ジョアン・ガンベール杯でバルサvsユーベ! 史上初の男女参戦、17カ月ぶりの有観客

2021.07.24 11:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナが来月、ユベントスと対戦する。

バルセロナは23日、来月8日に本拠地カンプ・ノウで予定する毎年恒例のジョアン・ガンベール杯でユベントスと対戦することが決定したと発表。56度目の開催となる今回はそれぞれの女子チームも初参加となり、男子チームと同日に同じ会場で試合が執り行われる。

今大会はスタジアム全体の20%にあたる1万9869人の観客動員が認められ、実に17カ月ぶりの有観客試合となり、チケット購入者は1枚で男女の試合を観戦可能。ユベントスがジョアン・ガンベール杯に参戦するのは2005年以来だという。

これを追って報じたスペイン『マルカ』はアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの再会実現を注目点に。前者はバルセロナと契約切れとなり、延長交渉中の一方で、後者もまことしやかに移籍が噂されている。

なお、両選手は昨年12月に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ最終節でC・ロナウドがユベントスに移籍して以降、実に2年半ぶりの共演を果たしている。

関連ニュース
thumb

「レオメッシはどこ?」カディスサポーターが攻撃陣不振のバルセロナをチャントで煽る

カディスのサポーターがバルセロナを煽るチャントを歌い上げた。 23日に行われたラ・リーガ第6節でカディスはホーム、エスタディオ・ラモン・デ・カランサにバルセロナを迎えた。昨季は15シーズンぶりに1部を戦い残留を決めたカディスにとって、バルセロナは圧倒的な格上だったはずだ。 だが、今季のバルセロナは絶不調と言っても過言ではない。カディスのサポーターもそれを承知しているのだろう。キックオフ前のスタジアム近辺に集まった人々は次のようなチャントを歌った。 「レオメッシはどこだい?」 5季連続で得点王に輝くなど、バルセロナの顔でもあったアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは今季からパリ・サンジェルマン(PSG)へ加入。彼の不在がバルセロナの調子に影を落としていることは否めず、それを揶揄した恰好だ。 試合でもバルセロナの攻撃陣を相手にクリーンシートを達成したカディス。辛抱強く戦い、ゴールレスドローで格上相手から勝ち点1をもぎ取っている。 <span class="paragraph-title">【動画】ノリノリで「レオメッシはどこだい?」とバルサを煽るカディスサポーター</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">“¿Dónde está Leo Messi” le canta la afición del Cádiz a la plantilla del Barça a su llegada al estadio <a href="https://twitter.com/sport?ref_src=twsrc%5Etfw">@sport</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/fcblive?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#fcblive</a> <a href="https://t.co/AM7jGLeVHD">pic.twitter.com/AM7jGLeVHD</a></p>&mdash; Albert Rogé (@albert_roge) <a href="https://twitter.com/albert_roge/status/1441108791580262400?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.24 18:45 Fri
twitterfacebook
thumb

急にボールが来たわけじゃないのに…バルセロナFWデパイがまさかの決定機逸「タップインは簡単なんじゃなかったの?」

不振にあえぐバルセロナのオランダ代表FWメンフィス・デパイがビッグチャンスを逸した。 23日に行われたラ・リーガ第6節、アウェイでのカディス戦に先発出場したデパイ。開幕からフル出場が続く中、8月は3試合で2得点を奪っていたが、今月はまだゴールがない。 前節のグラナダ戦もチャンスで決め切れないなど、フィニッシュに難を抱える状態が続いている。そのようなもどかしい現状を象徴するかようなシーンが今節でも見られてしまった。 互いにゴールレスで迎えた後半の立ち上がりにデパイに絶好機が訪れる。右サイドに流れたオランダ代表FWルーク・デ・ヨングが絶妙なグラウンダーのクロスをゴール前へ。相手の背後を取ったデパイは、ゴール前フリーの状態で合わせるだけだったが、当て損ねてボールはマイナス方向へ弱々しく転がっていった。 動き出しは完璧だっただけに、あまりにも残念な結果。チームの成績も相まってファンからは「我慢できない」、「眼鏡が必要」、「タップインは簡単なんじゃなかったの?」、「ラヒーム・スターリングとゴンサロ・イグアインでさえ笑ってる」などの辛辣な声が相次いだ。 バルセロナはその後、フレンキー・デ・ヨングの退場もあり、格下相手にゴールレスドローでタイムアップ。FW陣の不振がチームの不調と完全にリンクしてしまっている。 <span class="paragraph-title">【動画】急にボールが来たわけじゃないのに…デパイがフリーの絶好機で空振り…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">How has Depay missed this <a href="https://t.co/b5PTzR2jFa">pic.twitter.com/b5PTzR2jFa</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1441148148575916033?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.24 17:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ピケが不可解な日程に苦言「僕たちは人間」、クーマン監督の発言にも「2位や3位になるためではない」

バルセロナの元スペイン代表DFジェラール・ピケが試合日程に苦言を呈した。スペイン『アス』が伝えた。 バルセロナは23日、ラ・リーガ第6節でカディスと対戦。公式戦2試合勝利していないバルセロナだったが、この試合でも苦戦を強いられると、後半にはオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングが退場処分に。カディスの前に苦しみ、0-0のゴールレスドローに終わった。 ピケは、試合後『モビスター』に対してコメント。試合の日程についての不満を述べ、試合間隔の問題から今の日程決定への疑問を投げかけた。 「このような日程になることは理解できない。月曜日にプレーすることになったけど、なぜ土曜日や日曜日ではなかったのか」 「僕たちが何のためにプレーしているのかを考えると、誰が日程を作成しているのかがわからない」 「72時間以内に次の試合がやってきて、チャンピオンズリーグを戦い、ワンダでの試合(アトレティコ・マドリー戦)がくる。僕たちは人間だ。少しでも早く試合をすることに、コストはかからない」 また、チームがなかなか勝てていない中で、ロナルド・クーマン監督が上位に入れば良いと言った発言についても言及。優勝するために勝ちに行くと意気込んだ。 「トップには4人の選手がいる。それが僕たちに何かを与えてくれるだろう。でも、タイトルのために戦うとも言った。そして競争できると確信している」 「チームにはメンタリティと欲望がある。そしてファンも一緒だ。2位や3位になるためではなく、優勝するために来ている」 「僕たちは最後まで争っていくつもりだが、日曜日の戦いにはみんなが必要だ」 苦しんでいるシーズンだが、チームとしても難しい状況にあると語ったピケ。周囲からも様々なことを言われているが、そんなことは関係ないと一蹴した。 「僕たちは慣れない瞬間を経験している。監督と会長の交代があったけど、落ち着いて対応しなければいけない」 「僕たちは文句を言っても良いし、賛成しても良い。僕たちは好意的に進んでいる。そして、勝つこと集中している。雑音は僕たちには関係ない」 2021.09.24 13:05 Fri
twitterfacebook
thumb

公に監督批判、バルサDFセルジ・ロベルトが監督の弱気発言を一蹴「トップ4に入るだけでは価値がない」

バルセロナのスペイン代表DFセルジ・ロベルトが、公にロナルド・クーマン監督を批判した。スペイン『アス』が伝えた。 バルセロナh23日、ラ・リーガ第6節でカディスと対戦。公式戦2試合勝利していないバルセロナだったが、この試合でも苦戦を強いられると、後半にはオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングが退場処分に。カディスの前に苦しみ、0-0のゴールレスドローに終わった。 試合最終盤にはクーマン監督が謎の退席処分を言い渡されるなど、踏んだり蹴ったりのバルセロナ。試合後のインタビューでセルジ・ロベルトがクーマン監督の発言に反対意見を述べた。 セルジ・ロベルトが批判したのは、クーマン監督がラ・リーガで上位に入れば良いと言った発言について。公然とこの発言に反対した。 「ここではラ・リーガで優勝する必要がある。僕にとって、トップ4に入るだけでは価値がない」 「僕たちはバルサであり、これは言い訳にならない。最善を尽くさなければならず、ラ・リーガで戦うメンバーも揃っている」 ケガなどで選手が不足していることを度々口にし、弱気な発言を繰り返すクーマン監督。現実を見ているという見方もできるが、これまでの指揮官からはシーズンのこの段階で諦めともとれる発言は見られなかった。 セルジ・ロベルトは試合についても振り返り「残念ながら1人退場になった。リプレイは見ていないけど、フレンキー(・デ・ヨング)が退場だとは思わなかった」と退場処分は厳しいとコメント。ただ「いくつかハッキリとしたチャンスはあったけど、相手にもそれはあった」と語り、引き分けが妥当という見方をした。 また、タイトルという点ではこの段階でレアル・マドリーとは勝ち点差が「7」になっている。セルジ・ロベルトは、早く巻き返さないといけないとした。 「僕たちはスイッチを入れて、勝ち始めなければいけない。悪い結果も出ている。チームのどのポジションでも、みんなで力を合わせなければいけない」 「遅れをとると手遅れになるので、今から勝ちにいかなければいけない。今は悪い時期だけど、それを乗り越えればもっと良い時期が来ると思う」 <span class="paragraph-title">【動画】クーマン監督&セルジ・ロベルトが試合を振り返る</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJUb280UnA3MSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.24 10:15 Fri
twitterfacebook
thumb

「得点しなければ勝てない」またも勝てないバルセロナ、謎の退席処分にクーマン監督「何もしなくても退場させられる」

バルセロナのロナルド・クーマン監督が、カディス戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。 バルセロナh23日、ラ・リーガ第6節でカディスと対戦した。 9月に入り、チャンピオンズリーグ(CL)のバイエルン戦では0-3の惨敗、20日にはグラナダ相手に1-1のドローと勝利がないバルセロナ。クーマン監督への風当たりが強くなり、去就も騒がしい中、カディス戦を迎えた。 ケガで数人の選手を欠いているバルセロナだが、カディスとの実力差はあったものの苦戦。ゴールが遠く、苦しい戦いを強いられると、後半にはフレンキー・デ・ヨングが2枚のイエローカードで退場した。 その後、トーンダウンしたバルセロナは再び勝利できずに終わった。 試合後の会見でクーマン監督は、チームのパフォーマンスについては評価したものの、ゴールがなければ勝てないとした。 「全体的にチームは良かったと思う。ボールを保持し、チャンスを作ることは難しかったが、最高のチャンスもあった。最後の最後まで戦った」 「姿勢に対しては全く文句がつけようなく、全てをやり切った。創造性を発揮しなければ難しい試合だった。ラストパスも足りなかった。得点しなければ勝てない」 また、後半については相手が落ちたことで盛り返せたとしたものの、フレンキー・デ・ヨングの退場が難しくしたと語った。 「相手が疲れていたため、我々に方が良かった。チャンスはあったが、モノにできなかった。相手はフィジカル面で劣っていた。フレンキーの2枚目のカードで、我々は苦しくなってしまった」 これで公式戦3試合勝利なし。リーグ戦では2戦連続ドローと、負けてはいないものの苦戦が続いている。クーマン監督は勝利が必要だとし、ラ・リーガでタイトルを争う上では離脱している選手がいることを忘れてはいけないと言い訳した。 「我々は勝つ必要がある。チームも勝利に値する。でも、それは今日ではなかった。日曜日だといいのだが」 「常に全ての試合に勝つように努力する必要がある。タイトルを勝ち取ろうとする必要があるが、現実的に、我々のチームに欠けている選手を確認する必要がある。あと7人だ」 また、試合終盤にはセルヒオ・ブスケッツがボールが2つピッチに入ったことで蹴り出すと、なぜか主審がイエローカードを提示しカディスにFKが与えられることに。これに激昂したクーマン監督は、不可解な退席処分を命じられていた。この点についても触れ、審判団への不満を口にした。 「この国では、何もしなくても退場にさせられる。審判以外の全員がピッチ上に2つのボールがあることを確認していた。これが物語っている」 「決してナーバスになっていたわけではない。私は第4審にボールが2つあることを伝えた。ただ、ここでは何もしなくても退場させられるものだ」 泣き面に蜂状態のクーマン監督。去就がどうなるのか、しばらく注目を集めることになりそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】意味不明な退席処分に驚きを隠せないクーマン監督</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr">Ronald Koeman was sent off <a href="https://t.co/fBWUFpJFVG">pic.twitter.com/fBWUFpJFVG</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1441161572689190914?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJUb280UnA3MSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.24 09:48 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly