。また、伊藤も3バックの一角でリーグ戦初先発を飾った。

シュツットガルトは開始早々の2分に失点する。中盤でのボール奪取からショートカウンターを許すと、ボックス左でボールキープしたシックの落としから左サイドを駆け上がったバッカーがダイレクトクロス。最後はゴール前で競り合ったアンドリッヒがヘディングシュートを流し込んだ。

先制したレバークーゼンは19分にも、右サイドを突破したヴィルツがボックス右まで持ち上がると、折り返しをゴール前に抜け出したシックが冷静に流し込み、追加点を奪った。

2失点を喫したシュツットガルトだったが30分、T・クリバリがアンドリッヒから左足直撃の危険なタックルを見舞われると、これがVARの末にイエローカードから一発退場となり数的優位となった。

するとシュツットガルトは38分、ボックス右横で獲得したFKからマーモウシュがクロスを入れるとマヴロパノスがヘディングシュート。これはGKフラデツキーの好セーブに弾かれたが、こぼれ球をマンガラが押し込んだ。

1-2で迎えた後半は数的優位のシュツットガルトが主導権を握る。51分には左サイドを抜け出したソサのクロスからニアに走り込んだT・クリバリがヘディングシュートを放ったが、これは相手GKに弾かれた。

対するレバークーゼンは60分、ヴィルツのスルーパスで抜け出したディアビがボックス右まで持ち上がりシュートを放ったが、伊藤の寄せもありシュートは枠の右に外れた。シュツットガルトは直後に伊藤をお役御免とし、シュテンツェルをピッチに送り出した。

その後も膠着状態が続く中、再びスコアを動かしたのはレバークーゼン。70分、中盤でパスカットしたヴィルツがドリブルで独走。そのままボックス内まで侵入するとGKとの一対一を冷静に決めきった。

終盤にかけてはシュツットガルトが猛攻を仕掛けるが、5バックで構えるレバークーゼンの牙城を最後まで崩すことができず。試合はそのまま1-3でタイムアップ。

10人のレバークーゼンに敗れたシュツットガルトは、これでリーグ戦4試合勝利なしとなった。

関連ニュース
thumb

シュツットガルト、遠藤航の相棒マンガラがコロナ陽性に

シュツットガルトは15日、ベルギー代表MFオレル・マンガラが新型コロナウイルスの検査で陽性となったことを発表した。 シュツットガルトでは10日前、ドイツ人GKファビアン・ブレドロウがコロナ陽性判定を受け、15日の検査で陰性となっていたが、新たにマンガラが陽性となってしまった。 MF遠藤航とボランチでコンビを組むマンガラは今季、負傷により出遅れていたが、リーグ戦ここ3試合は先発し、コンディションを上げていたところだった。 シュツットガルトは16日、ブンデスリーガ第8節でボルシアMG戦を戦う。 2021.10.16 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ケガ人&コロナ陽性者多数のシュツットガルト、新たにMFミロが右ヒザ前十字じん帯断裂で離脱

シュツットガルトは13日、U-19フランス代表MFエンツォ・ミロの負傷を発表した。 クラブの発表によると、ミロは12日のトレーニング中に右ヒザを負傷。検査の結果、右ヒザ前十字じん帯断裂と診断されたとのことだ。なお、手術は行わず保存治療で回復を目指すとのことだが、離脱期間は数週間になるとのことだ。 今夏に加入しここまでブンデスリーガ2試合に出場していたミロの離脱について、スヴェン・ミスリンタットSD(スポーツディレクター)は、「今回の負傷はエンツォにとっても、我々にとっても辛いニュースだ。最近はフィジカル面の調子も良かったんだけどね。残念ながら彼がチーム練習に復帰するには、しばらく時間がかかるだろう」 シュツットガルトでは現在、FWササ・カライジッチやFWモハメド・サンコー、MFサイラス・カトンパ・ムヴァンパらの負傷離脱。また、GKフロリアン・ミュラー、GKファビアン・ブレドロウ、DFヴァルデマール・アントン、MFロベルト・マッシモ、MFエリック・トミーと5人の選手に新型コロナウイルスの陽性反応が確認されていた。 2021.10.13 23:38 Wed
twitterfacebook
thumb

「我慢が続く試合展開になる」オーストラリア戦を予想するMF遠藤航、ポイントは「どういうゲームプランを持っていくか」

日本代表のMF遠藤航(シュツットガルト)が10日、12日に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア代表戦を前にメディアの取材に応じた。 7日に行われたサウジアラビア代表とのカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第3戦でサウジアラビアに1-0で敗れた日本。これで最終予選は1勝2敗となり、3連勝のサウジアラビア、オーストラリアとの勝ち点差が「6」へと広がった。 12日の試合は埼玉スタジアム2002での試合。ホームゲームであり、ファンもスタンドに集まる中で、日本としては勝ち点3を取らなければいけない試合となる。 改めてサウジアラビア戦を振り返った遠藤。チームを落ち着かせる必要があったと語った。 「最終的には1人1人の判断になりますが、自分はボランチで出ているので、サウジ戦は相手にボールを持たれて、自分がボールを受けるチャンスがないので縦をチョイスしていましたが、横パスやバックパスを入れて落ち着かせられるというところです」 「オーストラリアはどうなるかわからないですが、前にアグレッシブに行く時間なのか、落ち着かせてキープした方が良いのか、そこの空気感を読めるとは思うので、プレーの判断を間違えなければと思います」 そのサウジアラビア戦では、失点に繋がるバックパスをしてしまった柴崎岳(レガネス)のところに歩み寄っていた。「自然となりました。失点してしまったというのもありますし、岳がしゃがんでいたのは見えたので、切り替えるしかないし、時間もあったので、1点返す気持ちを見せる必要があったので、そのアクションになりました」とコメント。自然に声をかけに行っていたと語った。 オーストラリア戦に向けては、9日のトレーニングでは、ランニングの後にDF吉田麻也(サンプドリア)やMF南野拓実(リバプール)、DF長友佑都(FC東京)、DF酒井宏樹(浦和レッズ)、DF冨安健洋(アーセナル)と集まって話し合っていた。ビルドアップについて話したとしたが、迷いはないという。 「個人的には迷いはないです。大事なのは色々なオプションや考え方、1人1人のやり方がある中で、チームとしていかに共通意識を持ってやるか。同じタイミングで動けるかだと思います」 「ちょっとした立ち位置の話を攻撃面ではしたので、次の試合ではもう少し出せると思います。色々なオプションがある中で、しっかり決めるかどうか。オプションを持つことは悪くないので、色々な考え方をみんながアイデアを出しながら、どうやるかを選ぶ段階。どんどん良くなると思います」 勝たなければいけないオーストラリア戦だが、相手の印象については「すごく組織力があるチームですし、向こうも色々なオプションがあって、ブロックを敷いて守る強さもあると思います。厳しい戦いというか、我慢が続く試合展開になると思います」とコメント。「ただ、大事なのは自分たちがどういう戦い方ができるかどうか。相手の状況は頭に入れますが、自分たちがどういうゲームプランを持っていくかが大事だと思います」と、あくまでも自分たちにフォーカスすべきだと語った。 ただ、日本としては3試合で1得点とゴールが奪えていない。さらに生命線とされているFW大迫勇也(ヴィッセル神戸)へのパスを警戒され、ほとんど攻撃が機能していない譲許が続いている。 その点について遠藤は「もちろん警戒されていると思いますし、一番厳しく来られるところなので、いかにどうサポートできるか。僕も迫くんにつけるタイミングが多いですが、タイミングが正しかったのか、プレッシャーきたから任せたでは大変だと思います」とコメント。「(鎌田)大地や(南野)拓実が良い距離感でいるところで刺せればいいです。周りの選手がどうサポートできるかが大事だと思います」と語り、良い状況になったタイミングでしっかりとパスを出したいと語った。 また「そこが縦に攻め急ぐところとリンクしていて、入れるタイミング、味方の距離感を見ながらやるのが大事です」とし、「全部が全部収められないので、後ろが持ったり、サイドに横パスを入れて考えた方が良いと思います」と、局面を見てしっかりと判断していきたいと語った。 2021.10.10 14:50 Sun
twitterfacebook
thumb

「より厳しい声をかけるべきだった」オマーン戦を振り返る遠藤航、大一番の2試合には「いかに勝ちに持っていけるかにトライしたい」

日本代表は4日、サウジアラビアのジッダでカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に向けた活動をスタートさせる。 週末の試合を終えて選手たちが続々と合流。先んじてジッダ入りしていた森保一監督に加え、現時点では11選手が合流。遠藤航、室屋成、田中碧、川島永嗣、植田直通、オナイウ阿道、浅野拓磨、橋岡大樹、守田英正、冨安健洋、中山雄太が現地入りし、新型コロナウイルス(COVID-19)のPCR検査で陰性が確認されている。 4日からトレーニングがスタートする中、MF遠藤航(シュツットガルト)がメディアのオンライン取材に応対。今回のサウジアラビア代表戦、オーストラリア代表戦に向けて語った。 「非常にこの2試合が大事なことは、みんな分かっているところではあるし、僕らは1敗しているので、アウェイだろうがホームだろうが勝利を目指していきます」 「チームとしてこの2つの難しい試合を、いかに勝ちに持っていけるかにトライしたいと思います」 9月の初戦となったオマーン代表戦では、どこか動きが重く、結果として黒星スタートとなった。9月の代表戦は難しいことが多くなるが、今回気をつけたい点について問われた遠藤は、ネガティブにはなっていないとし、チームでしっかり対応していきたいと語った。 「ポジティブなことを言えば、前回の代表活動から期間がそんなに空いていないです。9、10、11月は3カ月のトータルでどう考えるかが大事で、あまり懸念していませんし、ネガティブになっていないです」 「今回に関しては、サウジアラビアとオーストラリアにどうするか。相手の分析や相手の戦い方、システムに対してどう守っていくのかなどは、しっかり確認しなければいけないです」 「チームとしても選手同士で話したり、監督と話したりということは間違い無く大事です」 そのサウジアラビアとは2019年のアジアカップで対戦。日本は苦しみながらも1-0で勝利を収めていた。 遠藤はサウジアラビアの印象について「アジアカップでやっていた時は、しっかりボールを動かすというのは変わっていないと思います。同じチームでやっている選手が多いので、チームとしての完成度は高いイメージがあります。そこは大きく変わらないと思います」とコメント。監督が代わっていても、大きな変化はないだろうとした。 また観客動員が認められていることから、久々にアウェイを感じる試合となる。その点については「元々人が入れば声が聞こえづらいという環境でやってきているので、そこまで気にせずにやらなければいけないです。相手の戦い方、守備の配置など、理解した上でピッチでプレーすることが大事です」と語り、事前の準備が大事だと語った。 さらに「アウェイで難しい戦いで、全部自分たちの時間帯で進められるわけではないことを試合前にしっかり想定して戦うことが大事です。今どういう状況かを1人1人が認識した上で戦うことが、難しい試合では大事になると思います」と語り、しっかりと試合が始まってからピッチ上で判断できるかが大事だとした。 9月は日本でオマーンと対戦し、カタールで中国代表と対戦したが、今回はサウジアラビアで試合を行った後に日本へといく。 時差という点ではヨーロッパから1時間で移動距離も短いが、その点については「そこは大きいです。アウェイで難しい試合になりますが、コンディション面では移動や時差もないことは、海外の選手たちはいつも通り普段の調整ができます。時差を考えなくて良いのは個人的には良いです」と語り、やはり調整面では違いが出るだろうとした。 さらに「基本的には時差の対策も慣れてきているので、そんなに多く変えることはないですが、寝る時間だったり移動したり、向こうでの生活は意識しているので、そこがあまりないです。移動距離を含めて負担もないので、リカバリーも少なく、より良いトレーニングがピッチでできると思います」と、試合に向けて良い準備ができると語った。 9月の戦いでは、試合後に感じていたことを語っていたが、普段から遠藤はチーム内でしっかりと意見を言うタイプだが、反省した部分もあるという。 「オマーン戦に関していえば、戦い方云々というより、ベースの部分でしっかり戦うことなどは少し見失っていました。そこは僕がピッチ上でプレーしているときに、より厳しい声をかけるべきだったかなとかは考えたりはしました」 「言い過ぎても良くないと思っているので、バランスはチームの雰囲気を見ながら難しいですが、今は代表でずっと試合に出させてもらっていて、自分の中でも中心としてやらなければいけないという感覚はあるので、もっとピッチで思っていることは表現した方が良いのかなと思います」 その上で、この2試合に向けて感じていることは「そこも僕は結構周りの選手に言っていて、監督にもオマーン戦の後に話をしているので、チームとしてのベースの部分、システム的にどういう戦い方をするのかは、選手同士、監督とも話しているつもりです。今回もそこは変える必要はなく、思っている以上にコミュニケーションは取っています」と語り、「メディアに言っている部分は監督とも選手とも話している部分を話しているので、言いたいことは言えるようにしたいと思います」と、感じたことはしっかりと言えていると語った。 遠藤にとって代表の中心となったのはロシアW杯後のこと。予選も中心選手として戦うのが今回が初めてだ。 その点については「自分の立場は前回の予選とは変わっています。今はプレッシャーがある中でやらなければいけないですが、日本代表としてはサウジだろうがオーストラリアだろうが、力を見せて勝っていかなければいけないと思っています」と、日本としての結果を求めていきたいとした。 さらに「色々なプレッシャーがある中で、自分の良さを出す事にフォーカスしていますし、勝つ負けるは試合をやってみなければわからないです。今の戦いを楽しめるかどうかが大事です。プレッシャーで楽しめない人もいますが、ピッチに立てている自分自身、ここまで来れていることを楽しんで、自分の良さを出していきたいと思います」とし、ピッチ上で試合を楽しみたいとした。 2021.10.04 19:40 Mon
twitterfacebook
thumb

遠藤フル出場のシュツットガルト、開幕節以来の勝利《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは2日、ブンデスリーガ第7節でホッフェンハイムをホームに迎え、3-1で勝利した。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場、MF伊藤洋輝はベンチ入りしなかった。 前節ボーフム戦をゴールレスドローで終え、1勝2分け3敗で開幕節以降勝利のないシュツットガルトは、遠藤が[3-6-1]のボランチで開幕から7試合連続スタメンとなった。 前節ヴォルフスブルクに初黒星を付けた2勝2分け2敗スタートのホッフェンハイムに対し、シュツットガルトがボールを持つ立ち上がりとなった中、16分にピンチ。クラマリッチのミドルシュートでゴールに迫られれば、1分後にはサマセクにバー直撃のシュートを打たれた。 それでも18分、シュツットガルトが先制する。右CKからケンプフのヘディングシュートが決まった。 先制後は互角の攻防で推移していた中33分、ボックス左まで侵入を許してクラマリッチにシュートを打たれるも、GKミュラーがセーブ。前半を1点リードしたまま終えた。 迎えた後半、シュツットガルトは60分に突き放す。マヴロパノスが敵陣でボールを奪ってそのままボックス右に侵入、左足でのカットインシュートを決めきった。 終盤にかけても主導権を握るシュツットガルトは81分に勝負を決めた。クリバリのパスを受けたマッシモがボックス手前右からゴール左へシュートを流し込んだ。 84分に1失点を喫したシュツットガルトだったが、3-1で快勝。開幕節以来の勝利を挙げている。 2021.10.03 00:32 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly