スパーズ、ロメロ獲得交渉停滞も冨安獲得に進展

2021.07.31 13:57 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロ(23)に関するトッテナムとアタランタの交渉は難航しているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏、ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が報じている。

現在、トッテナムは昨シーズンのセリエA最優秀DFの獲得にトッププライオリティーを置いており、5000万ユーロ(約65億円)に近い金額のオファーを準備している。

すでにロメロに関してはノースロンドン行きを熱望しており、個人間の交渉に大きな弊害はない。

そういった中、両クラブは30日に改めて直接交渉を行ったが、ロメロの放出に前向きではないアタランタの高額な要求額に対して、トッテナムは現時点で応じず、交渉はうまく進まなかったようだ。

その一方で、トッテナムがロメロと共に獲得を狙っている日本代表DF冨安健洋(22)の交渉に関しては大きな進展があるようだ。

イタリア『カルチョメルカート』が報じるところによれば、トッテナムはボローニャに対して、これまでの条件から増額した2000万ユーロ(約26億円)+各種インセンティブというオファーを掲示。移籍金の支払い方法など細かい条件は詰め切れていないものの、クラブ間で合意に至る可能性が高まっているという。

なお、冨安に関してはトッテナム行きを希望していると見られており、東京オリンピック終了後に個人間、クラブ間の交渉に大きな進展が予想される。

関連ニュース
thumb

少年時代のソン・フンミン、ユナイテッドを応援…「パク・チソンがいたからね」

トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンがかつての自身について、マンチェスター・ユナイテッドを贔屓にする少年だったと明かした。 2015年夏にレバークーゼンから加入後、今や押しも押されもせぬトッテナムのスター選手として知られるソン・フンミン。その活躍ぶりはアジア史上最高の選手とも評されるほどのものだ。 イングランド代表FWハリー・ケインともホットラインも築く絶対的主力だが、自身の幼き頃は韓国代表のレジェンドであるパク・チソン氏の存在もあり、ユナイテッドが好きだったという。 『Pro:Direct Soccer』で小さい頃に応援したチームを尋ねられると、トッテナムに忠誠心を示しつつ、「マンチェスター・ユナイテッドだね。チソンがプレーしていたからさ」と返答した。 「彼は国民的なヒーロー。韓国では『彼には2つの心臓がある』とも言われているんだ。僕からしても、彼は国民的な英雄さ。良き友人でもある」 「彼は韓国の選手たちにプレーの仕方を提示し、希望や機会を授けた。それは簡単じゃない。プレミアリーグでプレーした最初の選手でもある」 「そういうわけで、僕はユナイテッドを応援していた。でも、今はできない!」 パク・チソン氏はかつて京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)でもプレーしたことで知られ、2005〜2012年までユナイテッドに所属。無尽蔵のスタミナと戦術理解度を武器に活躍した。 2021.09.17 11:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ECL初戦ドローのトッテナム、指揮官は負傷者続出を嘆く 「解決策を見つけようと努力し続けている」

トッテナムのヌーノ・エスピリト・サント監督が相次ぐ負傷者の発生を嘆いた。クラブ公式サイトが伝えている。 トッテナムは16日に行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)グループG第1節でスタッド・レンヌと対戦した。先週末のプレミアリーグでクリスタル・パレス相手に0-3の完敗を喫したチームは悪い流れを断ち切りたいところだったが、この日もオウンゴールで先制しながら後半に逆転を許す苦しい展開に。76分にMFピエール=エミール・ホイビュルクのゴールで同点に追いついたものの、その後は得点が生まれず、2-2のドローに終わった。 公式戦2試合未勝利となっただけでなく、試合中にFWステーフェン・ベルフワインとFWルーカス・モウラが負傷。すでにFWソン・フンミンやDFエリック・ダイアー、MFライアン・セセニョンが負傷しているチームにとって、大きな痛手となっている。 試合後のインタビューに応じたヌーノ監督も「今回も多くの障害が生じた」とケガ人の発生を嘆き、解決策を探したいとコメント。そのうえで、ピッチでプレーする選手たちはできることをしていると称えた。 「状況は良くないね。当然、心配している。それを皆と共有するべきではないかもしれないが、正直に言いたいと思う。選手たちはよくやってくれたよ。こういうことが起こると大変だが、今は解決策を見つけようと努力し続けている」 「皆がよくやってくれたと思う。今日はタフな試合だった。スタートはとても良く優れたプレーもできたと思うが、セカンドボールの回収については改善する必要があるだろう。改善すべきことはたくさんあるが、チームの態度については正しかった」 「我々はさまざまなポジションの選手を起用して、試合の最後までゲームをコントロールした。とても大変だったし、試合終了の瞬間は我々にとって大きな意味があった」 「(自分たちに不利なことが起きているかは)言わないでおこう。自分たちのやるべきことに集中したい。とはいえ、今の状況は難しい」 2021.09.17 10:54 Fri
twitterfacebook
thumb

トッテナムが3rdユニフォームを発表!地元の若手クリエイターがデザインした大胆な総柄に

トッテナムは16日、2021-22シーズンの3rdユニフォームを発表した。 紫と白が基調のユニフォームは、トッテナム地区のストリートにインスパイアされた大胆なプリントが前面に施されており、袖口と襟は黒色、胸元のクラブエンブレムや、サプライヤーであるナイキのロゴなどは白で配置されている。 このデザインは、地元のワークショップでデザインを学んだ若いクリエイターたちが表現しており、襟の内側には「N17(トッテナム地区の地域コード)」が刻まれている。 ショーツは紫が基調で、黒のラインがサイドに施されている。ソックスも紫が基調で、アクセントとして白が用いられている。 トッテナムはすでにホームとアウェイのユニフォームを発表済み。白が基調のシンプルなデザインのホームユニフォームと、大胆な総柄が施されているアウェイユニフォームとともに、この3種類のユニフォームで今シーズンを戦うこととなる。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】トッテナムの2021-22シーズン3rdユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Tottenham have released their third kit for the coming season! <br><br>Are you a fan? <a href="https://t.co/ROJ6681Q7I">pic.twitter.com/ROJ6681Q7I</a></p>&mdash; Bet9ja (@Bet9jaOfficial) <a href="https://twitter.com/Bet9jaOfficial/status/1438435003684245504?ref_src=twsrc%5Etfw">September 16, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> Inspired by Tottenham. <br> <br>This is LDN17. <a href="https://t.co/WYWWD7HT3Y">pic.twitter.com/WYWWD7HT3Y</a></p>&mdash; Tottenham Hotspur (@SpursOfficial) <a href="https://twitter.com/SpursOfficial/status/1438398244522848258?ref_src=twsrc%5Etfw">September 16, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.17 06:05 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズが敵地でレンヌ相手に辛くもドロー…ベルフワイン&ルーカス負傷でチェルシー戦に暗雲…《ECL》

トッテナムは16日、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)・グループG第1節でスタッド・レンヌとのアウェイゲームに臨み、2-2のドローで試合を終えた。 パソス・デ・フェレイラとのプレーオフを逆転で制したトッテナム。ローマと共に初代王者の筆頭候補に挙がるイングランドの強豪は、その初戦でフランスの強豪レンヌと対戦した。 プレミアリーグでは開幕3連勝を飾るも、直近のクリスタル・パレス戦では0-3の完敗を喫した。今週末にチェルシーとのダービーを控える中、バウンスバックを図るヌーノ率いるチームは、タンガンガとスキップ、ケイン、ルーカス・モウラを除く先発7人を変更。今季初出場のエンドンベレやブライアン・ヒル、負傷明けのベルフワインがスタメンに名を連ねた。 立ち上がりからボールの主導権を握るトッテナムは早い時間帯にゴールをこじ開ける。11分、ハーフウェイライン付近の右サイドでエンドンベレがDFに囲まれながらもヒールパスで局面を打開。サポートに入ったスキップからケインとダイレクトパスが繋がり、ルーカスが完璧に背後へ抜け出す。そのままボックス右に持ち込んだルーカスがグラウンダーの折り返しを狙うと、DFベードが出した足に当たって大きくコースが変わったボールがそのままゴールネットを揺らした。 相手のオウンゴールで幸先よく先制に成功したトッテナムは、以降も果敢に2点目を狙う。その一方で、19分にはブリジョーの強烈なミドルシュート、GKゴッリーニが弾いたこぼれに詰めたテリエのヘディングシュートと続けて際どい場面を作られる。 すると、23分には自陣ボックス手前でルーズボールを奪われてギラシーとのパス交換からタイに見事な右足のミドルシュートをゴール右下隅へ突き刺され、同点に追いつかれた。 さらに、相手の勢いに晒される中で30分にはベルフワインが左足を痛めてプレー続行不可能となり、ホイビュルクをスクランブル投入。この交代でブライアン・ヒルが左インサイドハーフから左ウイングにポジションを上げた。 その後、前半終盤にかけてようやく盛り返したトッテナムは、41分にボックス手前まで侵攻したケインがブライアン・ヒルをオトリにボックス右から右足の強烈なシュートを放つが、これはGK正面を突く。 先制に成功も以降は守勢の中で前半を終えたトッテナムは、後半序盤にエンドンベレが良い形でゴール前に抜け出す決定機を作るが、ここは相手GKの勇敢な飛び出しに遭う。 すると、直後には相手のアフターチャージを受けて左足を痛めたルーカスがプレー続行不可能となり、54分にケインと共にベンチへ下がり、替わってエメルソンとスカーレットが同時投入された。 この交代で3トップがエメルソン、スカーレット、ブライアン・ヒルという急造ユニットとなったトッテナムは、何とかイーブンの展開を維持するものの、なかなか攻撃がうまくいかない。70分には良い形でゴール前まで運んで最後はホイビュルクが強烈なボレーシュートを放つが、これはGK正面を突く。 すると、直後の72分には左サイドからカットインしたスレマナのミドルシュートをGKゴッリーニが前に弾いたこぼれ球をラボルドにワンタッチで流し込まれ、逆転を許す。 それでも、反発力を見せるアウェイチームは76分、右サイドからドハーティが低い弾道の高速クロスを入れると、スライディングでのブロックを試みたタイに当たったボールがゴール前のスペースにこぼれる。これをホイビュルクが絶妙な左足のワンタッチでゴール左隅に流し込み、すぐさまスコアをタイに戻した。 その後、79分にエンドンベレを下げてデレ・アリを投入したトッテナムは、最後まで勝ち点3を目指して戦ったものの、レンヌが最後まで高い強度でのプレーを継続したこともあり、試合はこのまま2-2でタイムアップ。 公式戦連敗こそ逃れたものの、振るわないパフォーマンスにベルフワイン、ルーカスと前線に新たな負傷者を出してしまい、週末のチェルシー戦に不安を残す形となった。 スタッド・レンヌ 2-2 トッテナム 【レンヌ】 タイ(23分) ラボルド(72分) 【トッテナム】 オウンゴール(11分) ホイビュルク(76分) 2021.09.17 03:43 Fri
twitterfacebook
thumb

「スパーズはアーセナルを追い越した」、アーセナルOBが率直な感想

かつてアーセナルに10年以上在籍した元スイス代表DFのヨハン・ジュルー氏(34)が、古巣とかつての宿敵トッテナムとの力関係に関して率直な感想を語った。 今年6月に現役引退を発表したジュルー氏は、2003年にアーセナルのユースに加入し、2004年から2014年まで在籍。アーセン・ヴェンゲル監督の下で、最終ラインのバックアッパーとして公式戦144試合に出場していた。 そのガナーズOBは、トッテナムが16日にヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)でスタッド・レンヌとの対戦を控える中、フランス『Ouest-France』でかつての宿敵について言及。 ここ10年間を通じて、「トッテナムはアーセナルを追い越した」と、両クラブの力関係に変化が起きたことを認めている。 「彼らの素晴らしいところ、例えばトッテナムのファンは複雑な時期にも常にクラブの近くにいたということだ。今、彼らは新たなスタジアムを持ち、興味深い結果を残しており、それが彼らの誇りとなっている」 「彼らはまだタイトルを逃しているが、ここ数年で大きく進歩した。プレミアリーグでは、アーセナルを追い越したほどだ。10年前のトッテナムとは明らかに違う」 なお、今シーズンのプレミアリーグではトッテナムがここまで3勝1敗、アーセナルが1勝3敗と、ジュルー氏の主張通りの力関係となっている。 そして、両チームは今月26日に行われるプレミアリーグ第6節で今季最初のダービーを控えている。 2021.09.17 00:08 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly