王者アルジェリアはコートジボワールと同組! アフリカ・ネーションズカップ2021のGS組み合わせ決定

2021.08.18 08:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アフリカ・ネーションズカップ2021の組み合わせ抽選会が開催地カメルーンのヤウンデで開催された。

2022年1月9日から2月6日の日程で開催される今大会は、予選を勝ち抜いた24チームが、6つのグループに分かれて激突する。また、各グループの上位2チームと、各グループ3位の上位4チームが決勝トーナメントに進出するレギュレーションとなっている。

ポット分けでは、開催国のカメルーン、前回大会優勝のアルジェリア、最新のFIFAランキングの上位に位置するセネガル、チュニジア、モロッコ、ナイジェリアがポット1。

過去に優勝経験があるエジプト、ガーナ、コートジボワールらがポット2に入った。

注目の抽選結果では強豪国が比較的均等に分かれており、最激戦区はモロッコ、ガーナ、ガボンの強豪3チームとコモロが入ったグループCに。

開催国のカメルーンが入ったグループAにはブルキナファソ、エチオピア、カーボベルデ。連覇を狙うアルジェリアはコートジボワール、シエラレオネ、赤道ギニアと同居したグループEとなっている。

今回決定したアフリカ・ネーションズカップ2021の組み合わせ抽選会の結果は以下の通り。

◆グループA
カメルーン
ブルキナファソ
エチオピア
カーボベルデ

◆グループB
セネガル
ジンバブエ
ギニア
マラウィ

◆グループC
モロッコ
ガーナ
コモロ
ガボン

◆グループD
ナイジェリア
エジプト
スーダン
ギニアビサウ

◆グループE
アルジェリア
シエラレオネ
赤道ギニア
コートジボワール

◆グループF
チュニジア
マリ
モーリタニア
ガンビア

関連ニュース
thumb

ソン・フンミンが2戦連発の韓国がカメルーン撃破でW杯に弾み《国際親善試合》

国際親善試合の韓国代表vsカメルーン代表が27日に行われ、ホームの韓国が1-0で勝利した。 共にカタール・ワールドカップ(W杯)に出場するチーム同士の一戦。ホームの韓国は、2-2のドローに終わったコスタリカ代表戦に続きソン・フンミンやキム・ミンジェ、ファン・ヒチャンがスタメン起用。また、ガンバ大阪のクォン・ギョンウォンも先発に名を連ねた。 一方、カメルーンでは守護神オナナ、エンクル、ホングラ、アブバカル、エンベウモといった選手がスタメンを飾った。 立ち上がりからボールを握って主導権を掴む韓国は、開始5分にボックス内での繋ぎからチョン・ウヨンのヘディングシュートでいきなりGKオナナを脅かす。 以降はフィニッシュまで持ち込めないものの、サイドでのコンビネーションプレーでうまく相手の背後を取りながら際どいクロスを供給していく。そういった中、前半半ば過ぎに好調のエースが2試合連続で決定的な仕事を果たす。 35分、ボックス左に抜け出したキム・ジンスの左足シュートをGKオナナがはじき出すと、ゴール前でこぼれ球に反応したソン・フンミンがヘディングシュート。これがオナナの手を弾いてゴールネットを揺らした。 その後、反撃に出たカメルーンが前半終了間際にエンベウモのボックス右でのシュートがDFにディフレクトしてゴール方向へ向かうが、これはクロスバーを叩いた。 迎えた後半は互いに入りでフィニッシュの場面を作り出すが、以降は積極的にメンバーを入れ替えた影響もあり、膠着状態に。76分にはファン・ウィジョがボックス左での鋭い仕掛けからPK獲得かという場面を作り出したが、ここはノーファウルの判定に。 その後、試合終盤にかけては相手との接触プレーで負傷したファン・ウィジョが、10分ほどのプレータイムでピッチを後にするアクシデントも発生。ホームチームとしてはもうひとつ見せ場を作りたい中、87分にはボックス手前左の好位置でFKを獲得。これをソン・フンミンが直接狙うが、ゴール左上隅を狙ったシュートはわずかに落ち切らず、2試合連続の直接FK弾とはならず。 それでも、カメルーンの終盤の反撃を凌ぎ切った韓国が1-0で勝利し、W杯前最後のテストマッチを白星で飾った。 韓国代表 1-0 カメルーン代表 【韓国】 ソン・フンミン(35分) 2022.09.27 22:28 Tue
twitterfacebook
thumb

マネやサラー、アフリカ最優秀選手候補が10名に絞られる…若手にはユナイテッドMFハンニバルも

アフリカサッカー連盟(CAF)は11日、2021-22シーズンの男子最優秀選手賞の候補者10名を発表した。 2020-21シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の影響もあり受賞が中止に。2019年以来となる。 2019年に受賞したのは今夏リバプールからバイエルンへと移籍したセネガル代表FWサディオ・マネ。その前の2年間はリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが受賞していた中、今年も2人はノミネートされている。 6月30日に30名の候補が発表されていた中、10名にまで絞られたリスト。マネ、サラーの他には、プレミアリーグを制したマンチェスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズや、今年のアフリカ・ネーションズカップで最多の8ゴールを決めたFWヴァンサン・アブバカル(カメルーン/アル・ナスル)らが残っている。 なお、ミランでセリエAを制し、バルセロナへ移籍したコートジボワール代表MFフランク・ケシエなどは10名に残れなかった。 また、最優秀若手選手賞には日本代表とも対戦した、マンチェスター・ユナイテッドのチュニジア代表MFハンニバル・メイブリら5名が候補として残っている。最終結果は7月21日に発表される。 ◆アフリカ年間最優秀選手賞候補10名 リヤド・マフレズ(アルジェリア/マンチェスター・シティ) カール・トコ・エカンビ(カメルーン/リヨン) ヴァンサン・アブバカル(カメルーン/アル・ナスル) モハメド・サラー(エジプト/リバプール) ナビ・ケイタ(ギニア/リバプール) セバスティアン・アラー(コートジボワール/アヤックス→ドルトムント) アクラフ・ハキミ(モロッコ/パリ・サンジェルマン) エドゥアール・メンディ(セネガル/チェルシー) カリドゥ・クリバリ(セネガル/ナポリ) サディオ・マネ(セネガル/リバプール→バイエルン) ◆アフリカ年間最優秀若手選手賞候補5名 ダンゴ・ワッタラ(ブルキナファソ/ロリアン) カマルディーン・スレマナ(ガーナ/レンヌ) カリム・コナテ(コートジボワール/ザルツブルク) パプ・マタル・サール(セネガル/メス) ハンニバル・メイブリ(チュニジア/マンチェスター・ユナイテッド) 2022.07.11 21:10 Mon
twitterfacebook
thumb

カメルーン、国内の年齢&身分詐称疑惑にメス! 44選手を聴聞会に召集

カメルーンサッカー連盟(FECAFOOT)が、年齢、身分詐称の疑いで、国内の8クラブに所属する44選手の聴聞会を実施することを明かした。『ロイター通信』が報じている。 FECAFOOTの声明によると、7月4日から8日にかけて行われる聴聞会には、前述の44選手と共に所属クラブの会長の同伴が求められるという。 召集された選手全員が「年齢や身分の詐称及び共謀」の嫌疑があり、「関係者は、弁護士を介するか否かにかかわらず、聴聞会への出席が必須」となる。仮に、出席しない場合は処分対象となるという。 今回の聴聞会は、昨年12月にFECAFOOTの会長に就任したサミュエル・エトー氏が公約に掲げた改革の一つと見られ、アフリカのサッカー界にとって大きな懸念材料であり続ける年齢詐称や身分詐称を阻止するための取り組みだという。 2022.06.21 21:29 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ時代の脱税認める、エトーが執行猶予付きの懲役22カ月&罰金2億6000万円

かつてバルセロナやインテルなどで活躍し、カメルーン代表の元エースでもあるサミュエル・エトー氏が、脱税容疑を認めた。スペイン『マルカ』が報じた。 アフリカ年間最優秀選手賞を4度も受賞し、現在はカメルーンサッカー連盟(FECAFOOT)の会長でもあるエトー氏。元代理人であるホセ・マリア・メサレス氏とともに脱税疑惑がかけられていた。 バルセロナ在籍時の2006年から2009年にかけ、肖像権譲渡による収入を申告していなかったとのこと。387万2621ユーロ(約5億5000万円)を脱税していたようだ。 エトー氏は20日にスペインの裁判所に出廷。懲役4年6カ月が求刑されたが、最終的には22カ月に減刑。執行猶予がついている。また、メサレス氏は1年間の懲役刑となった。なお、エトーは罰金181万310ユーロ(約2億6000万円)を支払う。 両者は罪を認めた中、エトーはメサレス氏に原因があると非難。すでに資産管理における詐欺罪で訴訟を起こしているが、まだ調査中とのことだ。 スペインでは肖像権がらみの脱税が多くあり、リオネル・メッシ、クリスティアーノ・ロナウド、ジョゼ・モウリーニョ、ネイマールらレアル・マドリーとバルセロナに関わる外国人が近年起訴される件が相次いでいる。 2022.06.21 10:10 Tue
twitterfacebook
thumb

元カメルーン代表DFシェジュが現役引退…リール時代に国内2冠に貢献

元カメルーン代表DFオーレリアン・シェジュ(36)が現役引退を発表した。 2021年1月にトルコのアダナ・デミルスポルを退団して以降、フリーが続いてたシェジュは自身の公式SNSを通じて現役引退を発表した。 フランスのポーでプロキャリアをスタートし、幾つかのフランスのクラブを経て2007年にリールに加入したシェジュ。加入2年目からセンターバックのレギュラーに定着すると、2010-11シーズンにはルディ・ガルシア監督の下でリーグ・アンとクープ・ドゥ・フランスの国内2冠に大きく貢献した。 その後、2013年にガラタサライに完全移籍すると、一時フランスのアミアンでプレーしたものの、イスタンブール・バシャクシェヒルやブルサスポル、アダナ・デミルスポルとトルコのクラブで活躍を続けていた。 2009年にデビューを飾ったカメルーン代表では通算49試合に出場。2010年南アフリカ大会、2014年ブラジル大会とワールドカップに2大会連続で出場していた。 2022.05.04 23:36 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly