「あまりに美しい」20年ぶりセリエA昇格、ヴェネツィアのユニフォームがイケてると絶賛され即完売

2021.07.31 14:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエAに昇格したヴェネツィアが2021-22シーズンのホームユニフォームを発表した。今季からサプライヤーをナイキからカッパに変更し、初めてのキットとなる。

そのデザインは、ヴェネツィアのラグーン近郊で撮影された古い建築物の写真が基になっており、黒い壁が浮き出てくるだまし絵のようになっている。

シャツ前面には、街で最も有名な大聖堂であるサン・マルコ寺院を象徴するゴールドの星が「V」の形になるように配置されており、胸スポンサーの代わりに「VENEZIA」とこちらもゴールドで刻まれている。

また、その上にはヴェネツィアのエンブレムを構成するオレンジ、黒、緑の3色の旗が施され、通常であればクラブのエンブレムが置かれる左胸には、ゴールド仕様の特別なロゴが施されている。また、右胸のカッパのロゴもゴールドだ。そして、カッパのロゴは両袖にもゴールドで描かれている。

ショーツとソックスも黒ベースにゴールドとオレンジ、緑がアクセントして配色されるカラーリングだ。

このキットが発表されると、イタリアメディアだけでなく、イギリス『デイリー・スター』やフランス『フットメルカート』、『ESPN』なども「サッカー史上最高のキットの1つの可能性」「崇高なデザイン」「素晴らしいユニフォーム」と絶賛。ファンからも「あまりに美しい」「欲しいな」「色の組み合わせが完璧」といった声が寄せられ、公式ストアでは早くも完売となっている。

かつては元日本代表MFで現在は松本山雅FCの名波浩監督も在籍したことがあるヴェネツィアは、昨シーズンのセリエBを5位で終えるも昇格プレーオフを制し、20年ぶりにセリエAへ昇格。新シーズンではこのユニフォームでセリエAの戦いに臨む。



1 2
関連ニュース
thumb

6発快勝のインテル、指揮官がレアル戦からの見事なバウンスバックに満足 「称賛に値」

インテルのシモーネ・インザーギ監督がバウンスバックに満足感を示した。 今季もセリエA開幕から2勝1分け無敗のスタートを切り、連覇に名乗りを上げるインテルだが、15日に本拠地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループD第1節のレアル・マドリー戦で0-1の敗北。18日にホームで行われたセリエA第4節のボローニャ戦はそこからの仕切り直しも求められる一戦だったがが、大量6得点を奪って、6-1の快勝劇で飾った。 これで勝ち点を「10」に伸ばして、しっかりと上位争いに割って入ったS・インザーギ監督は試合後、『DAZN』で「私はこの試合が気がかりだった。水曜日(15日)のレアル・マドリー戦で力を発揮できなかったからだ。幸いにもスタートから適切なアプローチをしてくれた」と決定力不足に泣いた先のレアル・マドリー戦からの見事なリアクションを喜んだ。 「ときには結果を気にせず、試合を分析することも必要。私はレアル・マドリー戦での選手に賛辞を送った。だが、その後、選手に諭した。あれだけ多くのチャンスを作って負けるなど以ての外だからだ」 「レアル・マドリー戦のように18本のシュートを放って得点なしに終わることもあるが、今日はすぐに均衡を破り、楽になった。ボローニャは今季のセリエAで無敗だったのだから、インテルは称賛に値する」 また、この試合に右ウィングバックの位置で移籍後先発を果たして、アルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスの先制弾をアシストするなど、輝きを放ったオランダ代表DFデンゼル・ダンフリースを称賛した。 「素晴らしいパフォーマンスだった。よく練習して、予想以上に早く馴染んだね。彼には質と量があり、学ぶ姿勢もある。我々は大満足だ」 2021.09.19 11:00 Sun
twitterfacebook
thumb

アタランタ、サレルニターナに辛勝で2勝目《セリエA》

アタランタは18日、セリエA第4節でサレルニターナとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。 前節フィオレンティーナに敗れて1勝1分け1敗スタートとなったアタランタは、チャンピオンズリーグ初戦ではビジャレアルに2-2の引き分けとした。 リベリが先発となった3連敗スタートのサレルニターナに対し、D・サパタを最前線に、2シャドーにマリノフスキーとミランチュクを配置したアタランタは開始5分、ケシェリダのミドルシュートでゴールを脅かされる。 その後も守勢を強いられたアタランタは17分にマリノフスキーがミドルシュートで牽制。しかし21分、クリバリに際どいミドルシュートを打たれてひやりとすると、ハーフタイムにかけても互角の攻防に持ち込まれ、前半をゴールレスで終えた。 後半からイリチッチらを投入し、3枚替えを敢行したアタランタは開始1分、ゴンドにオンターゲットのミドルシュートを打たれてしまう。 ここはGKムッソの好守で凌いだアタランタだったが、前半同様に思うように攻撃を仕掛けることができない。すると70分には大ピンチ。ボナッツォーリのヒールパスを受けたボックス右のクリバリに右ポスト直撃のシュートを打たれた。 しかし75分、アタランタがワンチャンスで先制する。イリチッチがボックス右を突破し、ラストパス。これを受けたD・サパタがシュートを蹴り込んだ。 84分にはD・サパタに追加点のチャンスが訪れるも、GKのセーブにも阻まれ決めきることができない。それでもアタランタが1-0で勝利。苦しみながらも開幕節以来となる勝利を取り戻している。 2021.09.19 05:45 Sun
twitterfacebook
thumb

インテル、冨安移籍のボローニャに6発圧勝《セリエA》

インテルは18日、セリエA第4節でボローニャをホームに迎え、6-1で圧勝した。 前節サンプドリアに引き分けて2勝1分けスタートとなったインテルは、チャンピオンズリーグ初戦ではレアル・マドリー相手に優勢に試合を運んだものの、終盤の失点で敗戦に終わってしまった。そのレアル・マドリー戦のスタメンから4選手を変更。チャルハノールやジェコ、ペリシッチがベンチスタートとなった。 ラウタロ・マルティネスとホアキン・コレアの2トップで臨んだインテルは開始6分に先制する。右サイドからのダンフリースのクロスをラウタロがボレーで決めた。 その後も主導権を握るインテルはコレアが負傷するアクシデントがあったものの、ジェコが投入された直後の30分に加点する。右CKからシュクリニアルのヘディングシュートが決まった。 さらに4分後、ボックス右からダンフリースの上げたクロスのルーズボールをバレッラが蹴り込んで3-0。前半で試合の大勢を決めた。 迎えた後半もインテルがゴールに迫る。開始5分にラウタロのボレーシュートがバーに直撃すれば、52分にはブロゾビッチがGK強襲のシュートを浴びせた。 そして54分に4点目。ディマルコの左クロスがファーサイドに流れ、ベシーノが決めきった。 止まらないインテルは63分、ブロゾビッチのパスを受けたボックス中央のジェコが決めて5-0。5分後にもジェコのゴールが決まったインテルが6発圧勝でレアル・マドリー戦の敗戦を払拭している。 2021.09.19 03:29 Sun
twitterfacebook
thumb

トモリがミランでの充実感語る 「今はここで幸せ」

イングランド代表DFフィカヨ・トモリは、ミランでの日々に充実感を覚えているようだ。 チェルシーの下部組織出身のトモリは、2019-20シーズンにトップチームに定着するも、コンスタントな出場機会は得られず、2021年1月にミランへレンタル移籍。半年間でリーグ戦17試合に出場するなど貢献すると、今夏に買い取りオプションが行使され完全移籍に切り替わった。 今シーズンの公式戦ではここまで全試合にフル出場し、ミランの中心選手として活躍するトモリ。『DAZN』のインタビューにおいて古巣チェルシーについて言及した中で、同クラブの下部組織でともにプレーし、今夏にローマに移籍したイングランド代表FWタミー・エイブラハムとのエピソードについても語った。 「(エイブラハムとは)ほぼ毎日会話しているよ。僕たちは7歳のときからチェルシーでプレーし、なんとかトップチームに入ることができたんだ」 「大人になるとトップチームに昇格したいと思うものだけど、それが実現するかどうかはわからない。僕がトップチームで初めてゴールを決めたとき、彼はハットトリックを達成した。メイソン(・マウント)も得点して、最高の日になったね」 また、エイブラハムとともにチェルシーに戻りたいかと問われると、「わからない」とコメント。今はミランで満足していると語った。 「ミランが好きだし、ここにいることが好きなんだ」 「チェルシーでの日々は僕の人生のうち15、6年を占めていた。スタンフォード・ブリッジでプレミアリーグやチャンピオンズリーグ(CL)に出場するという夢を実現することができたんだ」 「今、僕はここでとても幸せだよ。CLの舞台に戻ってきて、すべてが上手くいっている。チェルシーのように優勝できることを願っているよ」 2021.09.18 21:24 Sat
twitterfacebook
thumb

吉田麻也にクラブ会長が契約延長の打診「2年間の延長に値する」

サンプドリアの日本代表DF吉田麻也が、クラブから2年契約の打診を受けたことを明かした。イタリア『Il Secolo XIX』のインタビューで答えた。 吉田は名古屋グランパス、VVVフェンロ、サウサンプトンでプレーした後、2020年1月にレンタル移籍でサンプドリアへと加入。クラウディオ・ラニエリ監督の下で評価を高めると、2020年8月には完全移籍でチームに加入した。 サプドリア加入以降、チームの守備の要となると、ここまで51試合に出場し2ゴール3アシストを記録している。 その吉田は、今夏はカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選、そしてオーバーエイジとして東京オリンピックに参加。フル稼働したままチームに合流。ロベルト・ダヴェルサ監督が率いる新体制になった今シーズンも合流間も無く試合に出場していた。 9月の日本代表活動にも参加した吉田は、復帰後の初戦となったインテル戦では今シーズン初ゴールを記録。チームはまだ新体制でのセリエA初勝利を挙げていないが、徐々に戦えるようになっている。 その吉田に対して、サンプドリアのマッシモ・フェレーロ会長がインテル戦後に契約延長の打診を行ったと、吉田がインタビューで明かした。 「インテル戦のゴールの後に会長が言ったのは「さらに2年間の延長に値する」ということでした。彼がそういうなら、僕もそのつもりです」 クラブからの要請があればそれに応えるとした吉田。そのインタビューでは、東京オリンピックにも触れていた。 「自国でのオリンピックだったので、メダルを夢見ていましたが、ガッカリしたとは言えません」 「悪い結果ではなかったです。残念ながらファンはスタジアムにはいませんでしたが、テレビで僕たちを熱心に応援してくれました。日本のサッカー界の動きは、その恩恵を受けています」 また、その中でチームに即合流し、その後も代表活動に参加してからゴールを決めたことについても言及。プレーすることが大事だとした。 「夏の間はずっとプレーを続けており、オリンピックでは6試合に出場し、一度も休んでいないような状態でサンプドリアに戻りました」 「僕は1週間の休暇しか取れませんでしたが、それは本当の休暇というよりも回復のためのものでした」 「疲れたとは思いますが、足には正しいリズムが残っています。僕のような選手は、たくさんプレーして、体を鍛えることが大事です」 クラブからも信頼の厚い日本代表のキャプテン。サンプドリアを高みに導けるかに注目だ。 <span class="paragraph-title"> 【動画】2020-21シーズンの吉田麻也の輝かしいプレー</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJIR05UbUxyYyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.18 12:55 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly