北九州、GK加藤有輝が手術成功を報告「感謝の気持ちでいっぱいです」

2021.08.20 14:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ギラヴァンツ北九州のGK加藤有輝は19日、自身の公式ツイッターにて手術成功を報告した。

大宮アルディージャの下部組織出身の加藤は、2016年2月にトップチームへ昇格。その後、2021年2月に北九州へと期限付き移籍をし、6月には一般女性との入籍を発表していた。

その加藤は7月21日の練習中に右ヒザ前十字じん帯を損傷。18日に手術が行われ、翌日に術後の右足と奥さんからの差し入れの写真と共に手術成功を報告した。

「昨日、無事に手術を終えました!この手術に関わってくださった皆さんには、感謝の気持ちでいっぱいです。ただ、ここからが勝負!しっかりリハビリして、一回りも二回りも強く、たくましくなってピッチに戻ってきます!!」

「2枚目の写真は、奥さんオススメのグミ!美味しいので是非(笑)」

また、加藤は今季ここまで公式戦6試合に出場し、2つのクリーンシートを達成。6月26日の明治安田生命J2リーグ第20節のジェフユナイテッド千葉戦以降は4試合連続の出場をしており、起用され始めた矢先のケガであった。



1 2

関連ニュース
thumb

J3降格危機に陥った大宮の原因/六川亨の日本サッカーの歩み

今シーズンのJリーグ・アウォーズが12月6日に開催され、MVPは予想通り川崎Fのレアンドロ・ダミアンが獲得した。リーグ連覇に加え、今シーズンは得点王にも輝いただけに当然と言えば当然の受賞だった。 そのアウォーズが開催される5時間ほど前、大宮アルディージャの霜田正浩監督の囲み会見が西大宮のクラブハウスで開催された。大宮は前日の5日、J2リーグ最終戦で残留を争っていた群馬を3-1で下し、J3降格を免れた。その日の夜にはクラブから霜田監督の来シーズンの続投が発表された。 会見自体は12月3日が取材申請の締め切り日で、霜田監督自身が希望したという。このため、もしも5日の試合で大宮のJ3リーグ降格が決まっていたら、“辞任会見”になっていたのかどうか。こればかりはさすがに誰もわからない。 その霜田氏が大宮の監督に就任したのは6月7日のこと。当時のチームは最下位に沈んでいた。このため「勝点1をとり続けてはダメ」と、勝点3を狙って攻撃的なチーム作りに取り組んだ。しかしDFラインからビルドアップするポゼッション・サッカーは、リーグ終盤になると相手カウンターの餌食にもなった。 首位の磐田(1-2)、2位の京都(0-1)との試合では、いずれもアディショナルタイムの失点で敗れた。善戦はしても勝ちきれない。そこで「山口時代のつなぐサッカーは自己満足だった。最後の6試合はリスクを考えて変えた」と勝点を拾う現実的なサッカーでJ2残留にこぎ着けた。群馬戦での勝利は、開幕戦の水戸戦(2-1)以来となる今シーズン2度目の逆転勝利。それだけ苦しんだシーズンでもあった。 その原因として霜田監督は「選手のクオリティだけでは勝てない。クラブの格やスポンサーの多寡とかも関係なく、松本がJ3に落ち、秋田はあれだけやれている。クラブの中で何が起きているか。それが順位に反映されている」と指摘する。 そして大宮に関しても、「膿が溜まっているし、原因がわからないから膿は溜まる。まっとうなクラブ、ちゃんとしたクラブにしていきたい」と来シーズンへ向けての抱負を語った。 JFA(日本サッカー協会)の技術委員長時代は得意のポルトガル語による人脈からアルベルト・ザッケローニ、ハビエル・アギーレ、ヴァイッド・ハリルホジッチと3人の代表監督を招聘した実績を持つ。果たして新外国人選手はどんな実力者を連れてくるのか。こちらも来シーズンの見所の1つとなるだろう。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.12.08 19:30 Wed
twitterfacebook
thumb

東京Vが今季暫定指揮の堀孝史監督の続投を発表…J2で12位フィニッシュ

東京ヴェルディは8日、堀孝史監督(54)との契約更新を発表した。 堀監督は、湘南ベルマーレの育成年代やトップチームコーチを務めた後、浦和レッズでユースのコーチや監督を歴任。2011年には成績不振で解任されたゼリコ・ペトロビッチの後任として監督に就任した。 その後、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督(現:北海道コンサドーレ札幌監督)の下でコーチを務めていると、2017年7月にはペトロヴィッチ監督の後任として監督に就任。2018年は正式に監督となるが、開幕5試合で解任されていた。 その後、尚美学園大学、ジェフユナイテッド千葉でヘッドコーチと務めると、2020年に東京Vのスカウト部長に就任。2021年はコーチとなったが、永井秀樹監督の辞任を受けて9月から暫定監督に就任していた。 チームは12位でシーズンを終えていたが、続投が決定した堀氏はクラブを通じてコメントしている。 「2022シーズンも引き続き、東京ヴェルディトップチームの監督を務めさせていただくことになりました」 「2021シーズンの途中から監督を務めさせていただきましたが、どんな状況でもチームを支えていただいているファン、サポーター、パートナーの皆さま、試合運営に関わってくださったすべての皆さまには改めて心からお礼申し上げます」 「選手、スタッフ、クラブそして支えてくださる皆さま全員の力を合わせて、来季も戦っていきたいと思います。引き続き、応援をよろしくお願いいたします」 2021.12.08 18:22 Wed
twitterfacebook
thumb

J3降格の愛媛、合計7年在籍し223試合出場したDF浦田延尚と契約満了「本当にありがとうございました」

愛媛FCは8日、DF浦田延尚(32)との契約満了を発表した。 浦田は帝京高校から2008年に横浜F・マリノスへ入団。その後は、サガン鳥栖を経て、2012年に愛媛へと完全移籍で加入した。2018年からは松本山雅FCへと完全移籍するも、今シーズン復帰。しかし、今回契約満了となった。 愛媛では合計7シーズンプレー。J2通算213試合に出場し10得点を記録。天皇杯で7試合に出場していた。なお、今シーズンはJ2で12試合の出場だった。 浦田はクラブを通じてコメントしている。 「この度クラブから契約満了の通知を受けたため、愛媛FCを退団することになりました。まずこの一年間自分の力不足でクラブの力になれず、J3降格という結果となってしまったこと大変悔しいですし、申し訳なく思っています」 「そのような状況の中でも応援、サポートしてくださった方々にはとても感謝しています。以前の在籍から合わせて7年もの間、本当にありがとうございました」 2021.12.08 18:13 Wed
twitterfacebook
thumb

1年でJ3降格の相模原、MF清原翔平やMF兵藤慎剛ら7名との契約満了を発表

SC相模原は8日、7選手との契約満了を発表した。 今回発表されたのは、MF清原翔平(34)、MF星広太(29)、MF窪田良(30)、DF後藤圭太(35)、MF鍬田一雅(21)、GK真木晃平(23)、MF兵藤慎剛(36)の7名となる。 清原はツエーゲン金沢、セレッソ大阪、徳島ヴォルティスと渡り歩き、金沢から2020年に加入。J3で34試合1得点を記録し昇格に貢献すると、今シーズンはJ2で16試合1得点を記録した。 星は福島ユナイテッドFCから2020年に相模原に加入。J3では34試合2得点を記録すると、今シーズンはJ2で23試合1得点を記録していた。 窪田は徳島ヴォルティス、カターレ富山、ヴァンフォーレ甲府、ザスパクサツ群馬と渡り歩き、2020年に相模原に加入。J3では15試合、J2では6試合の出場に終わっていた。 後藤は鹿島アントラーズ、ファジアーノ岡山、松本山雅FCと渡り歩き、今シーズンから相模原へ加入し今季は5試合の出場に終わっていた。 鍬田は高校卒業後にスペインでプレーした後、2020年に相模原U-21に加入。今シーズンからトップチームに昇格したが、出番はなかった。 真木は大分トリニータU-18から福岡大学を経て、今シーズン加入。しかし出番はなかった。 兵藤は横浜F・マリノスや北海道コンサドーレ札幌、ベガルタ仙台を経て、無所属状態から今シーズン途中の8月に加入。J2で7試合に出場していた。 7選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆MF清原翔平 「2年間、ありがとうございました。契約満了ということでチームを去らなくてはいけなくなりました。今シーズン目標としていたJ2残留を果たすことが出来ず、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。サガミスタの皆さんと戦ったこの2年間は、大切な僕の思い出です。J3ではもがきながら上位にしがみつき、最後の最後でJ2への切符を勝ち取りました。J2ではなかなか降格圏から出られずにいましたが最終戦には自力で残留出来る位置までいました」 「僕たちが“諦めの悪い男達”でいられたのは“諦めの悪いサポーター”の応援あってこそです。J3のホーム最終戦のセレモニーで三浦監督が「俺は絶対諦めない」と言い、富澤キャプテンも「俺達も絶対諦めない」と続き、サガミスタの皆さんも拍手で呼応してくれました。そこから生まれた“諦めの悪い男たち” 僕はこれをずっと大切にしていってほしいと思っております。クラブのアイデンティティはこうやって出来ていくのかなと感じ、その場にいられたことはとても貴重な経験でした」 「来シーズンからJ3での戦いとはなってしまいますが、SC相模原がまたJ2に戻り、着実に力をつけて今度はJ1で戦っている。というようにクラブが発展していってほしいと願っております」 「一つ心残りがあるとすれば、この2年間はコロナ禍でサガミスタの応援歌が直に聞けなかったことかもしれません。当たり前であった日常が戻ってきて、声出し応援が出来るようになった時、その時戦っている選手達に全力で応援歌を歌いサポートしてあげてください。よろしくお願いします。2年間一緒に戦っていただき本当にありがとうございました!」 ◆MF星広太 「今年限りでSC相模原を退団することになりました。コロナ禍で大変の中、2年間沢山のサポートありがとうございました。サガミスタ、スポンサー、SC相模原に関わる方々のあと押しのおかげで自分自身、良い時は勿論、うまくいかない時もいつも変わらずに真摯に取り組む事が出来ましたし、チームの為に走り切る事ができました」 「ただ今年はチームの目標であった残留という結果に個人的にも貢献する事が出来ずに降格してしまった事を大変申し訳なく思っております。この悔しさを忘れず、また成長した姿を見せれるように頑張っていきます。2年間本当にありがとうございました」 ◆MF窪田良 「今シーズンでSC相模原を離れることになりました。まずはSC相模原でプレーをする機会を与えてくれた望月会長をはじめとする関係者の皆様、チームを支えてくれたスポンサーの皆様、最後まで一丸となって戦ったチームメイト、監督をはじめとするチームスタッフの皆様、2年間本当にありがとうございました!!」 「昨シーズンJ2昇格を果たし、J2残留を目標に挑んだ今シーズンでしたが、なかなか試合に出てチームに貢献できず苦しい1年間でしたが、いつも応援してくれていたサガミスタの皆様に助けられました。これからは僕もサガミスタの一員としてSC相模原の躍進を応援していきたいと思います!本当にありがとうございました!!」 ◆DF後藤圭太 「1年間ありがとうございました。J2残留という結果を残せなかったこと申し訳なく思っています。自分自身力不足でした。 しかし、望月重良さんはじめ、スポンサー様・サガミスタの皆さん・監督・スタッフ・フロントスタッフ・チームメイトと共に目標へ向かって、信じ続けて過ごした時間はとても素晴らしいものでした」 「また、地域の方にも家族が安心して過ごせるよう助けていただいたこと本当に感謝しています。これからもSC相模原の成長を応援しています」 ◆MF鍬田一雅 「SC相模原に関わる全ての皆様、また、沢山の応援をして下さったサガミスタの皆様、1年間という短い間ではありましたが応援ありがとうございました」 「リーグ戦には絡む事が出来ず悔しい思いをしましたが、スタジアムでのサガミスタの皆様の応援がいつも心に響き力を貰ってました。これから一生忘れません。本当にありがとうございました」 ◆GK真木晃平 「SC相模原に関わる全ての皆様、1年間という短い期間でしたが沢山のサポートをしていただきありがとうございました。J2挑戦初年度というシーズンにチームの一員として戦えたことは自分のサッカー人生において大きな経験となったし、これからまだサッカーを続けていく上での財産となりました」 「個人としてこの1年間チームに何も貢献できなく去ってしまうのは申し訳ないですし、悔しい気持ちでいっぱいです。この経験を無駄にしないように、これからも頑張っていきますので応援していただけると嬉しいです。1年間、本当にありがとうございました」 ◆MF兵藤慎剛 「2021シーズン半年という短い期間でしたがありがとうございました。なかなかチームが決まらなかった僕にプレーできるチャンスを与えていただきSC相模原には本当に感謝しかありません」 「半年間でしたが自分にできることをしっかりと取り組んできたつもりです。チームとしての目標であったJ2残留ができなかったのは凄く心残りですが、来シーズンがSC相模原にとって、いいシーズンになることを願っています」 「そして、どんな時も熱い声援を送っていただいたファン、サポーターの皆さん短い期間でしたがありがとうございました。SC相模原に関わるすべての人に感謝」 2021.12.08 17:49 Wed
twitterfacebook
thumb

J2初挑戦で14位フィニッシュの秋田が吉田謙監督の続投を発表

ブラウブリッツ秋田は8日、吉田謙監督(51)の続投を発表した。 吉田監督は、アスルクラロ沼津の下部組織で長年監督を務め、2015年から2019年までトップチームで監督を務めた。 2020年に秋田の監督に就任。明治安田生命J3リーグで優勝を果たすと、J2に初昇格。J2初挑戦となった今シーズンは11勝14分け17敗の14位でシーズンを終えていた。 吉田監督はクラブを通じてコメントしている。 「秋田の皆様、そしてブラウブリッツ秋田を心から支えてくださる全ての皆様、どんな時も選手、クラブに愛情をいただきありがとうございます」 「来シーズンも監督を努めさせていただくことに感謝いたします。選手、スタッフと共にひたむきに助け合いながら熱走し、秋田一体となって挑戦したいと思います。よろしくお願いいたします」 2021.12.08 17:18 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly