徳島に元ノルウェー代表FWバケンガが加入へ、所属のオッドが合意と発表

2021.08.06 21:42 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ノルウェーのオッドは6日、元ノルウェー代表FWムシャガ・バケンガ(28)が徳島ヴォルティスへと移籍することを発表した。

クラブの発表によると、バケンガは今シーズン終了後に契約が満了を迎える中、徳島と合意に至ったとのことだ。

バケンガはノルウェーのローゼンボリでキャリアをスタート。2012年1月にクラブ・ブルージュへ完全移籍すると、セルクル・ブルージュ(ベルギー)、エスビャウ(ノルウェー)、ブラウンシュヴァイク(ドイツ)、モルデ(ノルウェー)とレンタル移籍を繰り返し、2016年7月にローゼンボリへと復帰した。

その後、トロムソ、ランハイム・フォトバルとノルウェー国内でプレーし、2020年6月にオッドへと加入した。

これまでエリテセリエン(ノルウェー1部)で通算151試合54ゴール13アシストを記録しているバケンガ。U-15から世代別のノルウェー代表で常にプレーすると、2014年1月にA代表デビューしていた。

今シーズンもエリテセリエンではここまで11試合で11ゴールを記録していた。


関連ニュース
thumb

「この美しいチームを再び上げる」J2降格の徳島FWバケンガが来季へ抱負「強くなって戻る」

徳島ヴォルティスの元ノルウェー代表FWムシャガ・バケンガがサポーターへの感謝と来季への抱負を語った。 バケンガは、ノルウェー1部のオッドで11試合11ゴールと得点力を爆発させ、鳴り物入りで今年8月に徳島に加入。しかしJ1リーグでは9試合に出場して1ゴールに終わると、チームも4日にホームで行われた明治安田生命J1リーグ最終節のサンフレッチェ広島戦を2-4で落とし、1年でのJ2降格が決定していた。 徳島との契約期間については明かされていないものの、バケンガは来季に向けてのメッセージを日本語と英語で投稿している。 「まず初めに皆様サポートありがとうございます! 愛情、ご支援、街中でサポーターの方々と出会った思い出はここに来た初日から素晴らしいものでありました」 「残念ながら目標達成への手助けは出来ませんでした。物事がこのように終わってしまったことと自分の貢献度に関しては非常に大きな悲しみを感じています。怪我もあって先週はとても難しいものでしたが、オフの期間を使ってしっかりと治したいと思います。来シーズン強くなって戻ること、この美しいチームを再び上げるため年間通じてベストな自分でいることに対し誰よりも強い気持ちでいます」 <span class="paragraph-title">【写真】FWバケンガが徳島のユニ姿とチームの集合写真を添えて決意表明</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CXGaNzRhZEm/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CXGaNzRhZEm/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CXGaNzRhZEm/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Mushaga Bakenga(@mbakenga)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.12.06 20:05 Mon
twitterfacebook
thumb

「ベストヤングプレーヤー賞」対象選手18名が発表! 2桁得点の鹿島MF荒木遼太郎や湘南の日本代表GK谷晃生ら

Jリーグは5日、2021シーズンの「ベストヤングプレーヤー賞」の対象選手18名を発表した。 当該シーズンの12月31日時点で21歳以下で、シーズン19試合以上の出場選手であり、過去に同賞および新人王を受賞していない選手が今回の候補メンバーとなった。 上位陣では3位のヴィッセル神戸DF小林友希、4位の鹿島アントラーズのMF荒木遼太郎、MF松村優太がノミネートしている。 「ベストヤングプレーヤー賞」は、J1の全20クラブの監督・選手による投票を基に選考委員会にて決定。ブック型楯と賞金50万円が渡されることとなる。 ◆ベストヤングプレーヤー賞 対象選手(18名) MF荒木遼太郎(鹿島アントラーズ/19歳) 36試合10得点:2291分 MF松村優太(鹿島アントラーズ/20歳) 22試合2得点:759分 FW細谷真大(柏レイソル/20歳) 28試合3得点:1090分 MF安永玲央(横浜FC/21歳) 27試合1得点:1741分 GK谷晃生(湘南ベルマーレ/21歳) 34試合0得点:3060分 DF畑大雅(湘南ベルマーレ/19歳) 22試合0得点:1413分 MF田中聡(湘南ベルマーレ/19歳) 36試合2得点:2669分 MF鈴木唯人(清水エスパルス/20歳) 33試合2得点:2005分 MF松岡大起(清水エスパルス/20歳) 36試合0得点:3177分 MF奥野耕平(ガンバ大阪/21歳) 26試合0得点:1385分 DF西尾隆矢(セレッソ大阪/20歳) 31試合2得点:2556分 DF小林友希(ヴィッセル神戸/21歳) 22試合0得点:1509分 FW鮎川峻(サンフレッチェ広島/20歳) 19試合1得点:603分 MF東俊希(サンフレッチェ広島/21歳) 35試合3得点:2475分 FW宮代大聖(徳島ヴォルティス/21歳) 32試合7得点:2556分 MF藤田譲瑠チマ(徳島ヴォルティス/19歳) 28試合1得点:1473分 DF大畑歩夢(サガン鳥栖/20歳) 30試合0得点:1768分 DF中野伸哉(サガン鳥栖/18歳) 34試合0得点:1790分 2021.12.05 12:43 Sun
twitterfacebook
thumb

1年でJ2降格の徳島が声明「もっともっと成長しなければ」、不適切行動のサポーターにも言及「心無きサポーターへの更なる管理・監視の徹底を」

徳島ヴォルティスは4日、J2降格を受けて声明を発表した。 徳島は4日、明治安田生命J1リーグ最終節でホームにサンフレッチェ広島を迎えた。 降格圏で最終節に臨んだ徳島。勝利すれば他会場の結果次第では残留を掴むことができたが、前半にまさかの3失点。後半に1点を返すものの、再び失点。さらに1点は返したが、反撃及ばず2-4で敗戦となり、1年でのJ2降格が決定した。 16位の湘南ベルマーレがガンバ大阪と引き分けていたため、勝利していれば残留できた中、シーズンを通して結果が出なかったチームは最終盤に連勝を収めるも一歩及ばなかった。 徳島の岸田一宏 代表取締役社長は、クラブを通じて挨拶。J2降格を謝罪するとともに、シーズン終盤で不適切行為が目立ったサポーターへの苦言も述べた。 「ファン・サポーター皆さま、スポンサー・株主の皆さま、ホームタウンの皆さま、そして徳島ヴォルティスに関わっていただいている全ての皆さま、今シーズンも格別なるご支援をいただき、誠にありがとうございました。心より厚く御礼申し上げます」 「今シーズンは、J1というハイレベルで厳しいリーグの中で、選手はもちろん、監督やコーチをはじめとするスタッフも残留に向け最後まで諦めることなく戦ってくれましたが、J2降格という結果となったことをとても悔しく思い、皆さまに申し訳ないという気持ちで溢れております。改めまして、クラブとしてもっともっと成長しなければならないということを痛感させられました。たくさんのご支援をいただきました数多くの皆さまのご期待にお応えすることができず、たいへん申し訳ございません。深くお詫びを申し上げます」 「しかしながら、今回のJ2降格という結果を真摯に受け止めた上ではありますが、前回J1のステージで戦った2014シーズンの結果から比較すると大きな成長も果たせていると、自負するところもございます」 「いま、皆様にお伝えできることは、「来シーズンは今シーズンに積み上げたことを無駄にすることなく、1年でまたJ1への復帰を果たせるよう、顔を上げて前に進んでいく」という強い意志でございます。この意志を、必ずや成し遂げられるよう邁進し、更なる明るい未来にむかって皆様と共に歩んでいきたいと思いますので、引き続いてのご支援・サポートをよろしくお願い申し上げます」 「末筆ではございますが、このたびの一部のサポーターの敬意を欠いた不適切な発言により、ご不快な思いや多大なるご迷惑をおかけした皆さまに、改めまして深くお詫び申し上げます。今後は、一部の心無きサポーターへの更なる管理・監視の徹底を図っていく所存でございますので、ご協力の程よろしくお願い申し上げます」 2021.12.04 19:45 Sat
twitterfacebook
thumb

徳島の1年でのJ2降格が決定…勝利必須の最終節は前半で3失点の苦しい展開に【明治安田J1最終節】

明治安田生命J1リーグ最終節、ヴォルティス徳島vsサンフレッチェ広島が4日にポカリスエットスタジアムで行われ、2-4で広島が勝利した。 この一戦の注目はただひとつ。徳島の勝敗だ。17位の徳島は負ければ降格が決定。引き分け以上でも、同勝ち点で並ぶ16位の湘南ベルマーレや、3ポイント差の15位清水エスパルスの結果次第で降格となる。 背水の陣で迎える最終節。ハイプレスで立ち向かう徳島だったが、立ち上がりからまさかの展開となる。9分の広島の攻撃シーン。左サイドの深い位置でスローインから再開し、青山が右足でクロスを上げると、逆サイドからゴール前に走り込んだ藤井が丁寧に合わせて先制。これがJリーグ初得点となった。 さらに、続く11分には、その藤井が右サイドから上げたクロスをエゼキエウが頭で合わせて追加点。勝利必須の徳島が序盤で2点のビハインドを背負うことになった。 そんな徳島の初シュートは20分過ぎ。シンプルなロングボールを宮代が収めシュートへ持ち込む。そのこぼれ球に反応した西谷も畳みかけるが、10試合ぶりの出場となったGK大迫の正面に飛んだ。 このシュートを機転に徳島にも若干勢いがついたが、広島が無情にも3点目を決める。36分、左CKの場面で柴崎がインスイングのクロスを送ると、ニアに走り込んだ東がフリックし、最後はエゼキエウが頭で押し込んだ。 決定的な3点目を許してしまった徳島。ハーフタイムで3人交代に踏み切ると、これが良い流れをもたらす。54分、自陣右サイドから藤田が持ち上がり、敵陣中央の宮代を経由してボックス左の垣田へパスが送られる。このラストパスはカットされてしまったものの、こぼれたところをボックス手前の岸本がダイレクトでゴール右隅に流し込み、1点を取り返した。 鮮やかなゴールで勢いを取り戻し始めたかに思われたが、この日の広島は強かに得点を重ねていく。65分、敵陣右サイドでの奪取から途中出場の浅野にボールが渡ると、ボックス右から切り込んで左足一閃。これが相手DFに当たってゴールに吸い込まれた。 それでも諦めない徳島は、80分に途中出場の一美のゴールで再び2点差に。ホームのサポーターも絶えず応援を送り続ける。 後半は立ち上がりにGK大迫がケガのトラブルに見舞われたため、アディショナルタイムは7分と長めにとられたが、徳島の追撃は実らず、2-4で試合終了。1年でのJ2降格が決まった。 徳島ヴォルティス 2-4 サンフレッチェ広島 【徳島】 岸本武流(後9) 一美和成(後35) 【広島】 藤井智也(前9) エゼキエウ(前11) エゼキエウ(前36) 浅野雄也(後20) 2021.12.04 16:04 Sat
twitterfacebook
thumb

最終節を前に叫びたい!!「アゲンスト・オール・オッズ!!」!? の巻/倉井史也のJリーグ

あれ? なんかさ、1カ月ぐらい前に残留争いを取り上げましょうって言ってた編集長の視点って正しかったわけ? 今回もメチャクチャ厳しい最終節になってるじゃないですか。対象はこの3チーム。 15位:清水 vs 11位:C大阪 13位:G大阪 vs 16位:湘南 17位:徳島 vs 12位:広島 でもって 15位:清水(勝点39)得失点差-18 16位:湘南(勝点36)得失点差 -5 17位:徳島(勝点36)得失点差-19 じゃあ、これを2005年から2020年のJ1リーグのうち、2シーズン制だった2015年、2016年を除いて最終節のデータから考えてみちゃうぞ、みないな。まずこの対戦の中で気になるのは、湘南が唯一のアウェイってこと。最終節って、ホームチームのセレモニーがあるんで、なかなか気合いが入るんですよね。で、調べてみると全126試合のうち、 ホーム勝ち:51試合 引き分け:31試合 アウェイ勝ち:44試合 むむむ、やっぱりホームチームが有利って感じですね。でもじゃあそれが通常のリーグ戦とどれくらい違うかって気になりませんか? ちなみに今季のここまでのJ1リーグ全370試合では、 ホーム勝ち:159試合 引き分け:90試合 アウェイ勝ち:121試合 これを比較すると ホーム勝ち:通常43.0%→最終節40.5% 引き分け:通常24.3%→最終節24.6% アウェイ勝ち:通常32.7%→最終節34.9% なんと!! 最終節はアウェイチームが通常よりも有利!! で、ここで気になるのは、33節終了時点の順位。15位から17位のチームはこれまでどんな成績を残しているのでしょうか!! 1)これまで15位で最終節のホームゲームを迎えたチームは、1勝5分3敗、ちなみにその1勝は2019年清水1-0鳥栖 2)これまで16位で最終節のアウェイゲームに挑んだチームは、1勝2分3敗、ちなみに2分は2019年松本1-1湘南、2020年仙台0-0湘南 3)これまで17位で最終節のホームゲームを戦ったチームは、6勝2分1敗、なお徳島に17位で採取説を迎えた経験なし さらに言うと!! 最終節で相手との順位差がどれくらい影響するかというと、 4)清水のように33節時点の順位で相手が4上回る場合のホームゲームは、2勝1分1敗 5)湘南のように33節時点の順位で相手が3上回る場合のアウェイゲームは、1勝4分1敗 6)徳島のように33節時点の順位で相手が5上回る場合のホームゲームは、4勝0分2敗 なな!! なんてことだ!! 頑張れ!! 頑張るんだ!! 湘南!! <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】<br/>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2021.12.04 14:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly