【Jリーグ出場停止情報】京都、武田将平&本多勇喜が次節出場不可に

2021.09.09 17:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグは9日、出場停止選手の情報を更新した。

今回は7日に行われた明治安田生命J2リーグ第25節の松本山雅FCvs京都サンガF.C.を受けて、新たに京都からMF武田将平、DF本多勇喜の2選手が処分対象に。それぞれ警告の累積による1試合停止処分が科され、次節欠場が決定した。

【明治安田生命J1リーグ】
MF瀬古樹(横浜FC)
第28節 vs浦和レッズ(9/11)
今回の停止:1試合停止
MFハイネル(サンフレッチェ広島)
第28節 vs横浜F・マリノス(9/11)
今回の停止:1試合停止

【明治安田生命J2リーグ】
DFチャン・ミンギュ(ジェフユナイテッド千葉)
第29節 vsジュビロ磐田(9/11)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

MF武田将平(京都サンガF.C.)
第29節 vsFC琉球(9/11)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

DF本多勇喜(京都サンガF.C.)
第29節 vsFC琉球(9/11)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

MF田中陸(レノファ山口FC)
第29節 vsFC町田ゼルビア(9/11)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

【明治安田生命J3リーグ】
FWブレンネル(いわてグルージャ盛岡)
第18節 vs鹿児島ユナイテッドFC(9/11)
今回の停止:3試合停止(3/3)

【JリーグYBCルヴァンカップ】
DF小川諒也(FC東京)
準決勝第1戦 vs名古屋グランパス(10/6)
今回の停止:1試合停止

関連ニュース
thumb

京都10番、アカデミー卒の福岡慎平が契約更新! 「2023シーズンもタフに自分らしく貪欲に」

京都サンガF.C.は3日、MF福岡慎平(22)と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 京都のアカデミー卒である福岡は2種登録も経験して、2019年に正式昇格。アンダー世代の日本代表歴も持つヤングタレントで、2年目から一気にポジションを掴み、チームがJ1昇格を果たした今季から背番号を10番に変更した。 自身にとっては初挑戦のJ1リーグだったが、インサイドハーフやアンカーで28試合に出場。そのほか、ルヴァンカップ7試合出場1得点、天皇杯4試合出場、J1参入プレーオフ1試合出場の数字をマークした。 契約更新を受けて、クラブ公式サイトで「今シーズンも熱い声援ありがとうございました!」と今季を通じてのサポートに感謝しつつ、来季に向けて決意を新たにしている。 「来季もこの素晴らしいクラブでプレーできることを誇りに思います。2023シーズンもタフに自分らしく貪欲にプレーして、このクラブにタイトルをもたらせるよう日々成長していきます!」 2022.12.03 10:05 Sat
twitterfacebook
thumb

京都、通算在籍12年の宮吉拓実と契約更新 「紫に染まったスタジアムで来シーズンも共に」

京都サンガF.C.は2日、FW宮吉拓実(30)と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 宮吉は京都の育成出身で、トップチーム昇格を果たしてからカターレ富山、サンフレッチェ広島、北海道コンサドーレ札幌でもプレー。2019年に京都復帰を果たした。 チームとともに明治安田生命J1リーグを戦った今季はリーグ戦15試合出場で2得点。ルヴァンカップや、天皇杯、J1参入プレーオフでも計8試合でプレーした。 来季で京都の選手として通算13シーズン目を迎える宮吉はクラブの公式サイトを通じて、決意を新たにしている。 「京都サンガF.C.を応援してくださるファン、サポーターの皆さま、また日頃よりご支援いただいているスポンサーの皆さま、今シーズンもたくさんのサポートをしていただきありがとうございました」 「コロナ禍による手拍子のみでの応援、声出し応援適用試合での熱いご声援、サンガスタジアムby KYOCERAのあの素晴らしい雰囲気の中、このクラブの一員としてプレーさせていただいていることが本当に幸せです」 「僕は今年、自分の人生の中で大切な人を3人失いました。日々サッカーができることに感謝し、一日一日を大切に頑張っていきたいと思います。紫に染まったスタジアムで来シーズンも共に戦いましょう」 2022.12.02 12:50 Fri
twitterfacebook
thumb

J1残留決めた京都、来季ユニフォームは鳳凰のシルエットを大胆配置し2トーンカラーに

京都サンガF.C.は23日、2023シーズンのユニフォームデザインが決定したことを発表した。 ロアッソ熊本とのJ1参入プレーオフ決定戦により、辛くもJ1残留を決めた京都。曺貴裁監督の続投も発表され、就任3年目でスタイルの深化を狙う。 さらなる躍進を目指す来季のユニフォームはPUMAのグローバルコンセプト『CELEBRATING THE ROOTS』に基づき、クラブのエンブレムからインスピレーションを得たデザインとなった。 エンブレムで使用されている鳳凰が胸元に大きく大胆に配置され、色味は京都の街並を思わせる2トーンカラーで構成。ホームは濃淡のパープル、アウェイは白とグレーを採用した。 GK用の1stユニフォームは水色、2ndユニフォームが緑を基調としている。 販売等に関する詳細については未定。決定次第告知されるとのことだ。 <span class="paragraph-title">【写真】鳳凰のシルエットを大胆配置、京都の2023年用ユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">2023シーズン ユニフォームデザイン決定のお知らせ<br><br>詳細はこちら<br><a href="https://t.co/D4OuEqNhAw">https://t.co/D4OuEqNhAw</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%ACFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#京都サンガFC</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#京都サンガ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#サンガ</a> <a href="https://t.co/pWMOgzwp36">pic.twitter.com/pWMOgzwp36</a></p>&mdash; 京都サンガF.C. (@sangafc) <a href="https://twitter.com/sangafc/status/1595266695366836224?ref_src=twsrc%5Etfw">November 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.23 20:45 Wed
twitterfacebook
thumb

京都、今季加入の大前元紀と契約満了 「来年もJ1の舞台で京都らしく頑張って」

京都サンガF.C.は19日、FW大前元紀(32)の契約満了を発表した。 流通経済大学付属柏高校から清水エスパルスでプロ入り後、ドイツ挑戦も経験した大前。清水でJリーグ復帰してから、大宮アルディージャ、ザスパクサツ群馬を経て、今季からJ1昇格の京都入りした。 トータルで公式戦21試合に出場して、大半が途中からだったが、5ゴールを記録。チームはロアッソ熊本とのプレーオフを経て、J1残留を決めたが、自身は加入1年でチームを退団することが決まった。 大前はクラブを通じて、まずチームのJ1残留を祝福。その上で自身の退団を報告し、1年間の声援に感謝した。 「まずはJ1残留おめでとうございます。来年もJ1の舞台で京都らしく頑張ってください。今シーズンをもって退団することになりました。あまり力にはなれませんでしたがサポートしていただきありがとうございました。1年間と短い時間でしたが応援してくださりありがとうございました」 2022.11.19 16:15 Sat
twitterfacebook
thumb

PO行きもJ1残留の京都が曺貴裁監督の続投を発表「来シーズンもともに戦ってください」

京都サンガF.C.は19日、曺貴裁監督(53)の続投を発表した。 湘南ベルマーレで長らく指揮を執った曺貴裁は、2021年から京都の監督に就任。1年目でチームを12年ぶりのJ1昇格に導いていた。 久々のJ1の舞台となった今シーズンは、スタイルを貫きながら戦い続けたものの、後半戦で勝ち点が伸び悩み、16位でフィニッシュ。J1参入プレーオフに回ったが、ロアッソ熊本相手に1-1のドローとなり、J1残留を掴んでいた。 曺貴裁監督はクラブを通じてコメントしている。 「2023シーズンも監督として京都サンガF.C.の指揮をとることが決まりとても喜ばしい気持ちです。昨シーズンはJ1の厳しい試合やプレーの老獪さに戸惑いながらも選手たちは大きく成長してくれました」 「最後のプレーオフの戦いを乗り越えたことを良い意味で自信とし、来シーズンはさらに飛躍できるよう選手・スタッフ・クラブと一丸となってあの素晴らしいサンガスタジアム by KYOCERAを感動空間にしていきたいと思います」 「京都の街の魅力にサッカーが本当に浸透するように、これからも努力を続けたいと思います。来シーズンもともに戦ってください」 2022.11.19 09:27 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly