「ネイマール史上最高のゴール!」10年前の神業ドリブルに再脚光

2021.07.28 19:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが今からちょうど10年前に決めたゴールに再び脚光が集まっている。

12歳ですでにレアル・マドリー行きに近づいていたネイマールだが、結局契約に至らず、2008年2月にサントスとプロ契約を結んだ。13歳ごろからその才能は知れ渡り一躍有名になり、2011年7月27日に自身の価値を一気に高めるゴールを決める。

当時ロナウジーニョも在籍していたフラメンゴ戦。左サイドのタッチライン際でボールを持ったネイマールは、相手DF2人に囲まれるも、鮮やかなタッチで間を抜き、中央へ侵入。味方とのワンツーで相手DFを引きはがし、ボックス手前まで突破すると、後ろからのチャージも耐え、再び巧みなステップで相手DFに触れることすらさせず、最後は右足のアウトサイドでゴールにねじ込んだ。

当時のネイマールはまだ19歳。このゴールは、その年の最も美しいゴールへ贈られるFIFAプスカシュ賞にも輝いている。

“ブラジルの至宝”と称されたネイマールは、サントスで公式戦134試合で70ゴール35アシストを記録。コパ・リベルタドーレスを制するなど活躍し、2013年夏にバルセロナへ移籍した。

このゴールから10年が経った今、各国のメディアが取り上げており、「ネイマール史上最高のゴール」「忘れられない」「一世代に一人の才能」として語られている。



1 2
関連ニュース
thumb

ユベントス、逸材FWカイオ・ジョルジ獲得を公式発表!

ユベントスは17日、サントスからU-20ブラジル代表FWカイオ・ジョルジ(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「21」に決定。契約期間は2026年6月30日までの5年となる。 今月2日にサントスがクラブ間合意を発表していたカイオに関しては移籍金が300万ユーロ(約3億8000万円)、ボーナスで100万ユーロ(約1億3000万円)が支払われる契約で、将来のリセール時の移籍金5%もサントスが受け取ることになる模様だ。 ブラジルのオリンダ出身で10歳の頃からサントスの下部組織に加入したカイオは、アンダー年代からゴールを量産してきた逸材ストライカー。2018年にトップチームデビューを果たすと、ここまでカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで42試合に出場し、5ゴール3アシストの数字を残している。 また、2019年に行われたFIFA U-17ワールドカップでは5ゴールを挙げてブロンズブーツを獲得し、ブラジルの準優勝に貢献していた。 182cmのセンターフォワードはフィジカル面に未だ伸びしろを残すものの、優れたスピードとテクニックを生かした打開力に加え、抜群のコーディネーション能力で相手DFを背負ってのポストワークもそん色なくこなす大器だ。 これまではミランやベンフィカが強い関心を示してきたが、ユベントスが新天地となった。 2021.08.18 05:30 Wed
twitterfacebook
thumb

サントスFWカイオ・ジョルジ、ユベントス移籍でクラブ間合意

サントスは2日、U-20ブラジル代表FWカイオ・ジョルジ(19)がユベントスへ移籍することで合意に達したことを発表した。 ブラジルメディアによれば移籍金は300万ユーロ(約3億9000万円)、ボーナスで100万ユーロ(約1億3000万円)追加される契約とのことで、将来のリセール時の移籍金5%をサントス側に支払う模様だ。5日までにイタリアでメディカルチェックを済ませ、正式契約となる運びだ。 ブラジルのオリンダ出身で10歳の頃からサントスの下部組織に加入したカイオは、アンダー年代からゴールを量産してきた逸材ストライカー。2018年にトップチームデビューを果たすと、ここまでカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで42試合に出場し、5ゴール3アシストの数字を残している。 また、2019年に行われたFIFA U-17ワールドカップでは5ゴールを挙げてブロンズブーツを獲得し、ブラジルの準優勝に貢献していた。 182cmのセンターフォワードはフィジカル面に未だ伸びしろを残すものの、優れたスピードとテクニックを生かした打開力に加え、抜群のコーディネーション能力で相手DFを背負ってのポストワークもそん色なくこなす大器だ。 これまではミランやベンフィカが強い関心を示してきたが、ユベントスが新天地となった。 2021.08.03 06:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントス、サントスの逸材FWカイオ・ジョルジ獲得決定的に

ユベントスがサントスに所属するU-20ブラジル代表FWカイオ・ジョルジ(19)の獲得を決定的なモノとしたようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏など複数イタリアメディアが報じている。 ブラジルのオリンダ出身で10歳の頃からサントスの下部組織に加入したカイオは、アンダー年代からゴールを量産してきた逸材ストライカー。2018年にトップチームデビューを果たすと、ここまでカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで42試合に出場し、5ゴール3アシストの数字を残している。 また、2019年に行われたFIFA U-17ワールドカップでは5ゴールを挙げてブロンズブーツを獲得し、ブラジルの準優勝に貢献していた。 182cmのセンターフォワードはフィジカル面に未だ伸びしろを残すものの、優れたスピードとテクニックを生かした打開力に加え、抜群のコーディネーション能力で相手DFを背負ってのポストワークもそん色なくこなす大器だ。 現時点での市場価値は1200万ユーロ(約15億6000万円)程度となっているが、サントスとの現行契約は今年の年末までとなっており、クラブは移籍金が得られる今夏のタイミングでの売却を模索。 これまではミランやベンフィカが強い関心を示してきたが、最終的にユベントスが個人間、クラブ間共に合意を取り付けたようだ。 移籍金に関しては即金で150万ユーロ、2022年に同じく150万ユーロを支払う総額300万ユーロ(約3億9000万円)となり、将来のリセール時の移籍金5%をサントス側に支払う契約になっている模様だ。 2021.08.01 17:20 Sun
twitterfacebook
thumb

積極補強のマルセイユ、サントスからDFルアン・ペレスを完全移籍で獲得! 今夏8人目の新戦力

マルセイユは14日、サントスに所属するブラジル人DFルアン・ペレス(26)を完全移籍で獲得した。契約期間は2025年6月30日までで、フランス『レキップ』によれば移籍金は450万ユーロ(約5億9000万円)とのことだ。 ルアン・ペレスは母国ブラジルのポルトゥゲーザでキャリアをスタートし、サンタ・クルス、レッドブル・ブラガンチーノ、ポンチプレッタといった国内クラブを渡り歩いてきた。2018年にはクラブ・ブルージュに完全移籍しヨーロッパ初上陸も、思うような活躍を見せられず、翌シーズンにはサントスへのレンタル移籍で母国に帰還。その後、完全移籍に移行し、ここまで公式戦89試合に出場し5ゴールを挙げている。 前述のように190cmの恵まれた体躯の持ち主だが、フィジカル自慢の“古風なザゲイロ”ではなく左サイドバックでもプレー可能なスピードと足元のテクニックを備えたモダンなタイプで、積極的な持ち出しや高精度の左足のキックで後方からゲームを作れる最後尾の司令塔だ。 今夏の移籍市場で大幅なスカッド刷新に動いているマルセイユは今夏、GKパウ・ロペスや、MFマテオ・ゲンドゥージ、FWジェンギズ・ウンデルらの積極補強を敢行しており、ルアン・ペレスが8人目の新戦力となる。 2021.07.15 01:10 Thu
twitterfacebook
thumb

「行きたいと言ったら嘘になる」鹿島加入のMFディエゴ・ピトゥカが本音、日本行きの理由は?

鹿島アントラーズへの加入が決定しているMFディエゴ・ピトゥカが、改めて移籍についてコメントした。ブラジル『UOL』が伝えた。 鹿島は、サントスに所属していたピトゥカの獲得を発表。完全移籍での獲得となった。 サントスでは、公式戦通算124試合に出場し6ゴール6アシストを記録しているピトゥカは、昨シーズンのコパ・リベルタドーレスではチームを決勝に導く活躍を見せ、中心選手として活躍していた。 今回の移籍には、160万ドル(約1億7500万円)がサントスに支払われ、クラブが抱える債務の返済に大きな役割を果たしていた。 そのピトゥカは『UOL』のインタビューでこの移籍について語り、改めてサントスへの愛があり、心から望んだものではないとコメント。それでも、移籍を決断した理由を語った。 「行きたいと言ったら嘘をつくことになるだろう」 「鹿島からのオファーを受けた時、(マネージャーの)アダルベルト・アルメイダが話に来てくれた。彼は僕に電話をかけて、オファーの価値を語ってくれた」 「僕は言ったんだ。『僕がサントスに残りたいことを知っているだろう。僕はクラブに愛情を持っている。でも、僕の娘が生まれたことでそれは変わったよね?僕はもっと良い条件が欲しい…彼女に良い未来を与えるためにね』と」 「僕は日本に行きたいと言った。それは僕にとって、新たな挑戦だった。それを受け入れようと思った理由の1つは、新しい国、新しいサッカーだった」 「でも、僕は社長や全ての人にもハッキリと伝えた。『サントスでは何が起こってもおかしくはない。彼らは僕の居場所を知っているし、僕は戻ってくるだろう』とね」 <span class="paragraph-title">【写真】ピトゥカが鹿島行きを決めた理由の娘と妻との3ショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CMZmPHGDkcU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CMZmPHGDkcU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CMZmPHGDkcU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Diego Pituca(@diegopituca)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.03.21 15:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly