バルセロナがPSG行き決定的なメッシとの再契約へ最後の悪あがき? 地元メディアがオファーを報道

2021.08.10 14:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)行きが迫るアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(34)に対して、バルセロナが新たなオファーを掲示した模様だ。地元バルセロナのテレビ局『beteve』の番組『La Porteria』が報じている。

2004年のプロデビューから17年間にわたってバルセロナのアイコンであり続けたメッシだが、クラブと2026年までの新契約に合意しながらも、クラブサイドの「財政的・構造的な障害(ラ・リーガの規定)」を理由に、再契約叶わず。今夏に電撃退団が決定した。

今月8日にカンプ・ノウでお別れ会見をすでに実施したメッシは、2年契約で合意に至ったと思われるPSG行きが近日中に実現すると見られている。

そういった中、『La Porteria』はバルセロナの最高経営責任者(CEO)を務めるフェラン・レベルテル氏が、メッシとの再契約に向けて代理人を務める父親のホルヘ・メッシ氏に対して、新たなオファーを掲示したと報じている。

今回の報道に関しては現地時間深夜2時過ぎに突然報じられたもので、スペインメディアの中でも信ぴょう性を確認できていないという。

ただ、『La Porteria』は、メッシの再契約のドアは閉じられていないと楽観的な姿勢を打ち出している。

なお、レベルテル氏に関しては、バルセロナのスタジアムと練習場の改修計画『エスパイ・バルサ』の委員会の元メンバーで、ジョアン・ラポルタ会長との関係悪化によって先日に辞任していたジャウメ・ジョピス氏が、スペインのラジオ局『カデナ・セール』の番組『エル・ラルゲーロ』において、注目すべきコメントを残していた。

メッシの再契約が不可能となった背景には、バルセロナがラ・リーガの『CVCキャピタル・パートナーズ』からの資金調達を行わなかったことが影響している。

その中で以前からレアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長と親交があるレベルテル氏は、ヨーロッパ・スーパーリーグ構想実現、マドリーが獲得を狙うフランス代表FWキリアン・ムバッペの獲得をアシストする観点から、ジョアン・ラポルタ会長にCVCとの交渉を進めないように進言していたようだ。

「確かに最初の契約については、ラポルタ曰くバルセロナの今後50年の放映権収入を抵当に入れなければならないために受け入れなかった。しかしCVCとは交渉の余地を残しながらも、交渉すらしなかった」

「ラポルタを説き伏せたのはフェラン・レベルテル、バルサの新しいCEOだ。彼がフロレンティーノ・ペレスと取り組むスーパーリーグのプロジェクトがあるために、CVCと契約は結べないと言った」

「レベルテルは以前からフロレンティーノ・ペレスと友好関係を築いており、彼ら二人でラポルタの考えを変えてしまった」

「現在、バルセロナのあらゆる契約書のサインは会長ではなくあのCEOを通す必要があり、ラポルタにCVCと契約を結べば辞任すると脅していた。ラポルタはCEOの重圧を受け、さらにフロレンティーノからも説得された。彼ら2人でCVCと契約を結ばず、メッシを追い出すようラポルタを説得したということだ」

仮に、ジョピス氏の発言がすべて正しければ、メッシを退団に追い込んだ張本人とも言えるレベルテル氏が、再契約に向けて動く可能性は限りなく低いと思われる。

ただ、レベルテル氏が自らの考えが誤りだったことを認めてオファーを再考したとの考えも否定できないところだ。

いずれにしても現時点でメッシのPSG行きが迫っていることは確かだが、涙の退団会見後の逆転残留は実現するのか…。

関連ニュース
thumb

FIFAウイルスで負傷者続出のバルセロナ、居残り組のベジェリンもふくらはぎ負傷

バルセロナは27日、スペイン代表DFエクトル・ベジェリンの負傷を報告した。 公式ツイッターによる情報によれば、ベジェリンは同日のトレーニング中に左足のヒラメ筋に違和感を覚えた模様。早めに切り上げ、翌日に精密検査を受ける予定とのことだ。 バルセロナでは今回のインターナショナルブレイクの間に、ジュール・クンデ、ロナルド・アラウホ、メンフィス・デパイ、フレンキー・デ・ヨングと負傷者が続出。10月にはレアル・マドリー戦を含め9試合の過密日程が控えているだけに、軽傷を祈るばかりだ。 2022.09.27 21:40 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、デパイとF・デ・ヨングの負傷詳細を発表

バルセロナは26日、オランダ代表2選手の負傷詳細を発表した。 FWメンフィス・デパイは左大腿二頭筋の損傷、MFフレンキー・デ・ヨングは左大腿半腱様筋を伸ばしたことによる負傷とのことだ。 両選手共に22日に行われたUEFAネーションズリーグ・リーグA・グループ4第5節のポーランド戦で負傷していた。 スペイン『アス』によればデパイは約1カ月の離脱、F・デ・ヨングは約2週間の離脱になるだろうと報じている。 バルセロナでは今回の代表ウィークでDFロナルド・アラウホが右大腿部の内転筋腱の剥離で約2カ月半の離脱となった他、DFジュール・クンデが左大腿二頭筋の裂傷で約1カ月の離脱と、FIFAウイルスに苦しめられている。 2022.09.27 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

アラウホが手術を決断、2カ月半の離脱でカタールW杯欠場へ

バルセロナのウルグアイ代表DFロナルド・アラウホが手術を決断したようだ。スペイン『アス』が報じている。 アラウホは23日に行われたイラン代表との国際親善試合で先発。しかしキックオフから数十秒で右足内転筋を痛めてしまい、無念の交代に。バルセロナはアラウホの負傷について右大腿部の内転筋腱の剥離と発表していた。 保存療法での復帰の選択肢もあったが、再発のリスクが高いため手術を受けての完全復帰を目指すことにしたようだ。 『アス』によれば復帰までには2カ月半かかるため、11月20日に開幕するカタールW杯に間に合わないことになった。 2022.09.27 00:30 Tue
twitterfacebook
thumb

代表戦で負傷のバルサDFアラウホ、FIFAが毎日285万円支払いへ

ウルグアイ代表の活動で重傷を負ったバルセロナのDFロナルド・アラウホだが、これにより国際サッカー連盟(FIFA)が補償金を支払うことになるようだ。スペン『アス』が伝えた。 アラウホは23日に行われたイラン代表との国際親善試合で先発。しかしキックオフから数十秒で右足内転筋を痛めてしまい、無念の交代となっていた。 バルセロナはアラウホの負傷について右大腿部の内転筋腱の剥離と発表。全治は明かしていないが、『ムンド・デポルティボ』によれば手術を行った場合、11月20日に開幕するカタールW杯に間に合わない可能性が高いとされている。 ただ、代表戦で負傷したこともあり、欠場が28日以上続く場合は、FIFAが1日あたり2万458万ユーロ(約285万円)を支払うことが保証されている。 この金額は選手の固定給を考慮して算出されており、1年間もらい続ければ750万ユーロ(約10億4400万円)に達することに。年間では約8000万ユーロ(約111億3700万円)が割り当てられているという。 2022.09.26 22:12 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサが来夏の獲得目指すベルナルド・シウバ、シティの要求額は約139億円?

マンチェスター・シティは、ポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(28)の獲得を目指すバルセロナに対し、巨額の移籍金を要求する構えのようだ。 ベルナルド・シウバは今夏、バルセロナ行きが度々話題に。バルセロナ側はラ・リーガのサラリーキャップ問題もあり正式オファーを提示できなかったとされるが、選手にとってバルセロナは幼少期からの憧れのクラブであり、来夏こそ移籍が実現するのではと報じられている。 だが、バルセロナにとっては高いハードルがある模様。スペイン『ムンド・デポルディポ』によると、契約を2025年6月まで残すシティは8000万ユーロ(約111億円)以下で手放すつもりはなく、移籍金を1億ユーロ(約139億円)にまで設定しているという。 そのため、経営難のバルセロナがベルナルド・シウバを獲得するには、やはり選手の売却や「大幅な」人件費削減が不可欠とのこと。すでにスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツや同代表DFジョルディ・アルバらの退団が囁かれているが、多額の移籍金収益も得る必要がありそうだ。 2022.09.26 20:07 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly