エスパニョール、セビージャからDFセルジ・ゴメスを獲得! 故郷カタルーニャに久々の帰還に

2021.07.28 20:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エスパニョールは28日、セビージャからスペイン人DFセルジ・ゴメス(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの3年となるが、1年間の延長オプションが付随している。

カタルーニャのアレニス・デ・マル出身のセルジ・ゴメスは、バルセロナのラ・マシア出身のセンターバック。バルセロナのトップチーム定着はならずもバルセロナBでプロキャリアをスタートすると、2014年にセルタへ完全移籍した。

ガリシアの名門で4シーズンに渡って最終ラインの主軸を担うと、2018年にセビージャへステップアップ。加入1年目はラ・リーガ32試合に出場したものの、以降はバックアッパーに甘んじていた。

それでも、プリメーラで通算165試合出場と経験豊富な実力者は、プリメーラに復帰したエスパニョールにとって的確な補強と言えそうだ。

関連ニュース
thumb

劇的勝利を収めたチームを称賛するシメオネ監督「我々は競争力のあるスカッドを持っている」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、逆転勝利を収めたチームに賛辞を贈った。スペイン『マルカ』がコメントを伝えている。 12日にラ・リーガの第4節でエスパニョールと対戦したアトレティコ。前半のうちに先制を許したものの、79分にMFヤニク・フェレイラ・カラスコのゴールで同点に。そのまま試合終了かと思われたが、途中出場のFWトマ・レマルが99分にゴールネットを揺らし、劇的な逆転勝利を収めた。 シメオネ監督は、アディショナルタイムが10分も取られたことについて「これほどまでに時間を無駄にした試合は見たことがない」とコメントした上で、逆転勝利を収めたチームを称賛。途中からピッチに送り出された選手たちが流れを変えたことに満足しているようだ。 「一番の収穫は、後半に5人の選手が登場して試合を変えたことだ」 「我々は、素晴らしい選手によって構成された競争力のあるスカッドを持っている。強力なチームかどうかは、ベンチスタートの選手が試合にどう入るかによって決まるのだ」 また、今夏バルセロナからのレンタル移籍で3年ぶりの復帰となり、この試合で先発出場したFWアントワーヌ・グリーズマンにも言及。旗色が悪かった前半に良いパフォーマンスを見せたと語っている。 「前半はエスパニョールの方が上回っていたが、彼はとても良かったと思う」 「後半はゲームプランを変更し、別の選択肢を探した。チームは並外れたプレーを見せてくれたよ」 2021.09.13 18:18 Mon
twitterfacebook
thumb

グリーズマン再デビューのアトレティコが劇的逆転勝利! 物議醸すAT10分の最終盤にレマルが値千金弾《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第4節、エスパニョールvsアトレティコ・マドリーが12日にRCDEスタジアムで行われ、アウェイのアトレティコが1-2で逆転勝利した。 アトレティコはインターナショナルマッチウィーク前に行われた前節、ビジャレアル相手に2度の先行を許す苦しい展開ながらも、後半ラストプレーで相手守備陣の信じがたい連携ミスによるオウンゴールで追いつき、開幕連勝こそストップしたものの、価値ある勝ち点1を手にした。 昨季のセグンダ王者エスパニョールのホームに乗り込んだ今節は、来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)初戦のポルト戦を控える中、先発2人を変更。ホセ・ヒメネスに替わってフェリペが起用された他、移籍市場最終日にバルセロナから電撃復帰が決まったグリーズマンがレマルに替わって2年ぶりの再デビューを飾った。 グリーズマンのプレーに注目が集まったこの試合だが、立ち上がりからホームのエスパニョールが躍動感を見せる。まずは4分、バックパスに対してDFサビッチとGKオブラクが譲り合ったところを斜めのランニングでかっさらったエンバルバがすかさず右足を振り抜くが、ボックス右で放ったシュートはオブラクのファインセーブに遭う。 何とか立ち上がりの失点を免れたアトレティコはボールの保持率を高めて徐々に押し込んでいく。なかなかフィニッシュまで持ち込めない状況が続く中、17分にはボックス内でグリーズマンがヘディングシュートを放つが、これは枠を外れる。 以降は互いにフィニッシュの数を増やしていくものの、相手の集中した守備を前になかなか決定機まで至らず。だが、前半半ばを過ぎて攻守両面でプレー強度を高めたエスパニョールがより優勢に試合を進めていく。 すると、前半終盤の40分には左CKの場面でキッカーのエンバルバが右足インスウィングで入れたボールに対してニアに飛び込んだデ・トーマスがゴール右隅へ技ありのヘディングシュートを流し込み、今季4戦目にして待望のチーム初ゴールを奪った。 代表戦明けのランチタイムキックオフにありがちな重さが目立ったアトレティコは、ハーフタイム明けに3枚替えを敢行。エルモソ、トリッピアー、コレアを下げてコンドグビア、レマル、ロージを投入した。 この交代でコンドグビアをアンカー、3トップを右からグリーズマン、スアレス、カラスコに置いた[4-3-3]の攻撃的な布陣にシフトしたアウェイチームは一気に攻勢を強めていく。 その猛攻の流れの中で53分には右サイドの高い位置でボールを受けたマルコス・ジョレンテが早いタイミングでグラウンダーのクロスを供給。中央でスアレスが潰れてファーに流れたところをレマルが冷静にワンタッチでゴールへ流し込む。だが、オンフィールドレビューの結果、中央でプレーに関与したスアレスのオフサイドを取られてしまい、ゴールは取り消しとなった。 早いタイミングでの同点のチャンスを逸したアトレティコは、以降も相手陣内でハーフコートゲームを展開。だが、やや守り慣れてきたホームチームの集中した守備を前に徐々に攻撃が停滞。 これを受け、シメオネ監督は59分にグリーズマンを下げてフェリックス、71分にはスアレスを諦めマテウス・クーニャを投入。試合終了まで20分以上を残してすべての交代カードを切った。 すると、後半の飲水タイムが明けた79分にアトレティコの猛攻がようやく実る。ボックス左ライン際でロージが何とか折り返すと、これをニアで収めたカラスコがDF3枚を相手にボールキープ。切り返しの際にDFと交錯し、相手がファウルを要求して一瞬動きを止めた隙を突くと、ゴール左から冷静に左足のシュートを右下隅へ流し込んだ。 10分以上を残して追いついたことで、アトレティコが一気に逆転まで持っていくかに思われたが、同点以降はややパワーダウン。逆に、エスパニョールのカウンターに晒される場面も目立ち始める。 89分にはフェリックスの絶妙なスルーパスに抜け出したロージがボックス左から決定的な折り返しを入れるが、中に走り込んでくる味方がいない。 その後、VARや選手の治療はあったものの、10分という物議を醸すアディショナルタイムが与えられた試合最終盤は疲労困憊のエスパニョールに対してアトレティコが攻勢を仕掛けていく。93分にはボックス右でボールを受けたカラスコが右足のシュートを放つが、これは枠の左に外れる。 この決定機逸によって1-1のドローが濃厚と思われたが、アトレティコが最後の最後にゴールをこじ開ける。99分、相手陣内左のハーフスペースを持ち上がったレマルがボックス手前のカラスコにボールを預けてボックス内に走り込む。ここでカラスコから絶妙なヒールのリターンパスが繋がり、フランス代表MFが右足を振ると、GKの手を弾いたボールがゴールネットを揺らした。 そして、エスパニョール相手に大苦戦も昨季王者同士の一戦を劇的な逆転勝利で飾ったアトレティコが、2戦ぶりの白星を手にした。 2021.09.12 23:10 Sun
twitterfacebook
thumb

シティのベネズエラ代表MFエレーラがエスパニョールへレンタル移籍

エスパニョールは8月31日、マンチェスター・シティのベネズエラ代表MFヤンヘル・エレーラ(23)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 レンタル期間は2022年6月30日までとなる。なお、メディカルチェック合格後に正式契約を結ぶ。 Y・エレーラは、2017年2月にアトレティコ・ベネズエラからシティへと完全移籍で加入。その後は、ニューヨーク・シティFCやウエスカ、そして2019-20シーズンから2シーズンはグラナダへとレンタル移籍していた。 グラナダでは公式戦82試合で10ゴール5アシストを記録。ラ・リーガで78試合に出場し5ゴール4アシストと、スペインでは実績を残していた。 エスパニョールは、セルジ・ゴメス、マヌ・モルラネス、アレイシ・ビダル、ロレン・モロンに続いて、5人目の補強で今夏の移籍市場を終えた。 2021.09.01 10:17 Wed
twitterfacebook
thumb

久保先発のマジョルカ、エスパニョールにシャットアウト勝利で2連勝《ラ・リーガ》

マジョルカは27日、ラ・リーガ第3節でエスパニョールをホームに迎え、1-0で勝利した。マジョルカのMF久保建英は86分までプレーしている。 前節1-0と勝利したアラベス戦で今季初先発を飾った久保が、引き続き[4-2-3-1]のトップ下で先発となった一戦。 2試合連続ゴールレスドローのエスパニョールに対し、マジョルカが良い入りを見せると、9分には久保がヘディングシュートでゴールに迫る。 その後も攻勢に出るマジョルカは21分に久保のスルーパスからフェル・ニーニョがシュートに持ち込むと、27分に押し切った。 相手の中途半端なクリアボールをボックス右のダニ・ロドリゲスが左足ボレーで蹴り込んだ。 迎えた後半、エスパニョールが前がかる中、1点をリードするマジョルカが主導権を渡さない。 終盤の82分には久保が右サイドからカットインシュートを浴びせて牽制。そして86分に久保がピッチを後にした中、追加タイム4分に数的優位となった。 アマトがディフェンスライン裏に抜け出したところをセルジ・ゴメスに倒された。セルジ・ゴメスが一発退場となった中、マジョルカが1-0で逃げ切って2連勝。2勝1分けと好スタートを切っている。 2021.08.28 05:02 Sat
twitterfacebook
thumb

エスパニョール、ベティスで序列低下のFWロレンをレンタル

エスパニョールは25日、ベティスからスペイン人FWロレン・モロン(27)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 2015年冬にスペイン3部のマルベーリャからベティスBに加入したロレン。ベティスBでのゴール量産によって、2018年1月にトップチームに昇格すると、ここまで公式戦127試合に出場し、28ゴール7アシストを記録している。 ただ、マヌエル・ペジェグリーニ監督が新指揮官に就任した昨シーズンはチーム内での序列が低下。ラ・リーガ26試合に出場したものの、先発出場はわずか9試合に留まり、1ゴールを奪うに留まっていた。 2021.08.25 23:13 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly