「背中を蹴り、裸でへの外に放り出す」女性暴行容疑のギグス監督に新たな疑惑

2021.07.24 18:23 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
女性への暴行容疑で起訴されているウェールズ代表のライアン・ギグス監督だが、新たな罪が発覚した。

ギグス監督は、2020年11月ににマンチェスターのウォースリーにある自宅で、ガールフレンドのケイト・グレヴィルさんと、20代の女性に対する暴行の疑いで、地元警察に逮捕されていた。

2017年8月から2020年11月まで、グレヴィルさんの行動を強制的に制御していたと言われている。

そのギグス監督は、今年4月に法廷に出廷。そこでは無罪を主張。24日にもマンチェスター刑事法院に出廷し、来年1月の裁判に向け、改めて「親密な関係または家族関係における支配的および高圧的な行動」、「実際に身体に危害を加える暴行」、「殴打による暴行」に対し、無罪を主張した。

ギグス監督は、グレヴィルさんが他の女性との関係を尋ねてきた際にメッセージを送り続け、交際を取りやめようとした際には何度も電話やメールを送ったとされている。

告発状によると、ギグス監督はロンドンの高級ホテルである「スタッフォード・ホテル」に滞在中、グレヴィルさんに浮気を咎められたとのこと。その際に「グレヴィルさんの背中を蹴り、裸の状態でホテルの部屋から放り出し、その後バッグを投げつけた」とされている。

さらに、2人の性的な関係の詳細をグレヴィルさんの雇用主に暴露すると脅した他、グレヴィルさんが別れた際には「彼女の自宅、職場、ジムに予告なしに現れた」とされている。

2020年11月に両者の関係は終わっているものの、その際に酔っていたギグス監督がグレヴィルさんに頭突きを見舞ったとされており、さらにグレヴィルさんの妹のエマにも暴行を加えたとされている。

現役時代はマンチェスター・ユナイテッドの一員として多くのタイトル獲得に貢献。公式戦932試合に出場し163ゴール250アシストを記録したレジェンドだ。

またウェールズ代表としても64試合に出場し12ゴールを記録。現在はウェールズ代表監督となっているが、今回の件で指揮官の座を降りてはいないものの、チームを指揮せず。ユーロ2020もロバート・ページ氏が指揮を執っていた。

関連ニュース
thumb

サウサンプトン指揮官がVARへの不満で罰金313万円の処分

サウサンプトンのラルフ・ハーゼンヒュットル監督が、イングランドサッカー協会(FA)から罰金を科されることとなった。 罰金の理由は、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)に対する批判的なコメント。2万ポンド(約313万円)の罰金が科されることとなった。 ハーゼンヒュットル監督は、2日に行われたプレミアリーグ第7節のチェルシー戦で3-1と敗戦した試合後、インタビューでVARの判定についてコメント。その内容が処分の対象となったおようだ。 この試合では1-1で迎えた77分、MFジェームズ・ウォード=プラウズがMFジョルジーニョへとタックル。このプレーにマーティン・アトキンソン主審はイエローカードを提示していた。 しかし、VARを担当したマイク・ディーン氏がアトキンソン主審に進言。オン・フィールド・レビューを実施した結果、イエローカードが取り消され、レッドカードに変更。ウォード=プラウズは一発退場となり3試合を欠場することとなった。 FAはこの件についてのハーゼンヒュットル監督のコメントに関して「サウサンプトンのラルフ・ハーゼンヒュットルは、2021年10月2日のチェルシーとのプレミアリーグの試合に関連し、FAルールE3の違反を認めた後、2万ポンドの罰金が科された」と発表。「監督は試合後のインタビュー中に行われたコメントが、VARマッチオフィシャルの完全性に疑問を呈したり、偏見を暗示すること、試合の評判を落としたりする点で、不適切な行為に当たるとする」としている。 2021.10.23 15:55 Sat
twitterfacebook
thumb

「デイビス草」『FIFA22』でメッシを引き当てたバイエルンのA・デイビスが狂喜乱舞

バイエルンのカナダ代表DFアルフォンソ・デイビス(20)が感情を爆発させた。 20日のチャンピオンズリーグ(CL)グループE第3節、ベンフィカ戦を負傷で欠場していたデイビスは22日、ビデオゲーム『FIFA22』のプレー動画を配信していた。自身が作成したオリジナルチームでのゲームに加え、FUTパックで新たな選手を獲得する瞬間も配信。そこでなんと、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシを引き当てた。 ゲーム内での最高評価を与えられているレアカードを手に入れる可能性は当然限りなく小さい。さらに、自身にとってのサッカーアイドルだというメッシをゲットしたデイビスは狂喜乱舞。耳をつんざくほどの叫び声を上げて席を立って踊り、配信中にも関わらずフレームアウトするほどの感激ぶりだった。 椅子に座り直してからも「メーッシ、メーッシ!」と口ずさむデイビス。素のリアクションに国内外のファンからは「クッソワロタ」、「デイビス草草の草」、「メッシダンスの動き」などのコメントが。また、一般人の動画配信だと思い込んでいたものもいるようで「よく見たらバイエルンのデイビス」、「奇声を上げるよくいるタイプの動画配信者、かと思いきやアルフォンソ・デイビス選手」などの声も寄せられた。 ピッチ内では堂々たるプレーぶりを披露しているスピードスター。だが、スーパースターを手に入れたこの時ばかりは、感情を抑えきれなかったようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】メッシを引き当て狂喜乱舞するA・デイビス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">No better way to start the weekend <a href="https://twitter.com/hashtag/AD19?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AD19</a><a href="https://twitter.com/EASPORTSFIFA?ref_src=twsrc%5Etfw">@EASPORTSFIFA</a> <br><br>: <a href="https://t.co/BK7pZxo8S6">https://t.co/BK7pZxo8S6</a> <a href="https://t.co/iAOeUC6iai">pic.twitter.com/iAOeUC6iai</a></p>&mdash; Alphonso Davies (@AlphonsoDavies) <a href="https://twitter.com/AlphonsoDavies/status/1451285057809772570?ref_src=twsrc%5Etfw">October 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.23 15:30 Sat
twitterfacebook
thumb

GK唯一のバロンドーラー、"ブラック・スパイダー"レフ・ヤシンをオマージュしたユニフォームが作成される

ディナモ・モスクワがクラブのレジェンドをオマージュしたユニフォームを作成した。 ロシア・プレミアリーグに所属するディナモ・モスクワ。22日に行われた第12節、ホームでのヒムキ戦では入場時に旧ソビエト時代のレトロなジャージを着て、ピッチへと入場した。中でも目を惹いたのは真っ黒なGKのジャージだろう。 これは“ブラック・スパイダー”や“黒豹”などの愛称で知られた旧ソビエトの伝説のGKレフ・ヤシンをオマージュしたものだ。10月22日はヤシンの誕生日。1990年に永い眠りについたヤシンは、サッカー史上最高のGKと評されることもあり、これまでGKとしてバロンドールを受賞した唯一の選手でもある。 ヤシンの“92回目”の誕生日に迎えたホームゲーム。20年間の現役生活をディナモ・モスクワ一筋で過ごしたワン・クラブ・マンの想いも伝わったのか、試合は4-1とディナモ・モスクワが大勝を飾っている。 <span class="paragraph-title">【写真】伝説のGKヤシンをオマージュした漆黒のジャージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CVWezYVM6kN/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CVWezYVM6kN/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CVWezYVM6kN/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Footy Headlines(@footyheadlinesofficial)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.10.23 15:07 Sat
twitterfacebook
thumb

試合中にスタンドでプロポーズも、その瞬間に失点の悲劇…結末は?

メジャーリーグ・サッカー(MLS)で選手よりも注目を集めた観客がいた。 舞台となったのは21日に行われたヒューストン・ダイナモvsロサンゼルス・ギャラクシーの一戦だ。 試合に訪れていたヒューストンサポーターの男性は、試合中にも関わらず一緒に観戦していた彼女へとプロポーズを敢行。他の観客たちは試合そっちのけで2人の様子を気にしていた。 しかし、次の瞬間にLAギャラクシーのFWケビン・カブラルがゴールを決め、ヒューストンサポーターたちの悲鳴が鳴り響いた。 気になる彼女の返答だが、MLSの公式サイトによるとプロポーズは成功した模様。それを受け、LAギャラクシーもSNSで動画を公開しながら「幸運なカップルにおめでとうを伝えるために、2つのケビン・カブラルのユニフォームを送ることを知らせてください」と拡散を希望している。 プロポーズを勝利で飾るということはできなかった男性だが、2人にとって一生忘れられない日になったことは間違いないだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】プロポーズに失点に観客は大忙し!その結末は?</span> <span data-other-div="photo"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">this really happened during kevin cabral&#39;s goal <a href="https://t.co/5kjZIhAYx5">pic.twitter.com/5kjZIhAYx5</a></p>&mdash; LA Galaxy (@LAGalaxy) <a href="https://twitter.com/LAGalaxy/status/1451008925378093057?ref_src=twsrc%5Etfw">October 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.23 11:35 Sat
twitterfacebook
thumb

元フランス代表DFエブラが10代での性的虐待被害を初告白「子供たちには勇気を持って、自分を責めないで欲しい」

現役時代はマンチェスター・ユナイテッドで数々のタイトルを獲得した元フランス代表DFパトリス・エブラが、児童虐待の被害を受けていたことを告白した。イギリス『BBC』が伝えた。 ニースやモナコ、ユナイテッド、ユベントス、マルセイユ、ウェストハムなどでプレーしたエブラ。ユナイテッド時代にはプレミアリーグで5度、チャンピオンズリーグで1度の優勝を経験。ユベントス時代にもセリエA3連覇など数々のタイトルを手にした。 フランス代表としても81試合に出場し、南アフリカ、ブラジルと2度のW杯に出場するなど活躍したエブラ。自身の執筆した書籍が発売されるのを前に、イギリス『タイムズ』とのインタビューで衝撃の告白を行った。 「私が最初に本を書いた時、私はまだ人々がどう思うのか、恥ずかしく、怖かった。だから全てを話さなかった」 「今私が言いたいのは、子供たちが私のような状況に陥って欲しくないということと、彼ら自身が自分を恥じているということだ。それは勇敢であるかどうかではなく、精神的に話す準備ができているかどうかだ」 「だから私はいつも自分を責めていたので、子供たちには勇気を持って、自分を責めないで欲しいと思っている」 「私は恥ずかしながら、自分が何も言わなかったため、長年にわたって臆病者だと感じていた。それは私の胸の中では何か重たいものだった。しかし、自分のためではなく、他の子供のためにやっている」 エブラはパリ近郊のレ・ジュリスで育ったが、自宅と学校の通学時間を短縮するために滞在していた教師の家で、性的虐待を受けていたと告白した。10代の頃だという。 そのエブラは、今回初めてその事実を明かすこととしたが、自身の母親にも打ち明けていなかったとし、2週間前に初めて何が起きていたかを伝えたそうだ。 「40歳になった今だからこそ、彼女に話ができる。それは大きなショックだった。多くの怒りもあった。彼女は謝罪した。そして『本に書いてはいけない。パトリスのプライベートなことだから』と言った」 「しかし、それに対して私は『母さん、それは私についてではなく、他の子供たちのためなんだ』と言った。彼女はOKと言ってくれ、理解してくれた」 エブラはモナコに在籍していたこと、警察から電話を受け虐待について問われたものの、その当時は否定したという。しかし、それは大きな後悔につながった。 「多くの人を助けることができたはずなのに、それを背負って生きてきたことは、最大の後悔の1つだ」 40歳になり、勇気ある告白をしたエブラ。同じ目に遭っている子供たちに届くことを願うばかりだ。 2021.10.23 10:40 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly