甲府、日本大学GK山内康太の加入内定&特別指定選手認定を発表「甲府から日本を代表する選手になれるように」

2021.09.17 18:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ヴァンフォーレ甲府は17日、日本大学に所属するGK山内康太(21)の来季加入内定及び特別指定選手認定を発表した。背番号は「36」を着用する。

山梨県出身の山内は、山梨県内のサッカークラブを経てヴァンフォーレ甲府U-18に加入。2017年にはトップチームに2種登録選手として参加していたものの、公式戦への出場は無し。日本大学での4年間を経て、この度2度目の甲府入りが内定した。

その山内は、クラブを通じてコメントをしている。

「2022年シーズンよりヴァンフォーレ甲府に加入することになりました、日本大学の山内康太です。小さい頃から応援していた地元クラブの一員として闘えることを大変嬉しく思います。私はヴァンフォーレ甲府から、たくさんの勇気や感動を与えていただきました。今度はクラブを応援してくださる皆様に対し、地元出身のプロサッカー選手として、勇気や感動を届けられるように頑張っていきたいです」

「そして甲府から日本を代表する選手になれるように誰よりも努力し、全力で闘います。ヴァンフォーレ甲府を支える皆様と共に闘い、山梨を盛り上げていきたいと思います。よろしくお願いします」

関連ニュース
thumb

大宮FW矢島輝一が右ヒザ前十字じん帯損傷の重傷…トレーニングマッチで負傷

大宮アルディージャは28日、FW矢島輝一の負傷を発表した。 クラブの発表によると、矢島は24日に行われたトレーニングマッチで負傷。右ヒザ前十字じん帯損傷と診断され、全治は6~8カ月とのことだ。 矢島は今シーズンFC東京から加入。明治安田生命J2リーグで10試合に出場し1得点。5月には、右足内転筋筋損傷と診断され全治6週間と診断され、その後トレーニングには復帰していたが、試合に出場する前に重傷を負ってしまった。 2021.10.28 10:40 Thu
twitterfacebook
thumb

パワハラ認定のJ2山形、代表取締役の相田氏が謝罪「心底反省しなければいけない」

モンテディオ山形は27日、コンブライアンス違反について、お詫びの声明を発表した。 山形は26日、クラブ内でのコンプライアンス違反を報告。代表取締役の相田健太郎氏が一部社員に対してパワーハラスメントを行ったとして、第三者機関(弁護士事務所)に認定されたことを発表した。 取締役会にて審議が行われ、取締役会問責決議による厳重注意の処分が下された相田氏は、今回謝罪の声明を発表。自身の言動が軽率だったと謝罪した。 「この度は、平素より大変お世話になっている皆様、当クラブを応援してくださるファン・サポーター、スポンサー、正会員・賛助会員、自治体、地域の皆様など、全てのステークホルダーの皆様の期待を裏切ることとなってしまい、大変申し訳ございませんでした。深くお詫び申し上げます」 「先に発表されましたとおり、この度、第三者機関(弁護士事務所)による調査にて、私、相田健太郎が一部社員に対してパワーハラスメントと評価される言動を行ったことにより、処分を受けました。本件を重く受け止め、私自身、心底反省し、今後このようなことが二度と発生しないように行動してまいります」 「私はこの会社が成長するため、またそれを実現するため、共に同じ目線で歩んでいく仲間と思い、社内ですべての社員・スタッフとコミュニケーションをとってきたつもりでした。時には熱く議論し、時には互いに叱咤激励しやっていくものだと思い、ずっと取り組んでまいりました」 「ただ、私自身、いつしか自分が会社の代表という立場にあることを軽んじるようになっていました。その結果、誤ったものの言い方になってしまいました。それにより嫌な思いをしたスタッフがいたことを心底反省しなければいけないと認識しております」 「今年の年末で、この会社の代表として業務をさせていただくようになってから3年がたちます。今後はこのようなことが二度とないよう、自分の発言や行動を考え、日々精進いたします。この度は本当に申し訳ありませんでした。これからも、引き続きご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします」 2021.10.27 20:10 Wed
twitterfacebook
thumb

琉球FW清水慎太郎が突然の契約解除…今季加入しJ2で32試合出場も7月に規律違反で謹慎処分

FC琉球は26日、FW清水慎太郎(29)との契約解除を発表した。なお、21日付で契約は解除されているとのことだ。 清水は埼玉県出身で、西武台高校から大宮アルディージャへと入団。ファジアーノ岡山や水戸ホーリーホックへの期限付き移籍を経て、2020年に岡山へと完全移籍。今シーズンから琉球へ完全移籍しプレーしていた。 今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグで32試合に出場し6得点を記録。途中出場がメインだったが、ほとんどの試合に出ていた中での契約解除となった。 清水は7月に新型コロナウィルス感染症拡大抑止に向けた国による緊急事態措置期間が継続されている中、県対処方針に加えクラブ行動規律違反が認められ、1週間の謹慎処分と減俸処分を下されていた。 2021.10.26 19:17 Tue
twitterfacebook
thumb

J2山形がコンプライアンス違反を報告、代表取締役が社員にパワハラ

モンテディオ山形は26日、クラブ内でのコンプライアンス違反を報告した。 クラブの報告によると、代表取締役の相田健太郎氏が、一部社員に対してパワーハラスメントと評価される言動があったと第三者機関(弁護士事務所)に認定されたとのことだ。 なお、この認定をもって、26日に取締役会にて審議が行われ、処分が決定。取締役会問責決議による厳重注意となった。 山形は、今回の件を受けて声明を発表し、謝罪するとともに、コンプライアンス意識を徹底するとしている。 「当クラブを応援してくださる、ファン・サポーター、スポンサー、正会員・賛助会員、自治体、地域の皆様など、全てのステークホルダーの皆様に、多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます」 「本件を重く受け止め、今後このようなことが二度と発生しないよう、社内ルールや内部統制の整備を進めるとともにコンプライアンス意識を徹底していきます」 なお、再発防止策としては、「社内外への通報制度・相談窓口について、制度の信頼性と理解を周知徹底」、「定期的な社内アンケートや調査の実施によるモニタリング機能の強化」、「内研修・社内教育の実施」を掲げている。 2021.10.26 19:10 Tue
twitterfacebook
thumb

岡山が喜山康平と齊藤和樹の負傷離脱を報告

ファジアーノ岡山は26日、喜山康平と齊藤和樹の負傷離脱を発表した。 喜山は24日に行われた明治安田生命J2リーグ第35節の水戸ホーリーホック戦に先発したが、62分に交代。左下腿部肉離れで全治3〜5週間の見込みだ。一方の齊藤は25日のトレーニングマッチで左大腿部肉離れのケガを負い、全治まで6〜8週間を要するという。 今季はここまで喜山が34試合に出場して2得点、齊藤が19試合に出場していた。 2021.10.26 16:20 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly