クリスタル・パレス、リヨンのデンマーク代表DFアンデルセンを獲得

2021.07.29 07:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
クリスタル・パレスは28日、リヨンのデンマーク代表DFヨアキム・アンデルセン(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月までの5年間となっている。

移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、移籍金は2200万ユーロ+ボーナス500万ユーロの総額2700万ユーロ(約35億1000万円)とのことだ。

コペンハーゲンやミッティランの下部組織で育ったセンターバックのアンデルセンは、トゥベンテでプロデビュー。2017年にサンプドリアに移籍した後、2019年にリヨンに加入。ただリヨンでは出場機会を得られず、昨季はフルアムにレンタルで移籍していた。

そのフルアムではプレミアリーグ31試合に出場。先のユーロ2020ではベスト4まで進出したデンマーク代表の一員として3試合に途中出場していた。

トッテナムやマンチェスター・ユナイテッドも獲得に関心を示していたようだが、新天地はクリスタル・パレスとなった。


関連ニュース
thumb

リバプールがマネのメモリアル弾などで“お得意様”C・パレスに3発快勝!南野は出場せず《プレミアリーグ》

南野拓実が所属するリバプールは18日、プレミアリーグ第5節でクリスタル・パレスとホームで対戦し、3-0で快勝した。南野はベンチ入りも出場機会はなかった。 今季公式戦無敗のリバプールは、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節のミラン戦(3-2で勝利)から先発を6人変更。オリギやナビ・ケイタ、トレント・アレクサンダー=アーノルドらに替えてマネやチアゴ、ファン・ダイクに加え、デビュー戦のコナテらを先発で起用。南野は2試合連続でベンチスタートとなった。 前節のトッテナム戦で今季初勝利を飾ったクリスタル・パレスに対し、リバプールは開始早々にピンチを迎える。3分、左FKの二次攻撃からギャラガーがゴール前にロングパスを供給すると、これに反応したザハが決定機を迎えたが、シュートはGKアリソンが左手一本ではたくと右ポストに弾かれた。 肝を冷やす立ち上がりとなったリバプールだが、徐々にボールの主導権を握ると16分、ツィミカスのパスで左サイド深くまで侵入したマネのクロスをファーサイドのヘンダーソンがダイレクトシュートで狙ったが、これは相手GKのセーブに阻まれた。 サイドを起点にした崩しから攻撃を仕掛けるリバプールだが、ボックス内で集中した守りを見せるクリスタル・パレス守備陣に苦戦しなかなか決定機まで至らず。 それでもリバプールは38分、ヘンダーソンの右クロスをゴール前に走り込んだチアゴがダイビングヘッド。さらに相手GKの弾いたボールをジョタが詰めるがシュートは枠に上に大きく外した。 この試合最初のビッグチャンスを逃したリバプールだが、2度目のチャンスを確実にモノにする。43分、ツィミカスの左CKをニアに走り込んだサラーがヘディングで合わせると、相手GKが弾いたボールをゴール前で拾ったマネが冷静に流し込んだ。 後半の序盤は1点を追うクリスタル・パレスがペースを握ったが、リバプールは68分にチャンス。途中出場のN・ケイタがミドルシュートでゴールを脅かすと、相手GKの弾いたボールをサラーが詰めたが、シュートはGKグアイタのブロックに防がれた。 なかなか攻撃のリズムを掴めないリバプールだったが、再びセットプレーからネットを揺らす。78分、ツィミカスの左CKがゴール前で競り合ったファン・ダイクの肩に当たると、流れたボールをファーサイドのサラーがダイレクトシュート。これがゴール右隅に突き刺さった。 さらにリバプールは、89分にも右CKのこぼれ球からペナルティアーク左横のN・ケイタがボレーシュートをゴール右に突き刺し、3点目を奪取。 その後は危なげない試合運びでゲームを締めくくったリバプールが3-0と快勝。マネのリバプール通算100ゴール目となるメモリアル弾などで今季無敗を維持している。 2021.09.19 01:10 Sun
twitterfacebook
thumb

C・パレスの新戦力オドソンヌ・エドゥアールがアグエロ以来の快挙!

フランス人FWオドソンヌ・エドゥアールがクリスタル・パレスで鮮烈デビューを果たした。 今夏の移籍市場最終日に推定1500万ポンド(約22億7000万円)の移籍金でセルティックからC・パレスに完全移籍したエドゥアール。11日に行われたプレミアリーグ第4節のトッテナム戦の84分にベンチから新天地デビューを果たした。 するとその27秒後、ボックス中央でパスを受けると、ワンフェイクを入れて冷静に相手の股下を抜くシュートでいきなりゴールをマーク。さらに試合終了間際にも2点目を決めて、衝撃のデビューを飾った。 『Opta』によると、今回のエドゥアールの様に途中出場からデビュー戦で2ゴールを挙げたケースは、かつてのFWセルヒオ・アグエロ以降初めての快挙なのだという。 2011年8月、マンチェスター・シティに移籍したアグエロはスウォンジー戦でデビュー。ハーフタイム明けから出場し、2ゴールを奪ってレジェンドへの一歩目を踏み出した。 試合後には「夢のようなデビューだ」と喜びを爆発させたエドゥアール。果たしてアグエロのような偉大なキャリアを築くことはできるだろうか。<span class="paragraph-title">【動画】プレミア最速!デビューからたった27秒で圧巻のゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">.<br><br>The fastest debut goal in <a href="https://twitter.com/premierleague?ref_src=twsrc%5Etfw">@premierleague</a> history. <a href="https://twitter.com/hashtag/CPFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CPFC</a> | <a href="https://t.co/utMcYSlISB">https://t.co/utMcYSlISB</a> <a href="https://t.co/RhUm4NpaYA">pic.twitter.com/RhUm4NpaYA</a></p>&mdash; Crystal Palace F.C. (@CPFC) <a href="https://twitter.com/CPFC/status/1436796773062701058?ref_src=twsrc%5Etfw">September 11, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.13 14:45 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズ撃破のC・パレス、今季初勝利の指揮官ヴィエラが満足感示す

クリスタル・パレスのパトリック・ヴィエラ監督が好調なチーム相手のプレミアリーグ初勝利に満足感を示した。 今季の開幕から2分け1敗と未勝利が続くなか、インターナショナルブレイク明けの11日に行われた第4節でトッテナムをホームに迎え撃ったC・パレス。開幕から唯一の3連勝で首位に立つチームとの一戦だったが、相手に退場者が出るシチュエーションも追い風となり、3-0の快勝で4試合目にして今季初勝利を掴み取った。 現役時代にアーセナルの無敗優勝に貢献するなど、プレミアリーグのレジェンドOBとしても知られるヴィエラ監督。今季からクリスタル・パレスの監督になり、プレミアリーグで初の指揮を執る元フランス代表MFは試合後、イギリス『BBC』で喜びの心境を口にした。 「本当に良いチームパフォーマンスだった。懸命に、うまく働き、チャンスを作って、複数得点できたのは非常に喜ばしいね。好調なトッテナムを相手に3ポイントを勝ち獲れたのは我々にとって、本当に良いことだ。我々もいくつかの問題に直面することもあったが、全体的にも非常に良いチームパフォーマンスだった」 そんな一戦で先制点となる今季初ゴールだけでなく、チャンスメーカーとしても1アシストの活躍を披露したコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハについても「今日の彼は素晴らしかった」と賛辞を送った。 また、この試合がデビュー戦ながら途中出場から1分も経たないうちに初ゴールを決めるなど、2得点の活躍をみせたフランス人FWオドソンヌ・エドゥアールについても触れ、称えている。 「彼がゴールを決める力があるのは知っている。セルティックにいたときからそうだった。だが、クリスティアン・ベンテケの功績も大きい。彼が良いプレーをした後、それから入ったエドゥアールが2ゴールを決めたんだ」 2021.09.12 17:45 Sun
twitterfacebook
thumb

古橋の元相棒FWエドゥアールがプレミア最速のデビュー27秒でゴール! トッテナム撃破を喜ぶ「夢のようなデビュー」

クリスタル・パレスのフランス人FWオドソンヌ・エドゥアールが、トッテナム撃破を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 クリスタル・パレスは11日、プレミアリーグ第4節でトッテナムと対戦した。開幕3連勝のトッテナムを相手に苦戦が予想された中、試合は0-0のまま推移していく。 すると76分にPKを獲得し、ウィルフリード・ザハが決めて先制に成功。すると84分からエドゥアールがピッチへ立つと、出場から27秒でまさかのゴール。さらに、アディショナルタイムにもゴールを奪い、3-0での勝利に貢献した。 今夏の移籍市場最終日にセルティックから加入したエドゥアール。短い間であったが、日本代表FW古橋亨梧とも前線でコンビを組んだストライカーだが、驚きのデビューに喜びを語った。 「監督からは『チームを助けろ。裏へたくさん走れ』と言っていた。『守備でもチームを助け、自分の得意なプレーをしろ』とも言われた。出場した後は、チームを助けたいと思っていた」 「今日2ゴールを決められたのは良かったし、今夜は楽しみたい。でも明日からは仕事に戻る。来週に向けて頑張りたいし、この試合が終わった忘れて、また良いパフォーマンスが出せるように頑張りたい」 また、プレミアリーグデビュー戦での2ゴールにも驚きを隠さず、改めてゴールを見直すと語った。 「僕にとっては夢のようなデビューだ。この日をずっと待っていたし、ファンの前で初勝利を挙げることができてとても嬉しい」 「信じられなかったね。楽しまなくてはいけないし、きっと今夜の自分のゴールをもう一度観ると思う。とても幸せだよ」 <span class="paragraph-title">【動画】プレミア最速!デビューからたった27秒で圧巻のゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">.<br><br>The fastest debut goal in <a href="https://twitter.com/premierleague?ref_src=twsrc%5Etfw">@premierleague</a> history. <a href="https://twitter.com/hashtag/CPFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CPFC</a> | <a href="https://t.co/utMcYSlISB">https://t.co/utMcYSlISB</a> <a href="https://t.co/RhUm4NpaYA">pic.twitter.com/RhUm4NpaYA</a></p>&mdash; Crystal Palace F.C. (@CPFC) <a href="https://twitter.com/CPFC/status/1436796773062701058?ref_src=twsrc%5Etfw">September 11, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.12 12:50 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズ、C・パレスに敗れ開幕4連勝ならず! 今季初失点含む3失点完敗…タンガンガの愚行退場も《プレミアリーグ》

トッテナムは11日、プレミアリーグ第4節でクリスタル・パレスとアウェイで対戦し、3-0で敗れた。 ここまで唯一の開幕3連勝で首位に立つトッテナム。全て最少得点での勝利と会心の内容とまではいかないものの、逆に際どい試合をモノにする勝負強さを備えているとも言える。仮に今節勝てば、2005-06シーズンのチェルシーと2015-16シーズンのマンチェスター・シティに並ぶ快挙となるが、前半から苦戦を強いられる展開に。 開始7分のプレーで相手との接触で足を痛めていたダイアーが10分過ぎに続行不可能となり、早くも交代枠カードを切らなければならない事態に。代わりにロドンが起用されたが、以降は防戦一方の内容となる。 クリスタル・パレスは、ギャラガーを中心に前線3人のインテンシティを生かした攻撃でスパーズをゴール前に釘付けにしていく。21分にゴール正面のFKを獲得するが、ギャラガーのシュートはクロスバーの遥か上へ。35分にかけてはザハが立て続けにシュートを打っていく。 しかし、ここまで無失点にスパーズの守備は極めて堅い。42分にはロングボールを収めたザハがボックス左に侵入しマイナスのクロス。ニアで反応したギャラガーが立て続けに2度のシュートを放つが、守護神ロリスを中心とした守備陣の決死のブロックに遭った。 後半もクリスタル・パレスの流れで入った中、50分にザハがボックス手前左から送ったパスをゴール前のベンテケが落とし、ギャラガーが渾身のボレーシュートを狙ったが、ここもDFに当たって枠を捉えることができず。 その直後、左サイドのスペースに抜け出したザハがタンガンガの意図的なタックルを受けて転倒。これにザハが激昂し、両軍が止めに入る事態に。その場は互いに1枚ずつイエローカードもらう形で収束したが、5分後の58分、タンガンガがボールを失った際にスライディングで止めにいくプレーでJ・アイェウを倒し、連続イエローカードで退場処分に。 まさかの度重なる愚行で1人減ってしまったトッテナムは、急遽ウィンクスを下げてB・デイビスを投入し、攻守のバランスを取る。そうなると尚更守勢の色は濃くなり、ホームチームは容赦なくサイド攻撃を仕掛けて度々スパーズゴールを陥れていく。 66分にはザハが左サイドを突破しクロスを供給。これをファーサイドで待ち構えていたアイェウがトラップからシュートを放つが、ここもトッテナムDFの体に当たってしまう。歯痒い時間が続くC・パレスだが、ついに牙城を崩す。 76分、味方のパスでボックス右に侵入したギャラガーがクロスを上げると、B・デイビスの腕に当たってPKを獲得。これをザハがきっちり決めて、ようやく1点を奪うことに成功した。 これで完全に流れを掴んだC・パレスは、84分にデビュー戦となるエドゥアールを投入。するとその直後、そのエドゥアールのポストプレーでベクトルを前に向けると、ザハが左サイドを持ち上がり、ボックス中央のエドゥアールへリターン。そこからワンフェイク入れて放ったシュートが相手DFの股下を抜けてゴールイン。デビューから数十秒でネットを揺らした。 エドゥアールはさらに後半アディショナルタイムにもダメ押しの追加点を決めて、ロンドン・ダービーでこの上ないデビューを果たした。一方、敗れたトッテナムは初失点および初黒星を喫することとなった。 2021.09.11 22:40 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly