プレミアリーグから関心集まるミレンコビッチ、フィオレンティーナと契約更新へ

2021.08.19 14:11 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フィオレンティーナとセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(23)が契約更新で合意に至ったようだ。イタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が伝えている。

ミレンコビッチに関しては、今夏にトッテナムやウェストハムからの関心が伝えられている。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、ウェストハムは1400万ポンド(約21億4000万円)のオファーを準備しているようだ。だが、そんな彼らのオペレーションは失敗に終わりそうだ。

ファブリツィオ・ロマーノ氏によると、フィオレンティーナとミレンコビッチは2024年6月までの新契約を締結。現行の契約から2年延長する形だ。

同選手は2017年夏に母国の名門パルチザンから5年契約で加入。初年度はしばらくベンチを温める日々が続いたものの、2シーズン目以降はレギュラーとして活躍し、これまでに公式戦134試合に出場している。

フィオレンティーナでは一方で、ミレンコビッチと同胞のFWドゥシャン・ヴラホビッチ(21)の去就に関してはまだ決めかねている模様。同選手にはアトレティコ・マドリーやトッテナムが興味を示しているという。


関連ニュース
thumb

吉田不出場のサンプドリア、ヴラホビッチ弾などに沈みフィオレンティーナに完敗《セリエA》

サンプドリアは11月30日、セリエA第15節でフィオレンティーナとのアウェイ戦に臨み、1-3で完敗した。サンプドリアのDF吉田麻也はベンチ入りも出場しなかった。 3日前に行われた前節ヴェローナ戦を3-1で制した15位サンプドリア(勝ち点15)は、ヴェローナ戦の前半35分から緊急出場となった吉田が今節もベンチスタートとなった。 6位フィオレンティーナ(勝ち点21)に対し、サンプドリアは15分に先制する。右サイドからのカンドレーバの左足クロスにガッビアディーニがヘッドで合わせた。 しかし23分、左サイドからソッティルの上げた右足クロスにファーサイドのカジェホンに押し込まれ、試合を振り出しに戻されると、32分に逆転される。 右サイドからのボナヴェントゥーラのクロスをヴラホビッチにヘッドで決められた。そして45分、CKのサインプレーの流れからボナヴェントゥーラのシュートのルーズボールをソッティルに押し込まれ、サンプドリアは前半を1-3で終えた。 迎えた後半もフィオレンティーナに主導権を握られると、59分にソッティルの独走を許す。しかしGKと一対一となったソッティルはシュートを枠に外して助かった。 結局、後半はスコアが動かず1-3でサンプドリアは敗戦。吉田に出番がなかった中、連勝とはならなかった。 2021.12.01 05:01 Wed
twitterfacebook
thumb

生放送中の女性リポーターにセクハラ、お尻タッチのヴィオラサポに警察も動く

フィオレンティーナのファンによるセクシュアル・ハラスメント問題を、『フットボール・イタリア』がクローズアップしている。 テレビやラジオのリポーターと活躍するジャーナリストのグレタ・ベッカリアさんは、27日に行われたセリエA第14節エンポリvsフィオレンティーナの一戦を取材に訪れていた。 試合は57分にフィオレンティーナが先手を取るも、87分、89分と立て続けにホームチームがゴールを奪取。エンポリが2-1と、逆転勝利を収めていた。 ベッカリアさんは試合後の様子を伝えようと、スタジアムの外で『トスカーナTV』向けのリポートをしていた。その生放送中、あるフィオレンティーナのサポーターが通りすがりにベッカリアさんの臀部をタッチ。そのまま去っていった。 当然だが、ベッカリアさんはひどく憤慨した様子だ。加えて、放送中の事件をトスカーナのジャーナリスト団は強く非難。ベッカリアさんとの連帯を表明した。 また、警察は目撃者に話を聞き、ビデオのチェックなどで該当者の特定を進めているとのことだ。 <span class="paragraph-title">【動画】女性リポーターの臀部を触るヴィオラサポーター</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="x-J9ybRQs1o";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.11.29 21:07 Mon
twitterfacebook
thumb

ユベントスがヴラホビッチの獲得へ5000万ユーロを準備か

フィオレンティーナに所属するセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(21)の獲得に本腰を入れているようだ。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えている。 『ガゼッタ・デロ・スポルト』によれば、得点力不足に悩むユベントスは新ストライカーの獲得に本腰を入れており、移籍金として5000万ユーロ(約64億5500万円)を準備しているという。 また、国外クラブへの売却を考慮しているフィオレンティーナに対し、ヴラホビッチは慣れ親しんだセリエAに留まることを望んでいるとのことだ。 今夏の移籍市場ではクラブ間の交渉がうまくいかずに残留となったヴラホビッチだが、今後のステップアップを目指す同選手は、先日にクラブが掲示した総額4000万ユーロ(約52億3000万円)相当の5年契約を固辞。現行契約は2023年まで残っているが、今冬あるいは来夏のタイミングでの退団が決定的な状況。 しかし、フィオレンティーナは7000万ユーロ(約90億円)とかなり高額な契約解除金を設定しており、ユベントスは交渉による値引きや選手の譲渡を含めたオファーによって、できるだけ早く獲得したいと考えているようだ。 2021.11.25 00:45 Thu
twitterfacebook
thumb

セリエA初黒星のミラン、ピオリ監督は4失点の守備に不満「注意散漫だった」

ミランのステファノ・ピオリ監督が、今季のセリエA初黒星を喫したフィオレンティーナ戦の敗戦の弁を述べた。イタリア『メディアセット』が伝えている。 ここまで10勝2分け無敗でナポリとともに首位に立つミランは20日、第13節でフィオレンティーナとのアウェイ戦に臨んだ。開始5分にFWズラタン・イブラヒモビッチがネットを揺らしたゴールはオフサイドで取り消しとなったものの、良い入りを見せたミラン。 しかし、徐々にフィオレンティーナに押し込まれると15分に失点。さらに前半終了間際にも追加点を許し、前半で2点のビハインドに。後半は早い時間帯に交代カードを切って策を講じたが、60分に三度失点してしまう。 それでもイブラヒモビッチが立て続けに2ゴールを挙げて一時1点差に。だが、85分にとどめの4失点目を喫し万事休す。後半アディショナルタイムにオウンゴールで1点を返すものの、焼け石に水だった。 これで今季リーグ戦初黒星を喫したミラン。ピオリ監督は攻撃面に満足感を示すも、4失点した守備の注意力の低さを嘆いた。 「物語は我々は敗北に導いた。数字の上では9回のチャンスと17本のシュートがあったが、失点にはもっと注意すべきだったし、前半にもう1点をとるべきだった」 「主導権を取り戻す余地はあった。しかし、我々は明快ではなく、注意散漫だった。4失点目がなければ同点に追いつくことができたかもしれない。攻撃的な選手も多くいたし、時間もあった」 「チームはスピードとインテンシティを高く持って戦ってくれた。ラストパスの精度は時々欠けるかもしれないが、ゴール前には何度も迫った。フィオレンティーナの2倍のシュートを打ったのだ。しかし、勝つためにはもっと注意深くすべきだった。この敗戦は、次の試合に向けて我々をより強固なものにするだろう」 なお、噂されている契約更新については「時が来ればわかるだろう。私にとっては問題ないし、急いでもいない」と、合意に向けて前向きであることを示唆した。 2021.11.21 16:16 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴラホビッチとイブラがドッピエッタ、ミランがリーグ初黒星《セリエA》

ミランは20日、セリエA第13節でフィオレンティーナとのアウェイ戦に臨み、3-4で敗れた。 代表ウィーク前の前節、インテルとのミラノ・ダービーを引き分けた2位ミラン(勝ち点32)は首位ナポリと勝ち点で並ぶ中、イブラヒモビッチを最前線で起用。2列目に右からサーレマーケルス、ブラヒム・ディアス、レオンと並べた。 7位フィオレンティーナ(勝ち点18)に対し、開始5分にディアスのスルーパスからイブラヒモビッチがネットを揺らすもオフサイドに阻まれたミラン。 良い入りを見せたが、徐々にフィオレンティーナに押し込まれると15分に失点する。右CKのクロスボールをGKタタルサヌがファンブルし、ルーズボールをダンカンに押し込まれた。 失点したミランはトナーリ、レオンがミドルシュートでゴールに迫ると、30分にはレオンがコントロールシュートでネットを揺らしかけるも、GKテラッチアーノの好守に阻まれる。 その後もミランの攻勢が続いていたが、フィオレンティーナが前半終了間際に加点する。ヴラホビッチのパスを受けたボックス手前左のサポナーラにコントロールシュートを決められた。 迎えた後半もミランが押し込むと、イブラヒモビッチ、レオンがゴールに迫っていく。しかしゴールを割れず、57分に3枚替えを敢行。ディアスやサーレマーケルスらに代えてジルーやフロレンツィらを投入した。 だが60分、フィオレンティーナに3点目。ダンカンのフィードに抜け出したヴラホビッチがボックス左に侵入。GKをかわして角度の厳しい位置からゴールに蹴り込んだ。 直後、ボナヴェントゥーラのミスを突いたイブラヒモビッチが1点を返したミランは、67分に1点差に迫る。左サイドを突破したテオ・エルナンデスのマイナスクロスをイブラヒモビッチが合わせた。 しかし、86分にヴラホビッチにこの試合2点目を決められたミランは、試合終了間際にオウンゴールで再び1点差とするも3-4で敗戦。今季リーグ初黒星を喫している。 2021.11.21 06:48 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly