水戸DF岡本將成が右大腿二頭筋肉離れ…今夏に新潟からレンタル加入

2021.09.19 11:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
水戸ホーリーホックは19日、DF岡本將成の負傷を報告した。

岡本は12日に行われたJエリートリーグの北海道コンサドーレ札幌戦で負傷。水戸市内の病院で検査を受け、右大腿二頭筋肉離れの診断結果を受けたという。

なお、全治などについては未公表。今年8月にアルビレックス新潟から期限付き移籍加入して、ここまで出場がなかった。


関連ニュース
thumb

金沢で8シーズンプレーしたDF作田裕次が現役引退「一生の財産であり誇り」

ツエーゲン金沢は26日、DF作田裕次(34)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。 作田は石川県出身で、星稜高校から筑波大学へと進学し、2010年に水戸ホーリーホックへ入団。2011年に大分トリニータへと移籍すると、2013年にモンテディオ山形でプレーし、2014年に金沢へと加入した。 金沢ではJ3時代から8シーズン在籍。J2で158試合出場8得点、J3で33試合出場2得点だった。 通算ではJ2で249試合12得点、J3で33試合2得点。今シーズンはここまで2試合の出場に終わっていた。 作田はクラブを通じてコメントしている。 「2021シーズン限りで現役を引退する事を決めました」 「水戸ホーリーホックから始まり、大分トリニータ、モンテディオ山形、ツエーゲン金沢に在籍させていただきました」 「お世話になったクラブ関係者の皆様、パートナー企業の皆様、ファンサポーターの皆様、練習や試合後に話しかけてくれた皆様、沢山の人の支えがあったからここまで頑張る事ができました」 「勝った時も負けた時も、『また応援にいくよ!』『次も期待してる!』という声にどれだけ背中を押されたかわかりません」 「プロサッカー選手として、応援してくれる人の夢や想いを背負ってプレーするのは最高に価値があり本当に幸せな時間でした」 「これは私の一生の財産であり誇りです。本当にありがとうございました!」 「また私の地元クラブであるツエーゲン金沢では在籍8年でJ3優勝、J2昇格、クラブハウス完成、練習場の整備、残留争いなどクラブの様々な変化がありました」 「ここ数年は出場機会が減りなかなかチームの力になれませんでした」 「ですがスタジアムには必ずと言っていい程、後援会の方々やお世話になった方、友人が駆けつけてくれて。。よく行く銭湯でも店員さんや常連さん、全く知らない人にまで『よかったね!』『残念だったね』と沢山話しかけてもらえて。。本当に嬉しかったし日々の活力になってました。感謝しかないです。ありがとうございました!」 「最後になりますが、サッカー選手になるまでに育てていただいた松南SSS、松任中学校、星稜高校、筑波大学の関係者の皆様、プロアマそれぞれのチームで切磋琢磨した先輩方や同期の仲間達、後輩達、私に関わる全ての人が私をここまで成長させてくれました」 「正直こんなにも長くプレーできるとは思ってなかったです。最高に充実したサッカー人生でした。本当にありがとうございました」 2021.11.26 13:30 Fri
twitterfacebook
thumb

水戸DF岸田翔平が契約満了…今季はJ2で出場2試合と激減「これからの水戸ホーリーホックをよろしくお願いします!!」

水戸ホーリーホックは25日、DF岸田翔平(31)との契約満了を発表した。 岸田は大分県出身で、大分トリニータの下部組織で育ち、福岡大学へと進学。2012年にサガン鳥栖へ特別指定選手として登録。2013年には正式に入団した。 鳥栖での3シーズンは出番に恵まれず、2015年にV・ファーレン長崎へと期限付き移籍。するとJ2で24試合に出場しレギュラーに定着。2016年も期限付き移籍を継続し34試合に出場しプロ初ゴールを含む4得点を記録していた。 2017年からは古巣でもある大分へと完全移籍すると、2019年には水戸へ完全移籍。2シーズンでJ2通算53試合に出場したが、今シーズンはここまでJ2で2試合と出場機会が激減していた。 岸田はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズンで水戸ホーリーホックを退団することになりました。3年という短い間でしたが、とても充実した幸せな日々を過ごすことができました。一番思い出深いのは、2019年のホーム最終節。あの雰囲気の中で試合をやれたことは、これからも忘れることがないです」 「これから水戸ホーリーホックがJ1に行くためには、今まで以上に皆さんの応援が必要になります。出来るだけスタジアムに来て選手たちを後押ししてください!これからの水戸ホーリーホックをよろしくお願いします!!」 「そして最後に、ファン・サポーター、パートナー企業の皆様、そして水戸ホーリーホックに関わるすべての方々、3年間本当にありがとうございました。また、ケーズデンキスタジアム水戸で会えるよう頑張ります!」 2021.11.25 18:45 Thu
twitterfacebook
thumb

水戸が秋葉忠宏監督の続投発表 「名実ともにJ1昇格に値するクラブへ」

水戸ホーリーホックは16日、秋葉忠宏監督(46)との契約更新を発表した。 世代別代表でのコーチ歴を持つ秋葉監督はSC相模原やザスパクサツ群馬の監督を歴任後、2020年から水戸を指揮。2011〜2012年までヘッドコーチとして在籍した古巣に指揮官として復帰した。 初年度は明治安田生命J2リーグ16勝10分け16敗の9位。指揮2年目の今季は残り3節の段階で14勝10分け15敗の11位につけている。 2年目のシーズンが終盤に差し掛かるタイミングで来季の続投が決定した秋葉監督はクラブを通じてコメントした。 「日頃より水戸ホーリーホックを応援してくださるファン・サポーター・パートナーを始めとする水戸ファミリーのみなさん、いつもありがとうございます。3年目となる来シーズンも引き続き指揮をとらせていただくことになり、喜びと共に大きな責任を感じております」 「今年も昨年に引き続きコロナ禍でのシーズンとなり、制限のある中でも大きな拍手や手拍子、たくさんの横断幕の後押しで多くの勇気やパワーをもらいました。来年はケーズデンキスタジアム水戸にたくさんの声援が帰ってくることを期待し、残りの試合も最後まで全力で戦い抜きます」 「引き続きフットボールを楽しみながら、アグレッシブでエキサイティングな心揺さぶる瞬間を共有していただければ嬉しく思います。これからも水戸ファミリーの皆さんと一体感・絆を強く持ちながら、熱く共に戦っていただけることを楽しみにしております」 「名実ともにJ1昇格に値するクラブへと共にしていきましょう!」 2021.11.16 15:15 Tue
twitterfacebook
thumb

磐田3年ぶりのJ1昇格決定! アウェイ水戸で3ゴール、初勝利!【明治安田J2第39節】

14日、明治安田生命J2リーグ第39節の水戸ホーリーホックvsジュビロ磐田がケーズデンキスタジアム水戸で行われ、1-3で磐田が勝利を収めた。 この結果、磐田は勝ち点86に伸ばし、2位以上が確定。3年ぶりのJ1昇格が決定した。 前節はホームで2位の京都サンガF.C.との首位攻防戦を戦い勝利した磐田。今節は引き分け以上の結果で、自力で昇格が決められる状況となっていた。 ホームの水戸は前節からスタメン3名を変更。村田航一、岡本、奥田晃也が外れ、三國スティビアエブス、今掛航貴、平塚悠知が入った。 対する磐田は京都戦と同じ11名を送り出し、未だ勝ったことがないアウェイでの水戸戦での勝利で昇格を決めにかかる。 立ち上がり最初にペースを握ったのはホームの水戸。5分には、今掛がロングシュートを放つが、枠を外れていく。 すると磐田は12分、右CKからショートコーナーを仕掛けると、山本のクロスをニアサイドで大井がヘッド。これが右隅に決まり、磐田が先制する。 15分には山田のスルーパスを受けた小川がボックス内右で折り返すと、大森がボックス内中央で蹴り込み、リードを2点に広げる。 立て続けに2点を奪われた水戸。カウンターから磐田ゴールに迫っていくがなかなかゴールを割れない。 さらに38分にはタビナス・ジェファーソンと平塚を下げて、奥田晃也、藤尾翔太と前線の2枚を投入しシステムを変更し流れを変えにいく。 前半はそのまま0-2で磐田がリードして終えると、ハーフタイムで水戸は今掛を下げて黒石貴哉を投入すると、後半は立ち上がりから水戸が押し込む展開に。磐田ゴールへと迫っていくが、またしてもスコアを嘘化したのは磐田だった。 ハーフウェイライン付近でボールを奪った山田が右へと逃げるルキアンへとパス。ファーストタッチで1つ持ち出すと、ボックスないから冷静にシュートを決め、3点目を奪う。 リードを広げられた水戸だったが58分に1点を返す。スルーパスをボックス手前で受けた奥田がボックス内に侵入。折り返しがDFに当たりオウンゴールで1点を返した。 1点を返した水戸は、勢いづいて攻勢を強めていくが、GK三浦の前にゴールを奪うことができない。対する磐田は飲水タイムで遠藤を下げて今野泰幸を投入。試合を締めにかかる。 磐田は最後まで水戸のゴールへと迫り、追加点を奪いに行く姿勢をみせるが4点目は奪えず。そのまま磐田が勝利をおさめ、J1昇格を決めた。 水戸ホーリーホック 1-3 ジュビロ磐田 【水戸】 オウンゴール(後13) 【磐田】 大井健太郎(前12) 大森晃太郎(前15) ルキアン(後6) 2021.11.14 15:55 Sun
twitterfacebook
thumb

「奥さん大好きだよ」水戸DFタビナス・ジェファーソンが入籍発表「心を動かせるような選手に」

水戸ホーリーホックは12日、フィリピン代表DFタビナス・ジェファーソン(23)の入籍を発表した。 東京都出身のタビナス・ジェファーソンは、2017年に川崎フロンターレへと入団。その後、FC岐阜やガンバ大阪への期限付き移籍を経て、今シーズンから水戸へ完全移籍で加入した。 今シーズンは明治安田生命J2リーグで30試合に出場し1ゴールを記録。また、日本代表入りを目指していたが、帰化申請に多くの時間がかかることから、今年5月にフィリピン代表に招集。6月のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の中国代表戦でデビューを果たしていた。 タビナス・ジェファーソンはクラブを通じて喜びのコメントを残している。 「私事ではありますがこの度、結婚することになりました。 この場を借りて今まで僕に携わってくれた方々には感謝を伝えたいです」 「僕が入籍するにあたって、直接ご報告できなかった方にはこの場を借りてのご報告となってしまったことをお詫び申し上げます。これからは一家の大黒柱として日々成長し、みなさんの心を動かせるような選手になっていきます」 「最後に僕と結婚してくれた奥さんには本当に感謝しています。これからも一緒に笑えるような家庭を築き、お互い日々成長し合いながら過ごしていきたいと思います。これからもずっとずっとよろしくお願いします。奥さん大好きだよ」 2021.11.13 12:55 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly