開幕連勝目指したシュミット&松原vs森岡の日本人対決はゴールレスドロー《ジュピラー・プロ・リーグ》

2021.08.01 10:23 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©STVV
7月31日、ジュピラー・プロ・リーグ第2節のシャルルロワvsシント=トロイデンが行われ、0-0の引き分けに終わった。

開幕戦でヘント相手に2-1で勝利していたシント=トロイデンは、日本代表GKシュミット・ダニエルとDF松原后が2試合続けてのフル出場。シャルルロワの元日本代表MF森岡亮太もフル出場を果たした。

開幕2戦目で日本人対決が実現したカード。共に連勝を目指し試合は試合はシャルルロワが押し込む展開で進んで行く。

先にチャンスを作ったのはシャルルロワ。18分、右サイドのFKからイライマハリトラがクロス。クリアボールをデソレイユがシュートも枠を外れる。

25分には右CKからのシュートコーナー。森岡が繋いでザルリーがクロス。しかし、GKシュミット・ダニエルがパンチングで難を逃れる。

なかなか攻め手がないシント=トロイデン。前節アシストの松原も積極的に仕掛けるが、効果的なプレーは見せられない。

ゴールレスで迎えた後半もシャルルロワペース。51分には、右サイドのゴリザデが松原を振り切り突破。その流れからクネジェヴィッチが強烈シュートも、松原が顔面ブロックで防ぐ。

シャルルロワは65分に森岡がドリブルで仕掛けると、相手の股を抜いて中央を突破。相手に倒されたかと思われたが、ノーファウルの判定となる。

68分には自陣からのロングフィードに抜け出した森岡が巧みなコントロールからGKシュミット・ダニエルと一対一となると浮き球のパス。これをべディアが頭で決めるが、VARの結果、森岡がわずかにオフサイドポジションにいたためにゴールは認められなかった。

77分にはシント=トロイデンが反撃。ボックス手前左でパスを受けた松原がクロスを送るも、DFがわずかに先に触りクリア。特典とはならない。

終盤にかけてもシャルルロワが攻め立てるシーンが続いたが、結局ゴールは生まれず。0-0のゴールレスドローに終わった。

シャルルロワ 0-0 シント=トロイデン

関連ニュース
thumb

「今頃はトップリーグで…」ベルギーで5年目、森岡亮太が自身の将来を語る「僕はまだ30歳」

シャルルロワの元日本代表MF森岡亮太(30)が、自身のキャリアについて語った。 2010年2月に京都府の久御山高校からヴィッセル神戸へと入団した森岡。ゲームメーカーとして頭角を現すと、2014年9月には日本代表デビューも果たす。 その森岡は2016年1月にポーランドのシロンスク・ヴロツワフへと完全移籍。その後、2017年7月にベルギーのベベレンに完全移籍すると、アンデルレヒト、シャルルロワでプレーしている。 チームではキャプテンを務めている森岡。シャルルロワではこれまで公式戦83試合で14ゴール17アシストを記録。ジュピラー・プロ・リーグでは通算で105試合に出場し21ゴール30アシストと豊富な経験を持っている。 その森岡はシャルルロワとの契約が2022年6月までとあと1年に。ベルギー『La Derniere Heure』のインタビューで、さらに高みを目指したいと意欲を語った。 「サッカーでは全てが可能です。シャルルロワでは良い気分ですが、将来がどうなるかは見てみたいです」 「自分が今の道を満足しているかどうか。今頃はトップリーグで活躍しているだろうと思っていました」 「でも、まだその可能性はあると思います。僕はまだ30歳です」 ポーランド、ベルギーとこれまではヨーロッパ5大リーグではプレーできていない森岡。まだ老け込む年齢ではないが、来シーズン以降に上位リーグへステップアップはできるだろうか。 2021.09.05 17:45 Sun
twitterfacebook
thumb

三好途中出場で日本人対決実現!森岡シャルルロワに逆転勝利のアントワープが暫定4位に浮上《ジュピラー・プロ・リーグ》

ジュピラー・プロ・リーグ第19節のアントワープvsシャルルロワが27日に行われ、2-1でアントワープが勝利した。アントワープのMF三好康児は57分からプレー、シャルルロワのMF森岡亮太はフル出場している。 前節4試合ぶりの白星を飾った7位アントワープ(勝ち点28)が、3連勝中の3位シャルルロワをホームに迎えた一戦。アントワープの三好は2試合連続のベンチスタート、シャルルロワの森岡は19試合連続の先発メンバー入りを果たした。 試合が動いたのはゴールレスで迎えた後半開始早々だった。51分、右クロスをゴールエリア左て前のベラヒノがダイレクトで折り返すと、これがA・セックのオウンゴールを誘い、シャルルロワが先制した。 先手を取られたアントワープは、57分にアンポマーを下げて三好、68分にジョルダン・ルカクとレファエロフを下げてユクレロドとベナベンテを投入。すると73分、ハローンのパスでボックス左深くまで抜け出したユクレロドの折り返しをニアのベナベンテがワンタッチでゴールに流し込んだ。 試合を振り出しに戻したアントワープは、78分にもA・セックのロングフィードを相手DFのクリアミスを誘うと、ゴール前に抜け出したムボカニが飛び出したGKの脇を抜くワンタッチシュートでゴールネットを揺らし、逆転に成功した。 結局、試合はそのまま2-1でタイムアップ。交代選手の躍動で逆転勝利を飾ったアンチワープが暫定4位に浮上した。 2020.12.27 23:58 Sun
twitterfacebook
thumb

シャルルロワ森岡亮太が劇的決勝アシスト! 古巣アンデルレヒト撃破に貢献《ジュピラー・プロ・リーグ》

シャルルロワの森岡亮太が決勝アシストをマークした。 シャルルロワは18日に本拠地で行われたジュピラー・プロ・リーグ第17節でアンデルレヒトと対戦。森岡は18試合連続の先発メンバー入りを果たして、フル出場した。 森岡が古巣に対峙した試合は3位と5位の上位対決ということもあり、総じて拮抗した展開に。後半も長く一進一退の戦況が続いた両者の一戦だが、森岡が試合の最終盤にこう着状態を打ち破る。 後半アディショナルタイム3分、ボックス左でボールをキープした森岡が横パスを出すと、ゴリザデが左足ダイレクト。これが相手GKに触られながらも右脇下を抜けてゴールマウスに吸い込まれた。 結局、シャルルロワが3連勝。4試合無敗を続け、暫定2位に浮上している。なお、森岡は1得点1アシストを記録した前節のセルクル・ブルージュ戦に続く活躍。今季7アシスト目となる。 シャルルロワ 1-0 アンデルレヒト 【シャルルロワ】 ゴリザデ(後45+3) 2020.12.19 09:40 Sat
twitterfacebook
thumb

森岡所属のシャルルロワ、元リバプールSBフラナガンがフリー加入!

MF森岡亮太が所属するシャルルロワは4日、元イングランド代表DFジョン・フラナガン(27)の加入を発表した。契約期間は今シーズン終了までとなるが、1年間の延長オプションが付随している。 リバプールのアカデミー出身のフラナガンは、2011年のトップチームデビュー以降、公式戦51試合に出場したイングランド代表歴もある右利きのサイドバック。 2018年夏にはリバプールとの契約終了に伴い、元同僚でもあるスティーブン・ジェラード監督率いるスコットランド屈指の名門レンジャーズに2年契約で加入。在籍2年間で39試合に出場していた。 2020.11.05 03:15 Thu
twitterfacebook
thumb

サイード・ベラヒノ、森岡亮太のシャルルロワへ! 昨夏加入のズルテ・ワレヘムからレンタル

シャルルロワが5日、ズルテ・ワレヘムに所属するブルンジ代表FWサイード・ベラヒノ(27)のレンタル加入を発表した。買取オプションも付随しての移籍となる。 ブルンジで生まれ、幼少期にイングランド移住のバックグラウンドを持つベラヒノは育成年代を過ごしたWBAでプロキャリアをスタートさせ、2014-15シーズンのプレミアリーグで14ゴールを挙げる活躍を披露。世代別のイングランド代表にも定期的に呼ばれ、一時ステップアップの憶測も取り沙汰された。 しかし、度重なる素行不良もクローズアップされ、2017年1月に加入したストーク・シティでも飲酒運転などの問題行動を起こしてしまい、昨夏に2022年まで契約を残して退団。ズルテ・ワレヘムに新天地を求めた。 そのズルテ・ワレヘム加入初年度では公式戦22試合の出場で8得点3アシストをマーク。今季もリーグ戦8試合に出場して2得点1アシストを記録していたが、このたび元日本代表MF森岡亮太も在籍するシャルルロワに移ることが決まった。 2020.10.06 13:50 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly