2021年のゴールデンボーイ候補40名にペドリ、ベリンガム、ミュージアラ、カマヴィンガ!

2021.09.17 17:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2021年ゴールデンボーイ賞の候補者40名が決定した。

イタリア『トゥットスポルト』が主催するゴールデンボーイ賞は2003年から始まり、今回で19回目。対象は2001年1月1日以降生まれの欧州でプレーする21歳以下の選手で、6月に発表された候補者100名から毎月の投票で20名ずつ落とされていき、来月10月15日には最終候補者20名まで絞り込まれる。

そうしての今回は40名まで厳選され、バルセロナのスペイン代表MFペドリやドルトムントのイングランド代表MFジュード・ベリンガム、バイエルンのドイツ代表MFジャマル・ミュージアラ、レアル・マドリーのフランス代表MFエドゥアルド・カマヴィンガらヨーロッパで活躍する錚々たる逸材がノミネートした。

そのほかにも、マンチェスター・ユナイテッドのイングランドFWメイソン・グリーンウッドやバルセロナのスペイン代表DFエリック・ガルシア、RBライプツィヒのスペイン人MFイライクス・モリバらも選出。12月にトリノで予定の授賞式で2021年のゴールデンボーイに輝くニュースターが発表される。

◆ノミネート者一覧
FWカリム・アデイェミ(ザルツブルク)
DFライアン・アイ=ヌーリ(ウォルバーハンプトン)
FWアンデル・バレネチェア(レアル・ソシエダ)
MFジュード・ベリンガム(ドルトムント)
FWマイロン・ボアドゥ(モナコ)
FWブライアン・ブロビー(RBライプツィヒ)
MFエドゥアルド・カマヴィンガ(レアル・マドリー)
FWラヤン・シェルキ(リヨン)
FWモハメド=アリ・チョ(アンジェ)
MFフランシスコ・コンセイソン(ポルト)

MFチャールズ・デ・ケテラエル(クラブ・ブルージュ)
GKエルシン・デスタノギュル(ベシクタシュ)
FWジェレミー・ドク(スタッド・レンヌ)
DFエリック・ガルシア(バルセロナ)
MFブライアン・ヒル(トッテナム)
FWゴンカロ・ラモス(ベンフィカ)
MFライアン・グラフェンベルフ(アヤックス)
FWメイソン・グリーンウッド(マンチェスター・ユナイテッド)
DFヨシュコ・グヴァルディオル(RBライプツィヒ)
MFモハメド・イハッターレン(サンプドリア)

MFイライクス・モリバ(RBライプツィヒ)
DFオディロン・コスヌ(レバークーゼン)
FWノニ・マドゥエケ(PSV)
FWフェリックス・マンビンビ(ヤング・ボーイズ)
FWガブリエウ・マルティネッリ(アーセナル)
FWミハイロ・ムドリク(シャフタール)
MFジャマル・ミュージアラ(バイエルン)
DFヌーノ・メンデス(パリ・サンジェルマン)
MFペドリ(バルセロナ)
FWロベルト・ピッコリ(アタランタ)

FWジェレミ・ピノ(ビジャレアル)
FWジョバンニ・レイナ(ドルトムント)
FWブカヨ・サカ(アーセナル)
DFウィリアム・サリバ(マルセイユ)
FWマーティン・サトリアーノ(インテル)
DFルーク・トーマス(レスター・シティ)
MFケフラン・テュラム=ウリアン(ニース)
DFユリエン・ティンバー(アヤックス)
MFフロリアン・ヴィルツ(レバークーゼン)
DFイルヤ・ザバルニー(ディナモ・キエフ)


関連ニュース
thumb

オーバメヤンがガボン代表を引退…歴代最多の30ゴールを記録

バルセロナのFWピエール=エメリク・オーバメヤン(32)がガボン代表からの引退を発表した。 オーバメヤンは18日、ガボンサッカー連盟(GAB)の公式SNSを通じて代表引退を明かした。 「13年間誇りを持って自分の国を代表してプレーした後、僕は国際的なキャリアを終えることを発表する」 2009年に代表デビューを飾ったオーバメヤンは、これまで通算73試合に出場し、同国歴代最多の30ゴールを記録。ワールドカップ出場やタイトル獲得はならずも、2012年に行われたアフリカ・ネーションズカップではその他6選手と並んだものの、大会得点王に輝いていた。 今年初めにカメルーンで行われたアフリカ・ネーションズカップにも招集されていたが、新型コロナウイルス感染後の心臓の問題によって離脱を余儀なくされていた。 2022.05.19 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルンがデンベレ獲得の動きを本格化、年俸24億円のメガオファー用意か

バイエルンが、バルセロナのフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(25)と交渉をスタートさせたようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 バルセロナとの現行契約が今季限りで満了を迎えるにあたり、その去就が注目されているデンベレ。冬の移籍市場の際には契約更新を求めるクラブからの連絡を無視し続け、一時チームから除外される一幕もあった。 しかし、確かな才能を持つ25歳は、その後チームに戻ると本領を発揮。リーグ戦7試合で1ゴール9アシストを記録する活躍を披露し、チャビ・エルナンデス監督からも絶賛の声が挙がった。そして、クラブも契約更新の意思をより明確にし、これまでコンタクトを図っている。 だが、シーズン終了が目前に迫る現段階で交渉の進展は伝えられておらず、時間と共に退団の線が濃厚に。そんな中、バイエルンは年俸1800万ユーロ(約24億4600万円)の4年契約というメガオファーを準備し、フランス代表FWを口説きにかかっているようだ。 札束勝負となれば、6月の人件費決済も危ういバルセロナには非常に不利な土俵となる。デンベレに残留の意思があればチャンスもありそうだが果たして。 2022.05.18 15:41 Wed
twitterfacebook
thumb

ラポルタ会長が今夏の移籍市場に言及! 財政問題クリア楽観視で噂される主力売却に否定的な見解

バルセロナのジョアン・ラポルタ会長は、今夏の移籍市場に向けた財政面の問題クリアを楽観的に考えているようだ。スペイン『ESPN』が伝えている。 今シーズンの開幕前に13億5000万ユーロ(約1840億円)の負債を明かしたバルセロナ。さらに、新たに2億4200万ユーロ(約330億円)の損失が発覚したことを受け、先日にラ・リーガはバルセロナの今夏移籍市場での使用限度額をマイナス1億4400万ユーロ(約196億円)に設定したことをアナウンスしていた。 また、2年連続の赤字決算を回避するため、6月末の決算期を前にして、現金の投入も必要と考えられている。 今シーズンのラ・リーガの2位以内が確定し、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権及び、スーペル・コパ・デ・エスパーニャ出場権を手にしたクラブは、スポーツサイドで獲得可能な資金調達を完遂。 ただ、今夏の獲得が噂されるバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキらの移籍金を調達するためには、クラブの未来であるスペイン代表MFペドリや同MFガビを除き、現時点で最も高額な移籍金が見込めるオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの売却が必要との報道が出ている。 そういった中、ラポルタ会長は17日、スペイン『Catalunya Radio』で現時点でのクラブ財政、今夏の補強に関する見通しについて語った。 レヴァンドフスキ獲得の可能性に関する質問に関しては、「(スポーツ・アドバイザーの)ジョルディ・クライフと、(スポーツ・ディレクターの)マテュー・アレマニーに任せればいい」と、明言は避けたものの、6月末までに取り組んでいる一連の金銭的合意を完了できれば、夏の大型補強を成功させるため、痛みを伴う売却は必要ないと楽観的な反応を示した。 「財政状況はあまり良くない。しかし、我々は競争力のあるチームを作るために懸命に働いている。簡単なことではない。状況を好転させるために取り組んでいる」 「クラブの財政を何とか整理できれば、そうなると思うが、我々が考えているすべての作戦を実行することができる」 「バルセロナのプレーヤーの中には、市場で求められているプレーヤー(F・デ・ヨング)がいる」 「しかし、我々が取り組んでいることが経済的にうまくいけば、経済的な理由による売却はないはずだ」 「痛みを伴う売却があるかどうかは分からない。現時点では、クラブの財政が最優先だからだ。だが、我々がやりたいことを、6月30日までにやれれば、それは壮大なものになると思う」 なお、ラポルタ会長が言及した金銭的合意に関しては、クラブ内の映像制作会社である『バルサ・ストゥディオス』と、『バルサライセンシング&マーチャンダイジング』の株式49%の売却による資金調達。さらに、過去に一度拒否した投資ファンド『CVCキャピタル・パートナーズ』からの資金調達、将来的なテレビ放映権料10%の売却といったものがあるという。 また、新戦力補強と並行して行っているフランス代表FWウスマーヌ・デンベレとの契約延長交渉に関しては、来週中にも何らかの動きがあることを示唆している。 「彼は残留を希望しているが、我々の提案より優れていると思われる他の選択肢に誘惑されている」 「彼はすでに我々のオファーを受けており、シーズンが終わる来週には、我々に返答するはずだ。我々はこの問題を今すぐ解決したいが、彼らに(決断を)迫ることはできない」 「チャビは彼を気に入っているし、私も同様だ。プレーヤー自身はドレッシングルームと良い関係を築いているし、彼の友人(オーバメヤン)も入ってきているが、彼の代理人も自分たちの利益を考えており、彼らの決断を待っているところだ」 2022.05.18 07:05 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、至宝ガビとの契約延長目前に… 解除条項は10億ユーロに設定か

バルセロナに所属するスペイン代表MFガビ(17)の契約延長が目前に迫っているようだ。スペイン『Cadena Cope』が報じている。 今シーズン限りで契約が失効するガビの契約延長交渉は、数カ月前から行われてきたが現在まで決着しておらず、国外のビッグクラブからの関心も報じられていた。 だが『Cadena Cope』によれば、バルセロナは16日の午後にガビの代理人であるイバン・デ・ラ・ペーニャ氏と最終的な話し合いを実施。2時間に及ぶ会談の末に2027年前契約を延長する契約書が作成されたようだ。 なお、今回の契約書でカビのリリース条項は、現在の5000万ユーロ(約68億円)から10億ユーロ(約1343億円)に引き上げられる予定だという。 バルセロナのカンテラで育ち、昨年8月末のヘタフェ戦でトップチームデビューをしたガビ。17歳ながらここまで公式戦46試合に出場し、主力の一人として活躍中だ。また、同年10月には85年ぶりの更新となる史上最年少でスペイン代表デビューも果たしていた。 2022.05.17 00:30 Tue
twitterfacebook
thumb

「頭を痛めることじゃない」…バイエルンCEOが延長拒否のレヴァンドフスキに「23年までの契約を全うしてもらう」

バイエルンの最高経営責任者(CEO)を務めるオリバー・カーン氏がポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(33)の移籍希望に応じない姿勢を示した。イギリス『The Athletic』が報じている。 今季も類稀なゴールセンスを発揮して、欧州5大リーグ史でも初となるチームのブンデスリーガ10連覇に貢献したレヴァンドフスキ。だが、2023年夏までの現行契約を巡る動きが注目を浴びている。 バイエルンで輝かしいキャリアを築くレヴァンドフスキだが、なかなか新契約の締結に至らず、14日に行われたリーグ最終節のヴォルフスブルク戦後に更新しない意思とともに今夏移籍を示唆した。 それに伴い、噂されるバルセロナ行きの話がさらに加熱しているが、自身もかつてバイエルンの絶対守護神として活躍したカーン氏は「頭を痛めるようなことじゃない」と契約遵守を強調した。 「我々は彼の代理人にオファーを出した。彼はそれを拒否した。それは彼の権利だ」 「しかし、彼はまだ契約があって、それを全うしてもらう。それが事実だ」 「我々はそれを明確かつ一貫してやっている。それがここバイエルンでのやり方だ」 「クラブの上に立つ選手などいないんだ」 2022.05.16 13:20 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly