J3今治が山形のMF小松駿太を期限付き移籍で獲得「もう一度必要とされるように精一杯頑張ります」

2021.08.03 10:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
FC今治は3日、モンテディオ山形のMF小松駿太(23)が期限付き移籍で加入することを発表した。

期限付き移籍期間は2022年1月31日まで。背番号は「44」となる。

小松は東京都出身で、横河武蔵野FCの下部組織出身。ジュニア、ジュニアユースと所属すると、その後は横浜F・マリノスユースへと入団。順天堂大学へと進学し、2017年にY.S.C.C.横浜へと入団した。

2018年にはFC琉球へと完全移籍すると、2020年から山形でプレーしている。

これまでJ2通算37試合、J3通算57試合3得点を記録。今シーズンは山形で明治安田生命J2リーグで2試合、天皇杯で1試合に出場していた。

小松は両クラブを通じてコメントしている。

◆FC今治
「FC今治に関わる全ての皆さま」

「はじめまして!モンテディオ山形から来ました、小松駿太です!現状厳しい順位かもしれませんが、後半戦必ず巻き返せる力を持っているチームだと思います」

「そして自分がその原動力になれることを、ピッチで示します!スタジアムで会いましょう!」

◆モンテディオ山形
「この度、FC今治に期限付き移籍することになりました。山形に来てから一年半、何ひとつ結果を出せずに、移籍をすることになってしまい、非常に悔しいです」

「自分と向き合い、もう一度必要とされるように精一杯頑張ります。ありがとうございました!」

関連ニュース
thumb

今治のベテランMF橋本英郎が右鎖骨骨折で全治3カ月

FC今治は15日、MF橋本英郎の負傷を発表した。 クラブの発表によると、橋本は12日に行われた明治安田生命J3リーグ第18節の藤枝MYFC戦で負傷したとのことだ。 橋本は右鎖骨骨折と診断。14日に手術を行い、無事に終了したとのこと。全治は3カ月程度とのことだ。 橋本は今シーズンの明治安田生命J3リーグで17試合に出場し1得点を記録した。 2021.09.15 19:45 Wed
twitterfacebook
thumb

沼津に競り勝った福島が首位に肉薄! 今治は藤枝との打ち合い制し3勝目【明治安田J3第18節】

明治安田J3第18節の4試合が、12日に各地で行われた。 4位の福島(勝ち点29)はホームで沼津(勝ち点18)と対戦。序盤からコンスタントにシュートを放ち攻勢に出るものの、相手GKの好セーブもあり、なかなかゴールをこじ開けられない福島。それでも前半アディショナルタイムの50分、左CKが右サイドに流れてもう一度クロスを上げ直すと、池高が頭で繫いだパスを樋口が頭で流し込んで先制点を挙げた。 後半に入ってその樋口やトカチが立て続けにシュートを放って追加点の雰囲気を漂わせていたが63分、自陣左サイドで相手にFKを与えると、守備を整える前にボックスへ配球を許し、渡邉にボレーシュートを決められてしまった。 油断した隙を突かれた福島。しかし68分、福島隼斗からボックス右へ針の穴を通すかのような見事なスルーパスが入ると、反応した雪江の折り返しが相手のオウンゴールを誘い再び勝ち越し。これが決勝点となり、暫定首位の富山と勝ち点で並ぶ2位に浮上した。 その他、5試合未勝利の最下位今治(勝ち点12)はホームに藤枝(勝ち点16)を迎え撃った。試合は21分に枝村のゴールで先制を許すものの、45分に前回の藤枝戦でもゴールを挙げていたバルデマールのゴールで同点に。 後半からは怒涛の点取り合戦となる。まずは60分の藤枝。右サイドから上がったクロスのこぼれ球を、ボックス左の温井が豪快に決めて再び勝ち越し。しかし、ここから今治の猛攻が始まる。 64分、途中出場の岡山が倒されて得たPKを玉城が決めて同点に。78分には、再び玉城がゴールを決めて初めて逆転に成功する。さらに83分には、GKからボールを奪った梁賢柱のゴールでリードを2点に。その直後に1点を返されるものの、最後までリードを守り抜き、合計7得点の打ち合いを制した。これで今季3勝目を挙げている。 ◆第18節 ▽9/12(日) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">福島ユナイテッドFC 2</span>-1 アスルクラロ沼津 カマタマーレ讃岐 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ヴァンラーレ八戸</span> テゲバジャーロ宮崎 1-1 Y.S.C.C.横浜 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC今治 4</span>-3 藤枝MYFC ▽9/11(土) FC岐阜 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ガイナーレ鳥取</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">カターレ富山 3</span>-0 AC長野パルセイロ 鹿児島ユナイテッドFC 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 いわてグルージャ盛岡</span> 2021.09.12 17:58 Sun
twitterfacebook
thumb

今治FW長島滉大、レンタル先の奈良クラブに完全移籍移行

FC今治は16日、FW長島滉大(23)が日本フットボールリーグ(JFL)の奈良クラブに完全移籍で加わると発表した。 長島は成立学園高校から2016年に今治入団後、2018年9月にポルトガルのポルティモネンセに期限付き移籍。2019年6月に今治復帰を果たした後、今年5月から奈良クラブにレンタル加入していた。完全移籍移行を受けて、今治の公式サイトでこれまでのサポートに感謝した。 「この度奈良クラブに完全移籍することになりました。約5年という長い間ほんとにありがとうございました! この5年で出会えた素晴らしい選手、スタッフ、バックスタッフ、そしてファンの皆さんに出会えたことを心から感謝しています。これからも応援よろしくお願いします」 2021.08.16 19:50 Mon
twitterfacebook
thumb

今治の選手1名が新型コロナ陽性、14日に発熱とノドの痛み

FC今治は14日、選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手は14日の朝に発熱とノドの痛みがあり、自宅から病院へ向かって抗原検査を実施。陽性判定を受けたとのことだ。 選手はチーム活動に参加。14日の朝までは発熱もなかった。なお、14日はチーム活動に参加していなかった。 病院から今治市保健所に報告がなされ、選手は保健所の指示の下、自宅待機しているとのことだ。 また、当該選手以外のトップチーム選手・スタッフ、一部のバックスタッフが抗原検査を実施。全員が陰性だったという。また、濃厚接触者もいないと判断されたとのことだ。 2021.08.14 22:55 Sat
twitterfacebook
thumb

今治が鳥取の監督を解任された髙木理己氏をコーチに招へい

FC今治は26日、髙木理己氏(42)がトップチームコーチに就任したことを発表した。 今治は19日、スペイン人指揮官のリュイス・プラナグマ・ラモス監督(40)との契約解除を発表。24日に布啓一郎氏(60)が新監督に就任することを発表していた。 髙木氏は、京都サンガF.C.やガイナーレ鳥取、湘南ベルマーレでコーチを務めると、2017年から鳥取U-18の監督に就任。2019年からはトップチームの監督に就任していた。 しかし、今シーズンの鳥取は低迷。明治安田生命J3リーグで7試合を戦い2勝1分け4敗の勝ち点7で12位に位置しており、髙木監督は解任されていた。 立て直しを図る今治のコーチに就任した髙木氏は、クラブを通じてコメントしている。 「皆様はじめまして。高木理己と申します。FC今治の航海を、より加速させていけるよう精一杯頑張ります」 「そして、対戦相手として脅威であったFC今治の一体感を、更に強固なものにできるよう努力していく次第です。皆様、どうぞ宜しくお願い致します」 2021.05.26 10:55 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly