契約延長のノリッジ指揮官「自分がいかに恵まれた状況にいるか知っている」

2021.07.23 17:51 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ノリッジのダニエル・ファルケ監督が、今後のチームの目標やクラブへの感謝について語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

ファルケ監督は2017年5月にノリッジの指揮官に就任すると、2018-19シーズンに4シーズンぶりとなるプレミアリーグ昇格を達成。しかし、2019-20シーズンは開幕から厳しい戦いが続くと最下位でシーズンを終え、1年での降格となった。

しかし、クラブのファルケ監督に対する信頼は厚く、留任が決定。するとチームは昨シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)で躍動し、29勝10分け7敗の成績で2度目のチャンピオンシップ優勝と再びのプレミアリーグ昇格を決めた。

その功績が認められ、先日には2025年までの契約延長に至ったファルケ監督は、今後の目標についてイングランドのトップ26に留まりたいと回答。同時に、目先の順位にはそれほどこだわらないことを強調している。

「我々の第一の目標にして最大の目標は、この国のトップ26の一員であり続けることだ。いつかは常にプレミアリーグの20位以内でプレーしたいと思うが、たとえそうでなくてもチャンピオンシップの6位以内には入りたい」

「これが我々の目標であり、自己資金で運営しているクラブにとっての大きな目標だった。我々は今、この一貫性を達成している。チャンピオンシップで優勝してプレミアリーグを戦い、再びチャンピオンシップで優勝した。そしてまたプレミアリーグに向かう」

「当然、これは我々が望むことだ。次のステップは、確立されたプレミアリーグのクラブになることだね。我々に甘さはなく、チームがタイトルを目指すため戦っているわけではないと理解している。それでも、シーズンごとにクラブを発展させていきたい」

「私は毎シーズン、すべてをやり遂げる準備ができている。もし今ここに書類があり、サインすれば今シーズンは17位で終わり残留が保証されると言われたとしても、私はサインしないだろうね」

「もちろん残留すれば大成功であり、街中で降格をしなかったパレードを行い、皆が褒めてくれるだろう。それでも私は順位にはあまりこだわらず、次のシーズンが終わった後で、自分たちのチャンスにベストを尽くしたと言いたい」

また、ファルケ監督はプレミアリーグからの降格後、クラブが留任の判断を下したことに言及。自分を信じてくれるクラブへの感謝を口にしている。

「我々の関係がフットボール界で非常に珍しいことだとは理解している。そして私は自分がいかに恵まれた状況にいるか知っているよ。クラブには信じられないほどの感謝と謙虚さ、感情がある。監督が何か特別なものを作り、何年も留まることを許されていた時代はもう遠い昔になりつつあるからこそ、ただ感謝している」

「1年前の(降格した際の)状況を覚えている。通常、降格した後には『新しい監督が必要だ』と言われるものだが、実際には逆だった」

「クラブの主要なスタッフは私に他の選択肢があり、2部に戻りたくないのではと心配していた。だが私は、すべての信頼、サポート、助けに対して何かお返しをしたいという気持ちがあったんだ。だからこそ残留を決断したが、それは確実に正しい決断だった」

関連ニュース
thumb

「恥ずかしい」イギリス新首相のトラス氏、応援するクラブ明かすもファン激怒「やめてくれ」「好きになるな」

イギリスの新首相になることが決定的なリズ・トラス氏だが、あるクラブのファンが激怒している。 イギリスの保守党は5日、ボリス・ジョンソン元首相の後任を選ぶ党首選挙を実施。リーズ・トラス外相(47)が新党首に選ばれた。 6日にエリザベス女王の任命を受けて正式に首相に就任することとなり、第78代首相になる。 イギリスにおいては3人目の女性首相の誕生となる中、サッカー界ではひと騒動起きている。 オックスフォード出身のトラス氏は、若い頃にリーズに在住。リーズ・ユナイテッドのファンだったという。 しかし、その後ノーフォークに移住。そこで、リーズからノリッジ・シティを応援するようになったようだ。 リズ氏は選挙活動中の中の演説で、「私はノリッジ・シティのサポーターになりました。彼らは素晴らしいファミリークラブです。何て言えばいいですか? (オーナーである )デリア(・スミス)は素晴らしい女性で、素晴らしい料理研究家です」とコメント。ノリッジのファンになったことを明かしていた。 しかし、リーズのファンからは応援するクラブを乗り換えたことでブーイングが。一方で、労働党との選挙に勝つ必要があり、リーズの英雄であるドン・レヴィ氏のメンタリティを受け継がなければならないとコメント。これにより、ノリッジファンの反感を買うこととなってしまった。 これにはファンも反応。「ノリッジが好きだというのはやめてくれ」、「これほど恥ずかしいと思ったことはない」、「好きになるのを禁じる」と、全く受け入れる気はないようだ。 イギリスの首相にとっては、サッカー界に対する制作など様々な面でスポーツとも関わることになるが、前途多難といったところだろうか。 2022.09.06 15:40 Tue
twitterfacebook
thumb

レッチェがロストフからノルウェー代表MFノルマンをレンタルで獲得…昨季はノリッジでプレミア23試合に出場

セリエA昇格組のレッチェは16日、FCロストフからノルウェー代表MFマティアス・ノルマン(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。1年間のレンタル移籍となる。 ノルマンはボデ/グリムトやブライトン&ホーヴ・アルビオン、モルデでプレー。2019年1月にブライトンからロストフへと完全移籍した。 2021年8月からはノリッジ・シティへとレンタル移籍。2021-22シーズンのプレミアリーグでは23試合に出場し1ゴール3アシストを記録していた。 ノルウェー代表としても12試合に出場し1ゴールを記録。ロストフでは橋本拳人の後方でアンカーを務めていた。 昇格組のレッチェにとっては、中盤を支える大きな補強になると見られている。 2022.08.17 11:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ノリッジがMFラムジーをレンタル移籍で獲得、アストン・ビラのアカデミー育ちのU-21イングランド代表

ノリッジは6日、アストン・ビラのU-21イングランド代表MFアーロン・ラムジー(19)がレンタル移籍で加入することを発表した。 なお、アストン・ビラと契約を延長した上でのレンタル移籍に。背番号は「20」となる。 アストン・ビラのアカデミー育ちのラムジーは、チェルトナムへのレンタル移籍を経験。ファーストチームに昇格せずにノリッジへとレンタル移籍することとなった。 2021-22シーズンのEFLカップでファーストチームデビュー。今夏のプレシーズンツアーでもファーストチームに帯同していた。 また世代別のイングランド代表を経験。試合には出場していないが、U-21イングランド代表にも招集されていた。 2022.08.06 07:45 Sat
twitterfacebook
thumb

前田大然が衝撃のヒールシュート! セルティックが開幕前最後の試合でノリッジに勝利《PSM》

セルティックは23日、ノリッジ・シティとのプレシーズンマッチを行った。 スコティッシュ・プレミアシップの開幕を1週間後に控えたセルティック。最後のプレシーズンマッチの相手は、昨シーズンはプレミアリーグを戦い、今シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)を戦うノリッジとなった。 この試合には旗手怜央、古橋亨梧、前田大然が先発出場。井手口陽介はベンチ入りしたが出番はなかった。 試合はノリッジが押し込む展開になるが、GKジョー・ハートが立ちはだかりゴールを許さない。 何度か決定的なセーブを見せると、35分にセルティックが先制。ボックス右からのヨシプ・ユラノビッチのグラウンダーのクロスに前田が抜け出し巧みな回転ヒール。ユラノビッチがオフサイドポジションにも見えたが、相手のクリアボールが跳ね返ったと判断され、ゴールは認められた。 ノリッジはボールを保持しながら攻め込んでいく展開に。しかし、それでもゴールは奪えない。 後半に入ってもノリッジが積極的に攻め込むが、セルティックは堅い守りを見せ、ハートのスーパーセーブもありゴールを許さない。 すると67分、旗手のパスカットをつなぐと、ボックス内で受けたデイビッド・ターンブルが落ち着いて相手をかわしてシュート。これが決まる。 その後もノリッジが攻め込むが、最後までGKハートが立ちはだかりクリーンシートを達成。2-0で勝利を収めた。 セルティック 2-0 ノリッジ・シティ 【得点経過】 1-0:35分 前田大然(セルティック) 2-0:67分 デイビッド・ターンブル(セルティック) <span class="paragraph-title">【動画】前田大然が美しすぎる回転ヒールショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="q1-NsAl3aRM";var video_start = 70;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.07.24 13:20 Sun
twitterfacebook
thumb

SB余剰のユナイテッド、レンタル先で躍動の21歳B・ウィリアムズを16億円で売却へ

マンチェスター・ユナイテッドはU-21イングランド代表DFブランドン・ウィリアムズ(21)の売却を厭わない考えのようだ。 ユナイテッド下部組織出身の左サイドバックであるウィリアムズは、昨夏にプレミアリーグへ昇格したノリッジ・シティに1年レンタルで加入。チームは1シーズンでチャンピオンシップ(イングランド2部)への降格となってしまったが、自身は公式戦通算28試合に出場するなど、武者修行先で一定の出場機会を得ていた。 今シーズン終盤には物議を醸すSNS投稿も話題となったウィリアムズだが、新シーズンはユナイテッドの一員として迎える予定になっている。しかし、イギリス『サン』によると、ユナイテッド側は1000万ポンド(約16億5000万円)のオファーが届けば売却を躊躇しない考えとのことだ。 一時期はオーレ・グンナー・スールシャール元監督に重宝され、すでにユナイテッドでの公式戦出場が50試合まで達しているウィリアムズ。だが、エリク・テン・ハグ新監督からは重要な戦力と見なされておらず、左サイドバックにはイングランド代表DFルーク・ショーとブラジル代表DFアレックス・テレスの実力者2人がいる状況。また右利きながら左サイドバックを務めているが、右サイドバックにも元イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカ、ポルトガル代表DFジオゴ・ダロトがおり、テン・ハグ監督や首脳陣らは地元出身の21歳に継続的なプレー時間を与えることは困難と判断したようだ。 また、今年3月には選手本人も必ずしもオールド・トラッフォードでキャリアを続けることが全てではないという旨の発言をしていることから、今夏に限らずとも新天地を求めてクラブを離れる可能性は捨てきれないと考えられる。 2022.06.24 11:22 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly