長野MF山中惇希が左中手骨骨折で手術…群馬から加入後すぐのケガに

2021.08.21 11:09 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
AC長野パルセイロは21日、MF山中惇希の負傷を報告した。

山中は10日のトレーニング中に左中手骨を骨折。同日に手術を受けたという。

山中は浦和レッズユース出身の20歳。2020年にザスパクサツ群馬でプロキャリアをスタートさせた。

今季も群馬でスタートしたが、出番がなく、今月5月に育成型期限付き移籍で長野入りしたばかりだった。


関連ニュース
thumb

J3の長野が3選手との契約満了を発表

AC長野パルセイロは24日、DF大桃海斗(24)、GK寺沢優太(28)、MF上米良柊人(25)が契約満了により退団することを発表した。 大桃は帝京長岡高校から早稲田大学を経て、2020年に長野に入団。2シーズンで明治安田生命J3リーグで5試合の出場に終わっていた。 寺沢は都市大塩尻高校から関東学院大学を経て、2016年にドイツ6部のヒラル・ベルクハイムへと入団。5部リーグ昇格などを経験すると、2019年に奈良クラブへと完全移籍。2020年には沖縄SVへと移籍すると、2021年から長野に所属した。なお、Jリーグでの出場機会はなかった。 上米良は湘南工科大学附属高校から新潟医療福祉大学を経て2019年にSC相模原へと入団。2020年に長野へと加入した。 長野ではJ3通算19試合に出場し3得点。今シーズンは11試合で2得点を記録していた。 3選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆DF大桃海斗 「この場を借りて皆様に報告させて頂きます。J2に昇格する為に、少しでもチームの勝利に貢献したかったですが、自分の力不足で思うような結果を出す事ができずに今シーズンでチームを去ることになりました」 「契約満了というとネガティブな印象があると思いますが、まだ今シーズン残り2試合ありますし自分自身は前向きに過ごしたいと思っています。そして、チームがどんな状況でも常に前を向いて応援してくれるファン・サポーターの皆様に感謝を表現するには、今シーズン残り2試合を勝利で締め括る事だと思います。その為に自分ができることを精一杯やり続けたいと思います」 「コロナ禍でのシーズンだった為、ファン・サポーターの皆様と交流する事ができませんでしたが、常に支えていただき感謝しています。2年間、本当にありがとうございました」 ◆GK寺沢優太 「契約満了に伴い今シーズンで長野を離れる事となりました。まず初めにAC長野パルセイロに関わる全ての皆様、ホームタウンの皆様、スポンサー企業様、ファン・サポーターの皆様にこの場を借りて感謝を申し上げます。1年間ありがとうございました」 「2021年1月25日、新入団会見でユニフォームに袖を通した時に感じました。『いよいよプロの"結果"の世界に足を踏み入れた』と。トップチーム、レディースチーム共に長野県出身者が活躍する中、ピッチの上から見ることしかできない自分の虚しさ、苦しさ、悔しさで食事が喉を通らなかったり寝つけない日さえありました。ただそういう時に物凄くワクワクする自分がいたんです。来る日も来る日もピッチ内外で誰よりもトレーニングして誰よりもサッカーの事を考えサッカーに向き合いましたが未だ出場は"0"。契約満了。チャンスをもらい結果を出せなければプロとして評価はされないし、必要ともされません。この結果は全て自分のプロとしての力不足で僕自身納得のいく当たり前の結果です」 「ただ、"成功"はできませんでしたが生まれ育ったこの長野で27歳という遅いプロキャリアのスタートでしたが新たな景色を見ることができ"成長"は確実にできた自信があります。そして何より多くの方々に出会い、ホームタウン活動を通し地域の方々、ファン・サポーターの皆様とコミュニケーションをとってクラブと歩み続けた一年は僕にとって幸せでかけがえのない財産です」 「最後になりますが、これからパルセイロのエンブレムを背負い戦う選手達にはこの環境が当たり前ではないと伝えたいです。グランドに行けばメニューが用意され、ケアしてもらいたければトレーナーチームがいる。週末になれば最高のスタジアムで最高のファン・サポーターがいる。そこには"多くの人の努力や支え"があります。そういった方々の思い、そしてやりたくてもやれない人の想いを背負い長野の為に戦ってもらいたいです」 「この1年間の苦しさ、悔しさ。一生忘れません。もう一度足元を見つめ直し、出直してきます。何度でも這い上がります。寺沢優太に関わってくれた全ての皆様。ありがとうございました」 ◆MF上米良柊人 「今シーズンを持ちましてAC長野パルセイロを離れる事になりました。1年半という短い期間でしたが、パルセイロで色々な経験や成長をさせてもらいました。正直個人的には悔しい気持ちのほうが多いですが、それでもどんな時でも応援してくれたファン・サポーターの皆さん、スポンサー様、パルセイロに関わる全ての方々に感謝しています。本当にありがとうございました。また、恵まれた環境の中で素晴らしい選手、スタッフとともに過ごすことができてとてもよかったです」 「まだ今後どうなるかはわかりませんが、パルセイロで経験できたことを次のステージで活かし、頑張りたいと思います」 「残りの試合も1つでも多く勝てるように自分らしく全力でプレーしたいと思います」 2021.11.24 19:07 Wed
twitterfacebook
thumb

長野が後半AT2発で逆転勝利、INAC神戸は破竹の8連勝、“埼玉ダービー”はゴールレスドロー【WEリーグ第9節】

「2021-22 Yogibo WEリーグ」第9節が、13日、14日にかけて行われた。 14日に行われたAC長野パルセイロ・レディースvsサンフレッチェ広島レジーナは2-1で長野レディースが勝利した。 ここまで2勝をあげるもホームでは白星がない長野レディースと、同じく2勝の広島レジーナが対戦。立ち上がりから互いに攻め合う展開に。しかし、両者ともシュート精度が低く、シュートが枠に飛ばない状況となった。 ゴールレスで後半を迎えると先に決定機を作ったのは長野レディース。50分に、瀧澤千聖がボックス手前からシュートも、またしても枠に飛ばない。 すると52分、ボックス手前から松原優菜がゴール前にクロスを送ると、誰も触らないままゴールに吸い込まれ、広島レジーナが先制する。 その後は互いにカードを切り局面を変えに行くがゴールは生まれず。それでも後半アディショナルタイム2分、長野レディースはボックス手前でFKを獲得すると、五嶋京香が直接叩き込み、土壇場で同点に追いつく。 見事な直接FKでゴールを奪った長野は、その直後にカウンター。ラストプレーでスルーパスを受けた瀧澤千聖が落ち着いてけり込み、逆転に成功。2-1で勝利し、ホーム初白星となった。 開幕8連勝を目指すINAC神戸レオネッサは、ホームででアルビレックス新潟レディースと対戦した。 立ち上がりから良い入りを見せたのは新潟レディース。5分、右サイドを突破した道上彩花がカットインしシュートもGKがセーブする。 INAC神戸は新潟レディースの堅い守備の前に、なかなかチャンスを作れず。しかし、後半は選手を入れ替えて徐々にゴールへと迫る。 すると71分、CKの流れから水野蕗奈がボックス内に持ち込みグラウンダーのパス。成宮唯が押し込み、INAC神戸が苦しみながらも先制。新潟レディースは反撃に出ることができず、そのまま試合終了。INAC神戸は苦しみながらもなんとか1-0で勝利し、開幕8連勝を飾った。 その他、13日に行われた大宮アルディージャVENTUSvsちふれASエルフェン埼玉の埼玉だーびーは、互いに決定機を生かせずに0-0のゴールレスドローに。また、三菱重工浦和レッズレディースvsマイナビ仙台レディースの一戦は、浦和レディースの安藤梢にゴールが生まれるなど、3-1で浦和レディースが勝利。2位のマイナビ仙台ん勝ち点で並ぶことに成功した。 ◆Yogibo WEリーグ 第9節 ▽11/13(土) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">三菱重工浦和レッズレディース 3</span>-1 マイナビ仙台レディース 大宮アルディージャVENTUS 0-0 ちふれASエルフェン埼玉 ▽11/14(日) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 2</span>-0 ノジマステラ神奈川相模原 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">INAC神戸レオネッサ 1</span>-0 アルビレックス新潟レディース <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">AC長野パルセイロ・レディース 2</span>-1 サンフレッチェ広島レジーナ WE ACTION DAY(今節試合なし) 日テレ・東京ヴェルディベレーザ ◆順位表(第9節終了時) 勝ち点(試合数/勝/分/負/得失点) 1.INAC神戸レオネッサ 24(8/8/0/0/+15) 2.マイナビ仙台レディース 15(8/4/3/1/+7) 3.三菱重工浦和レッズレディース 15(8/5/0/3/+6) 4.ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 14(8/4/2/2/+1) 5.日テレ・東京ヴェルディベレーザ 13(8/4/1/3/+7) 6.AC長野パルセイロ・レディース 11(9/3/2/4/-2) 7.大宮アルディージャVENTUS 9(8/2/3/3/-6) 8.サンフレッチェ広島レジーナ 8(8/2/2/4/-4) 9.ノジマステラ神奈川相模原 6(8/1/3/4/-5) 10.アルビレックス新潟レディース 5(8/1/2/5/-8) 11.ちふれASエルフェン埼玉 5(9/1/2/6/-11) 2021.11.15 16:20 Mon
twitterfacebook
thumb

拓殖大MF山中麗央が古巣長野でのプロ入り内定 「大変嬉しく思います」

AC長野パルセイロは13日、拓殖大学からMF山中麗央(22)の来季加入内定を発表した。 山中は長野県出身で、かつて長野U-15やU-18でもプレー。攻守においてハードワークでき、左右両足でパンチ力のあるシュートを打つ力を持つ。 生まれ育った場所、そして慣れ親しんだクラブでのプロ入り内定を受け、喜びの思いとともに、意気込みを語っている。 「2022シーズンよりAC長野パルセイロに加入することになりました、拓殖大学の山中麗央です。夢であったプロサッカー選手としてのキャリアを、生まれ育った長野でスタート出来ることを大変嬉しく思います」 「幼い頃からスタジアムに行き、パルセイロの選手達から夢や希望をもらいました。これからは自分自身が子供たちに夢や希望を与えられるよう、努力していきたいと思います」 「そしてお世話になった方々への感謝の気持ちを忘れず、1日でもはやくピッチに立ちチームの勝利に貢献できるよう頑張ります。応援よろしくお願いします!」 2021.11.13 13:40 Sat
twitterfacebook
thumb

J3長野、残り5試合で横山雄次監督が退任…吉澤英生HCが残り試合を指揮

AC長野パルセイロは28日、横山雄次監督(52)が退任することを発表した。なお、吉澤英生ヘッドコーチ(49)がシーズン終了まで指揮を執ることとなる。 横山監督は、大宮アルディージャの下部組織でコーチや監督を歴任。その後、ブラウブリッツ秋田で監督、湘南ベルマーレでヘッドコーチ、栃木SCで監督を務めてきた。 2019年に長野の監督に就任。1シーズン目は13勝10分け11敗で明治安田J3で9位、2シーズン目は17勝8分け9敗で3位、3シーズン目の今季はここまで6勝9分け8敗の9位となっていた。 横山監督はクラブを通じてコメントしている。 「このたび、AC長野パルセイロの監督を退任することとなりました。昨シーズン、あと一歩のところでJ2昇格を逃し、今シーズンは、とにかくJ2昇格を成し遂げることで悔しさを晴らしたい、長野のファン・サポーターの皆様と喜びを分かち合いたいとスタートしたシーズンでしたが、思うような結果が出ず、またしてもご期待に応えることが出来ず、本当に申し訳なく思っています」 「約3年間、特にこの2年間はコロナ禍の様々な制約のある中でしたが、チームに対して様々な形でサポートをしていただきました皆様、また長野Uスタジアムでの温かい応援、ご声援をいただいた全ての皆様に心から感謝申し上げます」 「私はチームを去りますが、今シーズン残り5試合での選手の奮起に期待しています。また来シーズン以降のAC長野パルセイロの活躍、躍進、J2昇格を心から願っています」 「最後になりましたが、この3年間AC長野パルセイロに在籍し、良い時も悪い時も一緒に戦っていただいた全ての選手、チームスタッフ、フロントスタッフの皆様に心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました」 吉澤ヘッドコーチは、Honda FCやFC琉球、松本山雅F、ガイナーレ鳥取で監督を務めた他、ザスパクサツ群馬、水戸ホーリーホック、栃木SCでコーチやヘッドコーチを務めてきた。 吉澤ヘッドコーチはクラブを通じてコメントしている。 「今シーズン、目標であったJ2昇格を成し遂げることができず、ご期待に応えることができず、申し訳なく思っています。残り5試合、プロとして最後の最後まで、長野の皆様に勝利をお届けしたい。全力を尽くします」 2021.10.28 22:28 Thu
twitterfacebook
thumb

長野のDF広瀬健太が左ヒザ内側側副じん帯損傷と診断

AC長野パルセイロは18日、DF広瀬健太の負傷を発表した。 クラブの発表によると、広瀬は9日に行われた明治安田生命J3リーグ第22節のY.S.C.C.横浜で負傷したとのことだ。 広瀬は検査の結果、左ヒザ内側側副じん帯損傷と診断されたとのことだ。 広瀬は2020年から長野でプレー。今シーズンはJ3で19試合に出場し1得点を記録していた。 2021.10.18 16:52 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly