サウサンプトンDFが元同僚の吉田麻也を絶賛! 「素晴らしいお手本だった」

2021.09.07 15:37 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サウサンプトンのイングランド人DFジャック・スティーブンスが、サンプドリアの日本代表DF吉田麻也を絶賛している。

サウサンプトンの下部組織出身で、2度のローン移籍を除けばセインツ一筋を貫いているスティーブンス。2016-17シーズンからトップチームに定着し、すでに同クラブで一定の地位を築いていた吉田とチームメイトになった。

また、今や世界最高のセンターバックとしての呼び声高いオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクとも共闘したスティーブンスだが、クラブの公式インタビューで「全盛期の状態で戻ってきてほしいDF」を尋ねられると、そのファン・ダイクではなく、3シーズン半をともに過ごした日本代表キャプテンの名前を挙げた。

「パートナーを組むという観点で考えなければならない。僕がトップチームに入ったばかりの時、マヤと一緒にプレーするととてもやりやすかったんだ」

「試合のことも、どこに行こうかなんてことも話す必要なく、自然体でいられたよ。彼はピッチ外でも素晴らしい存在で、最高のお手本だった。全ての面でとてもいい奴だったよ」

関連ニュース
thumb

プレミアでいまだ勝利なしのセインツ、選手からも監督交代の予想者が?

サウサンプトンの選手たちが監督への忠誠心を失いつつあるようだ。 サウサンプトンは2018年12月からラルフ・ハーゼンヒュットル監督(54)が指揮。ショートカウンターを売りとするオーストリア人指導者だが、それに不可欠なハイプレスを掻い潜られると、ひとたび脆さも露呈して、安定感を欠いている。 プレミアリーグでは実際に過去、2度も0-9の大惨敗を喫するなど、就任初年度からボトムハーフを彷徨う状況。16位、11位ときての昨季も15位に終わり、今季もここまで7試合を消化して、4分け3敗といまだ勝利なく、17位と低調にスタートした。 イギリス『Football Insider』によると、そうしたスタートからの躓きで一部サポーターのハーゼンヒュットル監督に対するプレッシャーが集まるなか、選手たちの間でそう長く現体制が続かないとの強い感覚を持つ者も出てきているという。 クラブの上層部もこれ以上、残留争いに巻き込まれそうな様相を呈した場合、監督交代のアクションを起こす可能性が高い様子。一時セルティック行きの噂が浮上しながらフリーが続くエディ・ハウ氏がサウサンプトンの指揮を希望しているようだ。 2021.10.13 16:55 Wed
twitterfacebook
thumb

古巣チェルシー戦躍動のリヴラメントに買い戻し条項が存在…本人は復帰の可能性なくさず

今夏にチェルシーからサウサンプトンに移籍したイングランド人DFヴァレンティノ・リヴラメント(18)が、将来的な復帰の可能性を残している。イギリス『ミラー』が伝えた。 7歳の頃からチェルシーのアカデミーで育ったリヴラメントは、今夏に500万ポンドの移籍金でサウサンプトンに移籍した。幼少期から才能に溢れた選手で、2019年からU-23チェルシーを主戦場とし、通算30試合で3ゴール8アシストを記録。また、今年9月には18歳ながらU-21イングランド代表に飛び級選出されている。 トップチームでの出場を求めて新天地として選んだセインツでは、プレミアリーグ開幕節から右サイドバックの主力として先発出場を続けている。その中で今月2日、第7節でチェルシーとの古巣戦に挑んだ。60分には高いアジリティを生かして対峙するDFベン・チルウェルのファウルを誘い、PK獲得の活躍を披露。試合後に古巣サポーターから大きな称賛が浴びせられた。 復帰を求める声も少なくないが、伝えられるところによると、チェルシーは2500万ポンド(約38億円)の買い戻し条項を設けているとのこと。背景にはトーマス・トゥへル監督の要望もあったようだ。 チェルシー戦後、リヴラメントは長らく過ごした同クラブからの退団は簡単な決断ではなかったとしながらも、後悔のない最善の選択だったとコメント。育ててくれたチェルシーに感謝を述べつつ、将来的な復帰の可能性を排除しなかった。 「チェルシーにいたままだと、これほど早くトップチームでプレーすることはできなかったと思う」 「僕も周りの人にとっても難しい決断だった。常に僕のことを気にかけていてくれたからね。それでもチェルシーはこの移籍が僕にとっても最善であることに同意してくれた」 「チェルシーが僕をどのように扱い、今日まで成長させてくれたことに、悪い言葉なんて決して出てこない。誰もがそこに行って成長したいと思える最高のアカデミーだよ」 「(復帰について)いつかあるかもしれないね。でも今はサウサンプトンでのフットボールを楽しんでいる。頭の中にはそれしかないよ。可能な限り多くのポイントを獲得し、個人的に向上することを目指していきたい」 2021.10.06 16:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ヴェルナーが値千金の今季リーグ初ゴール! 10人のセインツを振り切ったチェルシーが連敗ストップ《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第7節、チェルシーvsサウサンプトンが2日にスタンフォード・ブリッジで行われ、ホームのチェルシーが3-1で勝利した。   リーグ3位のチェルシーは前節、マンチェスター・シティとのビッグマッチに0-1のスコア以上の完敗を喫して今シーズンの初黒星を喫した。さらに、ミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)では飛車角抜きのユベントスに同じく0-1で敗れて今季初の連敗となった。   その連敗からのリバウンドメンタリティが試される一戦では、今季リーグ未勝利も上位相手に善戦が光る16位のサウサンプトンをホームで迎え撃った。ユベントス戦からは先発5人を変更。クリステンセンとマルコス・アロンソに替えてチャロバー、チルウェルをディフェンスラインで入れ替えたほか、ジョルジーニョに替えてロフタス=チーク、前線はルカクの相棒にツィエク、ハヴァーツではなくヴェルナー、ハドソン=オドイを起用した。   立ち上がりはアウェイでもアグレッシブにハイプレスを仕掛けていくセインツが主導権を握る。だが、相手のハイラインに対して、ルカク、ハドソン=オドイ、ヴェルナーと快足アタッカー3人を並べたチェルシーも、徐々に背後を取る形で相手陣内深くまで侵攻していく。   すると9分、右CKの場面でキッカーのチルウェルが左足インスウィングで入れたクロスをニアのロフタス=チークが頭でファーへ流すと、大外からタイミング良く飛び込んだチャロバーがダイビングヘッドで合わせた。   スタメンに抜擢した生え抜きコンビの絡みからファーストチャンスを生かして、3試合ぶりのゴールを挙げたチェルシー。以降は相手のプレッシャーをいなしながらゲームをコントロール。ルカクへの鋭いクサビ、ヴェルナーを背後に走らせる形で追加点を目指す。   やや膠着状態に陥った中、20分過ぎにはウォード=プラウズ、ロフタス=チークと際どいミドルシュートを打ち合うと、26分にはコバチッチとの短いパス交換でゴール前に飛び出したチルウェルがニア下へ決定的なシュートを飛ばすが、これはGKマッカーシーがうまく足を残して阻止した。   一方、今季初勝利に向けて前半の内に追いつきたいセインツは33分、この試合2度目の決定機を創出。左サイド深くでのスローインの流れからウォーカー=ピータースが巧みなドリブル突破をみせ、ゴールライン際から絶妙なクロスを供給。だが、飛び込んだウォルコットはDFの寄せもあってヘディングシュートを枠に飛ばせず。   すると、ピンチの後にチャンスあり。直後の36分にはリュディガーの豪快な持ち上がりからのスルーパスに反応したルカクがボックス左から左足のシュートを右隅へ流し込むが、これは惜しくもオフサイドの判定となった。   前半終盤にかけてはカウンターの応酬となった中、切り替え、繋ぎの精度で勝るチェルシーが、より多くの決定機を創出。41分には波状攻撃からボックス左のゴールライン際でハドソン=オドイが上げたクロスを、ヴェルナーが頭で合わせてゴールネットに叩き込む。しかし、今季リーグ戦初ゴールかに思われたドイツ代表FWのゴールはオンフィールド・レビューの結果、カウンターの起点となったアスピリクエタのボール奪取の場面でファウルがあったとして取り消しとなった。   追加点こそ奪えなかったものの、良い形で試合を折り返したチェルシーは、後半も同じメンバー布陣でスタート。対するサウサンプトンはウォルコットを下げてディアロを投入し、ロメウを3バックの中央に下げた[3-5-2]の布陣に変更した。   アウェイチームの変化もあって前半終盤のような勢いを出せないチェルシーだったが、危なげなく試合を進めていく。だが、60分には古巣初対戦の18歳DFに手痛い恩返しを受ける。ボックス右で細かいステップで仕掛けたリヴラメントに対して、後手の対応となったチルウェルが足を挟み込む形で倒してしまい、痛恨のPK献上。これを名手ウォード=プラウズにゴール左下隅へ決められた。   この失点を受けてトゥヘル監督は65分、ハドソン=オドイを下げて負傷明けのマウントをトップ下の位置に投入。攻勢を強めていく中で71分にはボックス付近でのルカクのポストワークから前向きな状態でゴール前に仕掛けたヴェルナーがDFを外して決定的なシュートを放つが、これはGKマッカーシーのビッグセーブに遭う。   その後、コバチッチに替えてジョルジーニョを2枚目のカードとして切ると、直後に試合の行方を大きく左右するアクシデントが発生。自陣ボックス付近でGKメンディからボールを受けたジョルジーニョにウォード=プラウズがハードなスライディングタックルを見舞うと、一度はイエローカードが掲示されるもオンフィールド・レビューの結果、足裏を見せた危険なアフターチャージとの判定でカードの色が赤に変わった。   数的優位を手にして相手を押し込むチェルシーは83分、ロフタス=チークを下げてバークリーを最後の交代カードとして切ると、この選手交代が勝ち越しゴールをもたらす。84分、ボックス手前左でボールを受けたバークリーから右サイドの深い位置に飛び出したアスピリクエタへ絶妙なサイドチェンジが通る。これをアスピリクエタが見事に右足ダイレクトでゴール前に折り返すと、飛び込んだヴェルナーがワンタッチで押し込んだ。   正真正銘のヴェルナーの今季リーグ初ゴールでリードを手にしたチェルシーは、このまま一気に試合を決めに行く。そして、89分にはマウントの正確な右からのクロスを起点にルカク、アスピリクエタが続けて枠に直撃するシュートを放つと、最後はボックス左でこぼれ球に反応したチルウェルがゴール左隅へすかさずシュートを飛ばす。これはGKマッカーシーにかきだされるが、ゴールライン・テクノロジーによってゴールが支持された。   そして、セインツ相手に苦戦を強いられながらも終盤の連続ゴールで振り切ったチェルシーが公式戦の連敗をストップする3試合ぶりの白星を手にした。 2021.10.03 01:06 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシー、セインツで躍動中のSBリヴラメントの買い戻し金額が判明

今夏、チェルシーからサウサンプトンに加入し、印象的な活躍を見せるU-21イングランド代表DFティノ・リヴラメント(18)に関して、買い戻し条項の金額が明らかになった。イギリス『The Athletic』が報じている。 幼少期にチェルシーのアカデミーに加入したリヴラメントは、右サイドバックやウイングバックを主戦場とする、攻撃的なサイドバック。イングランド屈指の育成組織において、早い段階から頭角を現した逸材は、常に飛び級により年長のカテゴリーで活躍し、昨シーズンにはトップチームでもベンチ入りを果たしていた。 ただ、世界屈指のスカッドを誇るチームにおいて今後も出場機会が限られることが予想されており、今夏の移籍市場では500万ポンド(約7億5000万円)の移籍金でサウサンプトンに完全移籍していた。 そのサウサンプトンではエバートンとの開幕戦でプレミアリーグデビューを飾ると、ここまでのリーグ戦全試合でスタメン出場。持ち味のスピードや運動量を生かしてチームの攻撃に推進力を与えると、守備面でも相手に食らいついていく強度の高い守備で一線級のアタッカーに対しても堂々たるプレーぶりを披露している。 この活躍により、すでに国内外のビッグクラブからの関心を集め始めている18歳だが、仮に今後のステップアップを図る場合はチェルシー復帰が既定路線だという。 チェルシーは今夏の売却の際、サウサンプトンとの間で2023年夏に有効となる5000万ポンド(約75億4000万円)の買い戻し条項を盛り込んでいたという。ただ、各種インセンティブを考慮した場合、実質的には3800万ポンド(約57億3000万円)の支払いで買い戻しが可能となるようだ。 現時点では若手サイドバックに対する3800万ポンドの支払いは、かなり割高と言えるが、リヴラメントが20歳となる2年後に更なるスケールアップを遂げた場合、前述の金額がお買い得価格となる可能性は十分にあるはずだ。 2021.09.30 22:38 Thu
twitterfacebook
thumb

善戦セインツにホームで大苦戦のシティ、枠内シュート1本でゴールレスドロー…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第5節、マンチェスター・シティvsサウサンプトンが18日にエティハド・スタジアムで行われ、0-0のドローに終わった。 シティは前節、レスター・シティとの強豪対決を1-0で制してリーグ3連勝を達成。さらに、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではRBライプツィヒとの打ち合いを6-3で制し、目下公式戦4連勝中だ。 ここまで3分け1敗と開幕未勝利が続くサウサンプトンをホームで迎え撃った一戦では、ライプツィヒ戦から先発5人を変更。ジンチェンコとロドリ、デ・ブライネ、マフレズ、フェラン・トーレスに替えてウォーカー、フェルナンジーニョ、ギュンドアン、スターリング、ガブリエウ・ジェズスが起用された。 戦前の予想とは異なり、立ち上がりからアウェイのセインツがボールの主導権を握って押し込む入りとなる。決定機には至らないものの、序盤からシティのプレスをいなしながら再三ボックス付近まで運んでいく。15分には相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのウォード=プラウズが右足インスウィングで入れたボールがそのままファーポストに向かうが、これはGKエデルソンの好守に阻まれる。 予想外に押し込まれる入りとなったものの、20分を過ぎた辺りから攻守両面で相手の戦い方にアジャスト。相手のプレスをいなしながらギュンドアンの2列目からの飛び出し、左サイドで個の優位性をもたらすグリーリッシュを起点に再三の惜しい場面を作り出す。だが、最後のクロスの質やシュート精度を欠く。 前半半ばから終盤にかけてはボールを握るシティとカウンターで応戦するセインツという、当初の想定通りの形で一進一退の攻防が続く。だが、両チームともに最後の局面で高い集中力を発揮する相手の守備を上回ることができず、前半の枠内シュートは前半終了間際にエルユヌシが放った力のないシュート1本のみとなった。 後半もセインツの攻勢に晒されるシティはカウンターからアダムスに決定機を許すなど、難しい入りに。63分には自陣でのボールロストからアダム・アームストロングにボックス内に抜け出されると、DFウォーカーがボックス内で交錯。このファウルに対して主審はPKを与えると共にレッドカードを掲示した。しかし、オンフィールドのレビューの結果、判定がノーファウルに覆り事なきを得た。 流れを変えたいグアルディオラ監督は65分を過ぎてフェルナンジーニョ、ジェズス、ベルナルド・シウバを下げてデ・ブライネ、マフレズ、フォーデンと3人の技巧派レフティを続けてピッチへ送り込む。 この交代をキッカケにより相手陣内の深い位置でのプレーが増え始め、前がかった相手に対して、前半はあまりなかったカウンターを繰り出す場面も出てくる。だが、連戦の疲れか、スターリングが最後の局面でタッチミスや判断ミスを犯すなど、集中したセインツの守備を前に決定機はおろか、枠内シュートさえも放つことができない。 試合終了間際の90分には左CKの流れからデ・ブライネのピンポイントクロスに反応したフォーデンがボックス左でダイビングヘッド。この試合、チーム初の枠内シュートはGKの好守に阻まれるが、こぼれ球をスターリングが押し込む。 これが試合終了間際の劇的決勝点になるかに思われたが、VARのレビューの結果、スターリングのオフサイドを取られてゴールは認められず。そして、試合はこのままタイムアップを迎え、圧倒的な強さを誇るエティハドで2017年3月のストーク戦以来の枠内シュート1本に終わったシティは、連勝が「3」でストップした。 2021.09.19 01:29 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly