Jリーグが無資格者の試合エントリーで3クラブに懲罰…福島は不正出場で3-0敗戦扱いも、MCの出場許可があった事実を公表

2021.08.18 18:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
Jリーグは18日、3クラブに対しての懲罰決定を発表した。

今回懲罰が決定したのは、モンテディオ山形、水戸ホーリーホック、福島ユナイテッドFCの3クラブ。いずれも指定公式検査で陰性判定を得ていない人物が試合にエントリーされたことが原因となっている。

山形は、4月17日にソユースタジアムにて行われた明治安田生命J2リーグ第8節のブラウブリッツ秋田戦にて、指定公式検査で陰性判定を得ていない選手をエントリーさせていた。

クラブによると、対象選手はFWルリーニャであり、ジュビロ磐田を退団した後に途中加入。そのため公式検査を実施できなかったとのこと。「本来はクラブが独自に行ったPCR検査の結果をもって、Jリーグエントリー資格認定委員会に申請し、エントリー資格の認定を受ける必要がありました」とし「今回、ルリーニャ選手はチーム合流前にクラブが独自に行ったPCR検査で陰性判定であったものの、クラブの認識不足が原因で、Jリーグエントリー資格認定委員会への申請を怠り、4月17日秋田戦にエントリーしていたことが判明し、その結果、今回の処分が下りました」と説明。「選手本人には瑕疵はなく、すべてクラブの不手際によるものです」としている。

水戸は、4月11日にケーズデンキスタジアム水戸にて行われた明治安田生命J2リーグ第7節のFC琉球戦で、指定公式検査で陰性判定を得ていないスタッフを試合にエントリーしていた。

水戸は今回の件について「皆様にご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。今後のようなことがないようクラブとして再発防止に努めてまいります」と謝罪した。

福島は、5月16日に郡山西部サッカー場にて行われた明治安田生命J3リーグ第8節のヴァンラーレ八戸戦に陰性判定を得ていない選手を試合に出場させていた。

なお、山形と水戸はけん責処分となった一方で、福島は選手の不正出場となり、けん責に加え、3-0での敗戦扱いとなった。なお、実際の試合は2-0で福島が勝利を収めていた。

福島は今回の件について状況を説明。クラスター発生後、公式検査を当該選手は受けられず、エントリー可能者リストにも名前がなかったとのこと。その後、PCR検査及び抗原検査が実施され、いずれの検査においても陰性判定を得ていたとのことだ。

クラブによると、「試合当日に当該選手が記載したエントリー可能者リスト及び本件選手が記載されたJリーグメンバー提出用紙を提出したところ、本件選手がエントリー可能者リストに記載がないとの指摘があったとのこと。しかしながら、マッチコミッショナーから本件選手がエントリー可能者リストに記載がなくても、新型コロナウイルス感染症の陰性判定証明ができれば本件試合に出場することができる旨の発言があったため、運営担当はマッチコミッショナーに対し、本件選手の抗原検査における陰性判定の結果を提出しました。その結果、マッチコミッショナーは、本件選手が本件試合に出場することができることを認め、Jリーグメンバー提出用紙に署名をし、本件選手が試合にエントリーして出場しました」としており、マッチコミッショナーの判断により出場させた結果、勝ち試合が敗戦扱いとなってしまった。

福島はクラブ公式サイトを通じてこの件に対して意見を掲載。不正出場には当たらないとのと主張し、対応を検討するとしている。

「弊クラブは、本件行為の存在を争うものではなく、Jリーグの指定公式検査において陰性判定を得ていない選手が試合に出場した点について、ファン・サポーターの皆様をはじめ、クラブを支えている全ての関係者にお詫び申し上げると共に、再発防止策の徹底に努めてまいります」

「しかしながら、本件選手の試合への出場は、マッチコミッショナーの認可によってエントリーしたことによるものであります。マッチコミッショナーは、Jリーグの実行委員会が推薦し、理事会が承認した後、チェアマンが任命し、公式試合に派遣されるものであり、キックオフ時刻の変更についての承認権やエントリー完了後からキックオフ時刻までの選手の変更についての承認権等、試合の開催や選手の出場等について大きな権限を有している立場ですから、弊クラブとしては、マッチコミッショナーの認可がなければ、指摘に逆らって本件選手を試合に出場させる意思は全くありませんでしたし、事実上不可能と認識しています」

「したがって、弊クラブとしては、誤ったエントリー可能者リストを提出したわけでもなく、Jリーグから派遣されたマッチコミッショナーにおいて本件選手が指定公式検査の陰性判定を得ていないことを認識したうえで、出場の認可をしたことにより本件行為に至ったものであり、JFA懲罰規程の競技及び競技会における懲罰基準3-3における「不正」出場には当たらない又はその違反の程度は極めて小さいと思料しております」

「よって、通知書の内容を精査し、弊クラブ顧問弁護士をはじめとする関係機関とも相談の上、今後対応策を検討してまいります」

関連ニュース
thumb

J3の4クラブにJ3クラブライセンスが交付、上位の宮崎と福島は2位以内でも昇格できず

Jリーグは26日、2022シーズンのJ3クラブライセンスの判定結果を発表した。 2021シーズン明治安田生命J3リーグに所属しているクラブから、福島ユナイテッドFC、アスルクラロ沼津、FC今治、テゲバジャーロ宮崎の4クラブにJ3クラブライセンスが交付された。 なお、FC今治はJ2クラブライセンスを申請しJ2クラブライセンスが交付されたものの、J2に昇格することができなかった場合にはスタジアムの改修を行わない意向を表明しているため、スタジアムがJ2基準を満たさないことからJ2クラブライセンスが効力を失うこととなる。 また、福島はJ2クラブライセンスを申請していたものの不交付となり、J3クラブライセンスの審議がなされて交付された。 J3からは上位2クラブがJ2へと自動昇格となるが、J3ライセンスの宮崎が現在2位、福島が4位につけており、いずれかが上位2クラブに入った場合は、3位以下の繰り上げ昇格は行われず、J2からの降格チームが1つ減ることとなる。 2021.10.26 17:19 Tue
twitterfacebook
thumb

「正直ほっとしている」不服申し立てが認められた福島が声明、処分受けたMCの復帰も希望

福島ユナイテッドFCは14日、不服申立ての裁定結果通告について声明を発表した。 福島は、5月16日に行われた明治安田生命J3リーグ第8節のヴァンラーレ八戸戦にて、新型コロナウイルス(COVID-19)のJリーグ公式検査で陰性判定を得ていない選手を出場させていた。 Jリーグ規律委員会は、試合エントリーの要件として、『指定公式検査において陰性判定を得ていること』を定めていたが、その資格がない選手を出場させていたこととなり、これが出場資格の無い選手を公式試合に不正出場させたものであり、JFA懲罰規程競技及び競技会における懲罰基準3-3.『出場資格の無い選手の公式試合への不正出場(未遂を含む)』に該当すると判断されていた。 その結果、けん責処分に加え、2-0で勝利した試合を0-3での敗戦扱いとなる事に。しかし、この懲罰決定に対し、 福島が8月24日付で不服申立て。選手のエントリー資格と出場資格は、Jリーグ規約内で別に定められており、エントリー手続きに不備があったとしても、出場資格は有するとして、規定の適用に誤りがあるということ。また、選手の出場に関しては、マッチコミッショナーからの許可があったためとし、懲罰の撤回を求めていた。 そんな中、JFA不服申立委員会は14日に審議結果を発表。福島の不服申し立てを認め、0-3での敗戦を取り消しとし、2-0での勝利へと戻していた。 福島は、鈴木勇人代表取締役社長の名義で声明を発表。不服申し立てが認められた事に感謝を述べ、原因を作り、無期限での割り当て禁止処分を受けたマッチコミッショナーの復帰を求めた。 「この度の不服申立に対して慎重かつ公平に審議を賜り、原懲罰の一部取消しの決定になったことに対して正直ほっとしております。関係頂きましたすべての皆様にお礼申し上げます。また、激励を頂いた全国のファン.サポーターの皆様に心から感謝いたします」 「しかしながら、クラブの不備によって起因した問題であり、事実に対して真摯に向き合い、再発防止だけでなく、クラブ体制の充実と地域の発展のためにこれからも全力で取組んでまいります」 「また、先に処分が科されたマッチコミッショナーの方々は、これまで常に平等にクラブに寄り添いながらリーグの発展に尽力されてきた方々です。是非とも以前のように現職に戻して頂けるよう切に希望いたします」 「福島ユナイテッドFCは皆様の応援に応えるため、決してあきらめることなく残りのシーズンを戦い抜きます。これまで以上の熱い応援をよろしくお願いいたします」 2021.10.14 18:45 Thu
twitterfacebook
thumb

Jリーグで多発した無資格者の試合エントリー問題、J3福島の不服申立てが認められ0-3敗戦の懲罰が取り消しに

日本サッカー協会(JFA)は14日、福島ユナイテッドFCが8月24日付で提起した不服申立てについて、JFA不服申立委員会にて審議した結果を発表した。 福島が提起した不服申立ては、5月16日に行われた明治安田生命J3リーグ第8節の福島ユナイテッドFCvsヴァンラーレ八戸にて、福島が新型コロナウイルス(COVID-19)の公式検査で陰性判定を得ていない選手を出場させていたことに始まる。 Jリーグ規律委員会は、試合エントリーの要件として、『指定公式検査において陰性判定を得ていること』を定めていたが、その資格がない選手を出場させていた。 これが出場資格の無い選手を公式試合に不正出場させたものであり、JFA懲罰規程競技及び競技会における懲罰基準3-3.『出場資格の無い選手の公式試合への不正出場(未遂を含む)』に該当すると判断していた。 しかし、手続き上の不備と判断されたこの事案について、規律委員会は当該選手に出場停止処分を与え図、チームには0-3での敗戦扱いにするという懲罰を下していた。 この決定に対し、福島が不服申立て。選手のエントリー資格と出場資格は、Jリーグ規約内で別に定められており、エントリー手続きに不備があったとしても、出場資格は有するとして、規定の適用に誤りがあるとしていた。 また、当該選手はチーム内でのクラスター発生により、陽性判定を受けたために公式検査を受けられなかったが、その後保健所による検査で陰性が証明されていた。しかし、エントリー可能者リストには当該選手の名前が記載されていない中、メンバー提出用紙に記載して提出。マッチコミッショナーから指摘を受けたものの、陰性が証明できる場合は試合に出場できるという発言を受け、出場させていたと指摘していた。 この件に対して不服申立委員会は、チームがエントリー資格がない選手と出場選手リストに記載したことは問題だとしながらも、「マッチコミッショナーによる積極的な提言と承認があったものと認められ、これが出場資格の無い本件選手を本件試合に出場させるに至った大きな原因となっていることは否めない」と判断。また、実際に選手が陰性判定を受けていることも含めて、懲罰を軽減することとし、0-3での敗戦を取り消し、従来の結果通り2-0で福島の勝利とすることとなった。 2021.10.14 18:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ハムシクの50m級ロングシュートがノーゴールに…理由は“ドロップボール”でのリスタート方法

トラブゾンスポルのスロバキア代表MFマレク・ハムシクのゴラッソは未遂に終わってしまった。 トラブゾンスポルは2日、スュペル・リグ第8節でカイセリスポルとアウェイで対戦した。ハムシクはこの試合に先発出場。ハーフウェーライン付近からおよそ50mのロングシュートでネットを揺らした。 驚愕のゴラッソに歓喜するハムシクとチームメイト。だが、残念ながらゴールは認められなかった。なぜなら、ドロップボールを直接蹴り込んでしまったからだ。 『サッカー競技規則2021/22』の『第8条 プレーの開始および再開』では、ドロップボールでのリスタート方法について明記されているが、この中の『反則と罰則』では以下のように記されている。 ●ドロップされたボールが2人以上の競技者に触れることなくゴールに入った場合、プレーは、次のように再開される。 ・ボールが相手競技者のゴールに入った場合は、ゴールキック ・ボールがそのチームのゴールに入った場合は、コーナーキック つまり、最初に触れた選手とは別の選手が触らなければ、ゴールは認められないということだ。確かに今回ハムシクは主審からドロップされたボールをワントラップ後に蹴り込んでしまっている。 3日の明治安田生命J3リーグでも福島のトカチがドロップボールを直接狙っていたが、思いのほか周知されていないのかもしれない。 決まっていれば今季のベストゴールに挙げられていただろう"ゴラッソ"。ルールとはいえ、ハムシクにとっては残念な結果となった。 <span class="paragraph-title">【動画】ドロップボールを直接!ハムシクの50m級ゴラッソは未遂に…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tr" dir="ltr"> Hamsik&#39;in nefis vuruşı<br> Kucka<br><br> Volkan Demirel: &quot;Lincoln, çift vuruştan kaleye vurmuştu. Topa uçtum ama dokunsam gol olacaktı. İster istemez o refleksi veriyorsunuz. Sen bana kalem atsan ben yine uçarım. Refleks...&quot; <br><br> Feyyaz Uçar: &quot;Kalem atmam, ayak içi atarım...&quot; <a href="https://t.co/ksnsXzZDuj">pic.twitter.com/ksnsXzZDuj</a></p>&mdash; beIN SPORTS Türkiye (@beINSPORTS_TR) <a href="https://twitter.com/beINSPORTS_TR/status/1444389187676000260?ref_src=twsrc%5Etfw">October 2, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.04 21:25 Mon
twitterfacebook
thumb

J3福島がナイジェリア人FWサイモンの加入を発表「クラブのために大きなことを成し遂げたい」

福島ユナイテッドFCは1日、ナイジェリア人FWサイモン(21)の加入を発表した。背番号は「49」を着ける。 ナイジェリア出身のサイモンは、188cmの長身FW。かつて所属したFWイスマイラ(現京都サンガF.C.)も所属していたナイジェリアのバリーガ・プロフェッショナルFCでプレーしていた。 サイモンはクラブを通じてコメントしている。 「この場を借りて、福島ユナイテッドFCに加入する貴重な機会を与えてくれた皆様に、感謝をお伝えしたいと思います。素晴らしいクラブに加入することができ、本当に光栄に思っています」 「私は、このクラブで素晴らしい活躍をした偉大な祖国の先輩がいたことを知っています」 「私も”FUKUSHIMA”という名前をさらに高みに押し上げるようなプレーをして、クラブのために大きなことを成し遂げたいと思います。クラブの成長のために私の責任を全うすることで、これらを実現することを約束します」 「皆さんと一緒にクラブを前進させるために、一つの家族、一つのチームになって、より多くの目標を達成していきましょう」 「福島ユナイテッドのファン、サポーター、スポンサーの皆さん。今まで皆さんがこのクラブに与えてくれた素晴らしいサポートに感謝します。そして、これからも継続してくれることを願っています。私はその期待に必ず応えます。ありがとう、そしてこれからもよろしくお願いします」 2021.10.01 16:50 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly