少年時代のソン・フンミン、ユナイテッドを応援…「パク・チソンがいたからね」

2021.09.17 11:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンがかつての自身について、マンチェスター・ユナイテッドを贔屓にする少年だったと明かした。

2015年夏にレバークーゼンから加入後、今や押しも押されもせぬトッテナムのスター選手として知られるソン・フンミン。その活躍ぶりはアジア史上最高の選手とも評されるほどのものだ。

イングランド代表FWハリー・ケインともホットラインも築く絶対的主力だが、自身の幼き頃は韓国代表のレジェンドであるパク・チソン氏の存在もあり、ユナイテッドが好きだったという。

『Pro:Direct Soccer』で小さい頃に応援したチームを尋ねられると、トッテナムに忠誠心を示しつつ、「マンチェスター・ユナイテッドだね。チソンがプレーしていたからさ」と返答した。

「彼は国民的なヒーロー。韓国では『彼には2つの心臓がある』とも言われているんだ。僕からしても、彼は国民的な英雄さ。良き友人でもある」

「彼は韓国の選手たちにプレーの仕方を提示し、希望や機会を授けた。それは簡単じゃない。プレミアリーグでプレーした最初の選手でもある」

「そういうわけで、僕はユナイテッドを応援していた。でも、今はできない!」

パク・チソン氏はかつて京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)でもプレーしたことで知られ、2005〜2012年までユナイテッドに所属。無尽蔵のスタミナと戦術理解度を武器に活躍した。

関連ニュース
thumb

スパーズが大量4得点で開幕白星! コンテもチームを絶賛「素晴らしいフットボールだった」

トッテナムのアントニオ・コンテ監督が、プレミアリーグ開幕戦の快勝に満足感を示した。イギリス『フットボール・ロンドン』がコメントを伝えている。 トッテナムは6日、2022-23シーズンのプレミアリーグ開幕節でサウサンプトンと対戦した。開始12分に先制される展開となったが、21分にDFライアン・セセニョンのゴールで同点とすると、10分後にCKの流れからDFエリック・ダイアーが追加点。 逆転して迎えた後半には相手のオウンゴールもあり、最終的に大量4ゴールを挙げたトッテナム。FWイバン・ペリシッチやMFイブ・ビスマら新戦力もデビューを果たし、コンテ監督は開幕戦としては最大限のパフォーマンスだったとチームを称賛した。 「本当に良いスタートを切れた。1点奪われた後の15分から20分にかけてのリアクションは非常に重要だった。良いスタートを切れていただけにね。我々は素晴らしい個性とポゼッションで多くの得点チャンスを作り出した。しかし、その後も1点ビハインドのままだったことは、チームのリアクションを確認するのに大切な機会だったのだ」 「我々は冷静さを保ち、自分たちの知っているやり方でプレーし続けた。勝ち点3を得ることができたが、最も重要なのは、その過程にある。素晴らしいフットボールだったよ。ボールを持っている時、持っていない時、プレッシャーのかけ方も大事なことだった。また、ボールを失った後の取り返し方、これもまた、重要な側面だった」 「我々は昨シーズンに学んだフットボールを実践することに取り組んでいる。今日、我々はこのチームが7カ月間の仕事を背負っていることを確認した。私はいつもこう言っている。今シーズンは7カ月間の作業後からのスタートだ。私にとってこれは非常に重要なことで、もう一歩、別の状況でフットボールの知識を実践し、より強くなろうとすることができるからだ」 2022.08.07 16:59 Sun
twitterfacebook
thumb

両エース不発も伏兵両WB躍動のスパーズがセインツに4発逆転勝利! 開幕白星で次節チェルシー戦へ《プレミアリーグ》

2022-23シーズンのプレミアリーグ開幕節、トッテナムvsサウサンプトンが6日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、ホームのトッテナムが4-1で逆転勝利した。 昨シーズンはアントニオ・コンテ招へいによって逆転でのトップ4フィニッシュを決めたトッテナム。今夏の積極補強でマンチェスター・シティ、リバプールの2強への挑戦に意気込むノースロンドンのチームは、15位のサウサンプトンとのホームゲームで開幕白星発進を狙った。 注目の開幕スタメンは昨季終盤戦のレギュラーメンバーが並び、3トップはクルゼフスキ、ケイン、ソン・フンミンのトリデンテに。新戦力ではペリシッチ、ラングレ、ビスマら5選手がベンチに入った。なお、リシャルリソンは昨季エバートンでのサスペンションによって欠場となった。 共に守備時には5バックの形でスタート。時間の経過と共に相手を押し込むトッテナムは、ピッチの幅を使いながら相手守備に揺さぶりをかけるが、決定機までは持ち込めない。 すると、昨季2度の対戦で1勝1分けの戦績を収めていたサウサンプトンが一瞬の隙を突いて先手を奪う。12分、右サイドからのクロスが流れたところを回収したジェネポがボックス左のゴールライン際で仕掛けてマイナスのクロスを供給。これが中央のホイビュルクの頭上を越えると、待ち構えていたウォード=プラウズが右足ボレー。うまくピッチに叩きつけたシュートがゴール左隅に決まった。 ホームでいきなりビハインドを背負う難しい入りを強いられたトッテナム。以降は攻守に集中力を増した相手の守備に苦戦を強いられるが、コンテスタイルの真骨頂であるウイングバックの攻撃参加が突破口となる。 21分、右サイドのタッチライン際でボールを収めたクルゼフスキが左足に持ち替えて正確なクロスを供給。これにファーで反応した左ウイングバックのセセニョンがDFウォーカー=ピータースのマークを振り切り、頭でねじ込んだ。 自慢の両エースではなく伏兵セセニョンの今季チーム初ゴールでスコアをタイに戻したトッテナムは、ここから主導権を掌握。30分にはホイビュルクのミドルスルーパスに反応したソン・フンミンがボックス左に持ち込んで左足のシュートを放つが、これはGKバズヌの好守に阻まれる。 それでも、31分にはこのプレーで得た左CKの二次攻撃から左サイドのソン・フンミンが鋭い低弾道のクロスを入れると、攻め残っていたダイアーがニアサイドで巧みなヘディングシュート。これがゴール右隅に決まり、再び伏兵のゴールで逆転に成功した。 畳みかけるホームチームは、前がかる相手に対して得意のカウンターを繰り出すシチュエーションを作り出し、ベン・デイビスのミドルシュートやボックス内でソン・フンミン、ケインの両エースに決定機が訪れたが、前半の内にリードを広げることはできなかった。 迎えた後半、アウェイチームが2枚の交代カードを切って変化を見せるが、立ち上がりからトッテナムが優勢に試合を進めていく。 セセニョンに訪れた2度のチャンスはオフサイドなどで3点目に繋がらないが、ポジション争いで崖っぷちに立たされる右ウイングバックが仕事を果たした。 まずは61分、ロングカウンターからソン・フンミンのスルーパスに抜け出したエメルソンがボックス左からグラウンダーのクロスを入れると、これがDFサリスのクリアミスを誘ってオウンゴールに。続く63分には再びカウンターから右サイド深くに侵攻したエメルソンがゴールライン際から冷静に鋭角なプルバック。これを足元に収めたクルゼフスキが得意の左足のシュートをファーポストに突き刺した。 エメルソンの続けてのチャンスメークから2点を重ねて勝利を引き寄せたトッテナムは、ここからゲームコントロールを優先した試合運びにシフト。66分には殊勲のセセニョンを下げてペリシッチをデビューさせる。 後半半ばから終盤にかけてはサウサンプトンの攻勢を守護神ロリスを中心に凌ぎつつ、開幕戦でのゴールがほしい両エースが果敢にゴールを目指すが、この日はケイン、ソン・フンミン共に最後の精度を欠く。 それでも、試合終盤にビスマ、ラングレといった新戦力をデビューさせたコンテ率いるチームは、このまま4-1で試合をクローズ。ホームでの開幕戦を逆転勝利で飾ったトッテナムは、次節チェルシーとのダービーに向けて弾みを付けた。 2022.08.07 01:01 Sun
twitterfacebook
thumb

開幕戦控えるトッテナム、コンテ監督が掲げる目標は「あらゆる面での発展」

トッテナムのアントニオ・コンテ監督が、開幕戦に向けて新シーズンの目標を語った。クラブ公式サイトが伝えている。 昨シーズンはプレミアリーグでトップ4フィニッシュを果たしたトッテナム。昨年11月に就任したコンテ監督に導かれ、3シーズンぶりとなるチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得した。 今夏の移籍市場ではクロアチア代表MFイバン・ペリシッチや、ブラジル代表FWリシャルリソンを獲得するなど積極的な補強を実行。躍進に期待が高まる中、13日に行われるプレミアリーグの開幕節でサウサンプトンをホームに迎える。 昨季は2戦して1分1敗の“難敵”との対戦を前に、好スタートを切りたいと前日会見で意気込んだコンテ監督。明確な指標は示さずも、新シーズンの目標についてはチームの発展だと語った。 「我々はシーズン開幕に向けた準備ができている。このスタジアムに戻り、サウサンプトンとの開幕戦に臨めることに興奮しており、楽しみだ」 「この試合は簡単ではないだろう。昨シーズンはアウェイで引き分け、ホームで負けたのは承知している。そのため、細心の注意を払わなければならない。相手は本当に良いチームだ」 「プレミアリーグではどの試合も難しい。それを知っておかなければならない。選手たちは多くの経験を積んでいると思うから、細心の注意と集中力をもってこの試合に臨んでほしい。また、初戦ということで3ポイントを取ることが重要だ」 「私とクラブの目標は7カ月前に始めたプロセスを発展させ、改善し続けることだと思う。プレミアリーグのトロフィーを掲げることや、チャンピオンズリーグ(CL)に出場して制覇することでは、目標を達成したということにはならない。我々はあらゆる面での発展を続ける必要がある。私の経験上、チームは正しい方向に進んでいると思う」 2022.08.06 16:54 Sat
twitterfacebook
thumb

【プレミアリーグ開幕節プレビュー】開幕を飾るのはPSM好調のガナーズ! 三笘薫は赤い悪魔に挑む

いよいよ2022-23シーズンのプレミアリーグが開幕する。その開幕を飾るのは、クリスタル・パレスvsアーセナルだ。 昨季5位のアーセナルは、プレシーズンマッチで上々の成績を収めた。とりわけマンチェスター・シティから獲得したジェズスが絶好調で、デビュー戦となったニュルンベルク戦で2ゴールの活躍を見せると、続くエバートン戦やチェルシー戦でもネットを揺らし、極め付きだったのはセビージャ戦。開始から15分で2ゴールを挙げると、最終的にハットトリックを達成して見せた。アルテタ体制4年目となる今季、タイトル争いに向けてまずはスタートダッシュをかけたいところだ。 王者マンチェスター・シティはアウェイでウェストハムと対戦。今夏の移籍市場では世界中のビッグクラブが関心を示したハーランドを手中にし、大きな注目を浴びた。また、同じポジションにアグエロの再来と目されるフリアン・アルバレスも補強。3連覇を目指す今季に向けて、生粋のストライカーという欠けていたラストピースをようやく揃えた格好となった。 そんなシティにコミュニティ・シールドで勝利を収めたリバプールの相手は昇格組のフルアム。今夏は長らく中心選手だったマネが新たな挑戦を求めてバイエルンに旅立った一方で、多くのクラブとの争奪戦を制してヌニェスが加入。ベンフィカで公式戦84試合47ゴールを記録した得点力をプレシーズンマッチで早速披露しており、ライプツィヒ戦ではPKを含め4ゴールを記録。そしてコミュニティ・シールドではPK奪取に1ゴールと、まさに勝利に導く活躍を披露した。 昨季3位のチェルシーはエバートンと対戦。リュディガーとクリステンセンという守備の要が2人も去った中、そのラインにはクリバリを補強。また、前線ではスターリングを獲得し、ビッグネームを迎え入れた。ただ、現状で即戦力と言えるのはその2人のみ。現在交渉中として名前が挙がっている選手らの契約がどれだけ早くまとまるかが今季の鍵となりそうだ。 トッテナムはホームセインツを迎え撃つ。ペリシッチの獲得から始まり初動の早かった今夏の移籍市場では、他にもリシャルリソンやビスマ、ジェド・スペンス、ラングレといった実力者の獲得を成功させた。今季はチャンピオンズリーグの戦いもあることから体力の消耗は昨季以上だが、就任2シーズン目を迎えるコンテ監督の手腕に期待したい。 エースの去就不明のマンチェスター・ユナイテッドは、三笘薫所属のブライトンと対戦する。テン・ハグ監督を迎えたチームは、リサンドロ・マルティネスやエリクセンの獲得に成功。だが、プレシーズンはクリスティアーノ・ロナウドの傍若無人っぷりに振り回される場面も。そんな浮き足立った印象の赤い悪魔に、日本代表のエース三笘が挑む。プレミアリーグ初挑戦となる三笘。昨季はユニオン・サン=ジロワーズでリーグ戦21試合5ゴール4アシストという十分な実績を残したが、果たして。 ◆プレミアリーグ開幕節 ▽8/5(金) 《28:00》 クリスタル・パレスvsアーセナル ▽8/6(土) 《20:30》 フルアムvsリバプール 《23:00》 ボーンマスvsアストン・ビラ リーズ・ユナイテッドvsウォルバーハンプトン ニューカッスルvsノッティンガム・フォレスト トッテナムvsサウサンプトン 《25:30》 エバートンvsチェルシー ▽8/7(日) 《22:00》 レスター・シティvsブレントフォード マンチェスター・ユナイテッドvsブライトン 《24:30》 ウェストハムvsマンチェスター・シティ 2022.08.05 18:01 Fri
twitterfacebook
thumb

【プレミアリーグ・シーズンプレビュー】世界No.1ストライカー補強で盤石の王者シティ、対抗はCS制覇のリバプールとPSM絶好調のアーセナルか

2022-23シーズンのプレミアリーグが8月5日(金)に開幕する。11月から12月にかけてカタール・ワールドカップを挟むイレギュラーなシーズンとなる今季。充実の夏を過ごしたクラブやそうでないクラブが見受けられる中、昨季以上に予想困難なシーズンが予想される。 ◆世界一のストライカーを携え目指すは3連覇のみ~マンチェスター・シティ~<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/0804-1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季のリバプールとの異次元の優勝争いを制し、ここ5年で4度のリーグ優勝を果たしたシティ。攻守において微塵も隙がなく、チームの完成形とも言える中で、唯一欠けていたピースはストライカーだった。アグエロ退団以降、生粋の点取り屋は不在で、今夏はスターリングとジェズスの退団も重なった。 そんな中、ラストピースとして選ばれたのはハーランド。もはや説明不要の世界No.1ストライカーで、知将グアルディオラも垂涎の存在だった同選手は、プレシーズンマッチのバイエルン戦で早速ゴールを挙げている。また、ハーランドの影に隠れがちだが、リーベル・プレートから加入したフリアン・アルバレスの活躍にも注目したい。 身長170cmと小柄ながら得点感覚に優れ、リーベルでは公式戦120試合で53ゴール31アシストを記録。すでにアルゼンチン代表でも9試合1ゴールと出場機会を得ており、同胞のアグエロの再来とも言われている。出番は限られるだろうが、グアルディオラ監督の評価は高く、1年を通して化ける可能性に期待したい。 ◆マネの抜けた穴は埋まるのか、新エース候補に注目~リバプール~<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/0804-2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季はシティと最後までデッドヒートを繰り広げながらも、あと一歩及ばなかったリバプール。それでも国内カップ戦の二冠を果たすなど、まだまだ2強の時代の終焉は感じさせない強さを見せつけた。 ただ、新シーズンに向けては、クロップ体制以降主力を務め続けたマネが新たな挑戦を決断しバイエルンへ移籍。代わりに獲得したのは、多くのビッグクラブが関心を寄せていたヌニェスだった。ベンフィカでは公式戦84試合で47ゴールと、得点力に定評のある同選手。プレシーズンマッチのライプツィヒ戦でPKを含む4ゴールと早速結果を出したが、他の試合ではイージーなミスも散見され、ここまでの評価は上がりきらず。ただ、サラーやルイス・ディアスといった実力のある選手が両脇を固めているだけに、リズムが合えば量産体制に入ることも期待できる。 なお、プレミアリーグ開幕に先駆けて行われたシティとのコミュニティ・シールドでは、そのヌニェスの活躍もあり、リバプールが3-1で勝利。今季もこの両チームがリーグを牽引するに違いない。 ◆補強進捗度はイマイチ、どこまで戦力が整うか~チェルシー~<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/0804-3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季はトゥヘル体制2年目を迎え、本格的にプレミアリーグの覇権奪還が期待されたシーズンだったが、蓋を開けるとシーズン半ばあたりで優勝争いからは撤退。早々に目標をチャンピオンズリーグ出場に下方修正していた。また、オーナー交代によるごたつきがチームを不安定にさせたシーズンでもあった。 その問題は移籍市場にも影響し、チームはリュディガーとクリステンセンという守備の要を2人も失ったにもかかわらず、その穴埋めに獲得したのはここまでクリバリのみ。前線ではプレミアリーグで実績十二分のスターリングが加入したが、プレシーズンマッチを見る限りでは、攻撃全体のバリエーションに一抹の不安が残る。ギャラガーやブロヤといった伸び盛りの若手にも期待したいところだが、まずは計算できる戦力の補充が先決か。 ◆充実補強でダークホースに~トッテナム~<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/0804-4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> CL出場権獲得という結果でコンテ体制1年目を終えた昨季のスパーズ。移籍市場での初動は早く、5月末の時点でペリシッチを獲得すると、その後も資金を出し惜しみすることなく、リシャルリソン、ビスマ、ジェド・スペンスといった実力者と次々と契約。最終ラインではラングレをレンタルで迎え、攻守両面で補強を成功させた。 今季は3シーズンぶりにCLに参戦することもあり、昨季以上の体力の消耗は避けられないが、そこは名将コンテの腕の見せ所。敏腕ディレクターのパラティチ氏によるバックアップを受けた中で、その期待に応える成績を残したい。目標は2季連続のトップ4か、それとも…。 ◆絶好調のプレシーズンの勢いを持ち込めるか~アーセナル~<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/0804-5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季は土壇場でトッテナムに順位を抜かれ、痛恨のCL出場権逸脱を喫してしまったアーセナル。アルテタ監督就任以降の主なタイトルは2019-20シーズンのFAカップのみで、CLに至っては6シーズン連続で不参加という状況だ。しかし、アルテタ体制4年目となる新シーズンは期待できるかもしれない。 今夏の移籍市場でも奮発したアーセナルは、シティからガブリエウ・ジェズスとジンチェンコを獲得。また、冬の移籍市場でも興味を示していたポルトの攻撃的MFファビオ・ヴィエイラも手中に収めた。とりわけジェズスがプレシーズンマッチから絶好調で、加入後初戦となったニュルンベルク戦で2ゴールの活躍を見せると、続くエバートン戦やチェルシー戦でもネットを揺らし、極め付きだったのはセビージャ戦。開始から15分で2ゴールを挙げると、最終的にハットトリックを達成して見せた。 ジェズスが攻撃を牽引するチームも好調そのもので、この勢いをプレミアリーグ開幕に持ち込むことができれば、悲願を叶えることができるかもしれない。 ◆新監督の手腕は通用するのか、わがままエースの去就も注目~マンチェスター・ユナイテッド~<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/0804-6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 5年連続無冠となり、ファーガソン時代の威厳は見る影もなくなった赤い悪魔は、テン・ハグ監督の招へいからこの夏をスタート。モウリーニョでもスールシャールでもラングニックでも不可能だった名門再建を託されたオランダ人指揮官は、そのツテを生かして古巣からリサンドロ・マルティネス、同胞のマラシアの獲得を成功させた。また、フリーで実力者エリクセンを迎えるなど、CL出場権無しというハンデがありながらも、補強は概ね滞りなく進めている。 ただ、大エース・ロナウドの去就は大きな気がかり。今夏は移籍を求めてプレシーズン入りを先延ばしにし、合流したと思えば試合中にもかかわらずスタジアムを後にするなど、傍若無人ぶりを発揮している37歳。チームメイトとしては、いかにクリスティアーノ・ロナウドと言えど献身性のない選手と仕事をするのは些か不満があるはずだ。未だ去就不透明の状況だが、ポルトガル代表FWの存在が不協和音にならなければいいが…。 ◆日本のエースはどこまで通用するか~三笘薫~<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/0804-7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今季のプレミアリーグで楽しみなのは三笘の存在。昨年8月にブライトンに加入した三笘だが、労働ビザがないため昨季はユニオン・サン=ジロワーズにレンタル。ベルギーリーグで21試合5ゴール4アシストという十分な実績を残し、満を持じて世界一のリーグに挑戦する。 そんな三笘は先月16日に行われたポルトガルのエストリルとの親善試合でブライトンデビュー。すると、味方のクロスに合わせる形でゴールを決め、その後のプレシーズンマッチでも印象的なパフォーマンスを発揮。グレアム・ポッター監督からも称賛されるなど、ファンの期待を膨らませている。 2022.08.04 18:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly