2年間でムキムキに…急成長マウントの同僚も認めるたゆまぬ努力

2021.07.28 11:55 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーに所属するイングランド代表MFメイソン・マウントの肉体改造ぶりに注目が集まっている。イギリス『SPORTSBIBLE』が伝えている。

チェルシーのアカデミー出身のマウントは、2017-18シーズンにレンタル先のフィテッセでブレイクを果たすと、翌シーズンもレンタル先のダービー・カウンティで当時のフランク・ランパード監督の下で躍動。2019-20シーズンにチェルシーでのトップチームデビューを果たした。

そしてトップチームでの2年目となった2020-21シーズンは、チーム最多の54試合に出場し、9ゴールを記録。チャンピオンズリーグ決勝のマンチェスター・シティ戦では、カイ・ハヴァーツが挙げた決勝点をアシストするなど、多くのゴールに絡む印象的な活躍を披露し、クラブの年間最優秀選手にまで選ばれた。

ユーロ2020を終えたマウントは新シーズンに向けて調整を進めている中、26日に自身のインスタグラムを更新。半裸で坂道ダッシュしている写真と動画を投稿すると、その時のマウントの仕上がった肉体は、親友であるイングランド代表MFデクラン・ライス(ウェストハム)も思わず「(画像)編集のやり方を教えてくれよ?」とからかうほどだった。

ただ、マウントがプレミアリーグデビューを果たした2019年から比べるとマウントの肉体は上半身を中心に明らかに筋肉量が増えており、プレミアリーグで闘える肉体へと変貌している。

チームメイトであるイングランド代表DFベン・チルウェルは、過去のインタビューでマウントの人一倍の努力を認めている。

「彼はジムでいつも目標より多くのことをしていて、自分自身をより良くするためにできる限りのことをしている」

「彼が持っている才能、仕事量、彼に限界はない」

「彼がやっていることを続ければ、ゴールし、アシストできる。彼がトレーニンググラウンドから離れても一生懸命働くことを僕は知っている。彼は長い間チェルシーとイングランドにとって素晴らしい選手になるだろう」

22歳のマウントは、2020-21シーズンのチャンピオンズリーグで優勝し、イングランド代表として迎えたユーロ2020でも準優勝。彼のキャリアはまだまだ始まったばかりだ。



1 2
関連ニュース
thumb

人格者トゥヘル監督がパリ時代の清掃員へ恩返し…息子の心臓手術費&家を購入

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、大きな恩返しをしていたようだ。 現在はチェルシーで指揮を執るトゥヘル監督。その前にはパリ・サンジェルマン(PSG)で指揮をと執っていたが、2020年12月に解任されていた。 チェルシーの監督に就任した2020-21シーズンは、チャンピオンズリーグ(CL)を制するなど、クラブに大きな結果をもたらせたが、指揮官就任前に大きな恩返しをしていた。 トゥヘル監督は、PSGの監督時代に自宅で清掃員を雇っていた。およそ2年にわたる期間雇っていた清掃員の女性だったが、深刻な心臓の病気に苦しんでいる息子の手術費のため、超過して働いていたのだ。 この事実についてトゥヘル監督は把握していなかったものの、妻からその事実を聞かされると、思わぬ行動に出たという。 『ESPN』によると、トゥヘル監督はすぐさま小切手にサイン。なんの躊躇もなく、清掃員の息子の手術日を支払ったというのだ。 自身の家の世話をしてくれた清掃員に対する感謝の気持ちと考えても、誰もが簡単にできることではない。しかし、トゥヘル監督はそれだけでは終わらなかった。 PSGの監督を解任されるほんの少し前、トゥヘル監督はその清掃員とやり取りをしたという。その中で、フィリピンに家を構えることが夢だということを聞き、PSGの監督解任後に不動産を購入。カギを渡したという。 これまで尽くしてくれたことへの感謝の印として、2つの恩返しをしたトゥヘル監督。その報いがCL制覇を少しでも後押ししたのかもしれない。 2021.09.25 20:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ルカクもロナウドもいないが…ペップ「我々には2つの選択肢がある」

ジョゼップ・グアルディオラ監督が、ライバルたちが持っているような“武器”がマンチェスター・シティにはないことを認めている。イギリス『マンチェスター・イブニング』がコメントを伝えた。 25日にプレミアリーグ第6節でチェルシーとのビッグマッチを迎えるシティ。チェルシーでは7年ぶりに復帰したベルギー代表FWロメル・ルカクがリーグ戦4試合で3ゴールと、期待通り大活躍しているが、一方のシティでは今夏にストライカー獲得に失敗した背景がある。 クラブはトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン獲得に動いたが、トッテナム側の要求額を満たすことができず交渉はストップ。結局タイムアップとなり、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロに代わる点取屋を確保することはできなかった。 また、お隣のライバルであるマンチェスター・ユナイテッドも、12年ぶりに復帰したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが初戦のニューカッスル戦で2得点を挙げる活躍を披露。新たな得点源として強力な戦力をチームに加えている。 グアルディオラ監督は、シーズン20ゴールを期待できるようなストライカーの不在を嘆きながらも、チームとして戦うことができれば問題ないと主張。既存戦力への信頼を強調した。 「彼らのような選手を獲得することは最も難しい。我々は長年にわたってセルヒオという特権を有していたが、残念ながらこの1年半はケガで起用することができなかった。それでも、我々はまた別の方法で生き延びることができた」 「今、我々には2つの選択肢がある。不平を垂れるか、並外れた選手たちが揃っていると自信を持つかだ」 「チェルシーやユナイテッド、トッテナムなど、他のチームが持っているような武器を我々は持っていないため、チームとしてできることをやっていくしかない。一人で25ゴールを決めるような選手がいないのなら、チームでやるだけだ」 2021.09.25 19:12 Sat
twitterfacebook
thumb

シティとの大一番控えるチェルシー、トゥヘルはメンディの先発を明言「ナンバーワンが準備できている」

マンチェスタ・シティとの大一番が控えるチェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、セネガル代表GKエドゥアール・メンディの先発起用を明言した。クラブ公式サイトがコメントを伝えた。 昨夏の加入から直ちに正GKの座を奪い、チェルシーのゴールマウスに君臨し続けるメンディ。ビッグイヤー獲得に貢献した昨季はUEFA年間最優秀GKに選ばれ、飛躍のシーズンとなった。 今季もトゥヘル監督の信頼厚く、開幕から先発を続けていたが、公式戦ここ2試合はケガの影響で離脱。一方で、チャンスが回ってきたGKケパ・アリサバラガがこの間に猛アピール。EFLカップ3回戦のアストン・ビラ戦では、PK戦で一本止めて見せた。 しかしながら指揮官は、25日のシティ戦はメンディが先発に復帰することを明言。現時点では同選手がナンバーワンGKであることを強調した。 「状況は明らかだ。現時点でメンディがナンバーワンで、そのナンバーワンはプレーする準備ができている。99%ではなく100%だ。だから彼が先発する」 「厳しく聞こえるかもしれないが、恨みがあるわけではに。ケパは素晴らしいGKで、このチームにいてくれることを我々は嬉しく思っている。毎日彼が見せる姿を皆に見てもらえて私も嬉しかった。我々は、彼を完全な限界まで追い込む為にここにいるのだ」 「前もって話をしておかないと状況が難しくなることもあるが、これでクリアになった。彼は感情が整っているからこそ良いプレーができるのだ。そうでなければあのようなパフォーマンスをすることはできない」 「彼らはお互いにプッシュし合い、お互いに喜び、ナンバーワンを目指すこの競争の中で友人のように振る舞っているが、状況はとても明確で超冷静だ」 2021.09.25 15:36 Sat
twitterfacebook
thumb

チアゴ・シウバの契約延長について語るトゥヘル監督「このレベルが維持できればクラブに残れる」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、ブラジル代表DFチアゴ・シウバ(37)の契約延長について語った。イギリス『メトロ』がコメントを伝えている。 昨夏にパリ・サンジェルマン(PSG)からのフリートランスファーで加入したチアゴ・シウバ。加入1年目は公式戦34試合に出場し、チャンピオンズリーグ(CL)制覇やリーグ4位フィニッシュに貢献。そして昨シーズン終了後には、2022年6月まで契約を延長した。 今季もここまで公式戦4試合に出場し、19日のリーグ第5節トッテナム戦では先制点となるヘディングを決めて勝利に大きく寄与。首位を走るチームとともに好スタートを切った37歳に対して、早くも2度目となる契約延長の期待が高まっている。 この状況に対してトゥヘル監督は、契約を更新するかどうかは「彼次第だ」と前置き。そして、現在のような高パフォーマンスを続けていればクラブに留まることができると語った。 「この質問に答えることはできない。しかし、彼がこのレベルのパフォーマンスを続けていれば、それだけでクラブに残ることができる」 「単純なことだ。チェルシーでプレーする以上、結果を出さなければならないし、彼はそれを実行している。彼がもし一流でなければ、何年もあのレベルのパフォーマンスを持続することはできないだろう」 「年齢は関係ない。シーズン後に私たちが問わなければならないのは、『彼はまだチェルシーのためにあらゆる大会に出場できるレベルにあるのか?』ということだけだ」 「今すぐに答えを出す必要はない。彼がこのすばらしいクラブにいてくれて、私たちは幸せだ」 2021.09.25 15:13 Sat
twitterfacebook
thumb

ハーフタイムでの交代が続くトゥヘル、アフターケアも重要視「彼らに安心感を与える必要がある」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、選手たちの心のマネジメントの重要性を説いている。クラブ公式サイトがコメントを伝えた。 ここまで公式戦7試合を終え、6勝1分けと絶好調のチェルシー。その要因の一つはトゥヘル監督の手腕にあり、直近5試合のうち、前半にDFリース・ジェームズが退場したリバプール戦を含めた4試合でハーフタイムに選手交代を行なっている。とりわけ、プレミアリーグ第5節のトッテナム戦におけるMFメイソン・マウントからMFエンゴロ・カンテへの変更は、勝利を手繰り寄せる英断だった。 一方でトゥヘル監督は、同時に選手たちへのケアも気をつけなければならないと主張。しかしながら、教え子たちは自身の戦術ややり方を謙虚に受け入れてくれていると、満足感をあらわにしている。 「自信があれば、あのような勇断もできるし、より自由な決断ができる。だが、選手たちに安心感を与える必要もある」 「それでも、私が『ドレッシングルームにどんな影響を与えるだろうか』、『大きな争いを生まないだろうか』、『気まずい状況にならないだろうか』といった政治的な考えをしないで済むのは選手たちのおかげだ」 「私はこのチームが十分にオープンで、謙虚に受け入れてくれることを幸せに思っている。本当に助けられているよ。私が指示をする瞬間は監督としてのゾーンに入っているため、そういった影響は考えていないがね」 「私は信頼される存在でありたいと思っているので、チームのためになると確信したときにはそれを実行する。一部の選手には失礼にあたるかもしれないが、その背景にある考えを説明して、選手たちはそれを飲み込むことができるという感覚を持っているよ」 「おそらく、その後の選手への接し方も重要なのだろう。仮にハーフタイムに交代になったり、悪い試合をしたりしても、それから3週間も話をしなくなるなんてことはない。そんなことはしないが、その点は気をつけたいと思う」 2021.09.25 14:35 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly