7年ぶりのCLでリバプールと激突するミラン、指揮官は「最高のチームと互角に戦えると示すチャンス」

2021.09.15 17:49 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランのステファノ・ピオリ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)の初戦に向けた意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。

2013-14シーズンを最後にCLから遠ざかっていたミランは、15日に行われるCLグループB第1節でリバプールと対戦。7年ぶりのCLでの対戦相手は、かつて2004-05シーズンと2006-07シーズンにCL決勝を戦ったチームとなった。

2018-19シーズンにはCL優勝を果たすなど近年欧州の舞台で存在感を示してきたリバプールと対照的に、ミランはCL経験の浅い選手も数多く在籍している影響から状況は不利とする声も少なくない。

しかし、試合前日の公式会見に出席したピオリ監督は、これまでチームは着実に成長を遂げてきたと強調。欧州屈指の強豪クラブが相手でも、互角に戦えるはずだと語った。

「この1年の我々の成長は、誰の目にも明らかだろう。これまでの経験が我々を成長させてくれた。これこそ我々が望んでいたことであり、最高のチームと互角に戦えることを示すチャンスでもある」

「我々の多くはCLでプレーしたことがない。とはいえ、サッカーはサッカーだ。我々は何をすべきか、どのようにして本当に強い相手と戦うかを知っている。この試合のため、チームは本当によく準備してきた」

「グループステージで簡単な試合はないね。対戦相手はいずれも競争力が高く、ヨーロッパのサッカーを経験してきている。それでも自分たちの歴史を刻み始めるチャンスであり、我々は自分たちのクオリティを信じているよ」

「ピッチ上で知的になり、どこにスペースがあるか理解する必要がある。リバプールは押し込もうとしてくるだろうし、じっと待っているようなことはないだろう。後ろからプレーするときはロングボールも入り混ぜて、彼らのハイプレスに対抗する必要があるだろうね」

また、ピオリ監督はこの試合で招集外となったスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの状態に言及。長期離脱するレベルの負傷ではなく、予防措置であることを明かしている。

「ズラタンは炎症を起こしていた。今朝、試しにプレーしてみたが、シーズンのこの時期にリスクを冒すのは良くない。彼はすぐに戻ってくるだろう。リバプール戦はアンテ(・レビッチ)とオリヴィエ(・ジルー)のどちらかを選ぶ必要があるが、カバーできる用意はある」

関連ニュース
thumb

狙い通り?不思議トラップからの決勝点でミランを撃破、タレミとルイス・ディアスが抜群の得点感覚を見せる

ポルトのコロンビア代表FWルイス・ディアスとイラン代表FWメフディ・タレミが抜群の嗅覚を見せた。 19日にチャンピオンズリーグ(CL)グループB第3節でミランをホームに迎えたポルト。開始早々の5分にはルイス・ディアスがポスト直撃のミドルを放ち、試合を優位に進めた。 押し気味ながらもゴールレスで後半を迎えると、意外性のあるアシストからようやく試合が動く。65分、右サイドからジョアン・マリオが折り返すと、セルジオ・オリベイラがボレー。これはミスヒットとなって大きく浮き上がり、タレミが反応するも相手ともつれて転倒してしまう。 だが、幸運にもボールは倒れたタレミの足下にピタリと収まり、結果的には最高のセットアップに。いち早く反応したルイス・ディアスが右隅に蹴り込み、ネットを揺らした。 6月23日に行われたコパ・アメリカ2021、グループB第4節のブラジル代表戦でもコロンビア全土を沸かせたバイシクルシュートを決めていたルイス・ディアス。 片や昨季のCL準々決勝第2戦のチェルシー戦で決めたバイシクルシュートが、欧州サッカー連盟(UEFA)の2020-21シーズン最優秀ゴール賞(Goal of the Season)に選出されたタレミ。 抜群の得点感覚を持つ2人が得点に絡んで演出されたゴールが決勝点となり、ポルトが今季のCL初白星を記録している。 <span class="paragraph-title">【動画】タレミの不思議トラップからルイス・ディアスが蹴り込む</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CVOUuy9tUhT/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CVOUuy9tUhT/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CVOUuy9tUhT/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ELEVEN Portugal(@elevensportspt)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.10.20 21:55 Wed
twitterfacebook
thumb

CL3連敗のミラン、イブラヒモビッチは「最悪の試合」と厳しいコメント

ミランのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、19日のポルト戦のパフォーマンスを酷評している。イタリア『メディアセット』がコメントを伝えた。 今季のチャンピオンズリーグ(CL)で、ここまでリバプール、アトレティコ・マドリーと強豪を前に連敗を喫しているミラン。第3節では初白星を目指してポルトとのアウェイ戦に臨んだが、試合を通じて20本ものシュートを浴びるなど圧倒され、1-0で敗れた。 これで3連敗となり、グループ突破はかなり厳しい状況に。ポルト戦では58分から途中出場したイブラヒモビッチは「最悪の試合だった」と、チームに対して厳しい言葉を送っている。 「最悪の試合だった。1ポイントにも値しない。これがサッカーだ。我々は未だゼロポイントだが、戦い続けなければならない。自信はある」 「このチームの多くの選手にとって初めてのCLだ。彼らはここから学び、成長しなければならない。CLはそういった経験をもたらしてくれるものだ」 また、ミランは多くの離脱者を抱えていたうえ、MFフランク・ケシエはアトレティコ戦の退場で出場停止に。自身もケガから復帰したばかりのイブラヒモビッチは「言い訳にできない」とし、残りの3試合も全力を尽くすと誓っている。 「多くの選手を欠いていたが、それもサッカーの一部だ。個人としては復帰したばかりで、プレーできることに喜びを感じている。だが、リズムを取り戻すにはもう少し時間が必要だ」 「(ティエムエ・)バカヨコにとってもこれが復帰戦だった。しかし、それらを言い訳にするつもりはない。次の試合では我々はもっと良くなる」 「(グループステージは)まだ3試合ある。我々は目標を達成するチャンスがある限り戦い続ける。勝利は必ずやってくるだろう」 2021.10.20 17:15 Wed
twitterfacebook
thumb

CL3連敗となったミラン…指揮官は「リーグ戦に集中する」と切り替え

ミランのステファノ・ピオリ監督がポルト戦の敗北について語った。イタリア『スカイ・スポーツ』がコメントを伝えている。 19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループB第3節でポルトと対戦したミラン。試合は65分に先制点を献上すると、そのまま0-1で敗戦。20本ものシュートを浴びるなど、スコア以上に一方的な展開だった。 8年ぶりのCL参戦を果たしたミランだが、これでグループステージ3連敗。ピオリ監督はポルトの優勢とミランの欠点を認めた上で、今は4日後のリーグ戦に集中するべきだと語った。 「ほんの少し、明晰さとポゼッション力を欠いてしまった。相手がそうであったように、ボールを失う回数はもっと減らせたはずだ。プレー精度も物足りず、このレベルでは代償を払うことになる」 「欠場者がいたことは言い訳にならない。チームには戦う気持ちがあり、交代策で何かを起こせたはずだが、自分たちのベストを表現できなかった。我々を上回った相手を称賛しなければならない」 「ボールを保持できず相手に渡してしまったよ。彼らはスピードがあり、うまく立ち回っていた」 「メンタルの問題でも、試合へのアプローチが間違っていたわけでもない。前半はバランスよくプレー出来ていたが、後半は相手がさらにギアを上げてきた。いつも通りのプレーが出来なかったよ」 「チームにはすでに話してあるが、我々はミランとしてのプレーができず、敗北に値した。今はこれに立ち向かわなくてはならない。話をしても無駄なのだ。言葉では『予選突破は可能』だと言えるが、我々はまだ1勝もしていない。リーグ戦に集中して、CLのことはその時に考えよう」 2021.10.20 15:49 Wed
twitterfacebook
thumb

ポルトに完敗のミランが3連敗《CL》

ミランは20日、チャンピオンズリーグ(CL)グループB第3節でポルトとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。 リバプール、アトレティコ・マドリー相手に接戦を演じながらも2連敗スタートとなったミランは、ジルーを最前線に、2列目に右からサーレマーケルス、クルニッチ、レオンと並べた。 1分け1敗スタートとなったポルトに対し、押し込まれる展開を強いられたミランは5分、ルイス・ディアスに左ポスト直撃のミドルシュートを浴びてしまう。 さらに25分、FKからタレミに際どいヘディングシュートを打たれたミランは43分にようやくチャンス。 サーレマーケルスの右クロスからジルーのヘディングシュートが枠を捉えたが、前半のシュートはこの1本のみに終わり、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半開始3分にタレミに決定的なシュートを許したミランの劣勢が続く中、58分に3枚替えを敢行。ジルーらに代えてイブラヒモビッチらを投入した。 しかし65分、ポルトに押し切られる。タレミが落としたルーズボールをボックス中央のルイス・ディアスにゴール右へダイレクトで蹴り込まれた。 終盤にかけてもチャンスを作れなかったミランは0-1のまま完敗。3連敗でグループステージ突破が厳しくなった。 2021.10.20 06:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ミラン、テオ・エルナンデスと交渉開始か…給与3倍もいとわず?

ミランが、フランス代表DFテオ・エルナンデス(24)と契約延長交渉を始めているようだ。イタリア『TUTTOmercatoWEB』のマルコ・コンテリオ氏が伝えている。 2019年夏にレアル・マドリーから2100万ユーロ(約28億円)の移籍金で加入したテオ・エルナンデス。人材不足だった左サイドバックで、1年目からセリエA33試合6ゴール5アシストを記録し、期待以上の活躍を見せた。 その後も安定したパフォーマンスを続け、今年9月にはフランス代表デビュー。今では市場価値も跳ね上がり、ビッグクラブからの関心も少なくない。 現行契約は2024年まで残っているものの、ミランは2026年までの新たな5年契約を検討。そのために、給与を現在の3倍にすることにやぶさかではないという。 現在の給与は年俸150万ユーロと言われているが、仮に3倍に跳ね上がるとすると、チーム内ではスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチに次ぐ高給取りに躍り出ることになる。ただ、昨シーズンまでチーム2番目に高かったイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマが抜けた分、多少の余裕はありそうだ。 2021.10.19 20:50 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly