フリーのウィルシャー、アルテタからの練習参加歓迎発言にリアクション!

2021.09.14 20:09 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元イングランド代表MFジャック・ウィルシャーがアーセナルを率いるミケル・アルテタ監督の発言に反応した。

若くして天才とうたわれ、アーセナルでプロキャリアを歩み出したもののの、故障癖が災いして才能を燻らせたウィルシャー。2018年夏のウェストハム移籍を機にアーセナルを離れ、今年1月にチャンピオンシップ(イングランド2部相当)の古巣ボーンマスと半年の短期契約を結び、再起を図ったが、昨季終了後に退団した。

そうしたなか、アルテタ監督が先日、現役時代にアーセナルで共闘したウィルシャーに言及。宙ぶらりんの状態が続く元戦友に対して、練習参加の助け舟を出す用意があることを明らかにした。そして、ウィルシャーはこのたび、イギリス『スカイ・スポーツ』でアルテタ監督からの救いの手に感謝し、協議に前向きな姿勢を示した。
「彼と一緒にプレーしたり、ドレッシングルームを共有したりするのは本当に楽しかった。ドアを常に開いていると言ってくれたのを聞いて、嬉しかったよ」

「それは助けでしかないね。優秀な選手たちが周りにいたり、ワールドクラスな選手たちと練習ができたりする環境に身を置くのは僕の興味をそそるひとつだ」

「ここ2、3日のうちにクラブの誰かと話をすることになると思う」

関連ニュース
thumb

C・パレスが中盤補強! サンビ・ロコンガに遠藤航の相棒アーマダを獲得

クリスタル・パレスは31日、アーセナルからベルギー代表MFアルベール・サンビ・ロコンガ(23)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 2021年夏、アンデルレヒトから期待の若手としてノースロンドン入りしたサンビ・ロコンガ。加入1年目の昨シーズンは公式戦24試合に出場。攻撃面での特徴を出していた一方で、ボランチとしての守備の強度の低さが課題とされていた。 今シーズンはヨーロッパリーグ(EL)ではグループステージの全6試合に出場。しかし、プレミアリーグでは出番が限られ、公式戦では15試合でプレーするにとどまっていた。 アーセナルはチェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョの獲得に成功したものの、エジプト代表MFモハメド・エルネニーがヒザの負傷で長期離脱、ガーナ代表MFトーマス・パルティも負傷と、19年ぶりのプレミアリーグ優勝に向けてセントラルMFが手薄な状況。それでも、クラブは23歳の若武者をクラブOBでもあるパトリック・ヴィエラ監督が率いるパレスに預ける選択をした。 また、パレスは同日、シュツットガルトからフランス人MFナウィル・アーマダ(20)を完全移籍で獲得したことを発表。契約期間は2026年6月30日までの3年半となる。 ユベントスの下部組織出身のアーマダは、リザーブチームにあたるユベントスNextGenから2020年10月にシュツットガルトへレンタル加入。翌年夏にクラブが買い取りオプションを行使し、正式にドイツの名門の一員となった。 以降はボックス・トゥ・ボックス型のMFとして日本代表MF遠藤航と中盤でコンビを組み、今季ここまではブンデスリーガ17試合に出場し、2ゴール2アシストの数字を残していた。 2023.02.01 08:26 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルがチェルシー司令塔ジョルジーニョを獲得! アルテタ「知性と深いリーダーシップを備えたMF」

アーセナルは31日、チェルシーからイタリア代表MFジョルジーニョ(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「20」に決定している。 イギリス『The Athletic』によれば、移籍金は1200万ポンド(約19億3000万円)となり、ジョルジーニョは1年間の延長オプションが付く2024年夏までの1年半契約にサインしたという。 手薄な中盤に実力者を迎え入れたミケル・アルテタ監督は、大きな期待を口にしている。 「ジョルジーニョは知性と深いリーダーシップを備えたミッドフィールドプレーヤーであり、プレミアリーグと国際的な経験が豊富だ。ジョルジーニョはそのキャリアで勝利を収めているが、彼はまだここで貢献したいという渇望と大きな意欲を持っている」 「ジョルジーニョと契約することができて、彼と家族をクラブに迎えられることをとても嬉しく思う」 ジョルジーニョは、ブラジルにルーツを持つイタリア人。エラス・ヴェローナでキャリアをスタートさせると、ナポリで飛躍。マウリツィオ・サッリ監督の下で大きく羽ばたき、イタリア代表にも選出されるようになると、2018年7月にサッリ監督と共にチェルシーへ完全移籍していた。 アンカーとして長短のパスを使い分けてゲームメイクができる中盤の選手で、ポジショニング能力と戦術眼に長けており、PKキッカーとしても活躍。チェルシーでは公式戦213試合に出場し29ゴール9アシストを記録。プレミアリーグでも143試合で21ゴール5アシストの成績を残していた。 アーセナルは当初、ブライトンのエクアドル代表MFモイセス・カイセドの獲得に力を注いでいたが、相手クラブの徹底抗戦に遭ったことで、最終的にイタリア代表MFの獲得にこぎ着けた。 2023.02.01 05:20 Wed
twitterfacebook
thumb

カイセドの今冬ブライトン残留が決定的に! ジョルジーニョ確保アーセナルとの新たな交渉はなし

ブライトンのエクアドル代表MFモイセス・カイセド(21)の今冬残留が決定的となったようだ。 今冬の移籍市場でステップアップを求めたカイセド。しかし、相思相愛と思われたアーセナルから届いた6000万ポンド(約96億2000万円)、7000万ポンド(約112億2000万円)の2度のオファーは、今冬の主力流出を望まないブライトンにいずれも拒絶された。 その頑ななシーガルズの姿勢を受け、今冬の獲得が困難と判断したアーセナルは、チェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョ(31)にターゲット変更。移籍金1200万ポンド(約19億3000万円)でクラブ間合意に至り、同選手は1年の延長オプションが付帯する2024年夏までの1年半契約を結ぶ見込みだ。 そして、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏は、ブライトンとアーセナルの間で新たな交渉が行われていないことを確認。さらに、ブライトンが今冬のカイセド残留のプランを変更していないとし、事実上の残留を明言した。 2023.02.01 01:55 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルが19.3億円でジョルジーニョ獲得合意、メディカルチェックも完了

アーセナルがチェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョ(31)獲得を確実なものとしたようだ。 ジョルジーニョは、ブラジルにルーツを持つイタリア人。エラス・ヴェローナでキャリアをスタートさせると、ナポリで飛躍。マウリツィオ・サッリ監督の下で大きく羽ばたき、イタリア代表にも選出されるようになると、2018年7月にサッリ監督と共にチェルシーへと完全移籍していた。 アンカーとして長短のパスを使い分けてゲームメイクができる中盤の選手で、ポジショニング能力と戦術眼に長けており、PKキッカーとしても活躍。チェルシーでは公式戦213試合に出場し29ゴール9アシストを記録。プレミアリーグでも143試合で21ゴール5アシストの成績を残している。 ブライトン&ホーブ・アルビオンのエクアドル代表MFモイセス・カイセドの獲得に力を注いでいたアーセナルだったが、交渉が上手くいかずにジョルジーニョにターゲットを変更したとのことだ。 『The Athletic』によれば1200万ポンド(約19億3000万円)の移籍金で合意したとのこと。2024年夏までの契約となり、1年間の延長オプションもついているという。 また、移籍に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、ジョルジーニョはアーセナルのメディカルチェックに合格したとのこと。残すは契約するだけとなったようだ。 2023.01.31 22:43 Tue
twitterfacebook
thumb

プレミア優勝目指すアーセナルに痛手、MFエルネニーが右ヒザを手術…長期離脱が確定

アーセナルは31日、エジプト代表MFモハメド・エルネニーの負傷状況を発表した。 クラブの発表によると、エルネニーはヒザを負傷。トレーニングで痛めたとされ、右ヒザに重傷を負っていることが検査の結果分かったという。 ケガの詳細は明かされていないが、ロンドンで受けた手術は成功とのこと。長期間欠場することとなり、リハビリの初期段階が完了した後に、復帰時期が判明するとのことだ。 エルネニーは2016年1月にバーゼルからアーセナルに加入。中盤のバックアッパーとしても重要な役割を担っていた中、徐々に出番を失い、2019年9月にはベシクタシュにレンタル移籍。2020年8月に復帰した。 ミケル・アルテタ監督の下、2021-22シーズンは手薄となったボランチを支える活躍。今シーズンは出番が限られていたが、公式戦8試合で1ゴールを記録していた。 エルネニーの負傷に加え、ガーナ代表MFトーマス・パルティが負傷。ボランチが手薄となっているアーセナルは、チェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョの獲得に合意したとされており、さらにもう1名補強する動きを見せるようだ。 2023.01.31 22:15 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly