愛媛がGK秋元陽太の負傷&手術を報告…全治まで4週間の見込み

2021.09.14 18:05 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
愛媛FCは14日、GK秋元陽太の戦線離脱を報告した。

秋元は左ヒザ骨軟骨損傷および関節内遊離体の診断結果が下され、本日14日に手術。全治は手術日より4週間の見込みだ。

湘南ベルマーレから今季期限付き加入の秋元は明治安田生命J2リーグ開幕から20試合すべてで先発が続いたものの、7月4日に行われた第21節のブラウブリッツ秋田戦から欠場が続いていた。


関連ニュース
thumb

愛媛在籍8年の西田剛、今季契約満了で退団 「この街に来れて良かったです!」

愛媛FCは29日、FW西田剛(35)の今季契約満了による退団を発表した。 西田は鹿児島城西高校、阪南大学、横浜FC、アビスパ福岡を経て、2014年に愛媛入り。それ以来、8シーズンを愛媛で過ごし、キャプテンも務めたが、今季はここまで明治安田生命J2リーグ4試合、天皇杯1試合の5試合出場と加入後最も少ない出番にとどまっている。 チームのJ3降格が決定した翌日に今季を最後に愛媛を去ることが発表された西田。クラブを通じて、「2021シーズンをもちまして契約満了となり、愛媛FCを離れる事になりました」と退団を報告し、別れの挨拶をした。 「このクラブに8年間在籍させて頂きました。その中でキャプテンを5年、副キャプテンを2年、キャリア初の二桁得点、クラブ初のプレーオフ進出、残留争い、クラブ初の降格と、それぞれのシーズンで様々な経験をし、そこで感じたそれぞれの経験が今後の僕の人生において大きな意味のあるものだと思っております。これだけ長くいて離れる事はとても寂しい気持ちもあります。しかしこれは僕の力不足でしかない事なので、ここまで長い間必要としてくれたクラブには感謝の気持ちで一杯です」 「僕は愛媛FCが大好きです。今後も自分らしく前向きに進んでいきます! 長い間生活してきた中で、沢山の方と出会い家族一同大変お世話になった方も多くいらっしゃいます。本当に本当にお世話になりました。僕は来シーズンこのクラブのエンブレムを胸にプレーする事は出来ませんが、愛媛FCらしさを取り戻して、一体感のあるクラブに成長していく事を心から願っています。愛媛FCに、そしてこの街に来れて良かったです! 8年間という長い間本当にありがとうございました」 2021.11.29 19:20 Mon
twitterfacebook
thumb

「最後まで思うように勝点を伸ばす事ができず」J3降格の愛媛がメッセージ

J3への降格が決定した愛媛FCは28日、声明を発表した。 28日、明治安田生命J2リーグ第41節の11試合が行われた。勝利すれば最終節まで残留の可能性を残せた愛媛は、アウェイで水戸ホーリーホックと対戦。17分に内田健太のゴールで先制する。 前半を1点リードで終えた愛媛だったが、後半に入り、50分に大崎航詩、87分に伊藤涼太郎にゴールを許し、2-1で逆転負け。さらにツエーゲン金沢が勝利し、SC相模原も引き分けたため、J3への降格が決まっていた。 愛媛は、J3降格を受けて村上忠 代表取締役名義で声明を発表した。 「先ず、このような苦しく難しい中、諦めることなく、愛媛FCと共に闘い、支えていただき、心より感謝申し上げます」 「本日の水戸ホーリーホック戦の結果をもちまして、愛媛FCは来シーズンJ3リーグに降格することが決定いたしました。当クラブを応援していただいているすべての皆様のご期待に沿うことができず、深くお詫びを申し上げます」 「今シーズンは「原点回帰」をスローガンに掲げ、クラブ再生に尽力して参りました。しかし、トップチームはシーズン序盤より厳しい戦いを強いられ、最後まで思うように勝点を伸ばす事ができず、このような結果となりました。この現実を真摯に受け止めております」 「来シーズンは1年でJ2に復帰することを目標にクラブ一丸となって皆様と共に闘ってまいる所存です。愛媛FCらしさを追求し、強くて魅力あるクラブになるために再び一歩ずつ前進してまいります。今後とも、ご支援賜りますよう、何とぞお願い申し上げます」 2021.11.28 20:40 Sun
twitterfacebook
thumb

京都が12年ぶりのJ1昇格決定! 一方、松本&愛媛はJ3降格確定【明治安田J2第41節】

明治安田生命J2リーグ第41節の全11試合が28日に各地で行われた。 引き分け以上でJ1自動昇格圏内の2位以内が決まる京都サンガF.C.は8位のジェフユナイテッド千葉とアウェイで対戦。16分に京都がヨルディ・バイスの負傷というアクシデントに見舞われたものの、攻めの主導権を握る。ゴールレスで迎えた後半は千葉も反撃に転じたが、結局、0-0で終了。勝ち点を「83」に伸ばした京都は最終節を残した3位のヴァンフォーレ甲府と4ポイント差となり、2位を確定させ、2010年以来12年ぶりとなるJ1昇格を決めた。 一方、9ポイント差に9クラブがひしめく熾烈な残留争いもいよいよクライマックス。残り2節の段階でいまだ降格チームが1つも決まっていない状況だったが、18位のSC相模原と引き分けた最下位の松本山雅FC(勝ち点33)、11位の水戸ホーリーホックに1-2で敗れた21位の愛媛FC(同34)は20位以下が決まり、最終節を前にJ3降格が決定した。 20位のギラヴァンツ北九州(勝ち点35)は15位の栃木SC(同42)に1-2で敗れ、19位以下が確定。一方の栃木は残留が決定した。14位のレノファ山口FC(同42)は3位のヴァンフォーレ甲府に0-1で敗れたが、他会場の結果を受けて、栃木とともに残留争いから生還している。 そのほか、17位の大宮アルディージャ(勝ち点38)は5位のFC町田ゼルビアと引き分け、19位のツエーゲン金沢(同37)は7位のモンテディオ山形に2-1で勝利。16位のザスパクサツ群馬(勝ち点40)は首位のジュビロ磐田と0-0で引き分けた。この結果、北九州、相模原、大宮、金沢、群馬の5チームは残留を目指して、最終節に臨むこととなった。 なお、J3リーグの第29節を消化した時点で首位に立つテゲバジャーロ宮崎はJ2ライセンス不所持のため、このまま2位以内に終われば、J2リーグの降格圏は1枠減ることに。そのため、J2リーグで19位に終わってもJ3リーグの最終結果次第で降格を免れる可能性がある。 ◆第41節 ▽11/28(日) ブラウブリッツ秋田 1-<span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>4 東京ヴェルディ</span> SC相模原 1-1 松本山雅FC FC琉球 1-1 アルビレックス新潟 <span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>水戸ホーリーホック 2</span>-1 愛媛FC ザスパクサツ群馬 0-0 ジュビロ磐田 ジェフユナイテッド千葉 0-0 京都サンガF.C. FC町田ゼルビア 0-0 大宮アルディージャ <span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>ツエーゲン金沢 2</span>-1 モンテディオ山形 レノファ山口 0-<span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>1 ヴァンフォーレ甲府</span> ギラヴァンツ北九州 1-<span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>2 栃木SC</span> V・ファーレン長崎 0-<span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>1 ファジアーノ岡山</span> 2021.11.28 17:00 Sun
twitterfacebook
thumb

史上稀に見る大混戦のJ2残留争い…残り2節で8チームに降格の可能性、今節で3チーム降格確定の結末も

28日、明治安田生命J2リーグ第41節の11試合が行われる。 リーグ戦も残り2試合。J1への昇格はジュビロ磐田が決め、今節にもJ2優勝が決定する可能性がある。また、2位の京都サンガF.C.も引き分け以上で昇格が決定する状況だ。 一方で、残留争いは熾烈。残り2節の段階で1チームも確定しておらず、9チームに可能性があるという異例の事態。4枠という降格枠がどのように決まるかに注目が集まる。 ◆明治安田生命J2リーグ順位表(第40節終了時点) 14位:勝ち点42 レノファ山口FC(得失点:-13) 15位:勝ち点42 栃木SC(得失点:-14) 16位:勝ち点40 ザスパクサツ群馬(得失点:-19) 17位:勝ち点38 大宮アルディージャ(得失点:-8) 18位:勝ち点37 SC相模原(得失点:-18) ーーーーー残留ライン 19位:勝ち点37 ツエーゲン金沢(得失点:-22) 20位:勝ち点35 ギラヴァンツ北九州(得失点:-26) 21位:勝ち点34 愛媛FC(得失点:-28) 22位:勝ち点33 松本山雅FC(得失点:-36) 見ての通り、残留ラインを跨いで勝ち点37で3チームが並ぶ状況。1つ上の17位大宮までは勝ち点差「1」という混戦状況だ。 結果次第では今節で3チームの降格が確定する可能性がある一方で、結果次第では最終節に4チームが決定する可能性もあるという例年にない混戦状況だ。 ◆明治安田J2第41節カード SC相模原(18位) vs 松本山雅FC(22位) 水戸ホーリーホック(11位) vs 愛媛FC(21位) ザスパクサツ群馬(16位) vs ジュビロ磐田(1位) FC町田ゼルビア(5位) vs 大宮アルディージャ(17位) ツエーゲン金沢(19位) vs モンテディオ山形(7位) レノファ山口FC(14位) vs ヴァンフォーレ甲府(3位) ギラヴァンツ北九州(20位) vs 栃木SC(15位) 今節は残留争い中のライバル対決も準備されており、つくづく日程くんの仕事ぶりには驚かされる。 【降格決定条件:松本】 ◯:大宮、金沢が共に勝利で降格 △、×:降格 まず最下位の松本はギリギリ残留ラインにいる相模原との一戦だ。 松本は今節勝利しなければ降格が決定。勝利しても金沢と北九州が共に勝利した場合は降格決定となる。 最後に勝利したのは9月26日の北九州戦。9試合勝利がない中で意地を見せることができるのか。最終節まで望みを繋ぎたいところだ。 【降格決定条件:愛媛】 ◯:今節の降格はなし △:相模原、金沢いずれかが勝利で降格 ×:相模原、金沢いずれかが引き分け以上で降格 21位の愛媛も今節で降格の可能性がある。6戦未勝利の状況だが、今節水戸に勝利すれば、最終節まで残留争いを繰り広げられることとなる。 しかし、引き分け、負けの場合は他会場の結果次第で降格が決定。生き延びるためには勝ち点3が必要だ。ホームでは水戸に0-5と惨敗を喫しており、ここ5試合で2得点と攻撃陣が寂しい状況だけに苦戦が予想される。 【降格決定条件:北九州】 ◯:今節の降格はなし △:大宮、相模原、金沢のうち2チームが勝利で降格 ×:大宮が引き分け、相模原、金沢が勝利のうち2つ揃うと降格 20位の北九州も降格の可能性がある。非常に複雑な条件とはなるが、まず勝った場合は最終節まで持ち越すことが可能だ。 2節前には勝利を収めている北九州だが、直近4試合で得点は「1」。勝利に結びつけるのはなかなか難しい。相手も多少は余裕はあるものの、まだ残留が確定していない栃木だ。相手も必死に戦ってくるはずだ。 そして引き分け、負けの場合でも2つの条件が満たされなければ今節の降格は免れる。上に位置する、大宮、相模原、金沢の結果だ。この3チームの結果で2つ揃えば降格が決定。とにかく勝利して、最終節に望みをつなげたい。 なお、大宮、相模原は残留ラインに位置しているが、今節の結果で降格権転落の可能性がある。群馬も降格圏行きはないものの、最終節でのシビアな戦いを強いられる可能性は残っているだけに、首位相手の難しい試合で勝ち点を稼げるかは重要だ。 また、明治安田J3のテゲバジャーロ宮崎が2位以内を確定させれば、降格チームは3枠に減少。その辺りも関わるシビアな残留争いだが、とにかくどのチームも勝ち点3を獲得して優位に立っておきたいところだ。 2021.11.28 13:01 Sun
twitterfacebook
thumb

勝利の長崎が磐田の今節戦わずしての昇格決定を阻止! 残留かけた関門海峡ダービーは北九州に軍配【明治安田J2第39節】

明治安田生命J2リーグ第39節の4試合が13日に各地で行われた。 昇格圏2位京都サンガF.C.との勝ち点差を縮めるためにも勝利を積み上げたい3位のV・ファーレン長崎はホームで残留争いの渦中にある15位の栃木SCと対戦した。引き分け以下に終わると、首位ジュビロ磐田の昇格が決まる長崎だが、開始早々の4分に先制する。敵陣右の中央でFKを得ると、ウェリントン・ハットが鋭いクロス。すると、ゴール前での混戦が生まれ、栃木の守備陣が身体を張ってゴールを守るものの、最後は江川が流し込んだ。 これで勢いのついた長崎は11分にボックス内でウェリントン・ハットが倒されてPKを獲得。一度はGKオビ・パウエル・オビンナが凌いだものの、蹴る前にラインから離れていたとしてやり直しの判定になり、2度目のPKのこぼれ球をキッカーのウェリントン・ハットが押し込んで、追加点を奪った。2点をリードして試合を折り返すと、64分に米田がボックス内で倒されて獲得したPKを途中出場の都倉がゴール左下隅に決めて3-0とし、その後ゴールを割らせることなく完封勝利。これにより、長崎が暫定的に京都との勝ち点差を「4」まで詰め、逆転昇格に望みを繋いだ。 降格圏に沈む21位のギラヴァンツ北九州はアウェイの維新みらいふスタジアムで降格争いから抜けつつある14位のレノファ山口と対戦。関門海峡ダービーとなる一戦は互いにチャンスを作りながらも無得点のまま折り返すと、後半はやや押され気味だった北九州が76分に均衡を破る。右サイドでのプレッシングから西村が自陣でボールを奪うと、前線でこのボールを受けた高橋が左を駆け上がってきた椿に繋ぐ。すると、その高橋がさらに左から椿を追い越してボックス内左で再度ボールを受け、ダイレクトでゴール左上に突き刺して先制。これが決勝点となり、関門海峡ダービーは北九州に軍配が上がった。 こちらも残留争いを強いられる20位の愛媛FCはアウェイのデンカビッグスワンスタジアムで7位のアルビレックス新潟と対戦。生き残るためには勝ち点3を積み上げたい愛媛だったが、31分にCKの混戦からロメロ・フランクにゴールを許すと、前半のうちに反撃に出るもそのまま試合を折り返す。後半はGK岡本を中心にゴールを守り、攻撃面ではカウンターから決定機を作りつつもゴールは生まれず、90+1分にPKを決められて万事休す。他会場で北九州が勝利したことにより、暫定的に21位に沈む結果となった。 ◆第39節 ▽11/13(土) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟 2</span>-0 愛媛FC レノファ山口 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ギラヴァンツ北九州</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 3</span>-0 栃木SC FC琉球 2-2 ジェフユナイテッド千葉 ▽11/14(日) 《13:00》 SC相模原 vs ファジアーノ岡山 《13:05》 ヴァンフォーレ甲府 vs 松本山雅FC 《14:00》 モンテディオ山形 vs 大宮アルディージャ 水戸ホーリーホック vs ジュビロ磐田 FC町田ゼルビア vs ザスパクサツ群馬 ツエーゲン金沢 vs 東京ヴェルディ 京都サンガF.C. vs ブラウブリッツ秋田 2021.11.13 18:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly