【Jリーグ出場停止情報】京都、武田将平&本多勇喜が次節出場不可に

2021.09.09 17:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグは9日、出場停止選手の情報を更新した。

今回は7日に行われた明治安田生命J2リーグ第25節の松本山雅FCvs京都サンガF.C.を受けて、新たに京都からMF武田将平、DF本多勇喜の2選手が処分対象に。それぞれ警告の累積による1試合停止処分が科され、次節欠場が決定した。

【明治安田生命J1リーグ】
MF瀬古樹(横浜FC)
第28節 vs浦和レッズ(9/11)
今回の停止:1試合停止

MFハイネル(サンフレッチェ広島)
第28節 vs横浜F・マリノス(9/11)
今回の停止:1試合停止

【明治安田生命J2リーグ】
DFチャン・ミンギュ(ジェフユナイテッド千葉)
第29節 vsジュビロ磐田(9/11)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

MF武田将平(京都サンガF.C.)
第29節 vsFC琉球(9/11)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

DF本多勇喜(京都サンガF.C.)
第29節 vsFC琉球(9/11)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

MF田中陸(レノファ山口FC)
第29節 vsFC町田ゼルビア(9/11)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

【明治安田生命J3リーグ】
FWブレンネル(いわてグルージャ盛岡)
第18節 vs鹿児島ユナイテッドFC(9/11)
今回の停止:3試合停止(3/3)

【JリーグYBCルヴァンカップ】
DF小川諒也(FC東京)
準決勝第1戦 vs名古屋グランパス(10/6)
今回の停止:1試合停止


関連ニュース
thumb

J1昇格の京都、生え抜きの20歳MF上月壮一郎と契約満了

京都サンガF.C.は7日、MF上月壮一郎(20)との契約満了を発表した。 上月は京都府出身で、京都の下部組織で育ち、2018年にトップチーム2種登録。2019年に昇格した。 U-17日本代表やU-20日本代表を経験していた上月は、2種登録時代にJ2デビュー。期待された逸材だったが、多くの出番を得られず、2種登録時代を含めてJ2で18試合の出場に終わった。 上月はクラブを通じてコメントしている。 「チームメイトをはじめとする、ファン・サポーターの皆さまやスタッフの皆さま、これまで僕を支えてくださった全ての方々に感謝申し上げます。京都サンガF.C.でプレーできたことを誇りに思います。ありがとうございました!」 2021.12.07 15:15 Tue
twitterfacebook
thumb

来季J1の京都、中野克哉&曽根田穣が契約満了…今季はともに10試合出場

京都サンガF.C.は6日、MF中野克哉(25)とMF曽根田穣(27)の契約満了を発表した。 中野は京都橘高校、関西学院大学を経て、2019年に京都でプロ入り。初年度から明治安田生命J2リーグで9試合、14試合ときて、今季も10試合の出場数をマークした。 曽根は愛媛FCの下部組織育ちで、びわこ成蹊スポーツ大学から2017年にヴァンフォーレ甲府入り。2020年から京都に加わり、今季は10試合出場と出番を減らした。 京都が12年ぶりのJ1昇格を果たすなか、なかなか出場数を伸ばせず、今季限りでチームを去る両選手はそれぞれコメントしている。 ◆中野克哉 「3年間、熱い応援、サポートありがとうございました。今シーズンを持ちまして、京都サンガF.C.を離れることになりました。この3年間での経験は、自分にとって大きな財産となりました」 「今年、京都サンガF.C.は念願のJ1昇格を果たしました。J1の舞台で暴れ回ってくれることを期待しています」 「最後に、この3年間お世話になった監督、スタッフ、そして最高のチームメイトの皆さんと出会えたことに感謝したいです!! またどこかで会えることを楽しみにしています!本当にありがとうございました」 ◆曽根田穣 「個人的には2年間不甲斐ない結果でしたが、J1に昇格するチームの一員としてプレーできたことを誇りに思います。2年間、ありがとうございました」 2021.12.06 17:50 Mon
twitterfacebook
thumb

12年ぶりJ1昇格の京都が来季のユニフォームを発表、カモフラージュとボーダーのストリート感漂うデザインに

京都サンガF.C.は5日、2022シーズンで使用するユニフォームのデザインを発表した。 今季の京都は曺貴裁新監督の下、クラブスローガンに『一心』、チームスローガンに『HUNT3』を掲げ、明治安田生命J2リーグの42試合を24勝12分け6敗の2位でフィニッシュ。12年ぶりのJ1昇格を決めていた。 トップカテゴリーでの戦いとなる来季に向け、京都は「2022シーズンユニフォームデザイン」を発表。サプライヤーは引き続き「プーマ」が務めることとなった。 新ユニフォームはPUMA TRIBES(プーマ トライブス)の新デザインを採用。ストリート感があるカモフラージュ柄と、スポーティーで伝統的なボーダー柄を合わせ、ピッチ上での選手の新たな見え方を追求した、 PUMAの革新的試みを表現したデザインとなっているとのこと。 京都の伝統的なカラーであるパープルを取り入れ、新たな挑戦をピッチ上で彩るというコンセプトが掲げられている。 J2最少失点で昇格を成し遂げ、アンカーのMF川崎颯太などの躍進も目立った京都。12年ぶりに復帰する来季のJ1の舞台では、どのような戦いを繰り広げるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】12年ぶりにJ1を戦う、京都の2022シーズンユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">本日、「2022シーズンユニフォームデザイン発表」<br>安藤 淳ブランドアンバサダー着用で発表いたしました。<br><a href="https://t.co/GiyxdXlSZ4">https://t.co/GiyxdXlSZ4</a><br><br>※公式WEBサイト本件ニュース掲載時にシステム不具合が発生しておりましたが、現在復旧中です。(17:37時点)<a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%ACFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#京都サンガFC</a> #2022 <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ユニフォーム</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#京都サンガ</a> <a href="https://t.co/oQmgtV5FG2">pic.twitter.com/oQmgtV5FG2</a></p>&mdash; 京都サンガF.C. (@sangafc) <a href="https://twitter.com/sangafc/status/1467413644875304967?ref_src=twsrc%5Etfw">December 5, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.05 18:55 Sun
twitterfacebook
thumb

磐田主砲ルキアンが22ゴールでJ2得点王! 京都FWピーター・ウタカを1得点差に抑えてトップスコアラーに

明治安田生命J2リーグの今季日程が5日の最終節をもって終了。ジュビロ磐田のFWルキアンがJ2得点王争いを制した。 出場停止の第36節こそ欠場したルキアンだが、それ以外の全試合に出場して、J2優勝でJ1昇格を決めたチームの主砲として稼働。第3節で初ゴールをマークすると、第5節から9節にかけて5戦連発の6得点した。第28節から第33節にかけても6戦連発の7ゴールを記録。計22ゴールを挙げ、初のJ2得点王に輝いた。 また、2位は優勝の磐田に次ぐ2位で12年ぶりのJ1昇格を果たした京都サンガF.C.で、今季も得点源として抜群の存在感を発揮したFWピーター・ウタカ。昨年に続く得点王が期待された37歳のフィニッシャーだが、昨季の10ゴールから大幅に得点数を伸ばしたルキアンにわずか1得点及ばずの21得点に終わった。 そのほか、3位は17ゴールをマークした東京ヴェルディのMF小池純輝。V・ファーレン長崎のFWエジガル・ジュニオが15得点でその小池に続き、最終節で4ゴールと大暴れしたモンテディオ山形のFWヴィニシウス・アラウージョ、ジェフユナイテッド千葉のMF見木友哉が14得点で5位タイにランクインした。 ◆J2得点ランキング 【22】 ルキアン(ジュビロ磐田) 【21】 ピーター・ウタカ(京都サンガF.C.) 【17】 小池純輝(東京ヴェルディ) 【15】 エジガル・ジュニオ(V・ファーレン長崎) 【14】 ヴィニシウス・アラウージョ(モンテディオ山形) 見木友哉(ジェフユナイテッド千葉) 【13】 佐藤凌我(東京ヴェルディ) 谷口海斗(アルビレックス新潟) 上門知樹(ファジアーノ岡山) 【12】 中山仁斗(水戸ホーリーホック) 2021.12.05 15:59 Sun
twitterfacebook
thumb

金沢が残留争いから生還! J1昇格決めた京都の凱旋試合を0-0ドロー【明治安田J2最終節】

ツエーゲン金沢が明治安田生命J2リーグの残留争いから生還した。 41試合を消化して、勝ち点40で17位につける金沢。16位のザスパクサツ群馬、18位の大宮アルディージャ、19位のSC相模原と残留を争うなか、5日に敵地で行われた最終節では2位フィニッシュでのJ1昇格が決めた京都サンガF.C.と対戦した。 勝てば自力残留の金沢はJ1昇格決定後の凱旋試合でもある京都の圧を序盤から受けたが、粘りある守りで対抗。後数少ない攻撃シーンでも、27分に獲得した左CKのチャンスから庄司が惜しいヘディングシュートを放つなど、決定機も作り出す。 後半に入り、前がかった金沢だが、京都も今季退団の庄司らを投入して、より攻勢に。勝利で締めようと残る交代枠で李、荒木も立て続けに投入した京都が迫力ある攻撃を展開するが、1ポイントが残留の行方を左右する金沢も集中を切らさない。 結局、京都の攻撃を無失点で切り抜けた金沢は敵地で勝ち点1を上積み、41ポイントに。他力となったが、相模原の敗戦を受け、17位フィニッシュによる残留が決定している。 京都サンガF.C. 0-0 ツエーゲン金沢 2021.12.05 15:07 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly