橋本拳人の同僚、ノルウェー代表MFノルマンがノリッジに買取OP付きのレンタル移籍

2021.08.30 18:50 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ノリッジは29日、FCロストフのノルウェー代表MFマティアス・ノルマン(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。

なお、今回のレンタル移籍には買い取りオプションがついているとのことだ。背番号は「16」となる。

ノルマンは、ボデ/グリムトの下部組織出身。2017年7月にはブライトン&ホーヴ・アルビオンに完全移籍。その後、モルデへのレンタル移籍を経験し、2019年1月にロストフへと完全移籍していた。

ロストフでは公式戦56試合に出場し2ゴール8アシストを記録。今シーズンも、ロシア・プレミアリーグで4試合に出場。MF橋本拳人の後方であるアンカーのレギュラーとしてプレーしていた。

また、世代別のノルウェー代表を経験しているノルマンは、A代表でも7試合に出場し1ゴールを記録している。

関連ニュース
thumb

20歳のU-21ウェールズ代表GKが精巣ガンと診断「最初の診断は本当にショック」

ノリッジは18日、スコットランドのリビングストンへとレンタル移籍中のU-21ウェールズ代表GKダニエル・バーデン(20)が精巣ガンを患っていることを発表した。 クラブの発表によると、バーデンは最初の診断を受けた後、フォローアップの検査を受診。今後は、綿密なモニタにングの下で治療を続けていくとのことだ。 バーデンは、アーセナルの下部組織出身で、2018年11月にノリッジの下部組織へと移籍。2020年7月にファーストチームへと昇格を果たした。 今シーズンはリビングストンへとレンタル移籍し、スコティッシュ・プレミアシップの出場はないものの、リーグカップで1試合に出場していた。 ガンと診断されたバーデンはクラブを通じてコメントしている。 「とても難しく、困難さ時期だった。ただ、家族が友人、同僚のサポートのおかげで、この数週間を乗り越えることができた」 「ノリッジとリビングストンのメディカルチーム、そしてロイヤル・マーズデン病院の皆さんには感謝してもし切れない。全ての検査の早さは尋常ではなく、誰もが僕に協力してくれた」 「ダニエル・ファルケ監督、リビングストンのデイビッド・マーティンデール監督もとても協力的だった」 「最初の診断を受けた時は本当にショックだった。でも、早期に発見できたことで、予後も次のステップも、すべてポジティブなものとなった」 「僕は楽観的で、前向きな考え方をしている。病気に打ち勝って、すぐに好きなことをしに戻ってこれるt確信している」 「僕を支えてくれた周りのみんなには感謝したい。これからの時期は厳しい状況が続くと思うけど、現段階では僕と家族のプライバシーに配慮してもらいたい。可能な限り、僕の進捗状況を伝えたいと思う」 「応援してくれたみんな、本当にありがとう。また近いうちに会いましょう」 精巣ガンを患った選手では、元オランダ代表FWアリエン・ロッベンは20歳の時に精巣ガンを患ったが克服。その後はチェルシー、レアル・マドリー、バイエルンなどで数々のタイトルを獲得している。 また、アトレティコ・マドリーやデポルティボ・ラ・コルーニャでプレーしたGKフランシスコ・モリーナも精巣ガンを患ったが、1年かからずに復帰を果たしていた。 2021.10.18 20:43 Mon
twitterfacebook
thumb

これがプロ生活21年の代償か、元イングランド代表GKグリーンの小指は外側に変形

長年ゴールマウスを守り続けてきた代償は大きいようだ。 2018-19シーズンを最後に引退を表明したGKロバート・グリーン氏(41)。ノリッジでプロキャリアを始めた元イングランド代表はウェストハムやQPR、リーズやハダースフィールドなどで活躍した。 現役最後のシーズンはチェルシーに移籍した。試合に出ることはなかったが、ベテランGKはチームを陰からサポート。ヨーロッパリーグ(EL)決勝戦で優勝し、キャリア初のタイトルを獲得した。 プロキャリア21年、幼少期を含めればそれ以上の期間にわたってチームを最後方から支え続けたグリーン氏。名誉の負傷と言って良いのだろうか、現在彼の右手の小指は、第二関節あたりが外側に曲がってしまっている。 2010年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)初戦のアメリカ代表戦では手痛いミスを犯してしまったグリーン氏だが、プレミアでは267試合に出場。チャンピオンシップや代表戦等を含めれば、述べ600試合以上でゴールマウスを守ってきたことになる。やや痛々しくも見えるものの、これが歴史を積み上げてきた証と言えるだろう。 <span class="paragraph-title">【写真】プロGK生活21年の歴史か、想像以上に外側に曲がった小指</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CUROYXYrai8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CUROYXYrai8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CUROYXYrai8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">FTBL \\:(@ftbl)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.28 06:35 Tue
twitterfacebook
thumb

冨安初先発のアーセナルがオーバメヤン弾で今季初勝利を飾る!《プレミアリーグ》

冨安健洋の所属するアーセナルは11日、プレミアリーグ第4節でノリッジと対戦し1-0で勝利した。冨安は63分までプレーしている。 67年ぶりとなる開幕3連敗を喫したアーセナルは、前節惨敗を喫したマンチェスター・シティ戦から先発を7人変更。ジャカやスミス・ロウ、GKレノらに代えてペペやサンビ・ロコンガ、GKラムズデールを先発で起用。また、今夏の移籍最終日に獲得を発表した冨安は右サイドバックで移籍後先発となった。 最終ラインに冨安、ホワイト、ガブリエウ、ティアニーを並べた[4-2-3-1]で試合に臨んだアーセナルは、立ち上がりから攻勢に試合を進めると10分に自陣ボックス付近でボールを奪ったティアニーのロングフィードを最前線で反応したオーバメヤンがGKの位置を確認しロングシュートを狙ったが、これはわずかにゴール左に逸れた。 さらに20分には、ウーデゴールの浮き球パスで抜け出したオーバメヤンが決定機を迎えたが、わずかにオフサイドラインを出ており、オフサイドディレイを取られた。 膠着状態が続いたが、アーセナルは前半終了間際にチャンスを迎える。45分、ボックス左横から仕掛けたティアニーのクロスがオーバメヤンの前でクリアされるも、このクリアボールに反応した冨安がボックス右からジャンピングボレーシュート。しかし、これはわずかに枠の上に外れた。 迎えた後半は一進一退の時間が続いたが、アーセナルは57分にチャンス。ボックス左深くに侵入したオーバメヤンのマイナスの折り返しを受けたサカがシュート。相手DFにディフレクトしたボールをゴールエリア右手前のペペがダイレクトで狙ったが、これもウィリアムズのスライディングブロックに阻まれた。 先制点が遠いアーセナルは、63分に冨安とサンビ・ロコンガを下げてスミス・ロウとトーマスを投入。すると66分、トーマスのパスをボックス右で受けたペペがシュート。これは左ポストに弾かれたが、跳ね返りを再びペペが詰めると、GKクルルに当たったボールを最後はオーバメヤンがゴールに流し込んだ。 先制したアーセナルは83分にも、右サイドからダイアゴナルドリブルで切り込んだペペのラストパスをボックス左で受けたオーバメヤンがシュート。さらに87分にはスミス・ロウに決定機が訪れたが、シュートは共にGKクルルの好セーブに防がれた。 結局、試合はそのまま1-0でタイムアップ。オーバメヤン弾で逃げ切ったアーセナルが、冨安初先発の試合で今季初勝利を飾った。 2021.09.12 00:58 Sun
twitterfacebook
thumb

ノリッジ、昨季リバプールでプレーしたカバクをシャルケからレンタル移籍で獲得!

ノリッジは30日、シャルケからのトルコ代表DFオザン・カバク(21)の獲得を発表した。移籍形態は買い取りオプション付きのレンタル移籍で、背番号は「15」を着用する。 カバクはガラタサライのアカデミー出身で、2018年7月にファーストチームへ昇格。2019年1月にシュツットガルトへ移籍すると、昨夏にシャルケに完全移籍で加入。 シャルケではセンターバックとしてブンデスリーガ14試合に出場していたが、今冬にセンターバックにケガ人が相次いだリバプールへレンタル移籍すると、公式戦13試合に出場していた。 また、2019年11月にデビューしたトルコ代表では、これまで12キャップを誇り、今夏に行われたユーロ2020のメンバーにも選出されたが、出場機会はなかった。 ノリッジへの加入が決まったカバクは、公式サイトで以下のように喜びを語っている。 「ファミリーの一員になれたことをとてもうれしく思っている。ファンの皆さんの前でプレーし、いくつかの点を取ることを楽しみにしているよ」 「ダニエル・ファルケ監督と話をしたが、彼のプロジェクトや彼が僕に言ったことにとても感銘を受けた。彼と彼のプロジェクトを信じている」 「昨年プレミアリーグでプレーしてとても楽しかった。だから、またプレーしたいと思っていたし、そのためにここに来たんだ。プレミアリーグでプレーして、チームに何かを与えたいと思っているよ」 「このジャージを着て、ファンの皆さんの前でプレーするのが楽しみだ。勝利に貢献してファンの皆さんに喜んでもらえるように頑張るよ」 2021.08.31 06:30 Tue
twitterfacebook
thumb

レスターがオルブライトン弾で薄氷勝利! ノリッジは善戦も開幕3連敗…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第3節、ノリッジvsレスター・シティが28日にキャロウ・ロードで行われ、アウェイのレスターが1-2で勝利した。   リバプール、マンチェスター・シティ相手に連敗スタートとなった昨季チャンピオンシップ(イングランド2部)王者のノリッジと、前節ウェストハム相手に今季の公式戦初黒星を喫したレスターによる一戦。   試合は相手のミスを突いたレスターが早い時間帯にゴールをこじ開ける。8分、マンチェスター・ユナイテッドからレンタル加入後初のリーグ戦出場を果たしたブランドン・ウィリアムズが自陣でボールコントロールを誤ると、これに猛然とハイプレスをかけて奪ったリカルド・ペレイラがそのままボックス右まで持ち込んで絶妙なマイナスのクロス。これをヴァーディが右足のダイレクトシュートでゴール左隅へ突き刺した。   最高の入りを見せたレスターだが、その先制点をお膳立てしたリカルド・ペレイラが足を痛めて11分にカスターニュのスクランブル投入を余儀なくされる。すると、時間の経過と共にノリッジの反撃を許し、マクリーン、レース=メルに際どいミドルシュートを打たれる。   前半の内に追加点を奪いたいアウェイチームは29分に絶好機。カウンターからバーンズが長い距離を運ぶと、一度はDFに引っかけられたが、ボックス内でこぼれ球を奪ったヴァーディがすかさずシュート。しかし、至近距離で放ったシュートはGKクルルの好守に阻まれる。   前半終盤にかけては完全にイーブンな状況が続くが、ホームのノリッジが同点に追いついた。40分、ボックス右で仕掛けたレース=メルがDFソユンクと交錯。一度プレーは流されたが、オンフィールドレビューの結果、ノリッジにPKが与えられる。これをキッカーのプッキが冷静に決めてリーグ3戦目にして待望のチーム初ゴールを挙げた。   1-1のスコアで折り返した試合は後半も一進一退の攻防となる。先にゴールをこじ開けたいレスターは58分、左CKの二次攻撃からゴール前でルーズボールに反応したマディソンに絶好機も、ゴール至近距離からのシュートを枠の左に外してしまう。   その後は互いに決定機まであと一歩というもどかしい展開が続くが、レスターが後半半ば過ぎに一歩前に出る。76分、途中出場のイヘアナチョの左サイドでの突破からマディソン、ヴァーディと中央でパスが繋がり、最後はボックス手前右のオルブライトンにボールが渡る。そのままボックス内へ持ち込んだオルブライトンが右足を振ると、相手DFの足にディフレクトしてわずかにコースが変わったシュートがゴール左隅に決まった。   これで一気に勝利に近づいたアウェイチームだが、ノリッジの粘りに遭う。80分、左CKの場面でマクリーンにドンピシャのヘディングシュートを右隅に決められる。だが、VARのレビューの結果、GKシュマイケルの前でブロックを試みていたキャントウェルがオフサイドポジションでプレーに関与したと判定され、ゴールは認められず。   VARの判定に救われて辛くもリードを維持したレスターは、幾度かのカウンターチャンスを決め切れず、ホームチームに勝ち点の可能性を残してしまう。そして、試合終了間際にはGKクルルまで攻撃参加したパワープレーに晒されたものの、守護神シュマイケルを中心に何とか撥ね返し続けた。   そして、昇格組相手に苦戦を強いられながらも勝負強さを発揮したレスターがハマーズ戦での大敗を払しょくする今季2勝目を手にした。 2021.08.29 01:18 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly