キッカケは「ゲームボーイ」、東京五輪の銀メダリスト、スペイン代表の新10番ソレールがサッカーを始めた理由を告白

2021.09.07 21:47 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
東京オリンピックでは日本代表戦でもゴールを決め、銀メダルを獲得したバレンシアのスペイン代表MFカルロス・ソレールが意外な事実を告白した。

バレンシアの下部組織出身のソレールは、これまでラ・リーガで150試合に出場し22ゴール20アシストを記録するなど、公式戦188試合で26ゴール26アシストを記録している。

U-24スペイン代表として今夏行われた東京オリンピックに参戦。全6試合に出場しチームの銀メダル獲得に貢献した。
そのソレールは、東京オリンピックでの活躍も認められ、9月のカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選に臨むスペイン代表に初招集。スウェーデン代表戦、ジョージア代表戦と2試合に先発出場し連続ゴールを記録していた。

そのソレールは、スペイン代表のインタビューに応じ、自身のキャリアのスタートについてコメント。祖父による意外なものが理由でサッカーを始めたと明かした。

「祖父はいつも僕と一緒にいてくれた。彼は僕をパテルナのトレーニングに連れて行ってくれたんだ」

「僕が5歳の時、僕はすでにビデオゲームが大好きだったんだ。そして、祖父は僕がサッカーチームに入れば、ゲームボーイを買ってくれると言ったんだ」

「僕はみんなと一緒にプレーするのが好きじゃなかった。でも、そういう理由で始めたんだ。だから、ここにいるのは祖父のおかげでもあるんだ」



1 2

関連ニュース
thumb

恨み辛みなし… W杯落選イグレシアス、L・エンリケ監督を絶賛「とんでもない男」

カタールW杯行きを逃したベティスのスペイン代表FWボルハ・イグレシアスが、ルイス・エンリケ監督へエールを送っている。 イグレシアスはW杯メンバー発表前最後の公式戦となった9月のUEFAネーションズリーグで29歳にしてA代表デビュー。今季のラ・リーガで中断期間までに13試合8得点2アシストと絶好調だったが、最終的にはカタール行きを逃すこととなった。 それでも、自身を選出しなかったルイス・エンリケ監督への恨み辛みはなし。スペイン『ムンド・デポルティボ』のインタビューで同監督の手腕を絶賛し、W杯優勝も十分にあり得ると太鼓判を押した。 「僕には彼(L・エンリケ監督)が天才に見える。会うまでにスーパーな指揮官だとは思っていたが、実際に彼のチームへ行くと、とんでもない男だと感じたよ。各選手が異なるクラブから集まる代表チームを掌握するのは容易ではないと思うけど、彼はやってのけてしまう」 「前回の招集チームでは僕を呼んでくれて嬉しかった。彼は本当に優れたコーチで、彼のために戦いたいと思ったよ。今のチームは優勝に値する能力を持っていて、個人的に最高の選手はペドリだ」 2022.11.28 21:27 Mon
twitterfacebook
thumb

「日本に勝ってくれと言われた」崖っぷちのドイツ代表DFリュディガーがカルバハルに切望

スペイン代表DFダニ・カルバハルが、レアル・マドリーで同僚のドイツ代表DFアントニオ・リュディガーからあるお願いをされているようだ。 両選手は27日にグループE第2節で激突。ワールドカップ優勝経験のある強豪同士の対戦は、白熱した展開となった中で終盤にドイツが追いつく形で1-1のドローに終わった。この結果、同グループの順位は勝ち点4のスペインを筆頭に、日本とコスタリカが共に勝ち点3で並び、ドイツが勝ち点1という並びに。 そして、運命の最終節は日本vsスペインとコスタリカvsドイツという構図に。ここで崖っぷちのドイツ代表の最終ラインを守るリュディガーは、日本と対戦するスペインのカルバハルへ、クラブでのチームメイトのよしみから日本に絶対に勝つようお願いがあったようだ。カルバハルはドイツ戦を振り返りながら、リュディガーからの申し出を明かしている。 「フェアな引き分けだったと言える。両チームともアイディアを出し合った結果だ。前半は非常にタイトな展開で、その後に僕たちが先制すると、ドイツは様々な変更を加えてリスクを負いながら前に出てくるようになった。それで僕らはタフな思いをすることになったんだ」 「僕らが追加点を取れていれば試合は終わっていたけど、そうはいかずにボールロストから同点に追いつかれてしまった。今日の失敗を修正し、日本に勝たなければならないね」 「リュディガーからは日本に勝ってくれと言われたよ。だけど、そんなこと言われなくても僕らが勝ちに行くことは間違いない。僕らは全ての試合に勝って首位で突破したいんだ」 2022.11.28 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

日本代表、ベスト16行きの可能性が70%から26%にまで急下降…AI分析ではコスタリカ戦の敗戦に加えスペインvsドイツのドローも影響で苦しい事態に

カタール・ワールドカップ(W杯)初戦のドイツ代表戦で劇的勝利を収めた日本代表だったが、第2戦ではコスタリカ代表に0-1と痛恨の敗戦を喫してしまった。 今大会の試合結果の予想をAI分析を活用して算出しているのが、『NewsDigest/JX通信社』。全ての試合を1万回シミュレーションし、弾き出された結果だが、グループEの第2戦が終わった段階での最新データが発表された。 1つは、日本のグループステージ突破の確率だ。 大会前は33.9%だった中、ドイツに勝利したことで70.8%まで上昇。しかし、コスタリカに敗れたことで、一気に33.9%と大会前の数値に戻った。 加えて、スペイン代表とドイツ代表が引き分けたことを受け、28日の10時のデータでは26.1%に。大会前の予想以上に厳しい数値が弾き出されることとなった。 日本のグループステージ突破条件は、スペインに勝利するか、引き分けた場合でもコスタリカが勝利すること、そしてドイツが勝利した場合でも、1点差でさらに1-0などのロースコアで終わることが条件となる。とても厳しい状況となった。 また、ベスト8行きの確率も、大会前は25.5%あったものの現在は10.3%まで下落している。 それでは大事な第3戦の勝率はどうなのか。これは日本vsスペイン、コスタリカvsドイツの両試合の確率が公開され、日本がスペインに勝つ確率は21%、引き分けも19.5%となっている。 一方、コスタリカがドイツに勝つ確率は23.3%、引き分けは20.1%となっている状況だ。 日本は大きすぎる敗戦を喫したことがAI分析の数値の変動からも見て取れるが、果たして新しい景色を見ることはできるだろうか。 スペイン戦は12月1日に行われる。 <span class="paragraph-title">【画像】日本のグループ突破条件は!? AI分析による確率の変動もチェック</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/jx20221128_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/jx20221128_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/jx20221128_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/groupE20221128_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2022.11.28 17:10 Mon
twitterfacebook
thumb

Jリーグを知る選手も2人!ドイツ戦のスタンドにスペイン代表黄金期メンバーが集結「まさにレジェンド」

スペイン代表のレジェンドが集結した。 カタール・ワールドカップ(W杯)で日本代表と同じグループEに入っているスペイン。27日には第2節でドイツ代表と対戦し、1-1の引き分けで終えた。 2010年の南アフリカW杯以来の優勝を目指すスペインだが、ドイツ戦のスタンドには当時「無敵艦隊」とも呼ばれた優勝メンバーのアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)、カルロス・プジョール氏、、ダビド・ビジャ氏の姿があった。 南アフリカ大会のベストイレブンに当たるドリームチームにも選ばれていた3人の集結ショットにはファンも感激。「バルサのレジェンドでもある」、「まさにレジェンド」、「この写真はアツいな」といった声のほか、日本のファンから「2人Jリーグ経験者なのヤバい」といった驚きの声が上がっている。当時のスペインにはサガン鳥栖でプレーしたフェルナンド・トーレス氏もいた。 世代交代を図り若い戦力が台頭しているスペインはどのような戦いを見せてくれるのか。12月1日には日本と対戦する。 <span class="paragraph-title">【写真】スペイン代表の黄金期メンバーが集結!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cle2kQlj16g/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cle2kQlj16g/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cle2kQlj16g/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">FC Barcelona(@fcbarcelona)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.28 14:35 Mon
twitterfacebook
thumb

「心の中で一緒に」亡き娘の13歳の誕生日… スペイン代表指揮官が思いを馳せる

スペイン代表のルイス・エンリケ監督が、3年前に他界した天国の娘に思いを馳せた。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 カタールW杯でスペイン代表を率い、2010年の南アフリカ大会以来となる優勝を目指すL・エンリケ監督。28日に行われたグループ第2戦のドイツ代表戦は1-1のドローとなり、現時点で1勝1分の首位に。来月2日の日本代表戦は決勝トーナメント進出がかかる大事な一戦となる。 そんな同監督だが、2018年7月のスペイン代表指揮官就任後、骨肉腫を患っていた娘のシャナちゃんの看病のために翌年6月に一度辞任。シャナちゃんはおよそ5ヶ月の闘病の末、同年8月に9歳の若さで亡くなった。 その3ヶ月後には指揮官に復帰し、欧州予選を勝ち抜いてカタールの地へと辿り着いたが、ドイツ戦が行われた11月27日(現地時間)はシャナちゃんの誕生日。試合後のインタビューでは、この日13歳になるはずだった天国の娘に思いを馳せている。 「今日は間違いなく、私と家族にとって特別な日だった。私たち家族はもうシャナに会えないが、心の中ではいつも一緒にいる」 「彼女の笑顔を思い出したり、日常で起こるささいな出来事に『彼女ならどうリアクションするだろう?』などと考えてしまう。きっと人生とはそういうもの。そのどれもが美しく、今では感情をコントロールすることもできるようになっているよ」 2022.11.28 13:52 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly