ナポリとの初戦ドローのレスター、指揮官は「エキサイティングな試合だった」とチーム称賛

2021.09.17 11:25 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督がドローに終わったチームを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。

レスターは16日に行われたヨーロッパリーグ(EL) グループC第1節でナポリと対戦した。立ち上がりにFWアジョセ・ペレスのゴールで先制すると、64分にFWハーヴェイ・バーンズの得点で追加点に成功。しかし、その後にナポリのFWビクター・オシムヘンに2ゴールを許し、試合は2-2のドローに終わった。

試合後のインタビューに応じたロジャーズ監督は結果を悔やみつつ、試合内容を称賛。そのうえで、改善点についても口にしている。

「エキサイティングな試合だった。もちろん、勝てなかったことは残念だ。素晴らしいポジションにいたが、経験豊富なチームとの対戦であり、最後までやり遂げることができなかった。これを教訓にしていきたい」

「試合が終わってから選手たちには話したよ。この試合には良いところがたくさんあったとはいえ、もう少しボールをキープする必要があるとね。なぜなら、終盤になってボールをあまり持っていない状態が続くと、疲労が出てきてしまう」

「今日は今シーズン初めて90分プレーした選手もいた。そして我々は、7000万ポンドの大物ストライカー(オシムヘン)に2ゴールを決められたね。彼のクオリティについてはしっかり確認できたよ」

「全体的には良い位置にいたと思うが、勝てないのであれば負けないようにする必要がある。この勝ち点は我々にとってのスタートラインだ。これから9か10のポイントが求められるだろう」

また、ロジャーズ監督は今夏に加入し、この試合で先発出場となったMFブバカリ・スマレとFWパトソン・ダカを称賛。どちらも着実にチームにフィットしてきていると語った。

「ブーバ(スマレ)はこの試合で素晴らしい活躍をしたと思う。後半の初めに少し崩れたが、その後試合に戻ってきた。彼は素晴らしかったよ。このチームで初めて70分プレーできたことも嬉しいね」

「パトソンは常にゴールを狙える選手だ。(VARで取り消された)ゴールは素晴らしいものだったから残念だが、彼らは若い選手であり、我々のやり方をしっかり学んでいる」

関連ニュース
thumb

ダカの4発でレスターがスパルタクとの打ち合いを制し初勝利《EL》

レスター・シティは21日、ヨーロッパリーグ(EL)グループC第3節でスパルタク・モスクワとのアウェイ戦に臨み、4-3で勝利した。 前節レギア・ワルシャワに敗れて1分け1敗スタートとなったレスターは、直近のマンチェスター・ユナイテッド戦を4-2で勝利。そのユナイテッド戦のスタメンから2選手のみを変更。ヴァーディとカスターニュに代えてダカとトーマスを起用した。 1勝1敗スタートのスパルタク・モスクワに対し、レスターは11分に失点する。ボックス左からソボレフにシュートを打たれると、DFにディフレクトしたシュートがゴール左に決まってしまった。 さらに前半終盤の44分にリードを広げられる。ソユンクが自陣でボールを失った流れからラーションにゴールを許した。 しかし1分後、すかさずレスターが1点を返す。イヘアナチョのスルーパスに抜け出したダカがネットを揺らした。 1-2で迎えた後半、開始3分にレスターが追いつく。ボックス左に抜け出したイヘアナチョのクロスをダカが押し込んだ。 さらに54分、レスターが一気に逆転する。ティーレマンスのスルーパスを受けたボックス左のダカがシュートを決めきった。 ダカのハットトリックで逆転したレスターは79分に勝負を決める。決めたのはまたもダカ。マディソンのスルーパスを受けてシュートを蹴り込んだ。 その後、86分に失点したレスターだったが、4-3で勝利。ダカの4発でスパルタクとの打ち合いを制し、今大会初勝利としている。 2021.10.21 01:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドに4発快勝のレスター、指揮官ロジャーズも称賛「見違えたチームになった」

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が、マンチェスター・ユナイテッド相手に勝利を挙げた選手たちを称賛した。クラブ公式サイトが伝えている。 16日に行われたプレミアリーグ第8節でユナイテッドと対戦したレスター。試合は相手に先制点を許したものの、MFユーリ・ティーレマンスのスーパーゴールで前半のうちに同点に追いつくと、後半にDFチャグラル・ソユンクのゴールで逆転に成功。すぐに同点に追いつかれたものの、そのわずか1分後にFWジェイミー・バーディーが4試合連続ゴールで勝ち越し。後半アディショナルタイムには途中出場のFWパトソン・ダカがダメ押しゴールを決めて、4-2の快勝を収めた。 試合後、レスターの公式インタビューに答えたロジャーズ監督は、素晴らしいパフォーマンスだったチームを称賛。ここまでのチームからは見違えたパフォーマンスだったと振り返った。 「パフォーマンスについては、私が望んでいるものを出してくれてとても満足している。私は中断期間中にそれまでいかに受動的であったかを話した。この試合は我々が主導権を握り、より激しいプレーができた。あのレベルでプレーすれば、チームの中に活力が生まれ、よりダイナミックな試合になる」 「4つの素晴らしいゴールを決め、より多くのチャンスも作った。我々は本物のトップクラスのチームを相手に、ゲームの中に自分たちの修正力を示さなければならなかった。今日は自分たちの力を証明することができた。これからも前進し続けなければならない」 また、ロジャーズ監督は失点後も気持ちを切らさなかったチームの姿勢を讃えている。 「プレシーズン中にチームのスピリットについて話した。相手はもちろん抵抗してくるものだが、それが我々の魂を壊すことはなく、我々も気持ちを切らすことはなかった。そして、ジェイミーの素晴らしいフィニッシュで再び勢いを取り戻すことができた」 2021.10.17 20:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド大敗ゲームで数少ない希望に…復帰即ゴールのラッシュフォードがSNSに心境綴る

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが今季初見参後の心境を自身のSNSに書き記した。 ユナイテッドは16日に行われたプレミアリーグ第8節でレスター・シティのホームに乗り込み、19分にFWメイソン・グリーンウッドの左足ミドルで先制したが、78分までに1-2のビハインドに。82分に追いついたが、その1分後に再び勝ち越されると、後半アディショナルタイムに4失点目を喫して、力尽きた。 DFハリー・マグワイアのサプライズ復帰も奏功せず、4失点の守りが課題として浮き彫りになってしまったユナイテッドだが、肩を手術してから初のメンバー入りを果たしたラッシュフォードは80分からのピッチインでその3分後に見事なラインブレイクからゴールを記録。数少ないポジティブな要素となった。 チームこそ振るわなかったものの、ようやく今季初出場で今後の活躍にも期待を膨らませたラッシュフォードは試合後、自身のツイッターやインスタグラムを通じて、復帰戦での大敗劇に肩を落としつつ、ここからの巻き返しと個人としての活躍を誓った。 「僕の復帰戦は望み通りの結果とはならなかった。ゴールを決められたのは嬉しいが、全体としてのパフォーマンスは不十分なものだった。復帰できたのは素晴らしいことだが、僕らはここから立ち直らないといけない。これからも得点できることを楽しみしているし、すべての目がもう水曜日(20日に本拠地で行われるチャンピオンズリーグ・グループF第3節のアタランタ戦)に向いている。応援してくれたみんなに感謝する」 2021.10.17 16:55 Sun
twitterfacebook
thumb

ポグバ「負けてしかるべきだ。僕らはずっとこういう試合を繰り返している」

マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバが「負けて当然」だと吐き捨てた。 ユナイテッドは16日に行われたプレミアリーグ第8節でレスター・シティのホームに乗り込み、19分にFWメイソン・グリーンウッドの左足ミドルで先制したが、31分に追いつかれ、78分に逆転ゴールも献上。82分に試合を振り出しに戻したが、その1分後に再び勝ち越され、後半アディショナルタイムに4失点目を喫して、力尽きた。 フル出場したポグバもファイナルサードで違いになり切れないなど、攻守に精彩を欠いた一戦に。そんな試合後、イギリス『BBC』でチームに変化を求めるなど、現状に不満を露わにした。 「負けてしかるべきだ。正直に言って、僕らはずっとこういう試合を繰り返している。問題を見つけられずにいるなかで、いとも容易く失点したり、愚かなゴールを許し続けているんだ」 「もっと成長しないと。経験を積み、良い意味で傲慢さを持って戦っていかないとダメだ。何かを見つけないといけないし、変わる必要がある。正しいメンタリティと戦術を見つけないとね」 「そこにこだわっていって、問題を解決していくんだ」 2021.10.17 12:55 Sun
twitterfacebook
thumb

4失点大敗のスールシャール「今日はポイントにも値しなかった」 マグワイアのサプライズ復帰は「私の判断」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が敗北を認めた。 ユナイテッドは16日に行われたプレミアリーグ第8節でレスター・シティのホームに乗り込み、19分にFWメイソン・グリーンウッドの左足ミドルで先制したが、31分に追いつかれ、78分に逆転ゴールも被弾。82分に試合を振り出しに戻したが、その1分後に再び勝ち越され、後半アディショナルタイムに4失点目を喫して、力尽きた。 これでリーグ記録のアウェイ連続無敗が「29」で止まり、3戦未勝利。スールシャール監督は試合後、大崩れした守りに落胆した。 「今日の我々はポイントを取る内容にも値しなかった。良いスタートこそ切り、メイソンも自身のクオリティを示してくれ、少ししたら2点目が取れるんじゃないかという思いだったが、相手に同点ゴールをギフトしてしまった。局面での集中力、2つのセットプレーからの失点、同点に追いついついてから10秒後の被弾はあってはならないことだ。1失点目だって相手に与えてしまったもの。どの失点の仕方もお粗末だった」 また、この試合でふくらはぎの負傷から完全合流したばかりのDFハリー・マグワイアが驚きの先発入りを果たしたが、最初の失点に絡むなど、精彩を欠くパフォーマンス。ノルウェー人指揮官は引き続きの欠場が見込まれた主将の起用も説明した。 「ハリーの起用は私の判断。フィジオとリハビリに励み、準備が整っているようだったし、後遺症もなさそうだった。一緒に練習をして、キレも感じたのだ。彼は我々にとって、重要な選手であり、キャプテン。我々の戦いにも大きな影響もあり、できるだけ早く復帰させたかった」 「前半はあれだが、試合が進むにつれ、どんどん良くなっていった。だが、セットプレーから2失点したり、追いついてから10秒後に失点したときの集中力はどうだったのか。特定の選手を非難しているわけじゃないが、みんながもっとうまくやっていかないといけなかった」 2021.10.17 09:25 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly