鹿島がコーチ2人の退任を発表、ギリェルメ氏はザーゴ監督の下へ

2021.07.27 17:35 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
鹿島アントラーズは27日、トップチームの熊谷浩二コーチ、ギリェルメ フィジカルコーチの退任を発表した。

熊谷コーチは、三本木農業高校から1994年に鹿島へ入団。2004年にベガルタ仙台へと移籍し、2005年に現役引退。引退後は鹿島へ戻り、強化部のスカウトやユースコーチ、ユース監督を務め、2019年はスカウトを務め、2020年1月からコーチに就任していた。

ギリェルメ フィジカルコーチも2020年1月に鹿島に加入。アントニオ・カルロス・ザーゴ監督とともに就任した。

なお、クラブの発表によると熊谷コーチは本人からの申し出があり、双方合意の下での契約解除となったとのことだ。

また、ギリェルメ フィジカルコーチは、ボリビアのクルブ・ボリバウからオファーを受け、契約解除後に就任するとのこと。クルブ・ボリバウは14日にザーゴ監督の就任を発表しており、再びザーゴ監督とタッグを組むこととなる。

関連ニュース
thumb

後半ATに宮城天の無回転ミドルが炸裂! 采配光った川崎Fが逆転で鹿島を下す【明治安田J1第32節】

明治安田生命J1リーグ第32節、鹿島アントラーズvs川崎フロンターレが22日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、1-2で川崎Fが勝利した。 ACL組のスケジュールに備えて前倒し日程が組まれていた一戦。鹿島は直近の第29節でガンバ大阪に快勝し、ルヴァンカップを含めた公式戦の連敗を3試合で止めた。対する川崎Fは第29節で徳島ヴォルティスに勝利し、ルヴァンカップとACLの2つのカップ戦敗退の悔しさを一旦は晴らした。 鹿島は3位争い、川崎Fは横浜F・マリノスとの優勝争いで有利に立つためにも負けられない一戦だが、鹿島から見ると川崎Fは11戦未勝利の相手で、2015年の8月29日に勝利して以降苦杯を嘗め続けている。 しかし、そんな鹿島が序盤から攻勢に。G大阪戦と同じスタメンを並べた中、6分に左サイドの深い位置で安西が山根とマッチアップ。安西が相手の股を抜いてボックスへ侵攻しようとしたところ、後ろからスライディングタックルに遭い転倒。これでPKもしくはFK獲得かに思われたが、主審はノーファウルと判断した。 一方、徳島戦から先発を4名変更し、レアンドロ・ダミアンや家長をスタメンに戻した川崎Fは、その徳島戦でデビューし、PK獲得と1アシストの活躍を披露したマルシーニョが奮闘する。 まずは16分、右サイドから入ったクロスがボックス左に流れたところをシュート。しかし、これはGK沖に止められる。30分には、カウンターから味方との連係で抜け出しボックス左に侵入。ゴール前には2人の味方が待つ千載一遇のチャンスだったが、ドリブルが大きくなったところをDFに処理されてしまった。 ゴールレスで迎えた後半もマルシーニョの勢いは継続。54分に味方のパスに抜け出し、DFと競り合いながらもドリブルシュート。ここはブロックされてしまうが、セカンドボールを旗手が蹴り込んでネットを揺らした。しかし、惜しくもマルシーニョがオフサイドの判定。試合は0-0の状態が続く。 しかし61分、ついに試合が動く。前半から存在感を放っていた安西が左サイドから上げたクロスをボックス中央に飛び込んだファン・アラーノがヘディングシュート。当たり損なったものの、ボールは地面を叩いて山なりとなり、GKチョン・ソンリョンも届かないループシュートの様な軌道でゴールに吸い込まれた。 その後、和泉を下げて土居を投入した鹿島に対し、川崎Fは一挙に3枚替え。登里、マルシーニョ、シミッチに代えて小林、宮城、脇坂をピッチへ送り込んだ。 だが、先制した鹿島は簡単には流れを渡さない。74分には左からピトゥカが右ポストを掠める鋭いシュートで相手をけん制。76分にはFKの折り返しを上田が合わせにいく。 流れを変えたい川崎Fは、レアンドロ・ダミアンを知念に、橘田を山村にと、交代カードを立て続けに使用。すると山村は交代直後の83分、左サイドから上がった脇坂のFKを頭で合わせて同点ゴール。ファーストタッチがネットを揺らした。 これで俄然勢いが増したアウェイチーム。すると迎えた後半アディショナルタイム。このまま終わるかに思われた94分に、ボックス右手前でボールを持った宮城が右足を強振。無回転の強烈なシュートがゴール中央に突き刺さり、土壇場で逆転に成功した。 結局、交代策が功を奏した川崎Fが逆転勝利を収めて3連勝。また一歩優勝に近づいた。 鹿島アントラーズ 1-2 川崎フロンターレ 【鹿島】 ファン・アラーノ(後16) 【川崎F】 山村和也(後38) 宮城天(後49) 2021.09.22 21:05 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第32節:鹿島vs川崎F】11戦未勝利の“鬼門”川崎F相手に鹿島はどう戦うか

【明治安田生命J1リーグ第32節】 2021年9月22日(水) 19:00キックオフ 鹿島アントラーズ(7位/50pt) vs 川崎フロンターレ(1位/69pt) [県立カシマサッカースタジアム] ◆上位に対してどう戦っていくか【鹿島アントラーズ】 前節はホームにガンバ大阪を迎えて3-1で勝利。YBCルヴァンカップでの連敗を含めた公式戦の連敗を3でストップした。 攻撃面での改善も見られ、サイドからの攻撃も広瀬陸斗をサイドバックで起用したことで幅が広がり、高精度のクロスを生かすこともできた。 首位を走る川崎Fを叩かないことには、3位争いで優位に立つことは難しいだろう。しかし、その川崎Fとの相性は近年最悪。11試合未勝利で4分け7敗、2016年以降は一度も勝ったことがなく、鬼門と言える相手だ。 サイドの攻防がカギを握ることになるが、相手は内も外も使える戦い方をしてくる。プレスをかければ裏は空くが、そこをどう穴埋めするか。主導権を握られないようにしておきたいところだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK沖悠哉 DF:広瀬陸斗、関川郁万、町田浩樹、安西幸輝 MF:ディエゴ・ピトゥカ、三竿健斗 MF:ファン・アラーノ、荒木遼太郎、和泉竜司 FW:上田綺世 監督:相馬直樹 ◆連覇へ向けてラストスパートへ【川崎フロンターレ】 前節はアウェイで徳島ヴォルティスと対戦し、1-3で勝利。YBCルヴァンカップ、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)と2つのカップ戦で敗退したことからの失意から立ち直った。 現在はリーグ戦でアウェイで9連戦中。アビスパ福岡に今季初黒星を喫したが、その後の2試合はしっかりと連勝を収めており、首位をキープしている。 悪い流れを断ち切ったが、その一翼を担ったのは新助っ人のマルシーニョだった。切れ味鋭いドリブルなどで見せ場を作ると、PKを奪取。今までにないリズムをチームに生み出したことで活性化を図った。 新たな武器を手にした川崎F。2位の横浜F・マリノスが足踏みしたことで、優勝に向けて一歩前進した。その好機を掴むべく、先行して勝ち点を積み上げてプレッシャーをかけたいところ。相性の良さを生かしてアウェイ連戦のラストを勝利で締めくくりたい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、ジェジエウ、山村和也、登里享平 MF:脇坂泰斗、ジョアン・シミッチ、旗手怜央 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、小林悠 監督:鬼木達 2021.09.22 16:37 Wed
twitterfacebook
thumb

鹿島DFブエノが全治約6週間…練習中に左股関節内転筋を損傷

鹿島アントラーズは19日、DFブエノの負傷離脱を報告した。 16日の練習中に負傷したというブエノはチームドクターの検査を受け、左股関節内転筋損傷の診断結果。治療期間として約6週間を要する見込みだ。 ブエノは今年7月にレンタル先だった母国ブラジルのアトレチコ・ミネイロから復帰。ここまで明治安田生命J1リーグ1試合に出場している。 2021.09.19 14:55 Sun
twitterfacebook
thumb

後半3発の鹿島が公式戦4試合ぶりの白星、G大阪は反撃及ばず4連敗【明治安田J1第20節】

明治安田生命J1リーグ第29節、鹿島アントラーズvsガンバ大阪が18日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、3-1でホームの鹿島が勝利を収めた。 公式戦3連敗かつ無得点と苦しむ鹿島は、上位追走のために是が非でも3ポイントが欲しいゲーム。前節からのスタメン変更は3失点を喫した最終ラインを中心に4人。常本、林、ブエノ、土居が外れ、広瀬、町田、関川、ファン・アラーノが名を連ねた。 対するG大阪も覇気がない。前節は残留争いのライバルであるベガルタ仙台に2-3で敗れ、リーグ戦3連敗中となっている。前節から昌子、小野、宇佐美に代え、菅沼、山本、矢島をスタメンに起用。最終ラインに右から高尾、菅沼、キム・ヨングォンを並べた[3-4-2-1]の布陣で臨んだ。 立ち上がりは鹿島が押し込み、G大阪がしっかりとリトリートして対抗。鹿島がボールを握り、G大阪が構えるといった構図ができあがっていった。目立ったシュートシーンの少ない展開のなかでG大阪は17分、FKのこぼれ球に反応した井手口がボックス手前から右足で狙う。鹿島も飲水タイム明け直後に、和泉のポストプレーから荒木がボックス左に侵入。カットインから右足で巻いて狙うが、GK東口に処理された。 最前線に収まると攻撃に迫力の出る両チーム。36分には鹿島が上田の胸での落としから和泉がミドルを放つと、G大阪もパトリックが収めて矢島へ。裏を狙い、リターンをもらおうとするがこれは通らず。鹿島は上田が反転から右足で、さらには荒木が細かいタッチから左足で狙うなど、フィニッシュ数を増やして前半を終えた。 両チーム無得点で迎えた後半最初の決定機は鹿島が作る。48分、素早いトランジションからファン・アラーノがボールを奪ってすぐさまクロス。和泉がコントロールから狙うが、トラップした分時間がかかり、GK東口に距離を詰められて防がれた。 攻勢が続く鹿島は52分に試合を動かす。ディエゴ・ピトゥカが持ち運んでスルーパスを送ると、荒木がボックス内から左足で対角へのシュート。これはGK東口に阻まれたが、セカンドボールを上田がプッシュしてネットを揺らし、先制に成功した。 攻撃の手を緩めない鹿島は、ケガから戻ってきた2人の連携から追加点を奪う。中央で基点を作って右へ展開すると、広瀬のクロスにファン・アラーノが頭で合わせてリードを広げた。畳みかける鹿島はファン・アラーノの右アウトでのクロスから荒木が狙うが、このヘディングシュートは右ポストに嫌われた。 73分にはカウンターから鹿島が追加点を奪う。ファン・アラーノからのパスをハーフウェーラインの手前で受けた土居が自らドリブルスタート。誰も寄せてこないとみるや自ら持ち上がり、ボックス手前から左足のフィニッシュを右隅に沈めて見せた。 ベンチワークでも後手に回り、3点差とされたG大阪だがすぐに1点を返す。途中出場のチアゴ・アウベスが関川からボールを奪ってボックス左に侵入すると、そのまま倒されてPKを獲得。自らキッカーを務め、GK沖の逆を突いてきっちりと決め切った。 差を縮めたことで攻撃陣に勢いの出てきたG大阪は、88分に小野瀬がボックス手前左で受けてカットインから右足で狙う。だが、巻いたシュートは枠の右へ外れた。さらには、CKのこぼれ球から倉田のフィニッシュを迎えるも、大きく枠を外してしまう。 最後まで反撃の姿勢を見せるも、以降はゴールが生まれずタイムアップ。鹿島が逃げ切って公式戦4試合ぶりの白星をつかんだ。 鹿島アントラーズ 3-1 ガンバ大阪 【鹿島】 上田綺世(後7) ファン・アラーノ(後15) 土居聖真(後28) 【G大阪】 チアゴ・アウベス(後35) 2021.09.18 20:04 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第29節:鹿島vsG大阪】状態は良くない両者、終盤戦に向けて意地を見せるのは

【明治安田生命J1リーグ第29節】 2021年9月18日(土) 18:00キックオフ 鹿島アントラーズ(7位/47pt) vs ガンバ大阪(14位/30pt) [県立カシマサッカースタジアム] ◆公式戦3連敗&無得点から脱せるか【鹿島アントラーズ】 前節はアビスパ福岡をホームに迎えた一戦だったが、チームは0-3と惨敗。力なく敗れ去った。 インターナショナルマッチウィークによる中断期間は、YBCルヴァンカップの準々決勝で名古屋グランパスと2試合を戦い、2-0、0-2とどちらも完封負け。9月に入り公式戦3試合連続で無得点&複数失点と、チームは急下降している。 8月の最後に得意とする2位の横浜F・マリノスに勝利したものの、その後は急降下。3位争い真っ只中とあって、早急にチームとして浮上しておきたいところだ。 この数試合で問題となるのはボール奪取のところ。プレスがあまりかからず、チームとしてショートカウンターは仕掛けられていない。効果的に相手を押し込めないことが続き、得点を重ねられるという悪い流れから脱していない。 今節の相手はG大阪。順位としてみれば負けてはいけない相手だが、しっかりとホームのファンに勝利を届けられるだろうか。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK沖悠哉 DF:常本佳吾、林尚輝、町田浩樹、安西幸輝 MF:ディエゴ・ピトゥカ、三竿健斗 MF:ファン・アラーノ、荒木遼太郎、和泉竜司 FW:上田綺世 監督:相馬直樹 ◆リーグ戦4連敗を回避できるか【ガンバ大阪】 前節は残留争いのライバルであるベガルタ仙台を相手にまさかの3失点。2-3で敗れ、リーグ戦3連敗と再び絶不調に陥っている。 チームとして久々に複数得点を記録したものの、3失点していては勝てるものも勝てない。 特に、この3連敗は残留を争う横浜FCと仙台、そしてライバルのセレッソ大阪。さらにYBCルヴァンカップではそのC大阪に惨敗を喫しており、メンタル面でもさらに落ち込む結果となってしまった。 問題は未だに見えてこない攻撃の形とプレスの連動性だろう。良い守備ができずにボールを奪えず、ズルズルと攻め込まれる悪さ。一方、その前の攻撃がしっかりと完結できないことで、準備不足にもなっている。 抜け出しかけた残留争いも、下位チームが少しずつ勝ち点を重ねており、再び足を突っ込んでしまう可能性もあるだけに、この辺りでしっかりと勝利し、自身を掴みたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:東口順昭 DF:柳澤亘、昌子源、キム・ヨングォン MF:小野瀬康介、井手口陽介、山本悠樹、藤春廣輝 MF:矢島慎也、宇佐美貴史 FW:パトリック 監督:松波正信 2021.09.18 14:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly