W杯アフリカ予選のギニアvsモロッコが中止に…国内でクーデターが勃発

2021.09.06 11:11 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
国際サッカー連盟(FIFA)は5日、翌日に行われる予定だったカタール・ワールドカップ(W杯)アフリカ2次予選グループI第2節のギニア代表vsモロッコ代表の試合を延期すると発表した。

ギニア国内では5日に政府の解散を求めた軍の特殊部隊によるクーデターが勃発。試合が行われる予定だった首都コナクリにある大統領官邸付近で銃撃戦が起こっており、非常に不安定な情勢からFIFAとアフリカサッカー連盟(CAF)が延期の決断を下したようだ。

また、イタリア『スカイ』によれば、アウェイでの試合を控えていたモロッコ代表の選手、スタッフは官邸から約3キロ離れたホテルに滞在中。現在は安全が確保されているが、ギニアを出国する許可が下りず、ホテルに閉じ込められている状況にあるという。
こういったことを受け、現モロッコ代表監督であり、元日本代表指揮官でもあるヴァイッド・ハリルホジッチ監督もフランス『レキップ』で自分たちの状況を説明した。

「我々はホテルにいるが、一日中、近くから銃声が聞こえてくる。現在、空港への出発許可を待っているところだが、今は動けない。飛行機が待っているのに、出発の許可が出ないのだ。そして、空港までは45分から1時間もかかる。外で銃声が聞こえているとなれば、セキュリティは100%ではない」

「試合はすでに中止されている。モロッコで試合をする可能性もあると言われたが、わからない。当面はここに留まって、様子を見る。夜になる前にモロッコに戻れるようにしたい。対戦相手についての情報はない」

なお、同日には南米予選のブラジル代表vsアルゼンチン代表も新型コロナウイルスの保健規制問題によって試合開始直後に中止に。本大会まで残り9カ月となった中で、予選がスケジュール通りに開催されないという状況が生まれている。

関連ニュース
thumb

ダンフリースが圧巻の1G2A! オランダがアメリカを下してベスト8進出を決める!《カタールW杯》

カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16のオランダ代表vsアメリカ代表が3日に行われ、3-1でオランダが勝利した。 2大会ぶりのW杯でグループAを首位で通過したオランダは、4日前に行われたカタール代表戦と同じ先発メンバーを採用。ガクポとデパイを2トップに据えた[3-4-1-2]で試合に臨んだ。 一方、グループBをイングランド代表に次ぐ2位で通過したアメリカは、4日前に行われたイラン代表戦から先発を2人変更。サージェントとカーター=ヴィッカーズに代わりヘスス・フェレイラとジマーマンが先発に名を連ねた。 試合は開始早々にアメリカがチャンスを迎える。3分、右クロスのこぼれ球をボックス手前のアダムスがワンタッチでゴール前に繋ぐと、抜け出したプリシッチにチャンスが訪れたが、シュートはGKノペルトの好セーブに阻まれた。 対するオランダは10分、ガクポのパスで右サイドを抜け出したダンフリースがマイナスに折り返すと、中央に走りこんだデパイがゴール左にシュートを突き刺した。 先制点を許したアメリカは、徐々にボールを保持して両サイドを起点に攻撃を組み立てるが、オランダの守備網を突破することができず。決定機のないまま時間が経過する。 ハーフタイムにかけてもアメリカの押し込む時間が続いたが、再びスコアを動かしたのはオランダだった。前半アディショナルタイム1分、右サイドのスローインの流れからクラーセンの縦パスに反応したダンフリースがボックス右深くからマイナスの折り返すと、逆サイドから走りこんだブリントがゴール左下に流し込んだ。 迎えた後半、2点を追うアメリカは、ヘスス・フェレイラを下げてレイナを投入。一方のオランダはクラーセンとデ・ローンを下げてベルフワインとコープマイネルスをピッチに送り出した。 するとオランダは50分、右サイドを突破したダンフリースがクロス供給すると、ニアサイドでブロックに入ったリームにディフレクトしたボールが枠を捉えたが、これはGKターナーの好セーブに阻まれた。 さらにオランダは、71分にもペナルティアーク手前でパスを受けたコープマイネルスがミドルシュートでゴールを狙うと、相手GKの弾いたボールに反応したデパイがダイビングヘッドで合わせたが、これもGKターナーのファインセーブに防がれた。 ピンチを凌いだアメリカは、75分にデストを下げてイェドリンを投入すると、直後に右CKの二次攻撃から1点を返す。76分、相手DFのクリアをバイタルエリア手前で拾ったイェドリンのパスからプリシッチが右クロスを供給すると、ニアで合わせたライトのシュートが絶妙なループでゴール左に吸い込まれた。 1点差とされたオランダだが、81分に再びリードを広げる。F・デ・ヨングのパスをボックス左横で受けたブリントがクロスを入れると、ファーサイドから走りこんだダンフリースが左足ボレーでゴールに流し込んだ。 その後、アメリカが決死の猛攻を見せるもオランダがきっちり攻撃をはね返し続け、試合はタイムアップ。ダンフリースの全ゴールに絡む活躍でアメリカを下したオランダがベスト8進出を決めた。 オランダ 3-1 アメリカ 【オランダ】 デパイ(前10) ブリント(前46) ダンフリース(後36) 【アメリカ】 ライト(後31) 2022.12.04 01:58 Sun
twitterfacebook
thumb

王者は初心忘れず…フランス代表が初めて在籍したアマクラブのユニで記念撮影

史上3カ国目の大会連覇を目指すフランス代表は、初心を忘れることなく今大会に臨んでいるようだ。 フランスサッカー連盟(FFF)は2日、ドーハのベースキャンプで記念撮影を実施。この撮影では各選手が幼少期にキャリアをスタートしたアマチュアクラブのユニフォームを着用するという趣向が凝らされた。 FFFは今回の記念撮影の意図を以下のように説明している。 「フランス代表は自分たちがどこから来たのかを忘れません。ワールドカップに出場するトリコロールは、出身クラブに敬意を表したいと考えていました。ドーハのベースキャンプでの写真撮影では、フットボーラーとしての第一歩を踏み出したクラブのジャージを着用しました。キャリア最初期に同行してくれた人々と、フランス代表のルーツであるアマチュアフットボールに心から敬意を表します」 今回のリリースと同時に公開された動画ではFWキリアン・ムバッペやDFウィリアム・サリバといった若手からGKウーゴ・ロリス、FWオリヴィエ・ジルーといったベテランまで自身がフットボールを初めて最初のユニフォームに身を包み、幼少期の思い出を語るなど、心温まる様子も映されていた。 改めて原点に戻り、フットボールの楽しさと子供のころの夢を思い出したレ・ブルーは、同時に多くの人々に支えられていることを再認識し、イタリア、ブラジルに続く大会連覇を目指す。 なお、カタール・ワールドカップ決勝トーナメント初戦となるラウンド16のポーランド代表戦は4日に行われる。 <span class="paragraph-title">【画像】レ・ブルーが幼少期に纏ったユニフォームで記念撮影</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">️<br><br> Les Bleus rendent hommage à leur premier club amateur <br><br>Plus d’infos <a href="https://t.co/yISs1E0ZsU">https://t.co/yISs1E0ZsU</a><a href="https://twitter.com/hashtag/FiersdetreBleus?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FiersdetreBleus</a> <a href="https://t.co/aJDdTefRYl">pic.twitter.com/aJDdTefRYl</a></p>&mdash; Equipe de France (@equipedefrance) <a href="https://twitter.com/equipedefrance/status/1598733124363587585?ref_src=twsrc%5Etfw">December 2, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2022.12.03 23:18 Sat
twitterfacebook
thumb

「本当に泣ける…」スペイン相手に劇的勝利、日本代表選手たちが勝利後のロッカー&バスで歌った曲は?久保建英がスピーカー持ってファンの前に

スペイン代表を劇的な逆転勝利で下し、ラウンド16に駒を進めた日本代表。日本サッカー協会(JFA)が、公式YouTubeチャンネルでスペイン戦の「Team Cam」を公開した。 1日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)グループE最終節の日本vsスペイン。日本は勝てば自力でグループステージ突破を決められる試合となった。 初戦でドイツ代表を下す大金星を挙げ、世界中の注目を集めることとなった日本。スペインも撃破することは難しいとの見方が強かった中、試合は前半にアルバロ・モラタにヘディングを決められて失点。その後も支配されるが、1点ビハインドで前半を終えた。 1失点はプラン通りだという言葉が試合後には語られたが、ハーフタイムに投入された途中出場の堂安律が豪快な左足ミドルを決めて追いつくと、三笘薫の執念の折り返しを田中碧が押し込み逆転。その後、スペインに押し込まれ続けるが、集中して守り切り、2-1で逆転勝利。ドイツに続きスペインも撃破した。 試合前とハーフタイムにはキャプテンの吉田麻也が選手たちに気合いを入れる声をかけ、森保一監督も声を懸けた中、選手たちの頑張りで見事に勝利。そして、グループ首位でラウンド16に駒を進めた。 試合後のドレッシングルームでは選手たちがそれぞれ勝利を噛み締めると、ケツメイシの「仲間」を流し、板倉滉と川島永嗣がタオルを振って喜ぶ姿が。選手たちも抱き合って喜びを露わにしていた。 そしてスタジアムからホテルに戻る道中のバスでもケツメイシの曲が。久保建英がスピーカーを抱えて流れていたのは「涙」。選手たちは歌いながらバスを降り、ファンが出迎えるホテルに入って行った。 ホテルの外、ホテテルの中でも多くのファンが日本代表を歓迎。そして、日本以外のファンもしっかりと祝福してくれる事態となった。 <span class="paragraph-title">【動画】日本代表選手たち、勝利を祝いみんなで歌った曲は?</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="G5XuGhH4wYU";var video_start = 1071;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.12.03 23:05 Sat
twitterfacebook
thumb

ポチェッティーノがスパーズ時代の教え子ソン・フンミンの劇的アシストに大興奮

元トッテナムの指揮官マウリシオ・ポチェッティーノ氏は、やはり教え子の韓国代表FWソン・フンミンを心から愛しているようだ。 2014年から2019年までトッテナムを率いていたポチェッティーノ氏。一方、ソン・フンミンは2015年にレバークーゼンから加入し、以降両者は師弟関係を築いてトッテナムの躍進に貢献してきた。 現在、イギリス『BBC』でカタール・ワールドカップ(W杯)のコメンテーターを務めるアルゼンチン人指揮官は、サウサンプトン、トッテナムで2度に渡ってソン・フンミンの獲得に動いていたことを明かしていた。さらに、自身が指導してきた中で最も優れた選手かとの問いに対しては、「そうかもしれないね。たぶん、そうだね」と絶賛していた。 そして、ポチェッティーノ氏は2日に行われた韓国代表vsポルトガル代表をアラン・シアラー氏、リオ・ファーディナンド氏と共に『BBC』の番組でスタジアムで観戦した際、教え子への愛情を爆発させた。 逆転でのグループリーグ突破に向けて勝利が必須だった韓国だが、後半アディショナルタイムを迎えるまで1-1のスコアで敗退濃厚だった。 しかし、91分にはロングカウンターからソン・フンミンが見事なドリブルでの運びからのスルーパスでFWファン・ヒチャンの逆転ゴールをお膳立てし、土壇場での劇的勝ち上がりを見せた。 その様子をスタジアム上部のスタジオで観戦していたポチェッティーノ氏は、思わずモニターではなく窓際からソン・フンミンのドリブル突破を見守り、ゴールが決まった瞬間には会心のガッツポーズ。さらに、ファーディナンド氏とシアラー氏から教え子のアシストを称賛されると、まるで自分の息子が褒められているような誇らしいリアクションを示した。 現在もトッテナムと良好な関係を築く同氏には将来的な古巣帰還の噂もあり、愛する息子との再会を期待するスパーズファンも多くいるはずだ。 <span class="paragraph-title">【動画】教え子ソンの活躍にポチェも大興奮</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Studio scenes… South Korea changing the full time analysis! <a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> <a href="https://t.co/DJ5opex78X">pic.twitter.com/DJ5opex78X</a></p>&mdash; Rio Ferdinand (@rioferdy5) <a href="https://twitter.com/rioferdy5/status/1598761996953870336?ref_src=twsrc%5Etfw">December 2, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2022.12.03 22:49 Sat
twitterfacebook
thumb

「ここで負けるために4年間頑張ってきたわけじゃない」吉田麻也がスペイン戦前にチームに檄、舞台裏にファン感動「今だに夢を見ているかのよう」「日本人ということが誇らしい」

スペイン代表を劇的な逆転勝利で下し、ラウンド16に駒を進めた日本代表。日本サッカー協会(JFA)が、公式YouTubeチャンネルでスペイン戦の「Team Cam」を公開した。 1日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)グループE最終節の日本vsスペイン。日本は勝てば自力でグループステージ突破を決められる試合となった。 初戦でドイツ代表を下す大金星を挙げ、世界中の注目を集めることとなった日本。スペインも撃破することは難しいとの見方が強かった中、試合前にはキャプテンの吉田麻也が選手たちに気合を注入した。 「ここで負けるために4年間頑張ってきたわけじゃないぞ。26人とスタッフとチーム一丸となって、絶対勝とう!」 その言葉で気合を入れた日本だったが、試合は前半にアルバロ・モラタにヘディングを決められて失点。その後も支配されるが、1点ビハインドで前半を終えた。 1失点はプラン通りだという言葉が試合後には語られたが、森保一監督はハーフタイムに「もう1回走るよ。もう1回戦うよ」と選手たちに声を掛ける。 また、吉田も「出し切れよ。絶対出し切れよ。絶対俺らの方が勝ちたい気持強いからな。全員で行こう!」と声を掛け後半へ。すると、途中出場の堂安律が豪快な左足ミドルを決めて追いつくと、三笘薫の執念の折り返しを田中碧が押し込み逆転。その後、スペインに押し込まれ続けるが、集中して守り切り、2-1で逆転勝利。ドイツに続きスペインも撃破したのだ。 試合後のロッカーでは3試合連続フル出場の板倉滉が「ドイツ、スペインに勝って1位突破だよ俺ら」と山根視来に伝え驚きを隠せない様子。また、ここまで出番はないもののチームを支える川島永嗣は「まだ行くよー!」と、新しい景色であるベスト8に向けてまだまだ勝ち進むと声をかけた。 3試合連続で先発し、この日も途中交代の長友佑都は話題になっている「ブラボー、ブラボー、ブラボー!」と連発。また、それに応じて先制ゴールの堂安が「ブラボー!」と返すと、長友は「お前すげーな。次も取れよ」と、ドイツ、スペインに追いつくゴールを決めた堂安を讃えた。 この動画には「日本をこんなに盛り上げてくれてありがとう」、「本当に感動した」、「感動をありがとう」、「今だに夢を見ているかのよう」、「久しぶりに日本人ということが誇らしいと思った」、「本当にかっこいい」とコメントが集まり、日本代表の躍進が諦めかけていた日本のファンの心を揺さぶったようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】スペイン戦の舞台裏、吉田麻也が選手ヘ発破をかける</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="G5XuGhH4wYU";var video_start = 977;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.12.03 22:43 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly