3位争う鹿島に痛手…DF犬飼智也がハムストリング負傷で全治6週間

2021.09.07 12:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
鹿島アントラーズは7日、DF犬飼智也の負傷を発表した。

クラブの発表によると、犬飼はYBCルヴァンカップ プライムステージ準々決勝第2戦の名古屋グランパス戦で負傷したとのことだ。

犬飼は名古屋戦に先発出場を果たしていたが、60分に安西幸輝と交代していた。

チームドクターによる検査結果は、左ハムストリング筋損傷。全治は約6週間とのことだ。

犬飼は今シーズンの明治安田生命J1リーグでここまで24試合に出場し5得点。ルヴァンカップでも6試合に出場していた。

鹿島は現在J1で4位に位置。来シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の出場権が得られる熾烈な3位争い真っ只中での守備の要の離脱となった。


関連ニュース
thumb

浦和が鹿島と引き分け7戦連続ドロー、互いに攻め合うも決勝点は生まれず【明治安田J1第14節】

明治安田生命J1リーグ第14節、浦和レッズvs鹿島アントラーズが21日に埼玉スタジアム2002で行われ、1-1のドローに終わった。 16位に沈む浦和と2位につける鹿島という対照的な両チーム。浦和は3点のビハインドから追い付いた18日の横浜F・マリノス戦を含め、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を挟んで6戦引き分け中だ。ホーム3連戦のラストとなる今節は横浜FM戦からスタメンを4人変更し、3バック+3センターハーフの形で臨んだ。 一方の鹿島はミッドウィークのYBCルヴァンカップでターンオーバーを決行済み。今節は4-1と大勝を収めた1週間前の前節の北海道コンサドーレ札幌戦と同じ11人を並べた。 その中でもスタメンが続く上田はいきなり先制点に絡む。6分、敵陣左サイドでボールを持った鈴木が逆サイドへ大きく展開すると、和泉がコントロールからラストパスを供給。守備陣のギャップで受けた上田がカバーに来た岩波をかわしてペナルティアーク内から右足を振り抜くと、GK西川が弾いたボールをアルトゥール・カイキが蹴り込んでネットを揺らした。 またも立ち上がりに失点を喫し、出端をくじかれた浦和は18分に岩尾の左CKから柴戸がヘディングシュート。対する鹿島も25分、ロングボールのクリアを拾った鈴木がボックス手前左から狙うも枠を捉えられなかった。 26分には浦和が厚みのある攻撃を披露する。ユンカーのポストワークから関根が狙えば、ブロックされてのセカンドボールを拾ってつなぎ、今度は右クロスからユンカーが自ら頭で狙った。 左の一番深い位置を取った明本が折り返すと、オン・フィールド・レビューの結果、西村主審はクロスが関川の腕に当たったとして浦和にPKを与える。ショルツは短い助走からGKクォン・スンテに読まれながらも左隅に沈め、44分に試合を振り出しに戻した。 同点で試合を折り返し、両チームともに交代はなしのまま後半戦がスタート。鹿島は55分にCKから樋口のキックをニアでカイキが合わせてゴールを脅かす。 その5分後には、鈴木が高い位置で明本からボールを奪うと、自らボックス右へ侵入して折り返し。上田に通れば1点というシーンだったが、岩波がクロスをカットする。さらに68分には常本のクロスに対し、ショルツの前に入った上田が頭で合わせるも、GK西川の守備範囲だった。 危ないシーンが続いた浦和は70分、明本がファウルを受けて左サイドの深い位置でFKを得ると、岩尾のキックをニアで明本がそらしてネットを揺らす。だが、その手前で岩波による常本へのプッシングがあったとして、ゴールは認められなかった。 75分には鹿島にまたしても決定機が訪れる。右サイドの常本から斜めのパスを受けた和泉は、追い越す動きを囮にしてターンし、ボックス手前へ走り込んだ上田へパスを送ると、DFとの競り合いからつぶれてこぼれたボールがカイキのもとへ。正面が開けた状況となり、右足を振り抜いたが、GK西川のビッグセーブに阻まれた。 88分にはキム・ミンテの投入に伴い、右のサイドハーフへ移った樋口がボックス右へ侵入。切り返しでDFをかわして左足で狙うが、GK西川の正面を突いた。 ホームで意地を見せたい浦和は92分、松尾がボックス左へ侵入する。一度は関川に対応されるも、ボールを奪い返して角度のない位置からそのままシュート。だが、GKクォン・スンテが体を張って死守した。 目安の3分が過ぎた95分には岩尾のミドルがクロスバーをたたき、波状攻撃からユンカーにもチャンスが訪れたがゴールは割れず。最終盤まで互いに攻め合いながらも、勝ち越しゴールは生まれずにタイムアップを迎え、熱戦は決着つかぬまま、勝ち点「1」を分け合う形となった。 浦和レッズ 1-1 鹿島アントラーズ 【浦和】 アレクサンダー・ショルツ(前44) 【鹿島】 アルトゥール・カイキ(前6) 2022.05.21 19:12 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第14節:浦和vs鹿島】互いに結果を残すストライカーたち、ゴールを奪うのは!?

【明治安田生命J1リーグ第14節】 2022年5月21日(土) 17:00キックオフ 浦和レッズ(15位/13pt) vs 鹿島アントラーズ(2位/28pt) [埼玉スタジアム2002] ◆前節の後半を思い出せ【浦和レッズ】 ミッドウィークの前節は横浜F・マリノスをホームに迎えての一戦。前半だけで3失点を喫し、最悪のゲームになることが予想された中、キャスパー・ユンカーが奮起。後半だけでハットトリックを決め、3点差を追いついて引き分けとなった。 チームとしてはリーグ戦6試合連続ドロー、勝利が遠いという喜ばしい事態ではないが、得点力不足に悩み、3点ビハインドという最悪の事態からのバウンスバックは一定の安堵感をもたらせたと言えるだろう。 ただ、課題はもちろん山積。今節の相手である鹿島も、横浜FMに匹敵する破壊力を持つチーム。得点ランキングトップの上田綺世や鈴木優磨をどう押さえるか、守備陣は引き続き対応が問われることとなる。 また、攻撃陣もユンカーの復調は喜ばしいことだが、そこに頼り切りにならないことが重要。裏を狙いながらも、違う手を用意して鹿島を攻略したい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:西川周作 DF:馬渡和彰、岩波拓也、アレクサンダー・ショルツ、明本考浩 MF:平野佑一、柴戸海 MF:ダヴィド・モーベルグ、小泉佳穂、松尾佑介 FW:キャスパー・ユンカー 監督:リカルド・ロドリゲス ◆好調攻撃陣が再び火を吹く!?【鹿島アントラーズ】 アウェイでのサンフレッチェ広島戦で3-0と大敗を喫していた鹿島だったが、前節はホームに北海道コンサドーレ札幌を迎えて4-1と快勝。力をつけていることを証明した。 ミッドウィークのYBCルヴァンカップもガンバ大阪を相手にアウェイで1-3で勝利。チームとしては2位に転落したが、前を向いて戦うだけだろう。 アウェイ連戦となりコンディションも気になるところだが、ルヴァンカップでは一部の選手を休ませることができたことは大きいと言える。 上田、鈴木の2トップがどのようなパフォーマンスを見せるのか。中盤からの組み立ても含め、札幌戦では様々な形でゴールを奪ったが、浦和相手に力の差を見せつけたいところだろう。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:クォン・スンテ DF:常本佳吾、関川郁万、三竿健斗、安西幸輝 MF:樋口雄太 MF:和泉竜司、ディエゴ・ピトゥカ、アルトゥール・カイキ FW:上田綺世、鈴木優磨 監督:レネ・ヴァイラー 2022.05.21 12:18 Sat
twitterfacebook
thumb

今、日本代表に呼ぶべき未招集選手5人。特長を示すストライカーや中盤の要

20日、6月のキリンチャレンジカップ2022、キリンカップサッカー2022に向けた日本代表メンバーが発表される。 11月に開幕するカタール・ワールドカップに向けた貴重な実戦の場。チームとして本番前に行えるテストが限られた中、森保一監督がどのようなメンバーを招集するのか注目が集まっている。 そこで、今呼ぶべき日本代表未招集の選手5名をピックアップする。 <H2>①献身性を身につけたストライカー</H2> FW鈴木優磨 生年月日:1996年4月26日 所属:鹿島アントラーズ 2022 Jリーグ:13試合/6ゴール4アシスト 日本代表歴:なし 鹿島のアカデミー育ちの鈴木は2019年7月に海を渡りシント=トロイデンへ完全移籍。ベルギーでの挑戦をスタートさせた。 初年度こそ苦しむ時期もあったが、3シーズンをプレーしジュピラー・プロ・リーグでは69試合で26ゴール6アシストを記録。昨夏は多くのクラブが興味を示したものの、移籍話がまとまらずに残留。今シーズンはその影響もあり数字を残せないでいると、1月にもヨーロッパでのステップアップを目指すと思われた中、古巣の鹿島へ電撃復帰を果たした。 その鈴木だが、鹿島では絶好調。大先輩である小笠原満男氏が背負った「40」をつけ、ゲームキャプテンを務めるほか、ピッチ上ではハードワークと献身性を見せるだけでなく、6ゴール4アシストとすでに10ゴールに絡む活躍を見せている。 時折みせるヤンチャな部分が悪目立ちする印象はあるが、日本代表のエース候補でもあるFW上田綺世とのコンビネーションも抜群。献身性、デュエルで戦える強さ、得点力と招集に必要な要素は備えていると言って良いだろう。 <span class="paragraph-title">②トップ下で花開く万能型FW</span> <span data-other-div="page1"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/daihyo20220520_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©J.LEAGUE<hr></div> FW西村拓真 生年月日:1996年10月22日 所属:横浜F・マリノス 2022 Jリーグ:9試合/4ゴール 日本代表歴:なし ベガルタ仙台から今シーズン横浜FMへと完全移籍で加入した西村。若くして、CSKAモスクワ、ポルティモネンセとヨーロッパでのプレーを経験しており、チャンピオンズリーグ(CL)でもプレーを経験済みだ。 ヨーロッパの挑戦は決して順風満帆というわけにいかず、出場機会もあまり得られないという苦しい時代だった。 復帰した仙台でも苦しい状況は続き、チームはJ2に降格。そんな中、移籍した横浜FMではチームに欠かせない戦力となっている。 これまでは2トップの一角や、ワイドのポジションで起用されていた西村だが、ケヴィン・マスカット監督はトップ下のポジションに配置。すると、持ち前の献身性に加え、豊富な運動量を生かしたプレーで、攻守に顔を出す活躍を見せている。 走行距離も常に高いだけでなく、シーズンはすでに4ゴールを記録。先日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも全試合に出場するなどタフさも備えており、攻撃を活性化させるという点では日本代表でも生きる存在と言えるだろう。 <span class="paragraph-title">③ドイツで輝いたレフティCB</span> <span data-other-div="page2"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/daihyo20220520_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> DF伊藤洋輝 生年月日:1999年5月12日 所属:シュツットガルト(ドイツ) 2021-22 ブンデスリーガ:29試合/1ゴール1アシスト 日本代表歴:なし 昨夏にジュビロ磐田からシュツットガルトへとレンタル移籍した伊藤。今シーズンはU-23チームに所属してプレーするはずだった。 しかし、シーズン前のトレーニングキャンプでファーストチームに帯同すると、ペッレグリノ・マタラッツォ監督がその才能に惚れ込みそのまま帯同。シーズン初戦のDFBポカールでいきなり先発すると、その後もポジションを確保して3バックの一角でプレーを続けた。 ブンデスリーガでも屈強なストライカー相手に負けないプレーを見せたほか、元々の持ち味だった攻撃参加と非凡なパスセンスでビルドアップや攻撃の起点になることも多く、現代のセンターバックとしての素質を兼ね備えている状況だ。 高いレベルでシーズンを通してプレーし、最終節では遠藤航の劇的ゴールをアシストするなど、チームにも多大なる貢献を見せている。左利きのCBとして、板倉滉(シャルケ)というライバルがいる中、日本代表でもパフォーマンスが見たいものだ。 <span class="paragraph-title">④無尽蔵のスタミナで中盤を制圧</span> <span data-other-div="page3"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/daihyo20220520_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©J.LEAGUE<hr></div> MF小泉慶 生年月日:1995年4月19日 所属:サガン鳥栖 2022 Jリーグ:13試合 日本代表歴:なし アルビレックス新潟、柏レイソル、鹿島アントラーズと渡り歩き、昨シーズン途中から鳥栖でプレーする小泉だが、その運動量は日本の助けになるかもしれない。 Jリーグ屈指の走行距離を誇る小泉は、これまでサイドバックで起用されることが多かったが、鳥栖ではアンカーやボランチの一角でプレー。すると、豊富な運動量を武器に、広大なカバー範囲を誇り、チームの守備を支えている。 また、カバーの範囲が広いだけでなく、ボールを刈り取る能力にも長けており、激戦区ではあるものの、日本のボランチとしては非常に注目すべき能力を持っていると言えるだろう。 もちろん、サイドでのプレーも可能という点ではユーティリティ性も高く、限られたメンバーで戦う代表にいれば心強いことは間違いない。 <span class="paragraph-title">⑤ボランチでもインサイドでも輝くゲームメーカー</span> <span data-other-div="page4"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/daihyo20220520_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©J.LEAGUE<hr></div> MF樋口雄太 生年月日:1996年10月30日 所属:鹿島アントラーズ 2022 Jリーグ:13試合/3アシスト 日本代表歴:なし サガン鳥栖から今シーズン鹿島に完全移籍で加入した樋口。ここまでリーグ2位と好調を維持するチームを支えている1人と言って良いだろう。 数字だけを見れば3アシストと多くはないが、鳥栖時代に鍛えられた走力と、的確なポジショニングと状況判断を生かした守備力は、鹿島の中盤のカギとなっている。 また、1つ前でプレーしていた樋口は、ゲームメイクする力や、パスセンスも非凡なものがあり、攻撃の起点として機能するだけでなく、決定的な仕事もできる存在だ。 森保監督が[4-3-3]を継続するのか、それとも[4-2-3-1]や[4-4-2]、[3-4-2-1]とどのシステムを考えているかは定かではないが、中盤ならどこでも高いレベルでプレーできる樋口の存在は貴重になるだろう。 2022.05.20 12:40 Fri
twitterfacebook
thumb

PO進出の8チームが決定! 前回王者の名古屋も突破、京都と対戦《ルヴァンカップ》

YBCルヴァンカップの各グループ最終節が18日に行われた。 Aグループでは、第5節終了時点で鹿島とC大阪の突破が決定していた。最終節の注目は首位と2位の行方に絞られていたが、鹿島がG大阪に3発快勝を収めた一方、C大阪は大分と点の取り合いとなり、追いつかれる形で3-3のドロー決着。首位通過は鹿島となった。 ◆Aグループ順位表(勝ち点/得失点差) 1:鹿島アントラーズ 13pt/+9 2:セレッソ大阪 11pt/+5 3:ガンバ大阪 5pt/-4 4:大分トリニータ 3pt/-10 Bグループは第5節までに4勝を挙げた広島が一抜けした状況で最終節を迎えた。勝てば自力での突破が決まる名古屋は、アウェイで徳島と対戦。立ち上がりの10分に吉田温紀のヘディングシュートで先制すると、前半のアディショナルタイムには敵陣でのボール奪取から阿部にゴールが生まれ追加点。 このまま逃げ切った名古屋の2位通過が決定。3位で突破の可能性を残していた清水は無念にも敗退が決まったが、ホームで広島相手に2-1で勝利を収め、日本平に今季初白星を飾った。 ◆Bグループ順位表(勝ち点/得失点差) 1:サンフレッチェ広島 12pt/+8 2:名古屋グランパス 10pt/+2 3:清水エスパルス 8pt/-2 4:徳島ヴォルティス 4pt/-8 全チームに突破の可能性が残されていたCグループは、京都と札幌がそれぞれ首位と2位で通過した。第5節終了時点で3位につけていた京都は、アウェイで柏と対戦。互いに直近の試合から大幅にメンバーを入れ替えたこともあり、前半は見どころの少ない内容となったが、京都は後半から積極的に選手を入れ替える作戦に出る。 すると73分に荒木のアシストから大前のゴールが決まり、京都が先制。後半の途中投入された2人が活躍する見事な采配ぶりを見せたチョウ・キジェ監督の京都が、首位通過となった。また、札幌はホームで鳥栖と引き分けたものの、2位をキープする形でプレーオフへ進むこととなった。 ◆Cグループ順位表(勝ち点/得失点差) 1:京都サンガF.C. 10pt/-3 2:北海道コンサドーレ札幌 8pt/+2 3:柏レイソル 8pt/+1 4:サガン鳥栖 6pt/0 Dグループでは、引き分け以上で突破が決まる湘南がホームに磐田を迎え、池田のゴールで1-0の勝利。一方、首位で最終節を迎えた福岡が、敗退が決定済みのFC東京とゴールレスドローに終わったため、湘南が首位、福岡が2位という最終順位となった。 ◆Dグループ順位表(勝ち点/得失点差) 1:湘南ベルマーレ 12pt/+3 2:アビスパ福岡 10pt/0 3:ジュビロ磐田 7pt/-1 4:FC東京 5pt/-2 そして、準々決勝進出をかけたプレーオフの組み合わせは以下の通りに。ホーム&アウェー方式で6月4日と11日に行われる。 ★プレーオフステージ 鹿島アントラーズ vs アビスパ福岡 サンフレッチェ広島 vs 北海道コンサドーレ札幌 京都サンガF.C. vs 名古屋グランパス 湘南ベルマーレ vs セレッソ大阪 2022.05.18 22:11 Wed
twitterfacebook
thumb

鹿島が上田弾&土居2発で首位突破! C大阪は3-3ドローで2位通過【ルヴァンカップ・グループA第6節】

JリーグYBCルヴァンカップのグループステージ第6節が18日に各地で行われ、A組も2試合が開催された。 前節に突破を決めた首位の鹿島アントラーズは敗退が決定済みの3位につけるガンバ大阪とアウェイで対戦。首位通過がかかる鹿島が序盤から攻撃のイニシアチブを握る。 すると、16分にキム・ミンテのパスカットから鹿島がカウンターに転じて先制。ファン・アラーノのパスとともに裏を抜けた上田がボックス右から右足でネットを揺らす。 守勢のG大阪は後半頭から出場の中村が中心となり、攻撃に迫力が増すが、鹿島が追加点。58分、ボックス左の安西が出したマイナスの折り返しを土居が左足でねじ込んだ。 劣勢のG大阪は78分に右CKから三浦のヘッドで1点を返すが、鹿島はその2分後にボックス左で相手のバックパスを奪った土居がダメ押しゴール。鹿島が3-1で勝利した。 ガンバ大阪 1-3 鹿島アントラーズ 【G大阪】 三浦弦太(後33) 【鹿島】 上田綺世(前16) 土居聖真(後13、後35) こちらも前節に突破を果たした2位のセレッソ大阪は敗退が決まる最下位の大分トリニータとの敵地戦に臨み、開始4分に敵陣中央でボールを奪った加藤が右足ロングシュート。C大阪が先制する。 だが、大分は22分に左サイドからのクロスにサムエルが頭で合わせて追いつくと、前半アディショナルタイム2分に右CKからの混戦で渡邉が右足シュートでネットを揺らして、一気に逆転する。 嫌な形で後半に入ったC大阪だが、46分にバイタルエリア左でこぼれ球を拾った為田が右足コントロールショットをねじ込むと、60分に北野が右からの折り返しを押し込み、試合をひっくり返す。 ところが、77分にバイタルエリア中央でクリアボールを拾った渡邉が右足つま先でのシュートでこの試合2ゴール目を決めて、大分が粘りの同点。計6ゴールが生まれた試合は3-3にドロー終わった。 大分トリニータ 3-3 セレッソ大阪 【大分】 サムエル(前22) 渡邉新太(前45+2、後32) 【C大阪】 加藤陸次樹(前4) 為田大貴(後1) 北野颯太(後15) この結果、快勝締めの鹿島がグループAを首位突破。最終節で勝ち点1どまりのC大阪は2位でのプレーオフステージ進出が決まっている。 ◆順位表 1:鹿島アントラーズ 13pt/+9 2:セレッソ大阪 11pt/+5 3:ガンバ大阪 5pt/-4 4:大分トリニータ 3pt/-10 2022.05.18 21:25 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly